ウズベキスタンの世界遺産ヒヴァ「イチャン・カラ」の魅力 !| トラベルダイアリー

ウズベキスタンの世界遺産ヒヴァ「イチャン・カラ」の魅力 !

ヒヴァ旅行体験記

ウズベキスタンのヒヴァ近郊にある村のウズベク人と結婚し移住しました。ヒヴァには「イチャン・カラ」という世界遺産があります。そこに一歩足を踏み入れると、どこかにタイムスリップしてしまったかのような・・・そんな魅力的な場所をご紹介します。

ヒヴァ旅行について

おすすめのポイント
  1. ターコイズブルーのタイル模様と遺跡が作り出す感動的な絶景
  2. 女性の心をくすぐるアトラス(布)やスザ二(刺繍布)・雑貨や陶器
  3. 意外と日本人の口に合うウズベキスタン料理と甘くて美味しい果物

かつてのホラズム王国の首都として栄えたヒヴァ「イチャン・カラ」では、イランやトルクメニスタン、カザフスタンなどのさまざまな文化が混在しています。歴史に興味がある人はもちろん、歴史に全く興味がない人でもその雄大な景色に感動 ! 手の込んだスザ二(刺繍布)、シルク製のアトラス(布)、手編みの靴下や陶器類などの雑貨、ウズベキスタンのエスニック料理で満喫できるでしょう。

ヒヴァ旅行のおすすめのスポット

ターコイズブルーのタイル装飾に圧倒 ! トシュ・ハウリ宮殿

17世紀に建てられたハーン(王様)の宮殿トシュ・ハウリ。トシュとはウズベク語で「石」という意味。公務を行う謁見部屋、儀式の場や宴会等お客を招待する客間、ハーレムと言われるハーンと妻、家族の部屋など大小163もの部屋があります。ヒヴァの中でも最も豪華なターコイズブルーのタイル装飾と材木彫刻で飾られています。その幾何学模様のタイル装飾と雲一つない真っ青な空とが描き出すコントラストがあなたを魅了すること間違いなし ! ハーンには4人の正妻がいたとか・・・あなたはどのタイル模様が好み ?

1000年以上の歴史がある中央アジアで最も有名なジュマ・マチッド

10世紀に建てられたというジュマ・マチッド。マチッドとはウズベク語でイスラム教の人々がお祈りする「モスク」のこと。このマチッドは約5000人の人々が一度にお祈りできる広さ。どの場所からも一番前でお祈りするムッラ(イスラム宗教学者)の姿が見えるように設計されているのには驚き ! 電気などの照明はなく、天窓から差し込む光だけが3m間隔に建てられた213本の彫刻柱を幻想的に描き出しています。柱の彫刻はすべて手彫りで、デザインも違います。あなたはどの彫刻柱がお好み?

どのミナレットにも似つかないヒヴァの象徴クック・ミノラ

ウズベキスタンの観光地ではさまざまなミナレット(塔)がみられます。ヒヴァでは最も高くて美しいイスラム・ホジャ・ミナレットも有名ですが、このクック・ミノラはどのミナレットにも似つかないため、ヒヴァの象徴となっています。「クック」とはウズベク語で「青い」という意味。別名「カリタ・ミノラ」(短い塔)という意味をもつこのミナレットは未完成のため、さまざまな伝説が残されています。

ヒヴァでのおすすめグルメ

Mirza Bashiミルザボシで伝統料理シビット・オシュを堪能

ウズベキスタンではさまざまな料理がありますが、ここヒヴァがあるホラズム州でしか食べられない料理をご紹介します。シビット・オシュはディル(香草)を使った緑色のパスタにお肉やじゃがいもが入ったトマトソースを絡ませたパスタ料理。他にもトゥフム・バラクという卵を使った伝統料理もここヒヴァがあるホラズム州でしか食べられない料理になります。このレストランでは、どちらも注文できます。ヒヴァに来たからには、せっかくなので伝統料理を食べてみては ?

ヒヴァでのおすすめのショッピングスポット

お土産や民芸品を探すならキャラバン・サライへ

イチャン・カラの中を歩いているとあちらこちらに路面店があります。歩いているうちにどこで気になったものがあったのかもわからなくなってしまうほど・・・。ミナレット(塔)にも登ったりとクタクタになってから、「さぁ、お土産はどうしよう?」なんてことに。キャラバン・サライの中ではシルク製のスカーフ、ショール、アトラス(布)、スザ二(刺繍布)、手編みの靴下、陶器類、材木彫刻雑貨、カーペットなどさまざまなお土産がそろっています。また、クトルグ・ムロド・イノク・メドレセ内には、日本のプロジェクトにより2014年にオープンした店舗「コクーン(繭)」があります。お時間がある方はぜひ、覗いてみては ?

