風車観光の拠点にもピッタリ!近代建築が楽しい街ロッテルダム| トラベルダイアリー

風車観光の拠点にもピッタリ!近代建築が楽しい街ロッテルダム

ロッテルダム旅行体験記

アムステルダムに次ぐオランダ第二の都市・ロッテルダム。ベルギーを旅行した際に、オランダの世界遺産であるキンデルダイク風車群にブリュッセルからでも日帰りできると知り、その拠点として立ち寄りました!観光の思い出を綴ります。

ロッテルダム旅行について

おすすめのポイント
  1. 世界遺産・キンデルダイクの風車群の玄関口
  2. オランダの首都からもベルギーの首都からも日帰り圏内
  3. 見たことない様な近代建築が楽しめる街なみ

ロッテルダムはキンデルダイクの風車群への路線バスや水上バスが出ている玄関口。アムステルダムからはIC列車で約1時間、ブリュッセルからでもIC列車で約2時間。オランダとベルギーの首都どちらからでも日帰りで訪れることが可能な地理的条件の良い街です。また、ロッテルダムは戦後再建された近代的な街並みなので、オランダの他の街とガラッと異なる雰囲気を楽しめます。

ロッテルダム旅行のおすすめのスポット

キンデルダイクの風車群

ロッテルダムまで来たらやはり世界遺産・キンデルダイクの風車群は欠かせません。18世紀から残る19基もの風車が運河沿いに並び、現存する風車群としては世界最大規模。のどかな自然の中に溶け込む風車の姿は素晴らしいものでした。筆者が訪れた時はロッテルダムからキンデルダイクまで夏場限定の水上バスが直行していましたが、それ以外の時期は水上バスの乗り継ぎ、もしくは地下鉄とバスを利用して行けるようです。

ロッテルダムの近代建築めぐり

第二次世界大戦時の爆撃で焼け野原になったロッテルダムは、そこから驚くべきスピードで戦後復興を遂げました。ヨーロッパでは「ロッテルダムの人々=働き者」というイメージがあるそうで、少し日本の歴史とも似たものをかんじますよね。そのためロッテルダムにはレンガ造りの古い家々よりもモダンな建築が多いです。街中が近代美術館かと思うほど個性的な建物が多く、楽しみながらめぐれました。

キューブハウス

ロッテルダムの近代建築の代表格が、街の東部Blaak駅前に建つ「キューブハウス」。ルービックキューブのような見た目からその名前が付けられました。黄色い奇抜な外観は何かの記念オブジェかと思いきや、なんと内部はマンションになっていて人が住んでいます。興味のある方は一室が見学できるようになっているので是非。

ロッテルダムでのおすすめグルメ

自販機のコロッケ

オランダを訪れたらチャレンジして頂きたいのがコロッケの自動販売機!あたたかいコロッケやバーガーが自販機で買えちゃうんです。ロッテルダム駅に限らずオランダの鉄道駅の構内に設置されているのを何度か見かけました。欲しいメニューの横のコイン穴にピッタリの金額を入れると扉が開閉できるようになりそのまま取り出せます。コロッケは小ぶりで食事というよりスナック感覚。中の具はとろみがあって、日本のコロッケとはまた違った美味しさでした。

ロッテルダムでのおすすめのショッピングスポット

マルクトハル

キューブハウスの向かいに建つ巨大かまぼこの様な近代建築。こちらも側面部分は人の暮らすマンション、そして内部は色んな食材店やレストランの集まるマーケットホールとなっています。オランダ名物のチーズやストロープワッフルだけでなく青果やベルギーチョコの店、アジア食材店なども入っていました。グルメもお土産探しもここに来れば困らないハズ♪

ロッテルダムにて宿泊したホテル

ブリュッセルの駅近ホテルWarwick Brussels

私はロッテルダムではなくベルギー・ブリュッセルのホテルに宿泊しました。Warwick Brusselsはブリュッセル中央駅からなんと徒歩約2分!便利な立地が魅力です。ブリュッセル~ロッテルダム間は国をまたぎますが鉄道で気軽に日帰りが可能。荷物をホテルに置いて身軽な状態で1DAYトリップを楽しめました。

ロッテルダム旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

航空券+ブリュッセルのホテルは予約サイトExpediaにて手配。ブリュッセル~ロッテルダムの列車ICは鉄道の公式サイトから予約、ロッテルダムでの切符(地下鉄や水上バス)は現地にて購入しました。英語で時刻表を調べたり事前計画に時間はかかりましたが、自分の行きたい場所だけを組み込みマイペースに周れたので良かったです。

ロッテルダム旅行に必要な持ち物

オランダ旅行で重宝したのが保冷バッグ!オランダのお土産といえばキャラメルを挟んだストロープワッフルやゴーダチーズが有名ですが、夏場の暑い日に持ち歩くと柔らかくなってしまいそうで心配。私は保冷機能付きのエコバッグを持って行ったことで気温を気にせずお土産を買うことができ、帰りはバッグごと機内に持ち込んで無事日本まで持ち帰ることも出来ました!

