「世界の半分がここにある」イラン エスファハーン

エスファハーン旅行体験記

かつて、巨万の富と人が集まり交易の都市として栄えていたエスファハーン。その華やかな繁栄ぶりは「世界の半分がここにある」と謳われていたほどでした。1か月間かけて旅したイランは、どこの都市も美しく魅力的でした。その中でもお気に入りの都市、エスファハーンの魅力をお伝えしていきます!!

エスファハーン旅行について

おすすめのポイント
  1. 「イランの真珠」と称される、ペルシャ建築の最高傑作
  2. 「旅人には親切に」イスラム教徒の教えが根付く、心優しいイラン人
  3. 厳格なイスラム教の国で異国情緒を味わう

世界の半分と称されるイマーム広場と、それを囲むように建つペルシャ建築の最高傑作は、まさに息を飲む美しさです。人懐っこくて心優しいイラン人。チャイをご馳走してくれたり、世間話をしたり、宿代がもったいないから家に泊っていきなさい、とお節介を焼いてくれたり、数えきれないほど親切にしてもらいました。エスファハーンを旅すれば「旅人に対して親切にする」というイスラム教の精神が、人々の心の奥底に根付いていることを感じるでしょう。イスラム色溢れる街を黒づくめの女性たちが行き交う、エキゾチックな美しい街です。

エスファハーン旅行のおすすめのスポット

「イランの真珠」イマーム広場、ペルシアンブルーの美しいモスク

イマーム広場は、エスファハーンの中心に位置する世界遺産です。その広場の東西南北それぞれに、宮殿やモスクが建っています。目が覚めるような鮮やかなペルシアンブルーのモスクは、その艶やかな曲線に思わず見惚れてしまいます。内部に施された繊細なモザイクタイルが素晴らしくて、気づけば長いこと上を向いて眺めていたような気がします。イマーム広場の南方に建つジャーメ・モスクは、世界遺産に登録されていますが、私が訪れたときは修繕中でシートに覆われており、その美しい姿を拝むことはできませんでした。イマーム広場に建てられたペルシャ建築は、その美しさから「イランの真珠」とも称されています。

ハージュ橋

1666年に建設された美しいアーチの橋は、エスファハーンでは外せない観光スポットのひとつです。33個あるアーチの部分は、プライベート空間のような作りになっていて
市民の憩いの場となっています。橋を通行できるのは、バイクと歩行者だけです。いつの時間帯も家族連れや若いグループで賑わっていました。橋の下にはチャイ屋やケバブ屋台がありました。夜になると、橋がライトアップされなんともロマンチックな雰囲気です。

ヴァーンク教会

厳格なイスラム教徒の国に、キリスト教の教会がひっそりと佇みます。16世紀、モスク建設のためにアルメニアから優秀な職人がこの街へ集められました。この教会はキリスト教であるアルメニア人のために建てられました。今でもこの地区にはたくさんのアルメニア人が住み、イスラム色強い中心地の雰囲気とはガラリと変わります。教会はモスクのようなアーチを描いた外観で、屋根のてっぺんに遠慮がちに十字架があります。 教会内の彫刻やモザイクはまさに圧巻でしたが、写真撮影禁止でした。写真は教会入り口の壁画です。

エスファハーンでのおすすめグルメ

イラン料理の代表ケバブと、家庭料理

外食文化があまりないため、街にある大半のレストランがケバブ料理です。写真はイマーム広場の回廊にあるレストランで食べた、伝統的なケバブ料理です。ナンのような生地にラム肉ケバブがのっています。スパイスが練りこまれたケバブは非常に薫り高く、美味しかったです。機会があればぜひ食べてほしいのが、イラン人の家庭の味です。何種類もスパイスを使っているにも関わらず、日本人好みの優しい味付けです。イラン人は自宅に人を招くのが好きで、私も何度かご馳走になりました。エスファハーンを旅行していると家庭料理をご馳走になるチャンスがあるかも?!

エスファハーンでのおすすめのショッピングスポット

イマーム広場の回廊にあるバザール

モスク周辺のアーケードには、お土産屋さんやゴールドマーケットが並びます。イラン土産で有名なシーシャやペルシャ絨毯はもちろん、エスファハーンの青いモスクをモチーフにした雑貨も売られています。イラン人の観光地としても人気が高く、イラン人向けのお店も多くありました。私が思わず足を止めたのは、切手のお店で売られていた反米プロパガンダの切手です。しかもかなりの種類がありました。長年アメリカと対立しているイランならではの、皮肉たっぷりの風刺画はかなり興味深いものでした。