ヒヴァにて宿泊したホテル

Qosha Darvoza コシャ・ダルヴァザ

以前私が宿泊したのは、低予算で「イチャン・カラ」から徒歩圏内ということでこのゲストハウス。朝食付きで20$程度とリーズナブル。ベッドもダブルで広く、お部屋も広め。ユニットバスタイプでバス付だけどお湯がタンク式で湯舟に浸かるにはお湯が足りなくなりそうなため、シャワーで。朝食もパン食でハムやチーズ、手作りジャムやお好みで目玉焼きなど飲み物もいろいろで充実していました。ホテルの名前は、ホテル左側にある「デシャン・カラ」のダルヴァザ(門)の1つ「コシャ・ダルヴァザ」から命名されたもの。

ヒヴァ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

ウズベキスタンについての出版されている本を持参して個人旅行している方も多くみられますが、ウズベキスタンは英語がなかなか通じない国。タシケントやサマルカンドでは英語が比較的通じることもありますが、ヒヴァではロシア語を話せる人も少なく、現地語のウズベク語かホラズム語(ホラズム州の方言)。「イチャン・カラ」内での値段の交渉などは比較的英語でもいけますが、その他の交渉はなかなか難しいのが事実。ヒヴァでの通訳やガイド他、困った時などは投稿者までご連絡いただければ、お手伝いすることも可能です。

ヒヴァ旅行に必要な持ち物

日焼け・日差し対策グッズ(日焼け止め・日傘・帽子・サングラス等)、ウエットティッシュ、エコバック、歩きやすい靴。ウズベキスタンの観光シーズンは3月中旬から5月、7月から10月くらいまで。というのも6月から7月は「チッラ」といって猛暑になるので観光には不向き。他のシーズン中も日本と比較すると日差しが強いので、日焼け・日差し対策は必須です。

ヒヴァ旅行での注意点

ヒヴァ旅行での注意点
  1. 夏の美味しい果物や生野菜料理は控えめに !
  2. カフェやレストラン等で出されたお茶にも注意 !
  3. 乾燥しているため、汗の量は少ないけれどこまめに水分補給を !

果物が美味しくてついつい食べ過ぎてしまいますが、体調を崩す原因となりやすいので果物や生野菜は控えるように。ホラズム州にあるヒヴァの水は塩害のため、しょっぱめ。カフェやレストランで出されたお茶もミネラルウォーターを使っていない場合もあるので注意が必要。乾燥しているため、汗の量は少ないけれど脱水になりやすいため、こまめに水分補給を忘れずに!

まとめ

ヒヴァの「イチャン・カラ(内城)」について少しご紹介しましたが、実は「デシャン・カラ(外城)」もあり、二重の城壁からなっています。歴史にあまり興味がない人であれば、1日で十分かもしれませんが、ゆっくり時間をとって来られるのであれば、「デシャン・カラ」やヒヴァの市場などをまわってみるのも良いかもしれません。「イチャン・カラについてもっと知りたい」または「ヒヴァに関して」、もしくは「ウズベキスタンについて」ご質問などがありましたら、投稿者のサイトからご連絡ください。

 

N.mikako日本語通訳・ガイド 

投稿者の過去記事

ウズベキスタンのホラズム州トルクメニスタンとの国境沿いの村に住んでいるウズベク人と結婚し、現在中央アジアで最初に登録された世界遺産「イチャン・カラ」で日本語通訳・ガイドの仕事をしています。
「ヒヴァについて」「ウズベキスタンについて」「村の生活」などにご興味のある方はこちらからお気軽にご連絡ください。https://sehrlixiva.wordpress.com/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. ランゲ地方旅行体験記北イタリア・ピエモンテ州のランゲ地方は、イタリアきっての高級ワインの産地。友…
  2. フーコック旅行体験記海外旅行へ行くなら、レアな場所に行ってみたい!と旅慣れた人なら思うはず。アジ…
  3. 白い岩壁【セブンシスターズ】ロンドンから日帰りの旅| トラベルダイアリー
    イギリス【セブンシスターズ】旅行体験記真っ白な崖【セブンシスターズ】は、ハリーポッターの映画の撮…
  4. 買い物だけじゃない!色んな顔を持つ街バンクーバー| トラベルダイアリー
    バンクーバー旅行体験記友人が留学していた事があり、バンクーバー良いよと聞いていたのでずっと行って…
  5. 興味ありから大好きになりました・・・!!UAE・ドバイ編| トラベルダイアリー
    ドバイ旅行体験記もともと中東の文字や小物が好きだったので興味がありました。その中でも中東感を味わ…
  6. ベルギー旅行の拠点にオススメ!美味しい物いっぱいのブリュッセル| トラベルダイアリー
    ブリュッセル旅行体験記ベルギーの首都ブリュッセル。ベルギーはフランスやオランダ、ドイツと隣接する…
  7. 女子一人旅 in バチカン 偶然ローマ教皇を拝見!!| トラベルダイアリー
    バチカン旅行体験記そういえば、バチカンってローマの中にあるよなーとふと思い出したので早速行ってみ…
  8. クラビ旅行体験記一度タイへ旅行した人なら、タイが大好きになりますよね。バンコクの街を巡ったら、次…
  9. デルフト旅行体験記今回ご紹介するデルフトは、伝統的なオランダの街並みが楽しめる小さい古都です。青…
  10. 女子一人旅 in スペイン 観光地じゃない街テラッサで素の生活| トラベルダイアリー
    テラッサ旅行体験記泊めてもらった友人が住む街、テラッサ。バルセロナから電車で1時間かからないくら…

