ウズベキスタンの世界遺産ヒヴァ「イチャン・カラ」の魅力 !| トラベルダイアリー

ウズベキスタンの世界遺産ヒヴァ「イチャン・カラ」の魅力 !

ヒヴァ旅行体験記

ウズベキスタンのヒヴァ近郊にある村のウズベク人と結婚し移住しました。ヒヴァには「イチャン・カラ」という世界遺産があります。そこに一歩足を踏み入れると、どこかにタイムスリップしてしまったかのような・・・そんな魅力的な場所をご紹介します。

ヒヴァ旅行について

おすすめのポイント
  1. ターコイズブルーのタイル模様と遺跡が作り出す感動的な絶景
  2. 女性の心をくすぐるアトラス(布)やスザ二(刺繍布)・雑貨や陶器
  3. 意外と日本人の口に合うウズベキスタン料理と甘くて美味しい果物

かつてのホラズム王国の首都として栄えたヒヴァ「イチャン・カラ」では、イランやトルクメニスタン、カザフスタンなどのさまざまな文化が混在しています。歴史に興味がある人はもちろん、歴史に全く興味がない人でもその雄大な景色に感動 ! 手の込んだスザ二(刺繍布)、シルク製のアトラス(布)、手編みの靴下や陶器類などの雑貨、ウズベキスタンのエスニック料理で満喫できるでしょう。

ヒヴァ旅行のおすすめのスポット

ターコイズブルーのタイル装飾に圧倒 ! トシュ・ハウリ宮殿

17世紀に建てられたハーン(王様)の宮殿トシュ・ハウリ。トシュとはウズベク語で「石」という意味。公務を行う謁見部屋、儀式の場や宴会等お客を招待する客間、ハーレムと言われるハーンと妻、家族の部屋など大小163もの部屋があります。ヒヴァの中でも最も豪華なターコイズブルーのタイル装飾と材木彫刻で飾られています。その幾何学模様のタイル装飾と雲一つない真っ青な空とが描き出すコントラストがあなたを魅了すること間違いなし ! ハーンには4人の正妻がいたとか・・・あなたはどのタイル模様が好み ?

1000年以上の歴史がある中央アジアで最も有名なジュマ・マチッド

10世紀に建てられたというジュマ・マチッド。マチッドとはウズベク語でイスラム教の人々がお祈りする「モスク」のこと。このマチッドは約5000人の人々が一度にお祈りできる広さ。どの場所からも一番前でお祈りするムッラ(イスラム宗教学者)の姿が見えるように設計されているのには驚き ! 電気などの照明はなく、天窓から差し込む光だけが3m間隔に建てられた213本の彫刻柱を幻想的に描き出しています。柱の彫刻はすべて手彫りで、デザインも違います。あなたはどの彫刻柱がお好み?

どのミナレットにも似つかないヒヴァの象徴クック・ミノラ

ウズベキスタンの観光地ではさまざまなミナレット(塔)がみられます。ヒヴァでは最も高くて美しいイスラム・ホジャ・ミナレットも有名ですが、このクック・ミノラはどのミナレットにも似つかないため、ヒヴァの象徴となっています。「クック」とはウズベク語で「青い」という意味。別名「カリタ・ミノラ」(短い塔)という意味をもつこのミナレットは未完成のため、さまざまな伝説が残されています。

ヒヴァでのおすすめグルメ

Mirza Bashiミルザボシで伝統料理シビット・オシュを堪能

ウズベキスタンではさまざまな料理がありますが、ここヒヴァがあるホラズム州でしか食べられない料理をご紹介します。シビット・オシュはディル(香草)を使った緑色のパスタにお肉やじゃがいもが入ったトマトソースを絡ませたパスタ料理。他にもトゥフム・バラクという卵を使った伝統料理もここヒヴァがあるホラズム州でしか食べられない料理になります。このレストランでは、どちらも注文できます。ヒヴァに来たからには、せっかくなので伝統料理を食べてみては ?

ヒヴァでのおすすめのショッピングスポット

お土産や民芸品を探すならキャラバン・サライへ

イチャン・カラの中を歩いているとあちらこちらに路面店があります。歩いているうちにどこで気になったものがあったのかもわからなくなってしまうほど・・・。ミナレット(塔)にも登ったりとクタクタになってから、「さぁ、お土産はどうしよう?」なんてことに。キャラバン・サライの中ではシルク製のスカーフ、ショール、アトラス(布)、スザ二(刺繍布)、手編みの靴下、陶器類、材木彫刻雑貨、カーペットなどさまざまなお土産がそろっています。また、クトルグ・ムロド・イノク・メドレセ内には、日本のプロジェクトにより2014年にオープンした店舗「コクーン(繭)」があります。お時間がある方はぜひ、覗いてみては ?

