青色に魅せられて~シルクロードの町・サマルカンドを一人歩き

サマルカンド旅行体験記

私にとってイスラム圏のウズベキスタンは未知の世界でした。ビザはいるし(当時)、直行便はあるものの週2便程度で、アクセスは不便だし。でも「青の都・サマルカンド」という響きに魅せられて、そして写真で見た青いタイル模様に心奪われて、これは是非行ってみなければ、と思いました。

サマルカンド旅行について

おすすめのポイント
  1. タイル!タイル!タイル!青のタイルがとにかく美しい
  2. ウズベキスタン内では一番観光客が多く、人々はフレンドリー
  3. 日用品からタクシー代、飛行機代まで物価がかなり安い

「スタン」系の国はどこか閉鎖的で恐ろしいイメージだったのですが、行ってみたら全然違いました。大都会のビジネスライクなところは一切なく、みんなのんびり気分のままに、という感じです。カタコトの英語を話せる人は、外国人に気さくに「どこから来たの―?」と話しかけてきます。日本だというと、当時ウズベクでは「おしん」が放送されていたそうで、皆口を揃えて「オシーン!!」と言います。対日感情はかなりいいようです。物価も激安で、タクシー半日チャーターで800円とか。タシュケントまでの列車も1000円せず、国内線飛行機なら4000円ほどなのです。

サマルカンド旅行のおすすめのスポット

サマルカンドで一番の観光スポット、レギスタン広場

一番目立つ、シェルドル・メドレッセ。

ミナレットに上って上から広場を見るとこんな感じ。

青タイルのモザイクにうっとりでした。

絶対に外せない一番有名な観光スポットです。長方形の広場の3辺にメドレッセ(神学校)が建てられています。まず目に入るのは3つのメドレッセを彩るカラフルなブルータイル。一番有名なシェルドル・メドレッセの両脇にはミナレット(尖塔)があり、空の重さを支えているんだとか。ファンタジー…!観光名所ですが市民の憩いの場?でもあり、皆さん思い思いの場所に座ってのんびり過ごしています。警官も多いですが同じくのんびりしたもので、「よう、ねーちゃん、両替しないか?ミナレット上らないか?」と副業に力をいれているようです(笑)。

ブルータイルの宝庫、シャーヒー・ズィンダ廟

シャーヒー・ズィンダ霊廟への階段。行きと帰りで段数が合えば天国に行ける⁉

アーチをくぐると青のタイルが張り巡らされた建物がズラリ。

ドームの天井のタイルも凝っている。

緻密なモザイクにうっとり。

霊廟である、ということしか知らずに出かけました。あまり期待はしていなかったんだけど、入り口から続く階段を上るとそこに広がる、青・青・青!これはタイル好きの人にはたまりません!細い小道の両側に、美しいタイル張りの建物がずらっと並び壮観です。霊廟らしく建物の中には棺のような墓石置かれているのだけど、内部の天井とか、窪んだ所のデザインも緻密でため息がでます。ちなみに、霊廟へ続く長い階段の段数を数えて、行きと帰りで一致していたら天国に行けるそうです。ただこの階段、途中で長ーい踊り場があったりして数えるのが容易ではなく、難易度は高めです(笑)。

ウズベキスタンの英雄が眠るグリ・アミール廟

グリ・アミール廟の外観。

廟の中。薄暗くて分かり辛いですが、壁のタイル模様が素晴らしい。

英雄・ティムールたちが眠るところ。

レギスタン広場からすぐの場所にある、英雄アミール・ティムールと、賢者ウルグベックが眠るお墓です。入場料は6000スム(当時350円くらい?)。こちらも玉ねぎ型ドームの霊廟に2本のミナレットの外観です。こちらにも繊細で美しいタイルの装飾が。いよいよ内部に入ります。広い吹き抜けの部屋に置かれる棺型の墓石。黒いのがティムール、その右隣がウルグベクの墓石とのこと。この地下3メートルに眠るそうです。こちらのドームの天井も、息をのむほど緻密な装飾がなされており、思わずため息が出てしまいます。