エスファハーンにて宿泊したホテル

イマーム広場で出会ったイラン人家族の家

イマーム広場で出会った、イラン人家族の家に泊めてもらいました。ピクニックをしていた家族に声をかけられ「宿代がもったいないからうちに泊まりなさい」というお母さんの鶴の一声で決まりました。この家族には、ご飯をご馳走になったり、観光に連れて行ってもらったり、何から何までお世話になりっぱなしでした。他国では、散々親切にしてもらった後に金銭を要求される話をよく聞きますが、イランでは一切ありません。イランを旅した旅人に聞くと、同じような体験をしている人がかなりいます。イラン人の親切な国民性に頭が下がる思いです。

エスファハーン旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人ツアー

歴史的建造物を巡るうえで、ガイドの説明補足は欠かせません。私は完全に個人旅行でしたので、予め調べておいた情報やガイドブックの歴史ページを片手に回りましたが、ガイドの豊富な知識には敵いません。特に、複雑で美しいペルシャ建築にいたってはツアーガイドと一緒に周る方が、旅をより良いものにしてくれるでしょう。個人手配では、時間配分が自由にできるので、時間を気にすることなく美しいモスクの細部まで、ゆっくりと眺めることができます。ピクニックに参加して、地元の人の家に宿泊し、市民の暮らしを覗くができるのも個人旅行ならではです。

エスファハーン旅行に必要な持ち物

「長袖長ズボン」「スカーフ」「日本からのお土産」

女性は長袖長ズボンの着用は必須です。旅行者でも、髪の毛を出すことも法律で禁止されているのでスカーフをかぶりましょう。同じく男性も長ズボンは必須です。イラン旅行に見合った服装を用意しましょう。親切な人が多いイランでは、感謝の言葉では足りないくらいにお世話になりました。旅行にも持っていけるような、日本ならではのお土産があったらいいのにと何度も思いました。

エスファハーン旅行での注意点

エスファハーン旅行での注意点
  1. 渡航前に外務省のホームページで情勢を確認すること!
  2. セクハラが多いので注意!チャドルの着用などの対策も!
  3. ネット屋に行かないとネットが使えない!事前に情報収集を!

中東は、全体的に情勢が不安定です。外務省のホームページで、情勢を確認してから渡航するようにしましょう。とは言え、エスファハーンはとても治安が良い街で、安心して街歩きができました。注意してほしいのはセクハラです。イスラム教徒間では、婚前恋愛には非常に厳しく、その分外国人旅行者が被害に遭いやすいです。イラン人女性と同じように黒いチャドルを着てしまえば、一見旅行者には見えないので、対策のひとつです。またイランではネットを自由に使うことができないので、あらかじめ情報収集をしっかりしておきましょう。

まとめ

黒いチャドルで、頭の先から足の先まで覆い隠した女性たちが歩く姿を見て、なんとなく怖いイメージを抱く人もいるのではないかと思います。しかしその真の姿は、親切で温かく、客をもてなすのが大好きな心優しいイラン人でした。世界遺産のイマーム広場やイランの真珠と謳われる美しいモスクだけではなく、そこで暮らすハートフルなイランの人々もエスファハーンの魅力なのです。

fuki22

投稿者の過去記事

絶賛子育て中の元バックパッカーです。
世界一周1人旅、夫婦で世界一周旅、合計で52ヶ国を訪れました♩
オーストラリアとメキシコに住んでいたことがあります。
次の目標は子連れのんびり旅♡

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. ソウル旅行体験記急遽3日間の休暇がとれる事になったため、海外に行こう!と思い決めた場所は韓国!♡…
  2. リスボン旅行体験記美味しいシーフードとお酒を楽しみたい方は是非ポルトガル・リスボンへ!今回はポル…
  3. ウユニ塩湖旅行体験記SNSや旅行誌でも見かけることの多い、ウユニ塩湖。実際にその地に立ち自分の目…
  4. オルヴィエート旅行体験記イタリア有数の美しさを誇る大聖堂があると聞いて以来、ずっと気になっていた…
  5. ロンドン旅行体験記ずっと憧れがあって行ってみたかったロンドンですが、どこを切り取っても写真になる…
  6. チェンマイ旅行体験記タイの古都チェンマイは美しいお寺や自然が豊かで、 田舎町のような雰囲気があり…
  7. フィンランドヘルシンキ【マリメッコ社員食堂へ!】| トラベルダイアリー
    ヘルシンキ旅行体験記フィンランドの首都ヘルシンキのマリメッコ本社へ行ってきました!以前日本でマリ…
  8. サンマリノ旅行体験記F1が大好きで若い頃からサンマリノグランプリの聖地、サンマリノ共和国に行くこ…
  9. 美しい湖の数々に癒される、プリトヴィッツェ湖群国立公園| トラベルダイアリー
    プリトヴィッツェ旅行体験記世界遺産を紹介するテレビ番組で見た、「女王の涙」と呼ばれるプリトヴィッ…
  10. お気軽ハイキング♡スイス、スネガ・パラダイス旅行| トラベルダイアリー
    スネガ・パラダイス旅行体験記マッターホルンのお膝元、スイス・ツェルマットにある「スネガ・パラダイ…

