年末年始のニューヨークにて、タイムズスクエアのカウントダウン| トラベルダイアリー

年末年始のニューヨークにて、タイムズスクエアのカウントダウン

ニューヨーク旅行体験記

憧れのホリデーシーズンのニューヨーク。年末年始ともあり飛行機代14万、ホテルは二人で16万。あぁ、ボーナスが…。カウントダウンをメインに据えて、空いた時間で初NYCの旦那とともに自由の女神とスタテン島フェリー、念願のライオンキングなど、定番スポットを訪れました。

ニューヨーク旅行について

おすすめのポイント
  1. ホリデーシーズンならではのロックフェラーセンターとタイムズスクエア。
  2. 博物館、美術館だけでなく、見どころがたくさん。飽きることはありません。
  3. 有名ブランド店から郊外の大型アウトレットまでショッピングも楽しめます。

街がクリスマスで彩られるこの時期のニューヨークは一年で一番美しいといっても過言ではないと思います。その象徴がロックフェラーセンターのクリスマスツリー。これを見れただけでも今回来た価値がありました(クリスマスすぎてもしばらく飾られているようです)。夜になるとプロジェクションマッピングでビル壁面に楽しい仕掛けが現れ、カウントダウンへの期待が膨らみます。

ニューヨーク旅行のおすすめのスポット

年末のNYCでの一大イベント・タイムズスクエアでのカウントダウン。

カウントダウンまであとわずか。通りは人だらけ。

タイムズスクエア付近に残る紙吹雪の残骸。

31日の朝にタイムズスクエアを訪れるとまだ人は誰もおらず。昼過ぎから街中に警官チラホラ。このままタイムズスクエアで待っていればよかったのに、ホテルで一休みしてたら寝てしまい…。起きたら22時。慌てて外に出ると交通規制でブロックされて徒歩でも現場へは近付けず。人の流れに沿ってセントラルパーク経由で7thアベニューに入るも、大混雑で進まず、十数ブロック離れたところで停止。人がひしめき合い何も見えず。結局今が何時なのか分からないまま、周りの雰囲気で0時を迎えたことが分かったのでした。

エンパイアステートからの眺めは一見の価値あり。

エンパイアステートから眺めるマンハッタン。

エンパイアステート展望台の予約は日本からネットで予め予約していきました。元旦の朝早くでの予約だったので7時ごろホテルを出て徒歩で35丁目へ向かいました。元旦だからか、早朝だからか、さすがに空いており、待つことなくエレベーターで86階の展望台へ。お天気はいいのに外に出ると風が冷たくて寒い!それさえ我慢すれば、マンハッタンが一望できるこの景色。来た甲斐があります。新年早々、いいことが起きそうな予感です。

ニューヨークの象徴、自由の女神を見学。

フェリーから眺める自由の女神。

フェリーからの景色。

エンパイアステートの後は地下鉄でSouth Ferry駅に移動しそこからスタテン島行フェリー乗り場へ。マンハッタンとスタテン島を結ぶこのフェリーは市民の足だからか、なんと無料なのです。そしてこのフェリーからは自由の女神がとてもきれいに見えるのです。フェリーは20分ほどで島につきます。航行中はデッキで景色を見たり(寒いです!)、船内でのんびりしたりと自由。自由の女神は出向直後の右手に見えました!リバティー島に上陸して鑑賞するより遠目から見たほうが見やすいかも!

ニューヨークでのおすすめグルメ

いつでもフラっと立ち寄れて便利なデリ。行きつけのデリを開拓したくなる。

Cafe Manhattanにてある日のランチ。私のお気に入りのアスパラ炒め。

Cafe Manhattan外観。

お店変わればメニューも変わる。カジュアル系デリの朝食。

コンビニ兼イートイン付きお惣菜屋さんである「デリ」はNYC滞在中は1度はお世話になるのではないでしょうか。お店によってお惣菜の種類が中華系だったりイタリア系だったり野菜たっぷりだったりとテイストが違うのが魅力的。私たちのホテルの目の前にもCafé Manhattanというデリがあり、こちらは野菜多めの洋食系。種類が多くてどれも美味しいのです!イートインしたりテイクアウトしてホテルで食べたりと滞在中何度もお世話になりました。

東京にも進出したウルフギャング。値段相応の大満足のステーキ。

ウルフギャングサラダ。サラダと侮ることなかれ!

Steak for two. 死ぬまでにもう一度食べたいステーキです。

アメリカに来たからにはステーキでしょ、と日本からウルフギャングを予約していきました。いやー、美味しかったですね。こんなにおいしいステーキは食べたことないです。ウルフギャングサラダとSteak for twoを頼みました。サラダが先に出てきたのですが、サラダからしてお肉たっぷりで美味しい。ステーキも香ばしくて柔らかくて。あぁ、また食べたい。飲み物とデザートもつけてお値段は二人で300ドル超えてしまいましたが、それ相応のクオリティです。食べれて良かったです!

