女子二人旅 in アメリカ のどかすぎる島、サンフアンアイランド| トラベルダイアリー

女子二人旅 in アメリカ のどかすぎる島、サンフアンアイランド

サンフアンアイランド旅行体験記

バンクーバーを一緒に旅行した友達に誘われ、聞いたこともなかった島、サンフアン島へ行くことになりました。のどかで、自然の美しい島なのだそうです。
そこには、今まで私が見てきたアメリカやヨーロッパの街とは全然雰囲気の異なる素朴な田舎のアメリカがありました。

サンフアンアイランド旅行について

おすすめのポイント
  1. 車ごとフェリーに乗って船の旅を満喫
  2. 疲れた体も心も癒してくれるキレイな海やラベンダー畑
  3. 島で撮れるシーフードやオーガニック野菜が最高においしい

シアトルから北へ向かい、港からはフェリーで向かいます。フェリーも快適でデッキに出たりしながら過ごすとあっという間に到着しました。島はとにかくのどか。こんなにゆったりとした空間がアメリカにあるんだって思うくらいにのどかです。島のどこを走っても自然豊かで、食事も新鮮な食材を使っているのでとてもおいしく、旅で疲れた心も体をリフレッシュするには最高の場所でした。

サンフアンアイランド旅行のおすすめのスポット

島のメインエリア フライデーハーバー

フェリーが発着するフライデーハーバーは島で一番にぎわうエリアです。地元のおいしい食材やフードを販売するファーマーズマーケットは住民と観光客でにぎわい、シーフードのおいしいレストランやオシャレなカフェなども並んでいます。
夜、クラブに行ってみると、80歳をとうに過ぎていそうなおじいちゃんがオシャレなシャツを着て楽しそうに踊っている姿にびっくりしました。おじいちゃんの近くには若い子たちがたくさんいて、年代関係なく楽しめるって素敵だなと思いました。

女子なら絶対に好き!ラベンダー畑

車を走らせていると大きなラベンダー畑に到着しました。広い広い敷地には数種類のラベンダーがちょうど見ごろで、見渡す限り紫の世界です。畑の中をラベンダーに囲まれて歩いてみたり、ベンチに座ってひろい畑を眺めていたり、ずっとここにいられます。
もう、どれだけ写真を撮ったかわかりません。いつもは一人旅なので風景や建物ばかりを撮るのですが、今回は友達と一緒なのでお互いを撮ったり、セルフィーで撮ったりと女子らしいことを満喫しました。

島全体が穏やかな海と豊かな自然だらけ

基本的になにもない自然あふれる島なので、海沿いを走れば穏やかで透明な美しい海を眺めることができ、内陸に向かって走れば豊かな自然の森や広い牧場が広がります。
特にこれといった観光地はないのだけど、その自然を眺めているだけで日常のせわしなさやビルばかりの世界から解放されて穏やかな気持ちになります。
気ままに車を走らせ、よさそうなところに停めてふらふらと歩いて、そんなことばかりしていました。

サンフアンアイランドでのおすすめグルメ

新鮮なシーフードを堪能

フライデーハーバーにはおいしそうなシーフードレストランがたくさんあります。高いレストランや、店先で生のオイスターを買ってその場で食べられるオイスターバーなどがありました。シアトルにもオイスターシューターという牡蠣が入ったカクテルがありますが、この辺りは新鮮な牡蠣が採れるみたいです。
ほかにもエビやイカなどをグリルしたものなど、日本人にも食べやすいおいしい料理がたくさんありました。

サンフアンアイランドでのおすすめのショッピングスポット

ラベンダー畑のショップでラベンダーグッズを買い込む

ラベンダー畑には素敵なギフトショップが併設されていて、畑で咲いたラベンダーを使ったオーガニックの商品がたくさん売られていました。
香水、化粧水、クリーム、石鹸、ポプリ、ハンドクリーム、キャンドルなど、全部ほしくなるようなものばかりです。パッケージもキュートで、もちろん香りはパーフェクトに良くておみやげにピッタリです。
貧乏旅をずっとしていましたが、ここでは我慢できずたくさん買い込んでしまいました。