サマルカンドでのおすすめグルメ

名前は同じでもインド版とは全くの別物の「ナン」

街角で出会ったナン屋さん。

かごいっぱいに並ぶナン。

お土産用に買った、模様入りのナン。2000スムでした。

ウズベキスタンのナンは、ピザのような丸型が主流です。決して平たくなく、アップルパイのように分厚いので、インドナンを想像しているとびっくりするかも!凝ったものは表面に編み込み模様などの装飾がされているものもあります。面白いのは値段の付け方。1個の値段はその重さで決まるそうです。バザールでの目安は1個1000~2000スムとのことでした。肝心のお味ですが、フランスパンに近いと思います。完全なる食事パンの位置づけで、温めてバターを塗ると美味しいと思います!

サマルカンドでのおすすめのショッピングスポット

サマルカンドで手に入るお土産あれこれ

家に連れて帰った陶器たち(の一部)。

観光名所付近には必ずお土産屋が。

町中のお店の様子。

サマルカンド土産で代表的なものと言えば、なんといっても陶器。あの美しいブルータイルを彷彿とさせる、ブルー基調のデザインです。小ぶりなどんぶり型が主流で、探せば湯飲みサイズや平皿もあります。模様はどれも異なっているので、じっくり吟味して気に入ったものを選びました。陶器は定番なので、お土産屋さんにも、観光名所脇の露店にも、バザール的なところにもどこにでも売っています。1つ4US$で買いましたが、モノや場所によってピンキリです。あとはテキスタイル。エキゾチックな模様のスカーフやショールが並ぶのには、女子を引き付ける魔力が⁉カシミヤ(本当かな?)のショール13USDで購入しました。

サマルカンドにて宿泊したホテル

ホテル・キャラバン・サライ

この路地の突き当りがホテルへの入り口です。

部屋は広いがベッドは小さい…。

朝食の風景。奥のバスケットに入ったのがナンです。

booking.comで予約していきました。レギスタン広場へも近い旧市街の立地するため、お値段は高めで45USD。部屋は広いけどベッドが小さい…。中庭にテーブルがあり、お願いすればポット入りのお茶を持ってきてくれるので、テラスで読書しながらのんびりもできます。シンプルな朝食もついており、ナンも食べられます!ホテルのスタッフの方は皆英語ができるので、滞在中は何かと親切にしていただき、タクシーや列車の切符手配も行って頂きました。

サマルカンド旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

航空便が少なく、それに合わせて日程を組むのが大変であり醍醐味でもあります。私は大韓航空を利用しましたが運悪くソウル→タシュケントが出発3週間前に欠航(お客が少なかったらしい)。その振替便の手配などトラブルはありましたがいい思い出です。
ホテルの人がとにかく親切なので、到着後の移動の手配はホテルの人に任せれば安心です(行きたい場所は事前に決めおくのがいいです)。

サマルカンド旅行に必要な持ち物

米ドルキャッシュと大量のお札を入れられる財布、ロシア語会話集が必須です。ウズベキスタンは現金社会なのでクレカは役に立ちません!ATMも少ないです。外貨では米ドルが一番強く、スムを持っていなくても米ドルで払える場所もあります。また、1ドル1800スム(当時)だったので、30ドル両替しただけで辞書並みの札束に。また、観光地以外では英語は通じません。公用語はウズベク語ですが、ロシア語が汎用しているので、ロシア語辞書があると意思疎通は図れます。

サマルカンド旅行での注意点

サマルカンド旅行での注意点
  1. ホテルでもどこでもレジストレーション(滞在登録)が必要
  2. 持っていくお金は米ドルのキャッシュが正解です
  3. 春でも真夏の暑さに!暑さ対策をしっかりと!

