女子一人旅 in ベトナム ハノイから日帰りでハロン湾へ

ハロン湾旅行体験記

ハノイの街を気の向くままに観光をしていたら何人もの人にハロン湾をおススメされました。そんなにいいなら、行っちゃいます!
自分でバスに乗っても行けるのですが、一人旅の緊張で気持ちが疲れていたのでツアーで行くことにしました。

ハロン湾旅行について

おすすめのポイント
  1. バスの道中、のどかな景色が広がります
  2. 海上を船で移動、見たこともない景色が広がります
  3. 洞窟の中、謎なライトアップと自然の神秘が広がります

ハノイ市内からハロン湾まではおよそ160km、バスで3-4時間かかります。ハノイ市内を抜けると徐々にのどかな風景が広がり、そんな風景を見ているとあっという間に到着します。さっそく港から船に乗り換えて海上へ。はじめはクルーズ船なのですが途中で船頭さんが操縦するボートに乗り換えて洞窟へ進みます。洞窟の中は見事な鍾乳洞でただただ感動します。

ハロン湾旅行のおすすめのスポット

クルーズ船から奇岩を堪能

クルーズ船といっても装飾がレトロな小型船です。港からは何十隻ものクルーズ船が出ていて、湾の特徴でもある奇岩とレトロな船とが作り出す風景はとても美しいです。デッキに出て次々と目の前に現れる奇岩を眺めていると、ガイドさんがあれはゴリラ岩だとか教えてくれます。200,000ドン紙幣の裏に描かれている奇岩も見ることができます。

ボートでスリルと絶景を味わう


途中でクルーズ船を下船し、いよいよ手漕ぎボートに乗り換えます。ボートには4-6人ほどしか乗れないのでツアーのメンバーはそれぞれ分かれて乗り込みます。船頭さんがちゃんといるので安心ですが、本当にただのボートなので若干スリルを感じました。水面に近い位置からみる湾の風景はクルーズ船とまた一味違って素敵な景色が広がります。岩でできたトンネルをくぐったりできるのもボートならではです。

洞窟の中の壮大なティエン・クン鍾乳洞

ボートで到着した先はいよいよ洞窟です。入り口が狭いので、そんなに期待をせずに進んで行ったら、中はとっても広い鍾乳洞になっていました。まさに圧巻です。洞窟の割れ目から太陽の光が差し込む光景は言葉が出ないほど美しいし、この大きな鍾乳石は「いったいどれだけの年月がかかってできたんだろう」なんて思わず考えずにはいられないくらいの壮大さです。
ただ、個人的にちょっと残念に感じてしまったのはせっかくの白い鍾乳石をカラフルにライトアップしていたことです。アジアだなぁと思ってしまいました。

ハロン湾でのおすすめグルメ

クルーズ船の中でランチビュッフェ

到着し、船に乗り換えたころにはすでにお昼近くで、早速ランチタイムが始まりました。
ハノイではフォーやバインミーなどしか食べていなかったので(一人旅でレストランには入りにくいですし、たくさん注文しても食べきれません)ごはんとおかずをいろいろ味わえるビュッフェは最高でした。エビや魚など魚介類豊富な料理はとってもおいしかったです。ツアーで一緒になった人たちとわいわい話しながら食べられるので一人でもさみしくありません。

ハロン湾でのおすすめのショッピングスポット

船上の雑貨屋さんとターミナルのお土産屋さん

海上にはおみやげや日用品、お菓子やお水をたくさん積みこんだ船がたくさんあり、ボートになりながらお買い物ができます。できるけど、買っている人はほぼいませんでした。
また、私の参加したツアーはお土産を買う時間がなかったのですが、ターミナルの中にお土産屋さんがあります。トイレに行くために横を通っただけですが、ハロン湾の美しい絵ハガキが見えました。