サンフアンアイランドにて宿泊したホテル

レトロ?少し怖い?小さなキャビン

友達と宿泊先を探していたところ、とても安い部屋がありました。でも、ちょっと説明が変わっていたため問い合わせたところ、2段ベッドのあるキャビンで、お風呂とトイレは本館のゲストハウスまで歩いてきてもらうとのこと。安いしおもしろそうなので早速予約しました。
実際鍵を受け取って、本館から少し庭を歩いていくと小さな小さなログハウスがぽつんと1件だけありました。作り付けの2段ベッドがあるだけのほんの四畳半程度のキャビンはちょっとだけ怖く、でもちょっとワクワクする素敵な部屋でした。キッチンなども全部きれいな本館にあるので寝る以外は本館のリビングで過ごしていました。

サンフアンアイランド旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

フェリーのチケットとホテルを予約するだけの簡単な二人旅です。運転は彼女にお任せしっぱなしですし、フェリーの時間以外は自由気ままに車を走らせて、よさそうなところで車を降りて自然を満喫する行き当たりばったりの旅行でした。
走っている車もとても少ないので、国際免許を取得していれば運転できたのになと思いました。都会を運転するのはとても勇気がいりますが、こんな田舎道であれば左ハンドルも日本と逆の道路もきっと乗りこなせそうです。

サンフアンアイランド旅行に必要な持ち物

国際免許証
交通機関を利用して島を回ることは難しそうです。フライデーハーバーにはレンタカーのお店もあったと記憶していますが、いずれにしても車が無いと島を堪能することはできません。逆に、交通量が多くないので運転自体はできてしまうと思います。
長袖を1枚
夏場でも朝晩は寒いくらいになる日があります。念のため1枚長袖を持っていくと安心です。

サンフアンアイランド旅行での注意点

サンフアンアイランド旅行での注意点
  1. 行きのフェリーに乗るまで時間がかかります
  2. 移動手段は自動車のみです
  3. 夏場でも海水が冷たいので海水浴は難しいです

シアトルから北上してフェリー乗り場に近づくと、フェリーに乗り込む車の渋滞になっていました。乗船時間よりかなり早めに到着するようにした方がよいです。道沿いには渋滞を見越しているのかフードトラックなども出ていてみんな動かない車から降りて買って食べていました。
カナダとの国境、だいぶ北に位置しているので夏場でも海水は冷たくとても泳げる感じではありませんでした。もちろん、泳いでいる人もいたのですが、友達も””crazy””だと言っていました。

まとめ

友達が誘ってくれなければ恐らく知ることのなかったマイナーな島でしたが、自然豊かでゆったりと時が流れるひとときを過ごすことができました。日本でいうと、きっと淡路島とか佐渡島が雰囲気似ているんじゃないかと思います。観光続きの毎日でちょっとおなか一杯気味だったのですが、自然の中でのんびりしたことでだいぶリフレッシュでき、またどんどん観光しようと思わせてくれる旅になりました。

 

