サンクリストバル・デ・ラス・カサス旅行体験記

サンクリストバル・デ・ラス・カサス旅行体験記

メキシコとグアテマラ国境にほど近い小さな町、サンクリストバル・デ・ラス・カサス。グアテマラへ行く経由地として立ち寄っただけのはずが、この街に魅了され3ヶ月間も滞在してしまいました。この記事では、そんなサンクリストバル・デ・ラスカサスの魅力をお伝えしていきます。
※以下『サンクリストバル』と省略して表記します。

サンクリストバル・デ・ラス・カサス旅行について

おすすめのポイント
  1. コロニアルな街並みは歩いているだけでわくわくする!
  2. 活気溢れるマヤ民族の暮らしを垣間見よう!
  3. アクティビティに参加して自然を大満喫しよう!

カラフルなコロニアル調の建物が立ち並び、思わず足を止めてシャッターを切りたくなるような、そんなサンクリストバルの街並みに心が躍ります。市場に賑わうメキシコ先住民たちは、その地方特有の刺繍を施した民族衣装を身にまとっています。古き良き風景が色濃く残るこの街にいると、まるでタイムスリップしてしまったかのような感覚に陥ります。サンクリストバルの人々はみな陽気で温かく、居心地の良さをあなたも実感することができるでしょう。また、近郊の町へのアクティビティが充実しているのもサンクリストバルの魅力の1つです。

サンクリストバル・デ・ラス・カサス旅行のおすすめのスポット

活気溢れるホセ・カスティージョ・ティエレマンス市場

町の中心地から歩いて5分ほど、青果や魚肉、文房具や衣類などなんでも揃う大きな市場です。朝早くから夕方店が閉まるまで多くの人で賑わいます。中心地のツーリスティックな雰囲気に比べて、先住民の人たちが多いローカルな場所で、マヤ民族の生活が垣間見える場所でもあります。日本では見たこともないような野菜やスパイスがたくさんあるので、実際に購入して試してみるのもサンクリストバル旅行の楽しみ方です。

自然に圧倒される!スミデロ渓谷ボートクルーズ

サンクリストバルからバスを乗り継いで1時間半ほどの場所にあります。スミデロ渓谷の間を流れる大きな川をボートで巡ります。約1キロほどある高い渓谷は圧巻で、渓谷から覗く青空もまた素晴らしかったです。川を進んでいくと、大きな奇岩が現れたり、川に生息しているワニや変わった鳥が岸に上がってきたりするので、要所要所で船を止めてくれます。川を往復して約2時間のボートクルーズです。私は個人旅行で行きましたが、サンクリストバルの街から直行のバスが出る往復ツアーもあります。

サンファン・チャムラへの乗馬トレッキングツアー

サンクリストバルの町はずれから馬に乗って、片道1時間ほどのサンファン・チャムラという小さな村を目指します。馬に乗せられると特にこれといった説明もなく、誰かが手綱を引いてくれるわけでもなく、結構なスピードで走り出します。馬がうまいこと走ってくれるので、乗馬初心者で特別な知識や技術がなくともエキサイティングな経験ができると思います。目的地の村には呪術教会があります。薄暗い教会内の床にひざまずき、むせび泣くような声でなにか唱えている人もいました。こんなにも不気味で独特な雰囲気の漂う教会はなかなか興味深いものです。

サンクリストバル・デ・ラス・カサスでのおすすめグルメ

街を歩けばタコス屋に当たる

メキシコのソウルフードといえば、もちろんタコスです。街を歩けばそこらじゅうにタコスの屋台があり、1個7~15ペソ(30~60円)で食べられます。メキシコ人にとってはおやつ感覚の食べ物で、2~4個食べて小腹を満たします。屋台によって肉の種類や部位が違うので、いろいろな屋台を食べ歩いてお気に入りの屋台を見つけるのもお勧めです。私の見つけたお気に入りタコスはサボテンのタコスです。

サンクリストバル・デ・ラス・カサスでのおすすめのショッピングスポット

ドゥルセス・イ・アルテサニアス・アンバー市場

ここには、代々受け継いできた伝統的な技術でマヤ民族が丁寧に作りあげた雑貨が並んでいます。サンクリストバルでしか買えない雑貨も多く揃います。メキシコ雑貨はアメリカや日本でも絶大な人気があり、この市場にも世界中からバイヤーが買い付けに来ていました。またサンクリストバルはアンバーが有名で、安く手に入れることができこのアンバー市場にもたくさん売られています。あなたもアンバー市場でお気に入りのメキシコ雑貨を探してみてください。