ニューヨークでのおすすめのショッピングスポット

人気のチェルシーマーケットで美味しいもの・かわいいもの探し。

スパイスを売るお店。

お土産探しにぴったりのお店。

ディスプレイが可愛すぎるんですけど~!!全部ほしい!

地下鉄14 Streetが最寄り駅です。おしゃれなカフェや健康志向の生鮮食品を売るお店、かわいいお菓子屋さんが集まったマーケットです。屋内で天気関係なく行けます。何気なく立ち寄ったのですが、どのお店もディスプレイに凝っていて、おしゃれ感が統一されていて見ていて飽きません!お土産にもピッタリなかわいいクッキーとか、これ絶対美味しいだろうって見た目で分かるパンとか、女子の好きそうなものがぎゅっと集まっているんです。個人的にまた来たい場所です。

ニューヨークにて宿泊したホテル

クラブ クォーターズ ホテル ミッドタウン タイムズスクエア

クラブ・クォーターズの外観。

ロビー横にあるセルフサービスコーナー。

45丁目にあり、タイムズスクエアに近い、つまりNYCの中心の立地であることが最大の長所です。地下鉄駅も2ブロック先にあるのでどこに行くにも便利です。ホテルに朝食はついていませんが、向かいには前述のデリもあり、またロビーでは滞在者向けのホットドリンクやスナックなどがセルフサービスで解放されています。お部屋は日本のビジネスクラス程度でスーツケースを2つ広げると歩くのに困るくらいのサイズですが、寝るだけと割り切れば全く問題ありません!

ニューヨーク旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

NYCを楽しめるかどうかはホテル選びにかかっていると思います。初めてならミッドタウンエリアのホテルをお勧めします。どこにでもアクセス便利ですし周辺に何でもあるので不自由なく滞在できるエリアです。マンハッタン内のホテルはビジネスホテルレベルでもお値段高目・且つサービスやアメニティも最低限なので、寝るだけと割り切りましょう。
NYCの空港はマンハッタンに近い順でラガーディア、ニューアーク、JFKの3つがあります。JFKは小一時間の距離なので、選べるならラガーディアかニューアークが近くてお勧めです。

ニューヨーク旅行に必要な持ち物

ニューヨークの冬の寒さは日本の真冬とはレベルが違いますので、防寒対策はしっかりと。私はダウン2枚着て、ネックウォーマーと帽子手袋でしたが、夜の外出はそれでも寒かったです。足元は厚底ブーツにつま先用のカイロ、ジーンズも暖パンで二重に、イヤーマフも必要だと思いました。粉雪・小雨が良く降るので、アウターは雨をはじくものがベスト。また革手袋は革が外気で冷たくなって辛かったので、内側が暖か素材で、外は風を通さない分厚いものがお勧めです。寒波が来るとマイナス15度の世界なのでこれでもか!というほどの装備があると安心です。

ニューヨーク旅行での注意点

ニューヨーク旅行での注意点
  1. クリスマス・年末年始は営業日・営業時間に注意しましょう。
  2. 予約できるものは事前予約で待ち時間を節約しスムーズに。
  3. 美術館等には荷物の持ち込み制限あり。液体や大荷物はNGです。

営業時間が流動的なホリデーシーズンは早めに情報をチェックして計画を。人気の観光スポットは事前に予約できるところもありますので、事前予約をお勧めします。大荷物を持ち込めない場所もあるので、スーパー等で買い物したら一旦ホテルで荷物を置いていくのが良いかもしれません。

まとめ

1回の訪問では全然足りなくて何度も行くことになる、そんな街です。私の場合はまずブロードウェイに夢中になり、次は自然史博物館やMETのとりこに。そうこうするうちに新しいスポットがオープンしたり、気になるお店を発見したりして、また行かなくては・・・の永遠のループです。観光ももちろん楽しいですが、世界中からいろんな人が集まるだけあって、着いた初日から違和感なく街に溶け込める・いい意味で外国人だからと言って注目されないところが居心地良くてまた行ってしまうのです。