ヒヴァにて宿泊したホテル

Qosha Darvoza コシャ・ダルヴァザ

以前私が宿泊したのは、低予算で「イチャン・カラ」から徒歩圏内ということでこのゲストハウス。朝食付きで20$程度とリーズナブル。ベッドもダブルで広く、お部屋も広め。ユニットバスタイプでバス付だけどお湯がタンク式で湯舟に浸かるにはお湯が足りなくなりそうなため、シャワーで。朝食もパン食でハムやチーズ、手作りジャムやお好みで目玉焼きなど飲み物もいろいろで充実していました。ホテルの名前は、ホテル左側にある「デシャン・カラ」のダルヴァザ(門)の1つ「コシャ・ダルヴァザ」から命名されたもの。

ヒヴァ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

ウズベキスタンについての出版されている本を持参して個人旅行している方も多くみられますが、ウズベキスタンは英語がなかなか通じない国。タシケントやサマルカンドでは英語が比較的通じることもありますが、ヒヴァではロシア語を話せる人も少なく、現地語のウズベク語かホラズム語(ホラズム州の方言)。「イチャン・カラ」内での値段の交渉などは比較的英語でもいけますが、その他の交渉はなかなか難しいのが事実。ヒヴァでの通訳やガイド他、困った時などは投稿者までご連絡いただければ、お手伝いすることも可能です。

ヒヴァ旅行に必要な持ち物

日焼け・日差し対策グッズ(日焼け止め・日傘・帽子・サングラス等)、ウエットティッシュ、エコバック、歩きやすい靴。ウズベキスタンの観光シーズンは3月中旬から5月、7月から10月くらいまで。というのも6月から7月は「チッラ」といって猛暑になるので観光には不向き。他のシーズン中も日本と比較すると日差しが強いので、日焼け・日差し対策は必須です。

ヒヴァ旅行での注意点

ヒヴァ旅行での注意点
  1. 夏の美味しい果物や生野菜料理は控えめに !
  2. カフェやレストラン等で出されたお茶にも注意 !
  3. 乾燥しているため、汗の量は少ないけれどこまめに水分補給を !

果物が美味しくてついつい食べ過ぎてしまいますが、体調を崩す原因となりやすいので果物や生野菜は控えるように。ホラズム州にあるヒヴァの水は塩害のため、しょっぱめ。カフェやレストランで出されたお茶もミネラルウォーターを使っていない場合もあるので注意が必要。乾燥しているため、汗の量は少ないけれど脱水になりやすいため、こまめに水分補給を忘れずに!

まとめ

ヒヴァの「イチャン・カラ(内城)」について少しご紹介しましたが、実は「デシャン・カラ(外城)」もあり、二重の城壁からなっています。歴史にあまり興味がない人であれば、1日で十分かもしれませんが、ゆっくり時間をとって来られるのであれば、「デシャン・カラ」やヒヴァの市場などをまわってみるのも良いかもしれません。「イチャン・カラについてもっと知りたい」または「ヒヴァに関して」、もしくは「ウズベキスタンについて」ご質問などがありましたら、投稿者のサイトからご連絡ください。

 

N.mikako日本語通訳・ガイド 

投稿者の過去記事

ウズベキスタンのホラズム州トルクメニスタンとの国境沿いの村に住んでいるウズベク人と結婚し、現在中央アジアで最初に登録された世界遺産「イチャン・カラ」で日本語通訳・ガイドの仕事をしています。
「ヒヴァについて」「ウズベキスタンについて」「村の生活」などにご興味のある方はこちらからお気軽にご連絡ください。https://sehrlixiva.wordpress.com/