サンクリストバル・デ・ラス・カサスにて宿泊したホテル

JAGUAR YOU

マヌエロとペペという2人の陽気なメキシコ人のオーナーがいるバックパッカー宿です。中心地に位置していて、何をするにも便利な立地です。2人のオーナーが色々と興味を持って話しかけてくれるので、スペイン語の勉強にもなりますし、旅の相談にも乗ってくれます。宿には中庭があるので、天気の良い日は中庭でお酒を楽しむのも良いでしょう。1つだけ残念だったのは、トイレ兼バスルームが2つしかないことです。宿には最大15人ほどの宿泊者がいるので、不便に思うこともありました。

サンクリストバル・デ・ラス・カサス旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

サンクリストバルは日本ではまだ知名度が低くツアーの催行はないため、個人手配で行く方法しかないでしょう。しかしメキシコ国内は長距離バスがたくさん出ているので、個人で旅行するのはそう難しいことではありません。サンクリストバルに着いてしまえば、街中にたくさんある旅行代理店を利用して近郊の町へのツアーに参加するなど、サンクリストバルを満喫することができます。サンクリストバルはメキシコで一番物価の安い街と言われているので、ツアー価格もかなりお手頃でお勧めです。

サンクリストバル・デ・ラス・カサス旅行に必要な持ち物

標高2100mに位置するサンクリストバルは朝晩の寒暖差が激しいので、シーズン問わず羽織りは必要です。日中は日差しが強いので、サングラスや日焼け止めもあると便利です。渓谷ツアーや乗馬トレッキングに参加する場合は、虫よけスプレーは必須です。ただし、すでに上で紹介した市場で大抵のものが揃うので、日本クオリティを求めないのであれば現地調達も十分可能です。

サンクリストバル・デ・ラス・カサス旅行での注意点

サンクリストバル・デ・ラス・カサス旅行での注意点
  1. 英語はほとんど通じません。簡単なスペイン語を覚えましょう!
  2. 屋台での食事には注意が必要!
  3. ドラッグには絶対に手を出してはいけない!

サンクリストバルの人たちは陽気で優しいので、伝えたいという心意気さえあればなんとかなりますが、数字や挨拶など最低限のスペイン語は覚えておきましょう。また、屋台での食事はお腹を壊しやすいので人で賑わっている屋台を選んだほうがいいでしょう。メキシコではドラッグが蔓延しており、旅行中誰かに勧められることがあるかもしれません。決して手を出してはいけないですし、そういった人と関わりを持たないように気を付けましょう。

まとめ

「3ヶ月間も小さなサンクリストバルの街で一体私はなにをしていたのだろう」とふと思い返すことがあるのですが、これと言ってなにをしていたわけでもないのです。先住民で溢れる市場に毎日のように通い、見たこともない野菜を買って調理してみたり、コロニアルな街並みを歩き回りタコスを食べ歩いたり、時にはツアーに参加して感動したり。この街には世界遺産や派手な観光名所があるわけではありませんが、そこにしかない温かさや居心地の良さがありました。サンクリストバルへの旅行を検討している方は、是非時間を長めにとって暮らすように滞在することをお勧めします。

 

fuki22

投稿者の過去記事

絶賛子育て中の元バックパッカーです。
世界一周1人旅、夫婦で世界一周旅、合計で52ヶ国を訪れました♩
オーストラリアとメキシコに住んでいたことがあります。
次の目標は子連れのんびり旅♡

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. シェムリアップ旅行体験記ものすごく有名な観光遺跡、アンコールワットのある街シェムリアップ。まさに…
  2. おもしろ楽しい!アイルランドの街、ブラーニーでお城探訪★| トラベルダイアリー
    ブラーニー城観光体験記テレビで見て以来気になっていたアイルランドにある一風変わったお城「ブラーニ…
  3. どこか懐かしい雰囲気のハノイ旧市街とサパへの小旅行| トラベルダイアリー
    ハノイ旅行体験記ハノイには2度訪れました。最初は母との母娘旅。2回目は女一人旅。定番の雑貨ショッ…
  4. 自然とクメール建築が作り出す絶景!シェムリアップのアンコール遺跡| トラベルダイアリー
    シェムリアップ旅行体験記カンボジアと聞くと誰もが最初に思い描く遺跡「アンコール・ワット」。実は、…
  5. ウズベキスタン共和国内にある秘境「カラカルパクスタン共和国」| トラベルダイアリー
    カラカルパクスタン共和国旅行体験記ウズベキスタン共和国の西部に位置するカラカルパクスタン共和国。…
  6. 女子一人旅 in カナダ 英国?中国?いろんな顔を持つバンクーバー| トラベルダイアリー
    バンクーバー旅行体験記メキシコを離れ、その後はアメリカで友達と合流してバンクーバーに行きました。…
  7. ミコノス島旅行体験記 大学時代の友人と、念願の5泊7日ギリシャ旅行。せっかくなら白の…
  8. 白い岩壁【セブンシスターズ】ロンドンから日帰りの旅| トラベルダイアリー
    イギリス【セブンシスターズ】旅行体験記真っ白な崖【セブンシスターズ】は、ハリーポッターの映画の撮…
  9. シンガポール旅行体験記シンガポール旅行は、せっかくなのでセントーサ島へも足をのばして行くことに。…
  10. 異国情緒あふれるジョージア。トビリシからカズベキへの小旅行も。| トラベルダイアリー
    トビリシ旅行体験記パンフレットで見たジョージアの写真がキレイすぎて、行きたいと思ってから6年がすぎ…

