3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れハワイの旅① ~ハワイ島編~

ハワイ島旅行体験記

子連れ旅行の定番かつ人気NO1のハワイ。ハワイ島のダイナミックな自然と、オアフ島のグルメやショッピングなど両方を楽しみたいと思い、ハワイ島&オアフ島旅行7泊9日に行ってきました。3歳の娘は昨年のグアムに続き海外旅行は2回目。事前に色々調べて準備しました。今回はハワイ島旅行についてご紹介します。

ハワイ旅行後半⇒3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れハワイの旅② ~オアフ島編~

ハワイ島旅行について

おすすめのポイント
  1. 大迫力のポリネシアンショーを満喫「レジェンド・オブ・ハワイ・ルアウ」
  2. 日本ではなかなかできないイルカと一緒に写真撮影
  3. ダイナミックな自然に感動!豊富な観光スポット

ダイナミックな自然が体験できるハワイ島。海、山、川、滝、火山、花と見どころ満載です。普通アクティビテイは小学生くらいの子供でないと参加できないものも多いですが、ハワイでは3歳児でも安全に楽しめるアクティビティがあります。小さい子供でも思いっきりアクティビティを楽しめるのはハワイならでは。

ハワイ島旅行のおすすめのスポット

ヒルトンワイコロアビレッジの「レジェンド・オブ・ハワイ・ルアウ」

華やかなフラや迫力あるポリネシアンダンスを楽しめる「ルアウショー」。ハワイ島で人気NO1ルアウショーの「レジェンド・オブ・ハワイ・ルアウ」は、ヒルトンワイコロアビレッジにて、毎週火曜、金曜、日曜の夜に開催されます。入口では生花のレイとトロピカルジュースでお出迎え。広々とした屋外ステージに、観客席はたくさんのファミリーやカップルで溢れかえっています。

美味しいディナービュッフェはとにかく種類が豊富で、すぐ近くのキッチンから温かい料理が常に運ばれてきます。追加$30でアリイ席(VIP席)にアップグレードすれば、各テーブルごとにサーバーが付いてくれるので、美味しいトロピカルカクテルが飲み放題ですぐにサーブしてくれます。フラもファイヤーショーも大迫力!客席から登場するキャストや、お客さんを巻き込んだ演出に楽しめること間違いなし!

初めてイルカと触れ合って一緒に写真撮影

日本でもイルカと一緒に泳ぐアクティビティなどがありますが、通常は5歳くらいから。まだ海に入ったこともないような小さい子供では、水に入って泳ぐことが難しいです。ハワイ島のヒルトンワイコロアビレッジでは、ホテル内のラグーンにイルカがいて、小さい子供向けのプログラムとして浅瀬でイルカを触ったり、イルカの鳴き声を聞いたり、一緒に写真撮影をしたり、3歳児でも楽しめるプログラムがありました。広々としたラグーンなので、大勢の参加者がいても2家族ずつのグループで分かれ、少人数で安心して楽しめます。素敵な写真が撮れて大満足!

ハワイ島最大級の「アカカの滝」

落差134メートルの「アカカの滝」はハワイ島最大級。ハワイ島で最も有名な滝です。迫力ある滝のみならず、周辺は州立公園で野生のラン、シダ、竹、熱帯雨林、野鳥など、緑溢れる美しい公園です。舗装されたハイキングコースになっていて、ゆったりとした道を散策するので、小さい子供でも無理なく歩けます。マイナスイオンたっぷりでとても気持ちがいいです。

ハワイ島でのおすすめグルメ

絶景サンセットを楽しめる「カムエラ・プロビジョン・カンパニー」


ヒルトンワイコロアビレッジ内のレストラン「カムエラ・プロビジョン・カンパニー」は、ハワイ島で最も美しいサンセットが臨めるオーシャンフロントレストラン。ハワイ島産の美味しいシーフードを存分に味わえます。名物の「シーフードタワー」は、ロブスターやシュリンプ、アヒポケ、生牡蠣、タラバガニなどの冷製シーフードの盛り合わせで絶品。1~2人前で$95となかなかのお値段ですが、ここに来たらぜひ食べてみたい。キッズメニューも充実していて嬉しい。人気レストランなので事前予約は必須です。