jamon身も心も彷徨い中

投稿者の過去記事

ふと世界一周がしたいと思い立ち、数年かけてお金を貯めたのち半年間のバックパッカーをしました。
外に飛び出す楽しさを知ってしまったらもうじっとしていられず、長期休みのたびに海外旅行をする生活に。
今はコロナでどこにも行くことができないのでここに文章を書くことでいろいろ思い出して次への夢を見ています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. モロッコのもう一つの青の町・エッサウィラがかわいすぎる!| トラベルダイアリー
    エッサウィラ旅行体験記エッサウィラという名前も聞いたことがなかったけど、せっかく遠いモロッコまで…
  2. ハワイ旅行体験記誰もが一度は憧れるハワイ。行ってみたかった旅行先のひとつでした。日本からは6時間…
  3. 安い!美味しい!優しい!3拍子揃った何度でも行きたい台北旅行| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記日本から3時間程で行ける台湾の首都台北。物価も安く、美味しいご飯もたくさんあります。…
  4. マラケシュ旅行体験記雑誌などでモロッコ風インテリアが特集されて、可愛らしいスリッパやクッションな…
  5. 女子一人旅 in ベルギー ちょっと寄り道、ブリュッセル| トラベルダイアリー
    ブリュッセル旅行体験記 パリの次はオランダへ行く予定にしていましたが、ふと地図を見て…
  6. 風車観光の拠点にもピッタリ!近代建築が楽しい街ロッテルダム| トラベルダイアリー
    ロッテルダム旅行体験記アムステルダムに次ぐオランダ第二の都市・ロッテルダム。ベルギーを旅行した際…
  7. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  8. サンクトペテルブルグ弾丸観光と夜行列車で行ったキジー島| トラベルダイアリー
    サンクトペテルブルク旅行体験記実は今回の旅はキジー島がメインで、サンクトペテルブルクはそのついで…
  9. グアム旅行体験記日本から約4時間。時差もたった1時間。気軽に行けてビーチアクティビティを楽しめる…
  10. バイロンベイ旅行体験記バイロンベイといえばオーストラリア最東端の街で、おしゃれで素敵な街!ヒ…

国内旅行おすすめ

  1. 広島旅行体験記2018年11月。ホークス対カープの日本一決定戦を見届けるべく、大慌てで新幹線…
  2. 4歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ岩原の旅| トラベルダイアリー
    岩原旅行体験記一年振りのスキー旅行。コロナの影響でスキー場の営業を縮小していたり、ホテルでのキッ…
  3. 【一人旅】日本屈指のリゾート地・箱根で4泊5日の美術館めぐり| トラベルダイアリー
    箱根町旅行体験記シルバーウィークをのんびり過ごすリゾート地として、箱根を選びました。ご存知のとお…
  4. 湯けむりが立ちぼる温泉の街♪別府で湯ごもりワーケーション| トラベルダイアリー
    別府旅行体験記湯のまち別府の温泉宿でワーケーションしながら1ヶ月滞在しました。別府は以前にも旅行…
  5. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ熱海の旅②| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記夏は海水浴で有名な熱海ですが、冬の熱海でも満喫できるイベントや観光スポットがありま…
  6. 秋の摩周湖・屈斜路湖をめぐる弟子屈町ぐるっとドライブ| トラベルダイアリー
    弟子屈旅行体験記道東のエリアは広いですが、今回は秋の摩周湖と屈斜路湖をメインにまわる弟子屈町の観…
  7. 大人女子旅に最適‼【1人旅でも楽しめる】広島のおすすめスポット| トラベルダイアリー
    広島旅行体験記美しい瀬戸内海に魅力たっぷり広島グルメ・・・旅行雑誌で特集されていた「広島」に…
  8. 霧島六権現巡りで龍神パワーチャージ! |トラベルダイアリー
    霧島旅行体験記 御朱印を集めている友達に誘われ、霧島の主要6つの神社をめぐりました。…
  9. 初心者でも大丈夫!沖縄おすすめ絶景【大石林山】| トラベルダイアリー
    大石林山旅行体験記沖縄の北部に位置する大石林山を知っていますか?大石林山は2021年7月26日にユ…
  10. 東京といえば!誰もが一度は訪れる定番の観光スポットを巡る旅| トラベルダイアリー
    東京旅行体験記仕事関連やプライベートで何度も訪れた東京。日本の首都である東京はみなさんもご存知の…

最新記事

  1. 女子一人旅 in シンガポール チープとゴージャスと多民族| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記 以前の旅で出会った友達に会いにシンガポールへ行きました。都市…
  2. 女子一人旅 in トルコ③ 超穴場!トルコでローマ遺跡、ベルガマ| トラベルダイアリー
    ベルガマ旅行体験記 トルコの観光地でも日本人にはあまり知られていないベルガマに行って…
  3. たまてばこ号に乗って指宿へ。指宿のマンゴーは旨い!| トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記鹿児島の温泉と言えば指宿温泉。指宿は砂湯や開聞岳で知られています。温泉街の近くに「…
  4. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  5. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  6. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  7. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…
  8. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  9. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  10. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…

Archive



PAGE TOP