コメント

    • t&k
    • 2021年 8月 29日 3:07pm

    ママと一緒に毎日1件ずつ楽しみに見ます。

    • t&k
    • 2021年 8月 29日 3:08pm

    ママと一緒に毎日1件ずつ楽しみに見ます。

    • 見てくれてありがとう!
      今気づきました!
      早くまた旅行ができるようになりますように♪

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. モロッコのもう一つの青の町・エッサウィラがかわいすぎる!| トラベルダイアリー
    エッサウィラ旅行体験記エッサウィラという名前も聞いたことがなかったけど、せっかく遠いモロッコまで…
  2. サンクリストバル・デ・ラス・カサス旅行体験記メキシコとグアテマラ国境にほど近い小さな町、サンクリ…
  3. 今や観光大国に!?猛スピードで進化し続けるモスクワが熱い!| トラベルダイアリー
    モスクワ旅行体験記モスクワといえば、カラフルなネギ坊主の聖ワシーリー寺院。名前は知らなくてもテレ…
  4. ロンドン
    ロンドン旅行体験記英語を勉強するにあたって、一番行きたかったのがイギリス。英語発祥の地でしっかり…
  5. チェンマイ旅行体験記タイの古都チェンマイは美しいお寺や自然が豊かで、 田舎町のような雰囲気があり…
  6. ブエノスアイレス旅行体験記南米の旅のスタート地点として、この街を訪れました。ヨーロッパのような街…
  7. オープントップバスから眺めるポルトの街並み。| トラベルダイアリー
    ポルト旅行体験記ポートワインで有名なポルト。ワイナリー見学も目的のひとつですが、この町はアズレー…
  8. バンフ旅行体験記世界21ヵ国44都市を旅をした中で、私が年間4回も訪れた事のある場所カナディアン…
  9. シンガポール旅行体験記日本を飛び出し、異国の地に行きたい。中華、マレー、インドなど多文化でとても…
  10. マラケシュ旅行体験記雑誌などでモロッコ風インテリアが特集されて、可愛らしいスリッパやクッションな…

国内旅行おすすめ

  1. 軽井沢旅行体験記避暑地や別荘地としても大人気の軽井沢。車でも新幹線でも都心からアクセス抜群!gw…
  2. サミットが開かれ海外からも注目された三重・志摩の魅力に迫る旅| トラベルダイアリー
    志摩旅行体験記いつか一度は行ってみたいと憧れていた伊勢志摩へ、日頃の感謝の意味も込めて両親を招待…
  3. こんな時だからこそ行きたい。兵庫・姫路の穴場〜塩田温泉〜| トラベルダイアリー
    姫路旅行体験記兵庫県には有馬温泉、城崎温泉、赤穂温泉などたくさんの有名温泉地があります。そんな中…
  4. 大分・由布院で外せない!絶品人気スイーツと温泉を満喫する旅| トラベルダイアリー
    由布市湯布院町旅行体験記北海道在住の人にとってはなかなか行きづらい九州旅行。関西に在住することに…
  5. 小樽旅行体験記仕事関係の学会発表で札幌に行くことになり、どうせなら前後に夏休みを足して親子旅行し…
  6. 北海道胆振エリアで隠れ家カフェ巡り_トラベルダイアリー
    厚真・日高旅行体験記北海道胆振エリアは知る人ぞ知る隠れ家的なカフェが点在しています。今回は厚真・…
  7. 福井旅行体験記 47都道府県のうち未踏の地であったのがこの福井。北陸三県にはなかなか…
  8. 高知市・いの町旅行体験記日頃の疲れを癒したい、のんびりしてリフレッシュしたい!そんな時には、高知…
  9. アフター6を満喫しよう!新橋・銀座で食べて楽しむプチ旅行!| トラベルダイアリー
    新橋・銀座旅行体験記仕事終わりに飲みに行くと、帰ってくるのが面倒…と思っていました。なので、…
  10. 湯布院旅行体験記 「温泉入りに行きません?」残業続きでクタクタの金曜深夜に、ふと…

最新記事

  1. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  2. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…
  3. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…
  4. 大人も子供も楽しめる!名古屋人気観光スポット巡り| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記 「名古屋行ったことないから行ってみる?でも名古屋って何があるの?」…
  5. オープントップバスから眺めるポルトの街並み。| トラベルダイアリー
    ポルト旅行体験記ポートワインで有名なポルト。ワイナリー見学も目的のひとつですが、この町はアズレー…
  6. 青の洞門
    マルタ島旅行体験記前回は首都:バレッタ周辺の情報お届けしました。さてさて、今…
  7. 【一人旅】窓から冬花火が見える、熱海のホテルで4泊5日| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記1月の連休を利用して、東京から少し足を伸ばした近場に旅行することに。そろそろ早咲の…
  8. 【ポルトガル】アラブと西洋の融合が美しい街、シントラ。| トラベルダイアリー
    シントラ旅行体験記リスボンから車で1時間足らずで行けるシントラ。高齢の母と二人旅だったので、現地…
  9. なお、納期は自由です。 ご負担にならない範囲で、お気軽にお願いいたします。 また動画も是非ひとつアップ戴けると助かります。 どうぞよろしくお願いいたします。| トラベルダイアリー
    リスボン旅行体験記母の傘寿のお祝いにポルトガル旅行を計画。今回はリスボンを紹介します。ポルトガル…
  10. 世界遺産熊野古道と白浜アドベンチャーワールド1泊2日子連れ旅| トラベルダイアリー
    田辺旅行体験記コロナ禍で県外へ旅行できない中、私の住んでいる和歌山県田辺市が独自で地元旅キャンペ…

Archive



PAGE TOP