ハワイ島でのおすすめのショッピングスポット

ハワイ島最大のショッピングモール「クイーンズ・マーケット・プレイス」

ワイコロアビーチリゾート内にあるハワイ島最大のショッピングモール「クイーンズ・マーケット・プレイス」は、一流ブランドやフードコート、レストランなど35以上のショップが充実しています。ホテルからショッピングシャトルが巡回しているのでアクセスも便利。

3歳の娘は「クレアズ」でアクセサリーや子供用メイクセットでプリンセスに変身してゴキゲン!とても便利だったのが「アイランドグルメマーケット」という巨大スーパー。新鮮なサラダ、サンドイッチ、フルーツ、美味しい焼き立てパンなどがリーズナブルに小分けで売っているところ。ホテル付近に手軽に買えるコンビニがないのでとても重宝しました。他にもABCストアのようなお土産や雑貨、文具なども充実しています。オモチャもいっぱいで子供も大はしゃぎでした。

ハワイ島にて宿泊したホテル

ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ


東京ドーム7個分の広大な敷地には、3つのタワー、海水ラグーンにプール、ショッピングモール、レストラン、イルカと触れ合える施設もあります。ホテル内の移動にはモノレールやボートが往来し、まるでテーマパークのようで長く滞在しても飽きません。日本語サービスデスクもあって安心です。

トロピカルガーデンやホテル内を流れる運河には魚やウミガメを見ることもできて、到着した時から子供も大興奮。2015年にリニューアルしたマカイタワー(旧ラグーンタワー)は、広々した客室に大型のテレビ、落ち着いたインテリアに、ダブルシンクのバスルームが子連れにはとっても便利。マカイタワー宿泊者限定で、プールの専用チェアエリアにアクセス出来たり、マカイ専用アメニティが揃っていたり、オーシャンサイドはラグーンの素晴らしい眺めを堪能できます。

ハワイ島旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

私自身が旅行会社勤務なので、自分で個人手配にしました。航空券はJALの正規格安航空券で、ホテルは自社で予約。パッケージツアーではなく個人手配の良いところは、予約時に航空座席を指定できるところ。パッケージツアーは団体チケットなので当日になるまでどこの席になるか分かりません。またJALマイレージカードの加算率も高いです。
ちなみに子供用マイレージ「JMBキッズクラブ」に加入すると(無料)、マイルが貯めるだけではなく、機体整備の工場見学や訓練施設を使った客室乗務員体験などのイベントにも参加できて、子供も大喜び間違いなし!
JALはキッズミールも、オモチャも、充実していてオススメです!

ハワイ島旅行に必要な持ち物

子供用ヘッドフォン、あめ、ガーゼケット、長袖パーカー。機内で使える子供向け無料アプリを予めダウンロードしておいて本当に良かったです。通常成田空港などのキッズスペースで搭乗前に子供を思い切り遊ばせて機内で寝かせる作戦のママは多いと思いますが、今回コロナの影響でクローズしていて使えなかったので、長いフライトを飽きずにぐずらずに過ごすために本当に持参して良かったです。

まだ耳抜きが苦手な小さい子供でも、離着陸直前にあめをなめさせると耳が痛くて泣くこともありません。ベビーカーは持参すべきか迷いましたが今回の旅行で持参して良かったものNO1です!搭乗口ギリギリまで持っていけるし、レストランなどでそのまま寝かせておけるし、日本よりもずっとベビーカーに優しい社会なのでどこでもエレベーターがありました。

今回長い旅行だったので、自分で簡単に洗濯できる「どこでも洗たくパック」や、100円ショップの折り畳み洗濯物干しや洗濯ロープも大活躍でした。

ハワイ島旅行での注意点

ハワイ島旅行での注意点
  1. 旅行出発前までに「たびレジ」の登録は必須
  2. ハワイ島観光ならオプショナルツアーがお勧め
  3. 朝や夜、屋外と屋内で寒暖差が激しいので長袖の上着は必須