白と黒のパンキチ

白と黒のパンキチ一人旅から家族旅へ

投稿者の過去記事

海外旅行を専門としています。独身時代は一人旅、結婚してからは夫と娘と3人での旅行スタイルです。
一人旅時代はなかなか人がいかないようなマイナーな町を、家族では子供メインのリゾート地を旅してきました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. brighton_pabirion2
    イギリス【ブライトン】旅行体験記ブライトンはイギリスの南東に位置する、ロンドンから日帰りで訪れる…
  2. サンフランスコに行ったついでにバンクーバーの友人にも会いに行こう| トラベルダイアリー
    バンクーバー旅行体験記サンフランシスコの他にもバンクーバーに友人が住んでいて、せっかくなので途中…
  3. デルフト旅行体験記今回ご紹介するデルフトは、伝統的なオランダの街並みが楽しめる小さい古都です。青…
  4. グアム旅行体験記4月末に休暇があり、母親と2人で親子旅をしました。GW前ということで飛行機の価格…
  5. イエローナイフ旅行体験記まとまった休みがとれることになり、滅多に行けない所に行こうとなりました。…
  6. ハワイ
    ハワイ旅行体験記母とのふたり旅で国内旅行へは行くこともあったのですが、「今度は海外行きたいね…
  7. クレモナ旅行体験記ジブリ映画「耳をすませば」の中で登場するイタリアの都市クレモナ。ここはバイオリ…
  8. ランカウイ島 旅行体験記アジアンビーチリゾートの魅力は、何と言ってもコスパが良い事です。物価が安…
  9. サンクリストバル・デ・ラス・カサス旅行体験記メキシコとグアテマラ国境にほど近い小さな町、サンクリ…
  10. ブルーム旅行体験記西オーストラリアの小さな町ブルームは、月への階段やビーチでのキャメルライド、年…

国内旅行おすすめ

  1. 軽井沢旅行体験記避暑地や別荘地としても大人気の軽井沢。車でも新幹線でも都心からアクセス抜群!gw…
  2. 大自然 奄美大島で海ガメと泳ぐ| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記まだあまり観光地化されておらず、素朴な自然が楽しめると聞いたので行ってみました…
  3. 長州歴史&絶景の旅 …
  4. 青い海とスポーツ選手のキャンプ、宮崎の青島で素敵な時間を過ごせる♪| トラベルダイアリー
    青島旅行体験記宮崎へは仕事で2週間ほど滞在しました。青島と宮崎駅周辺ですが、休日は観光地的な場所…
  5. 直島旅行体験記 美術館やアート作品が数多くある直島で”映える”写真を撮りたい!と思い…
  6. 味を占めた一人旅第二弾!キレイな水が見たいぞ忍野八海| トラベルダイアリー
    忍野八海旅行体験記 第一弾の三重旅行からしばらく経ち、桜の季節が少し過ぎた頃『どこか…
  7. 旭川旅行体験記仕事の都合で札幌に行くことになり、どうせ行くなら観光も出来て、食事も美味しくて、遊…
  8. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ軽井沢の旅| トラベルダイアリー
    軽井沢旅行体験記秋の紅葉を楽しめて、買い物もグルメも充実、そして子供の遊び場も豊富な観光エリアは…
  9. 神戸旅行体験記神戸は個人的に好きな街であり、日帰りでもよく訪れていました。私にとっては何度訪れて…
  10. 白浜旅行体験記和歌山を故郷に持つ友人夫妻の運転で高野山~龍神を観光。次なる目的地は「南紀・白…

最新記事

  1. 脱日常!ヒマラヤ山脈の絶景広がるポカラでリフレッシュ| トラベルダイアリー
    ポカラ旅行体験記毎日仕事に疲れ果てていた時。3連休に2日有給を足して5日間の休みが取れそうで、の…
  2. ヴィース教会&お城観光に便利!ロマンティック街道の町フュッセン| トラベルダイアリー
    フュッセン旅行体験記南ドイツ~オーストリア~ハンガリーを鉄道で周遊しました。1週間で3カ国というハ…
  3. 4歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ岩原の旅| トラベルダイアリー
    岩原旅行体験記一年振りのスキー旅行。コロナの影響でスキー場の営業を縮小していたり、ホテルでのキッ…
  4. タイ・バンコクで遺跡寺院巡り| トラベルダイアリー
    バンコク旅行体験記東南アジアへの渡航歴があまりなかったので行って見ました。ベトナムやカンボジアと…
  5. 年末年始のニューヨークにて、タイムズスクエアのカウントダウン| トラベルダイアリー
    ニューヨーク旅行体験記憧れのホリデーシーズンのニューヨーク。年末年始ともあり飛行機代14万、ホテ…
  6. 美味しいものがいっぱい!歴史と自然も満喫できる兵庫の穴場「赤穂」| トラベルダイアリー
    赤穂市旅行体験記兵庫県の南西部、岡山県との県境にある「赤穂」。” 忠臣蔵 ”や” 赤穂の塩 ”で…
  7. ガーデンアイランド カウアイ島のワイルドな自然に触れる| トラベルダイアリー
    ハワイ・カウアイ島 旅行体験記オアフ島とハワイ島へ行き、まだまだハワイ諸島の色々な顔を知りたい!…
  8. エッサウィラ旅行体験記モロッコといえば、一般的には砂漠やラクダのイメージですよね。今回は、パリに…
  9. 買い物だけじゃない!色んな顔を持つ街バンクーバー| トラベルダイアリー
    バンクーバー旅行体験記友人が留学していた事があり、バンクーバー良いよと聞いていたのでずっと行って…
  10. ちゅらさんの舞台!どこまでも素朴な島 小浜島| トラベルダイアリー
    小浜島旅行体験記とにかく島好きなので、沖縄の離島を制覇したい!綺麗な海を目の前にしてただのんびりす…

Archive



PAGE TOP