国内旅行おすすめ

  1. お買い物天国の新宿!大都会で思いっきり楽しもう!| トラベルダイアリー
    新宿旅行体験記東京の代表的な街と言えば新宿!大ターミナル駅周辺にはところ狭しと様々なお店が立…
  2. こんぴらさん旅行体験記香川県にはこんぴらさんと呼ばれ親しまれる神社があります。このこんぴらさんに…
  3. ~祝!世界遺産登録“三保松原”~絶景富士山&絶品苺で静岡を満喫♪ | トラベルダイアリー
    三保松原&いちご狩り旅行体験記2020年2月三保松原と久能石垣いちご狩りへ行ってきました。天女の…
  4. ☆*マングローブ☆*疲れた時には、ひとっこひとり居ない奄美大島の海を見に行こう| トラベルダイアリー
    奄美大島ひとり旅沖縄には行った事があるものの、気になっていながら上陸していなかった奄美大島。…
  5. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ別府の旅| トラベルダイアリー
    別府旅行体験記学生時代の友人が大分に住んでいるので、会いに行くために家族で別府温泉へ旅行に行きま…
  6. トトロの疑似体験もできる!?丘と岬に囲まれた港町・愛媛県八幡浜| トラベルダイアリー
    八幡浜旅行体験記愛媛県西部の街・八幡浜を訪れました。九州から四国へ移動する際に四国側のフェリー発…
  7. 沖縄の大自然に触れる!愛犬と一緒に楽む「やんばる」の旅| トラベルダイアリー
    沖縄やんばる旅行体験記沖縄本島の北部「やんばる」と呼ばれるエリアは、那覇空港のある南部から車で約…
  8. 佐久島旅行体験記アートの島として有名な佐久島に仲の良い友達3人で行ってきました。とても手軽に離島へ…
  9. 1泊2日をエキサイティングに楽しむには淡路島で決まり!| トラベルダイアリー
    淡路島旅行体験記淡路島は山の自然と海の自然の両方が楽しめる、観光には非常におすすめのスポットです…
  10. [妖怪だらけ 境港市]水木しげるロードで楽しもう!| トラベルダイアリー
    境港旅行体験記鳥取県に友人と二人旅に行ってきました!一泊二日の旅程で、1日目は鳥取の北西部にある…

最新記事

  1. ご飯が美味しいインド洋の島・スリランカの南端の町ゴールと近隣ビーチ| トラベルダイアリー
    ゴール旅行体験記 仕事に追われて見知らぬ土地でのんびり過ごしたいと思い、行ったことの…
  2. 沖縄の大自然に触れる!愛犬と一緒に楽む「やんばる」の旅| トラベルダイアリー
    沖縄やんばる旅行体験記沖縄本島の北部「やんばる」と呼ばれるエリアは、那覇空港のある南部から車で約…
  3. 70年代の熱気を感じる!衝撃!太陽の塔内部見学と大阪アート旅!| トラベルダイアリー
    大阪旅行体験記 あの、岡本太郎の太陽の塔の内部を見ることができる!それを聞いたとき、…
  4. [一人旅 オスロ]お得に&楽しんで観光できます!| トラベルダイアリー
    オスロ旅行体験記 2019年、スウェーデン滞在中にオスロへ一人旅に出かけました。物価…
  5. 4歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ沖縄の旅| トラベルダイアリー
    那覇旅行体験記夏のピークで混みあう前に、沖縄へ三世代で旅行へ行ってきました。今回は海開きはしてい…
  6. ミラノからの日帰り旅行に 古都モンツァ| トラベルダイアリー
    モンツァ旅行体験記ミラノ郊外の街。ピンクやイエローのパステルカラーの建物が並ぶポップでキュートな…
  7. 夜景と温泉に癒される♪ハンガリーの首都ブダペストを観光| トラベルダイアリー
    ブダペスト旅行体験記南ドイツ~オーストリア~ハンガリーを鉄道で周遊しました。1週間で3カ国という…
  8. [妖怪だらけ 境港市]水木しげるロードで楽しもう!| トラベルダイアリー
    境港旅行体験記鳥取県に友人と二人旅に行ってきました!一泊二日の旅程で、1日目は鳥取の北西部にある…
  9. 【一人旅】偽物の集合が本物の価値を生み出す「大塚国際美術館」| トラベルダイアリー
    鳴門旅行体験記週末を挟み時間が取れたので、3泊4日の旅行をすることに。そこで、前から行きたかった…
  10. [食の都 大阪]安くて旨いを探すぶらり旅!| トラベルダイアリー
    大阪旅行体験記 大阪旅行に行ってきました!これまで国内旅行や海外旅行にはよく行ってい…

Archive



PAGE TOP