レジストレーションは旧ソ連圏独特の制度で、旅行者は滞在している都市に到着日と出発日、滞在先を報告する義務があります(通常ホテルが代行)。ホテル滞在後に登録証を渡されるので、出国までなくさないよう保管しましょう。出国審査で提示が求められることもあります。ユルタ(キャンプ)でも登録証はもらえるので、全行程で抜けがないようにしましょう。

まとめ

旧ソ連圏、そしてイスラム圏ということもあり同じアジアでありながらちょっと怖くて遠い存在だったウズベキスタンでしたが、旅はとても楽しかったです~!!英語、ほとんど通じなくてビックリ!学生時代に専攻してたロシア語を記憶の遙か下層からひっぱり出してきて。こんなに言葉が通じない旅は久々でした!全く通じなかったら不安だけど、頑張ればちょっと通じるからそれが楽しかったりして。しかも人々はびっくりするくらい純粋で、親切で、のんびりしていて、「騙されてんじゃないか?」と疑ってかかる必要は全くなく。いまでも思い出すと気持ちがほっこり、本当にいい旅でした。

白と黒のパンキチ一人旅から家族旅へ

投稿者の過去記事

海外旅行を専門としています。独身時代は一人旅、結婚してからは夫と娘と3人での旅行スタイルです。
一人旅時代はなかなか人がいかないようなマイナーな町を、家族では子供メインのリゾート地を旅してきました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. ウズベキスタン共和国内にある秘境「カラカルパクスタン共和国」| トラベルダイアリー
    カラカルパクスタン共和国旅行体験記ウズベキスタン共和国の西部に位置するカラカルパクスタン共和国。…
  2. 眠らない街タイ・バンコク〜朝から夜まで楽しめるおすすめスポット〜| トラベルダイアリー
    バンコク旅行体験記一度足を踏み入れるとハマってしまい、何度も訪れるようになる人が多いというタイ。…
  3. サーファーズパラダイス旅行体験記いつか奇麗な海沿いに住んでみたいという夢がある私。一年中温暖…
  4. サクラ・ディ・サン・ミケーレ旅行体験記フランスの有名観光地、モン・サン=ミッシェルがイタリアにも…
  5. ハワイウェディングで海とグルメを満喫| トラ
    ハワイ旅行体験記友人の結婚式参列のためにハワイへ行って来ました。お城のような素敵なウェディングチ…
  6. デンバーでロッキー山脈とショッピング・一人旅の3泊5日| トラベルダイアリー
    デンバー旅行体験記本当は一人ではなく母とその友人が在デンバーの同級生を訪ねる旅に同行するだけだっ…
  7. ゲント旅行体験記ベルギーはEUの中心でありながら小さな国。アクセスが良くて他の国との周遊の際にも…
  8. 女子一人旅 in ベルギー ちょっと寄り道、ブリュッセル| トラベルダイアリー
    ブリュッセル旅行体験記 パリの次はオランダへ行く予定にしていましたが、ふと地図を見て…
  9. スニオン岬旅行体験記ギリシャの首都アテネから日帰りで足を伸ばせる自然がいっぱいのスニオン岬。都市…
  10. 【台湾・高雄】愛河クルーズと龍虎塔 グルメだけじゃない瑞豊夜市の楽しさ☆*。| トラベルダイアリー
    台湾・高雄へ旅立つ台湾の高雄は、まず 高雄空港自体がデザイン性が高くて、とても綺麗 です。ヘ…