海外旅行で必須なのが「たびレジ」の登録。外務省海外安全情報メール配信サービスです。今回旅行したのが3月だったので、特に新型コロナウイルスの感染者数、予防策、領事館の措置など知りたい情報がすぐに入手できるので大変役に立ちました。またハワイ島旅行ではレンタカーが便利だとよく言われますが、うちはレンタカーは予約せずオプショナルツアーを申し込んで大正解でした。ハワイ島ではホテルから送迎をしてくれるし、駐車場やガソリンスタンドを探すのが大変です。

ハワイ島はとにかく広大で観光スポットも多いので、ツアーガイドに説明してもらいながら、効率的に回るのが安心安全で確実です。特に夜間は街灯がないので真っ暗だったり、星空観測など山の天気は変わりやすくて急に大雨が降ったりするので慣れない場所での運転は危険です。小さい子供がいる場合は休憩スポットやお勧めのショップやレストランにも立ち寄ってもらえてとても良かったです。持ち物にも書きましたが飛行機内や現地屋内など冷房が効きすぎているので、長袖やガーゼケットなどは必須です。

まとめ

ハワイは片道7時間半という長いフライトで、ハワイ島とオアフ島周遊には乗り継ぎもあり、大自然が広がるハワイ島での観光やアクティビティは3歳児にはまだハードルが高いかなと思っていました。しかしホノルルのような大都会とは全く違ったゆったりとした時間が流れ、どこまでも広がるジャングル、美しい海と魚たち、可愛いイルカとの触れ合いなど、ダイナミックな自然を肌で感じて体験できる素晴らしい場所でした。

欧米人ファミリーの長期バカンスにも人気で、プールやビーチでは娘と同じ年頃の子供と仲良くなって一緒に遊ぶ姿も見られました。
娘も本当に楽しかったようで、帰国後すぐにまたハワイへ行きたいと言っていました!

 

mayuaya

mayuaya

投稿者の過去記事

旅行会社勤務で3歳の娘をもつママ。
仕事もプライベートでも旅行とグルメが好き。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. カンクン旅行体験記どうしてもカリブ海に行ってみたい。どうせ行くなら世界屈指のリゾート地でしょ!!…
  2. インドネシア島旅行体験記インドネシア=バリ島やウブドなどのイメージがありますが、世界最多の島数が…
  3. 幻想的なランタンにうっとり!世界遺産ホイアンを楽しむ旅| トラベルダイアリー
    ホイアン旅行体験記南北に長いベトナムのほぼ中央に位置する港町ホイアン。ここはランタンで有名で、柔…
  4. キラキラネオンとカジノで輝く街 中華人民共和国マカオ特別行政区| トラベルダイアリー
    マカオ旅行体験記香港かマカオに行きたくて、ポルトガルの文化も混じっている、マカオに興味が勝り行く…
  5. ソウルで女子旅!おすすめのグルメや定番スポットなどを紹介| トラベルダイアリー
    ソウル旅行体験記辛いだけじゃない?!美味しい料理に、最先端のコスメたち。お腹を満たしつつ、気付け…
  6. 女子一人旅 in スペイン 観光地じゃない街テラッサで素の生活| トラベルダイアリー
    テラッサ旅行体験記泊めてもらった友人が住む街、テラッサ。バルセロナから電車で1時間かからないくら…
  7. フランクフルト旅行体験記ドイツきっての経済都市フランクフルト。学生時代、家族旅行をした思い出の地…
  8. プナカ旅行体験記近年は「世界一幸せな国」としても有名になった国、ブータン。そんな風に言われるもっ…
  9. 女子一人旅 in スペイン ガウディだらけのバルセロナ| トラベルダイアリー
    バルセロナ旅行体験記名残惜しいリスボンを後にして向かった次の地はバルセロナ。バルセロナは美し…
  10. ダナン旅行体験記アジアで安く行けて、リゾート感があって、食事も美味しくて、近い国はどこなのでしょ…