ロッテルダム旅行での注意点

ロッテルダム旅行での注意点
  1. 鉄道は遅延・運休が多いので余裕を持った計画を
  2. 日帰りの場合も深夜のブリュッセル到着は控えましょう
  3. スリ・ひったくり対策はしっかりと

冒頭でブリュッセル~ロッテルダムは鉄道で2時間と書きましたが…実は筆者が訪れた時は行きも帰りも鉄道が遅れて実際は3時間前後かかりました。ヨーロッパの鉄道は日本ほど正確に来ないこともしばしば。遅延や運休も念頭に入れて計画の際はぜひとも余裕を持った時間配分を!特に帰りは深夜にブリュッセルを歩くことにならない様、早めに帰途に着くことをオススメします。またスリやひったくり等の軽犯罪にも十分注意が必要です。

まとめ

ずっと訪れてみたかったキンデルダイクの風車群。運河沿いに建ち並ぶ風車の景色には「これぞオランダ!」と感動しました。一方ロッテルダムの街は今まで見てきた古く可愛らしいオランダの街並みとは全く異なるものでしたが、戦後復興のエネルギッシュな空気を感じ取れて、また違う楽しみ方ができました。色んなオランダの姿を味わえた思い出深い1日となりました!

 

なっつヨーロッパ弾丸→国内長期旅

投稿者の過去記事

ヨーロッパが大好きで仕事の休みを見つけては弾丸で旅立っておりましたが、現在は国内旅にシフトチェンジ。リモートワークしながら暮らすような旅を実践中。ヨーロッパ旅の思い出と最近の国内旅をつづっています。
ブログとSNSはコチラ ↓
blog / https://1week-europe.com/
instagram / @1week_europe
twitter / twitter.com/nattu_sampo?s=09

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 青の洞門
    マルタ島旅行体験記前回は首都:バレッタ周辺の情報お届けしました。さてさて、今…
  2. ポツダム旅行体験記ドイツの首都ベルリンから日帰りで足を延ばせる「ポツダム」。学校で勉強した「ポツ…
  3. アンティグア旅行体験記無類のコーヒー好きである私たち夫婦は、日本でも「グアテマラ、アンティグア」…
  4. 女子一人旅 in ペルー マチュピチュの麓、マチュピチュ村で温泉に入る| トラベルダイアリー
    マチュピチュ村旅行体験記いよいよマチュピチュに向かって出発です。マチュピチュの麓にあるこのマチュ…
  5. カナダで世界三大瀑布ナイアガラの滝を飽きるまで堪能!| トラベルダイアリー
    オンタリオ旅行体験記自然が大好きなので日本では見ることの出来ない壮大な景色に憧れがあり、カナダ旅…
  6. お気軽ハイキング♡スイス、スネガ・パラダイス旅行| トラベルダイアリー
    スネガ・パラダイス旅行体験記マッターホルンのお膝元、スイス・ツェルマットにある「スネガ・パラダイ…
  7. マカオ旅行体験記「香港行くならもちろんマカオも行きたいよね!」ということで決まったマカオ日帰り旅…
  8. イースタン&オリエンタルに宿泊・のんびり過ごしたペナン| トラベルダイアリー
    ペナン旅行体験記沢木耕太郎の「深夜特急」を13年ぶりに読み返してみて、初めて読んだときは何とも思…
  9. ゲント旅行体験記ベルギーはEUの中心でありながら小さな国。アクセスが良くて他の国との周遊の際にも…
  10. シェムリアップ旅行体験記今度の旅行は東南アジアに行きたいと何となく選んだカンボジア、シェムリアッ…

国内旅行おすすめ

  1. 薩摩藩主気分で素敵な景色と鹿児島レトロを楽しむ鹿児島市内旅| トラベルダイアリー
    鹿児島旅行体験記鹿児島市内を旅行は主にグルメを楽しむ人が多いかと思います。確かに鹿児島には美味し…
  2. 港区旅行は大人こそ楽しめる!新しい刺激にも出会えるチャンス!| トラベルダイアリー
    港区旅行体験記 私の誕生日祝いとして連れが用意してくれた旅行です。GO TO トラベ…
  3. 札幌旅行体験記数年に1回程度、学会発表に参加しなくてはならないため、どうせ行くなら空いている時間…
  4. 地元民と行く!沖縄南部ドライブ~豊見城 ビーチ&ショッピング編~| トラベルダイアリー
    豊見城旅行体験記学生時代の仲良しグループが沖縄に来るということで、沖縄在住の私も旅行に同行させて…
  5. 指宿旅行体験記圧巻の自然といい絶品のグルメといい、桜島を訪れた際、すっかり鹿児島に魅了されてしま…
  6. こんぴらさん旅行体験記香川県にはこんぴらさんと呼ばれ親しまれる神社があります。このこんぴらさんに…
  7. 歩いて、学んで、食べて、休憩して。琴平町の魅力を発見!| トラベルダイアリー
    琴平旅行体験記2019年の秋、恋人と旅行をすることに。どこに行こうか?と話し合った結果、大阪から…
  8. 佐久島旅行体験記アートの島として有名な佐久島に仲の良い友達3人で行ってきました。とても手軽に離島へ…
  9. Dlofre's Campus日帰り旅体験記休日にカフェを新規開拓するべく訪れた「Dlofre'…
  10. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…

最新記事

  1. 女子一人旅 in シンガポール チープとゴージャスと多民族| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記 以前の旅で出会った友達に会いにシンガポールへ行きました。都市…
  2. 女子一人旅 in トルコ③ 超穴場!トルコでローマ遺跡、ベルガマ| トラベルダイアリー
    ベルガマ旅行体験記 トルコの観光地でも日本人にはあまり知られていないベルガマに行って…
  3. たまてばこ号に乗って指宿へ。指宿のマンゴーは旨い!| トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記鹿児島の温泉と言えば指宿温泉。指宿は砂湯や開聞岳で知られています。温泉街の近くに「…
  4. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  5. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  6. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  7. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…
  8. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  9. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  10. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…

Archive



PAGE TOP