国内旅行おすすめ

  1. 与那国島旅行体験記日本の東西南北の端、これはすべて離島になるのですが、一般人が訪れることができる…
  2. 車がなくても楽しめる那覇と瀬長島で過ごすリゾート時間| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記昨年の10月頃に行きましたが、気温が高く夏気分で夏服を着て過ごせたので、非日常感を…
  3. 四万ブルーと温泉でリラックス!疲れを癒したいなら群馬県四万温泉がオススメ! | トラベルダイアリー
    四万ブルーと温泉でリラックス!疲れを癒したいなら群馬県四万温泉がオススメ!癒しを求め、自然と温泉…
  4. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ河口湖の旅| トラベルダイアリー
    河口湖旅行体験記国の名勝地「富士五湖」の一つである河口湖は、最も長い湖岸線を持ち、最も低い標高地点…
  5. 静岡浜名湖ガーデンパークへ行こう~そこは花の楽園でした~ | トラベルダイアリー
    浜名湖ガーデンパーク体験記4月に知人から浜名湖ガーデンパークのネモフィラが見頃との情報を得たので…
  6. 人吉旅行体験記JR九州の観光列車「かわせみやませみ」に乗ってみたい。その衝動だけで乗車券を購…
  7. 何もないとは言わせない!滋賀県湖南エリアの観光スポットをご紹介| トラベルダイアリー
    湖南エリア旅行体験記滋賀県と言えば「琵琶湖」の印象が強いですが、食べ物もおいしいく自然豊かなすて…
  8. 天橋立・伊根旅行体験記京都といえば寺社仏閣や四季折々の風景ですよね。実は皆さんが想像する「京都」…
  9. 都会だけど落ち着いている?気ままにのんびり名古屋旅行| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記 今回は私が2回目に名古屋を訪れた際の体験記です。初めて名古屋を訪れ…
  10. 横浜旅行体験記東京からのアクセスが大変よく、お洒落なイメージのある横浜!今回は、週末にふらっと気…

最新記事

  1. ご飯が美味しいインド洋の島・スリランカの南端の町ゴールと近隣ビーチ| トラベルダイアリー
    ゴール旅行体験記 仕事に追われて見知らぬ土地でのんびり過ごしたいと思い、行ったことの…
  2. 沖縄の大自然に触れる!愛犬と一緒に楽む「やんばる」の旅| トラベルダイアリー
    沖縄やんばる旅行体験記沖縄本島の北部「やんばる」と呼ばれるエリアは、那覇空港のある南部から車で約…
  3. 70年代の熱気を感じる!衝撃!太陽の塔内部見学と大阪アート旅!| トラベルダイアリー
    大阪旅行体験記 あの、岡本太郎の太陽の塔の内部を見ることができる!それを聞いたとき、…
  4. [一人旅 オスロ]お得に&楽しんで観光できます!| トラベルダイアリー
    オスロ旅行体験記 2019年、スウェーデン滞在中にオスロへ一人旅に出かけました。物価…
  5. 4歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ沖縄の旅| トラベルダイアリー
    那覇旅行体験記夏のピークで混みあう前に、沖縄へ三世代で旅行へ行ってきました。今回は海開きはしてい…
  6. ミラノからの日帰り旅行に 古都モンツァ| トラベルダイアリー
    モンツァ旅行体験記ミラノ郊外の街。ピンクやイエローのパステルカラーの建物が並ぶポップでキュートな…
  7. 夜景と温泉に癒される♪ハンガリーの首都ブダペストを観光| トラベルダイアリー
    ブダペスト旅行体験記南ドイツ~オーストリア~ハンガリーを鉄道で周遊しました。1週間で3カ国という…
  8. [妖怪だらけ 境港市]水木しげるロードで楽しもう!| トラベルダイアリー
    境港旅行体験記鳥取県に友人と二人旅に行ってきました!一泊二日の旅程で、1日目は鳥取の北西部にある…
  9. 【一人旅】偽物の集合が本物の価値を生み出す「大塚国際美術館」| トラベルダイアリー
    鳴門旅行体験記週末を挟み時間が取れたので、3泊4日の旅行をすることに。そこで、前から行きたかった…
  10. [食の都 大阪]安くて旨いを探すぶらり旅!| トラベルダイアリー
    大阪旅行体験記 大阪旅行に行ってきました!これまで国内旅行や海外旅行にはよく行ってい…

Archive



PAGE TOP