国内旅行おすすめ

  1. 長崎旅行続編!〜ハウステンボス&ちょこっと福岡編〜| トラベルダイアリー
    長崎旅行体験記今回は、長崎旅行続編です。前回は、長崎市街を中心に、中華街や出島、眼鏡橋などを訪れま…
  2. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅| トラベルダイアリー
    尾道旅行体験記地元近くでありながら昨年はじめて訪れ、その風光明媚な雰囲気にすっかり惚れ込んだ街・…
  3. 佐久島旅行体験記アートの島として有名な佐久島に仲の良い友達3人で行ってきました。とても手軽に離島へ…
  4. 国境の長いトンネルを抜けると…?雪国【湯沢町】は温泉・スキー天国!| トラベルダイアリー
    湯沢旅行体験記2020年冬、大好きなスキーと大好きな温泉を満喫しに、湯沢町に行ってきました。サラ…
  5. 広島旅行体験記広島県の竹原市から船で15分のところにある大久野島はうさぎ島と呼ばれています。戦時…
  6. ~祝!世界遺産登録“三保松原”~絶景富士山&絶品苺で静岡を満喫♪ | トラベルダイアリー
    三保松原&いちご狩り旅行体験記2020年2月三保松原と久能石垣いちご狩りへ行ってきました。天女の…
  7. ~まるでジブリ!濃溝の滝&鴨川シーワールド~房総をめぐる女子たび| トラベルダイアリー
    鴨川・館山旅行体験記千葉県館山市の「トスラブ館山ルアーナ」へ宿泊することになったので、房総半島の…
  8. [食の都 大阪]安くて旨いを探すぶらり旅!| トラベルダイアリー
    大阪旅行体験記 大阪旅行に行ってきました!これまで国内旅行や海外旅行にはよく行ってい…
  9. 宮城旅行体験記私の大好きな場所宮城県。おばあちゃんちが宮城県ということもあって小さいころから度々…
  10. Dlofre's Campus日帰り旅体験記休日にカフェを新規開拓するべく訪れた「Dlofre'…

最新記事

  1. ご飯が美味しいインド洋の島・スリランカの南端の町ゴールと近隣ビーチ| トラベルダイアリー
    ゴール旅行体験記 仕事に追われて見知らぬ土地でのんびり過ごしたいと思い、行ったことの…
  2. 沖縄の大自然に触れる!愛犬と一緒に楽む「やんばる」の旅| トラベルダイアリー
    沖縄やんばる旅行体験記沖縄本島の北部「やんばる」と呼ばれるエリアは、那覇空港のある南部から車で約…
  3. 70年代の熱気を感じる!衝撃!太陽の塔内部見学と大阪アート旅!| トラベルダイアリー
    大阪旅行体験記 あの、岡本太郎の太陽の塔の内部を見ることができる!それを聞いたとき、…
  4. [一人旅 オスロ]お得に&楽しんで観光できます!| トラベルダイアリー
    オスロ旅行体験記 2019年、スウェーデン滞在中にオスロへ一人旅に出かけました。物価…
  5. 4歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ沖縄の旅| トラベルダイアリー
    那覇旅行体験記夏のピークで混みあう前に、沖縄へ三世代で旅行へ行ってきました。今回は海開きはしてい…
  6. ミラノからの日帰り旅行に 古都モンツァ| トラベルダイアリー
    モンツァ旅行体験記ミラノ郊外の街。ピンクやイエローのパステルカラーの建物が並ぶポップでキュートな…
  7. 夜景と温泉に癒される♪ハンガリーの首都ブダペストを観光| トラベルダイアリー
    ブダペスト旅行体験記南ドイツ~オーストリア~ハンガリーを鉄道で周遊しました。1週間で3カ国という…
  8. [妖怪だらけ 境港市]水木しげるロードで楽しもう!| トラベルダイアリー
    境港旅行体験記鳥取県に友人と二人旅に行ってきました!一泊二日の旅程で、1日目は鳥取の北西部にある…
  9. 【一人旅】偽物の集合が本物の価値を生み出す「大塚国際美術館」| トラベルダイアリー
    鳴門旅行体験記週末を挟み時間が取れたので、3泊4日の旅行をすることに。そこで、前から行きたかった…
  10. [食の都 大阪]安くて旨いを探すぶらり旅!| トラベルダイアリー
    大阪旅行体験記 大阪旅行に行ってきました!これまで国内旅行や海外旅行にはよく行ってい…

Archive



PAGE TOP