国内旅行おすすめ

  1. 静岡島田 ギネス認定!蓬莱橋で絶景散歩♪ | トラベルダイアリー
    蓬莱橋旅行体験記静岡県島田市に世界一長い木造歩道橋があることを知り、一目見て見たくて行ってきまし…
  2. 車がなくても楽しめる那覇と瀬長島で過ごすリゾート時間| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記昨年の10月頃に行きましたが、気温が高く夏気分で夏服を着て過ごせたので、非日常感を…
  3. 下田旅行体験記海を眺めて癒されたい!忙しさで気持ちがすり減ってしまうと、ふと思います。 でもリゾ…
  4. 仙台旅行体験記 旅行の行き先がなかなか決まらず、航空券をチェックしていると、ふと仙台…
  5. 上高地
    松本旅行体験記松本は、長野県第二の都市。日本アルプスへの中継地点という事もあり、山へ登りに行…
  6. アドベンチャーワールド旅行体験記2018年GWにまとまったお休みがあったため、以前から行ってみた…
  7. 【淡路島おすすめスポット】うずしおクルーズ・鮎屋の滝・淡路おすすめグルメを満喫してきました!| トラベルダイアリー
    うずしおクルーズ・鮎屋の滝体験記淡路島のおすすめ観光としても有名な、うずしおクルーズ。どうせなら…
  8. 京都旅行体験記有名すぎるキャッチコピー「そうだ、京都へ行こう。」言い得て妙、まさにそんな…
  9. 京都駅からの景色
    京都市旅行体験記京都といえば、日本有数の観光都市。その玄関口は、新幹線も停まる「京都駅」です…
  10. 福岡旅行体験記仕事の疲れを癒やしたい…美味しいものを鱈腹味わいたいと思って。なんでも美味しくて、…

最新記事

  1. イスラム世界の文化的中心地として栄えた茶色い街 「 ブハラ 」| トラベルダイアリー
    ブハラ旅行体験記2500年もの歴史を秘めているブハラ。シルクロードの面影が残存しているといわれる…
  2. 女子一人旅 in ペルー 首都リマで日系人文化に触れ、日本を感じる| トラベルダイアリー
    リマ旅行体験記危険だと言われるけれど、やはり首都は訪れてみたい。そんな気持ちでリマにも行くことに…
  3. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅|
    松本旅行体験記海外に行けないストレスをどこで晴らそうと旅行サイトなどを色々見て情報集めをしている…
  4. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅| トラベルダイアリー
    尾道旅行体験記地元近くでありながら昨年はじめて訪れ、その風光明媚な雰囲気にすっかり惚れ込んだ街・…
  5. 女子一人旅 in ペルー 夢のマチュピチュを心ゆくまでうろつく| トラベルダイアリー
    マチュピチュ旅行体験記ペルーに来た目的、マチュピチュに到達です。子どもの頃からインカに興味があり…
  6. ウズベキスタン共和国内にある秘境「カラカルパクスタン共和国」| トラベルダイアリー
    カラカルパクスタン共和国旅行体験記ウズベキスタン共和国の西部に位置するカラカルパクスタン共和国。…
  7. 女子一人旅 in ペルー マチュピチュの麓、マチュピチュ村で温泉に入る| トラベルダイアリー
    マチュピチュ村旅行体験記いよいよマチュピチュに向かって出発です。マチュピチュの麓にあるこのマチュ…
  8. お酒と音楽とケルト文化を味わう ダブリン探訪記| トラベルダイアリー
    ダブリン旅行体験記隅っこ好きな性分で、アイルランド、北アイルランド、スコットランドを巡る旅に出ま…
  9. いも好き必見!全国のさつまいもスイーツが大集合「関西おいも万博」| トラベルダイアリー
    関西おいも万博に行ってきました!全国の美味しいさつまいもスイーツが集まる「関西おいも万博」なるも…
  10. シルクロードの中心都市 ウズベキスタン”青の都”「サマルカンド」| トラベルダイアリー
    サマルカンド旅行体験記ウズベキスタンのサマルカンドに初めて訪れたのは、今から12年も前のこと。友…

Archive



PAGE TOP