ハロン湾にて宿泊したホテル

日帰り

日帰りバスツアーは帰りが少し遅くなります。もちろんゲストハウスまでちゃんと送り届けてくれるので安心ですが、帰りのバスは疲れてぐっすりと眠ってしまいました。

ハロン湾旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

現地でツアーに申込み

ハノイを歩いているといたるところにツアー会社のお店があります。ドアの周りや壁に英語や日本語で地名が書いてあるので見つけやすいです。ちょうど私が入ったお店は日本語を話すスタッフさんがいて簡単に申し込めました。いろいろな会社がツアーを催行しているようで、翌日の参加も問題ありませんでした。
ゲストハウスまで送迎してくれるのですが、案の定時間通りには来ません。朝からハラハラさせられましたが、その後は何も考えなくても全てがトントン拍子で進むので、ツアーって楽だなと実感していました。

ハロン湾旅行に必要な持ち物

日焼け止め、長袖の上着、帽子などの日焼け対策。
屋根のない船で海上を移動をするので日焼け止めや長袖はあったほうがいいと思います。また、洞窟の中はとても涼しいので外の温度差で寒く感じることもあります。
時期にもよりますが炎天下の海上に長時間いるのでお水も忘れずに。

ハロン湾旅行での注意点

ハロン湾旅行での注意点
  1. 日差しが強いので日焼け対策をしっかりと
  2. 長時間外にいるのでお水を忘れずに
  3. 船酔いする方は酔い止めの準備を忘れずに

基本的に観光客しかいないので安全です。
上の必要な持ち物でも書きましたが、時期によっては日差しが強く暑いので日焼け対策と水分補給を忘れないようにしましょう。海上なので照り返しもありとにかく焼けます。
ボートはもちろんのこと、クルーズ船といっても大きくはないので結構揺れます。船酔いをする方は酔い止めを忘れずに持参しましょう。

まとめ

ハノイからちょっと足を伸ばすだけで、それはそれは美しい自然を堪能できる素晴らしい場所です。確かにみんながおススメするわけだと納得しました。その後ハノイに戻った私は、当然のようにゲストハウスの同室のみんなに勧めまくっていました(笑)。
2日間のツアーだともっとアクティビティーを満喫できるようですが、日帰りでも大満足でした。

 

jamon

jamon身も心も彷徨い中

投稿者の過去記事

ふと世界一周がしたいと思い立ち、数年かけてお金を貯めたのち半年間のバックパッカーをしました。
外に飛び出す楽しさを知ってしまったらもうじっとしていられず、長期休みのたびに海外旅行をする生活に。
今はコロナでどこにも行くことができないのでここに文章を書くことでいろいろ思い出して次への夢を見ています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. ナイアガラ旅行体験記イエローナイフにオーロラを見に行こうと決めた時に、ナイアガラの滝を一緒に見に…
  2. イスタンブール旅行体験記不思議な縁があり、4回も訪れたことのあるイスタンブール。1回目は友達と、…
  3. 誰もが一度は行きたいリゾート地 メキシコ・カンクン| トラベルダイアリー
    カンクン旅行体験記中南米に行った事がなく、一度は行ってみたいと思っておりました。サンディエゴに住…
  4. 【アメリカ★テネシー州】年越し!1日中楽しめるガトリンバーグの旅| トラベルダイアリー
    ガトリンバーグ旅行体験記2019年の年末年始は、恋人が住んでいるテネシー州へ!その中でも家族連れ…
  5. シャウエン旅行体験記いつか何かの本で見たシャウエンの青い街。なんて素敵なのだろう、いつか絶対に訪…
  6. 女子一人旅 in バチカン 偶然ローマ教皇を拝見!!| トラベルダイアリー
    バチカン旅行体験記そういえば、バチカンってローマの中にあるよなーとふと思い出したので早速行ってみ…
  7. シンガポール旅行体験記シンガポール旅行は、せっかくなのでセントーサ島へも足をのばして行くことに。…
  8. 人生に一度じゃ勿体ない!もう一度行きたくなるニューヨークの街| トラベルダイアリー
    ニューヨーク旅行体験記「一度は行ってみたい!」と旅だった先は、大都市ニューヨーク。一度行けば満足…
  9. バンフ旅行体験記根っからのアウトドア好きの私。いつか世界中の山を制覇出来たら・・幼いころから、そ…
  10. パリ旅行体験記「フランス行ったことない」「なんとっ!」…ということで、私は7度目、旦那は人生…