国内旅行おすすめ

  1. 鹿児島旅行体験記友人と電話していて、旅行に行きたいねという話になり、予定が合ったので弾丸女子旅を…
  2. トマム旅行体験記予てより憧れであった星野リゾートでの宿泊。星野リゾートについていろいろと検索してい…
  3. 日光旅行体験記日光は自然溢れる栃木県の中でも特に人気の観光地です!東京からの場合は浅草から東武鉄道の…
  4. 1泊2日ですべておさえる!仙台観光スポットをギュッと詰めて巡る旅| トラベルダイアリー
    仙台旅行体験記 好きなアーティストのライブが仙台で開催されたため、あわせて観光もしよ…
  5. グループや家族でワイワイ!魅力たっぷりな鬼怒川を遊び尽くそう!友人達と温泉旅行をするため、都心か…
  6. 京都北野で2週間滞在!暮らすような旅行をしてみました| トラベルダイアリー
    京都旅行体験記紅葉前の京都を旅行してきました!関西人なので京都に訪れる機会は今まで何度もあったの…
  7. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ山中湖の旅| トラベルダイアリー
    山中湖旅行体験記雄大な富士山を目の前に臨む自然豊かな山中湖は、子連れファミリーにも人気の観光地で…
  8. 人吉旅行体験記JR九州の観光列車「かわせみやませみ」に乗ってみたい。その衝動だけで乗車券を購…
  9. 都会だけど落ち着いている?気ままにのんびり名古屋旅行| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記 今回は私が2回目に名古屋を訪れた際の体験記です。初めて名古屋を訪れ…
  10. ポップカルチャーも織り交ぜて、大人の原宿&表参道で遊ぶ!| トラベルダイアリー
    原宿・表参道旅行体験記原宿ってガチャガチャしてるからなんだかとっつきにくい…と思っていたのですが…

最新記事

  1. アンマンから陸路で国境越え 聖地エルサレム2泊3日の弾丸観光| トラベルダイアリー
    エルサレム旅行体験記 今回の旅のメインスポットはヨルダンのペトラでしたが、10日間の…
  2. オズの魔法使いのモデル地◆竜巻と畜産が売りの「アメリカの良い田舎」カンザスシティ◆| トラベルダイアリー
    初めてのカンザスシティカンザスシティは、竜巻と畜産をグイグイ押し出している「アメリカの良い田舎」…
  3. ~まるでジブリ!濃溝の滝&鴨川シーワールド~房総をめぐる女子たび| トラベルダイアリー
    鴨川・館山旅行体験記千葉県館山市の「トスラブ館山ルアーナ」へ宿泊することになったので、房総半島の…
  4. 透き通る静かな穴場ビーチ ◆海もプールも楽しめるロイヤルホテル沖縄残波岬◆| トラベルダイアリー
    沖縄 残波岬の魅力残波岬 (ざんぱみさき) は、那覇空港から車で1時間ほど。日本一人口の…
  5. 北欧デザインにアンティーク♪散策が楽しい街ヘルシンキの見どころを紹介| トラベルダイアリー
    ヘルシンキ旅行体験記 フィンランドの首都であるヘルシンキは街行く人々がとてもお洒落で…
  6. 10日間じっくりたっぷりのんびり台北を楽しむ女子一人旅!| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記台湾の公用語である中国語を勉強していたので、現地で語学を学ぶために行きました。期間…
  7. エジプトの最南端!古代遺跡を見にカイロから寝台列車でアスワンへ| トラベルダイアリー
    アスワン旅行体験記ウズベキスタンに住むことになる前にイスラム圏の国を体験したい!とあえてラマダン…
  8. 古代ギリシャの聖域デルフィと近郊のアラホヴァ観光| トラベルダイアリー
    デルフィ旅行体験記アテネから約3時間の場所にあるデルフィ遺跡。標高が高い場所にあるので、遺跡の眼…
  9. ルクソール旅行体験記ウズベキスタンに住むことになる前にイスラム圏の国を体験したい!とあえてラマダ…
  10. 女子二人旅 in アメリカ のどかすぎる島、サンフアンアイランド| トラベルダイアリー
    サンフアンアイランド旅行体験記バンクーバーを一緒に旅行した友達に誘われ、聞いたこともなかった島、…

Archive



PAGE TOP