国内旅行おすすめ

  1. 鹿児島旅行体験記九州地方の最南端となる鹿児島県!沖縄までは飛行機を利用するとフライト時間も長…
  2. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ熱海の旅②| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記夏は海水浴で有名な熱海ですが、冬の熱海でも満喫できるイベントや観光スポットがありま…
  3. 四万ブルーと温泉でリラックス!疲れを癒したいなら群馬県四万温泉がオススメ! | トラベルダイアリー
    四万ブルーと温泉でリラックス!疲れを癒したいなら群馬県四万温泉がオススメ!癒しを求め、自然と温泉…
  4. 京都旅行体験記有名すぎるキャッチコピー「そうだ、京都へ行こう。」言い得て妙、まさにそんな…
  5. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ河口湖の旅| トラベルダイアリー
    河口湖旅行体験記国の名勝地「富士五湖」の一つである河口湖は、最も長い湖岸線を持ち、最も低い標高地点…
  6. 浜松・天竜日帰り旅行体験記以前から気になっていた、立須峰・白倉挟へ絶景を求めて行ってきました。登…
  7. 石垣島旅行体験記今回はじめて石垣島に行って、美しい海に感動しました。ここって日本だよね?と確…
  8. 佐久島旅行体験記アートの島として有名な佐久島に仲の良い友達3人で行ってきました。とても手軽に離島へ…
  9. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅| トラベルダイアリー
    尾道旅行体験記地元近くでありながら昨年はじめて訪れ、その風光明媚な雰囲気にすっかり惚れ込んだ街・…
  10. 京都旅行体験記京都はこれまで2回旅行をしたことがありましたが、何度でも訪れたくなるのが京都です♪…

最新記事

  1. イスラム世界の文化的中心地として栄えた茶色い街 「 ブハラ 」| トラベルダイアリー
    ブハラ旅行体験記2500年もの歴史を秘めているブハラ。シルクロードの面影が残存しているといわれる…
  2. 女子一人旅 in ペルー 首都リマで日系人文化に触れ、日本を感じる| トラベルダイアリー
    リマ旅行体験記危険だと言われるけれど、やはり首都は訪れてみたい。そんな気持ちでリマにも行くことに…
  3. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅|
    松本旅行体験記海外に行けないストレスをどこで晴らそうと旅行サイトなどを色々見て情報集めをしている…
  4. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅| トラベルダイアリー
    尾道旅行体験記地元近くでありながら昨年はじめて訪れ、その風光明媚な雰囲気にすっかり惚れ込んだ街・…
  5. 女子一人旅 in ペルー 夢のマチュピチュを心ゆくまでうろつく| トラベルダイアリー
    マチュピチュ旅行体験記ペルーに来た目的、マチュピチュに到達です。子どもの頃からインカに興味があり…
  6. ウズベキスタン共和国内にある秘境「カラカルパクスタン共和国」| トラベルダイアリー
    カラカルパクスタン共和国旅行体験記ウズベキスタン共和国の西部に位置するカラカルパクスタン共和国。…
  7. 女子一人旅 in ペルー マチュピチュの麓、マチュピチュ村で温泉に入る| トラベルダイアリー
    マチュピチュ村旅行体験記いよいよマチュピチュに向かって出発です。マチュピチュの麓にあるこのマチュ…
  8. お酒と音楽とケルト文化を味わう ダブリン探訪記| トラベルダイアリー
    ダブリン旅行体験記隅っこ好きな性分で、アイルランド、北アイルランド、スコットランドを巡る旅に出ま…
  9. いも好き必見!全国のさつまいもスイーツが大集合「関西おいも万博」| トラベルダイアリー
    関西おいも万博に行ってきました!全国の美味しいさつまいもスイーツが集まる「関西おいも万博」なるも…
  10. シルクロードの中心都市 ウズベキスタン”青の都”「サマルカンド」| トラベルダイアリー
    サマルカンド旅行体験記ウズベキスタンのサマルカンドに初めて訪れたのは、今から12年も前のこと。友…

Archive



PAGE TOP