ウズベキスタンの世界遺産ヒヴァ「イチャン・カラ」の魅力 !| トラベルダイアリー

ウズベキスタンの世界遺産ヒヴァ「イチャン・カラ」の魅力 !

ヒヴァ旅行体験記

ウズベキスタンのヒヴァ近郊にある村のウズベク人と結婚し移住しました。ヒヴァには「イチャン・カラ」という世界遺産があります。そこに一歩足を踏み入れると、どこかにタイムスリップしてしまったかのような・・・そんな魅力的な場所をご紹介します。

ヒヴァ旅行について

おすすめのポイント
  1. ターコイズブルーのタイル模様と遺跡が作り出す感動的な絶景
  2. 女性の心をくすぐるアトラス(布)やスザ二(刺繍布)・雑貨や陶器
  3. 意外と日本人の口に合うウズベキスタン料理と甘くて美味しい果物

かつてのホラズム王国の首都として栄えたヒヴァ「イチャン・カラ」では、イランやトルクメニスタン、カザフスタンなどのさまざまな文化が混在しています。歴史に興味がある人はもちろん、歴史に全く興味がない人でもその雄大な景色に感動 ! 手の込んだスザ二(刺繍布)、シルク製のアトラス(布)、手編みの靴下や陶器類などの雑貨、ウズベキスタンのエスニック料理で満喫できるでしょう。

ヒヴァ旅行のおすすめのスポット

ターコイズブルーのタイル装飾に圧倒 ! トシュ・ハウリ宮殿

17世紀に建てられたハーン(王様)の宮殿トシュ・ハウリ。トシュとはウズベク語で「石」という意味。公務を行う謁見部屋、儀式の場や宴会等お客を招待する客間、ハーレムと言われるハーンと妻、家族の部屋など大小163もの部屋があります。ヒヴァの中でも最も豪華なターコイズブルーのタイル装飾と材木彫刻で飾られています。その幾何学模様のタイル装飾と雲一つない真っ青な空とが描き出すコントラストがあなたを魅了すること間違いなし ! ハーンには4人の正妻がいたとか・・・あなたはどのタイル模様が好み ?

1000年以上の歴史がある中央アジアで最も有名なジュマ・マチッド

10世紀に建てられたというジュマ・マチッド。マチッドとはウズベク語でイスラム教の人々がお祈りする「モスク」のこと。このマチッドは約5000人の人々が一度にお祈りできる広さ。どの場所からも一番前でお祈りするムッラ(イスラム宗教学者)の姿が見えるように設計されているのには驚き ! 電気などの照明はなく、天窓から差し込む光だけが3m間隔に建てられた213本の彫刻柱を幻想的に描き出しています。柱の彫刻はすべて手彫りで、デザインも違います。あなたはどの彫刻柱がお好み?

どのミナレットにも似つかないヒヴァの象徴クック・ミノラ

ウズベキスタンの観光地ではさまざまなミナレット(塔)がみられます。ヒヴァでは最も高くて美しいイスラム・ホジャ・ミナレットも有名ですが、このクック・ミノラはどのミナレットにも似つかないため、ヒヴァの象徴となっています。「クック」とはウズベク語で「青い」という意味。別名「カリタ・ミノラ」(短い塔)という意味をもつこのミナレットは未完成のため、さまざまな伝説が残されています。

ヒヴァでのおすすめグルメ

Mirza Bashiミルザボシで伝統料理シビット・オシュを堪能

ウズベキスタンではさまざまな料理がありますが、ここヒヴァがあるホラズム州でしか食べられない料理をご紹介します。シビット・オシュはディル(香草)を使った緑色のパスタにお肉やじゃがいもが入ったトマトソースを絡ませたパスタ料理。他にもトゥフム・バラクという卵を使った伝統料理もここヒヴァがあるホラズム州でしか食べられない料理になります。このレストランでは、どちらも注文できます。ヒヴァに来たからには、せっかくなので伝統料理を食べてみては ?

ヒヴァでのおすすめのショッピングスポット

お土産や民芸品を探すならキャラバン・サライへ

イチャン・カラの中を歩いているとあちらこちらに路面店があります。歩いているうちにどこで気になったものがあったのかもわからなくなってしまうほど・・・。ミナレット(塔)にも登ったりとクタクタになってから、「さぁ、お土産はどうしよう?」なんてことに。キャラバン・サライの中ではシルク製のスカーフ、ショール、アトラス(布)、スザ二(刺繍布)、手編みの靴下、陶器類、材木彫刻雑貨、カーペットなどさまざまなお土産がそろっています。また、クトルグ・ムロド・イノク・メドレセ内には、日本のプロジェクトにより2014年にオープンした店舗「コクーン(繭)」があります。お時間がある方はぜひ、覗いてみては ?

ヒヴァにて宿泊したホテル

Qosha Darvoza コシャ・ダルヴァザ

以前私が宿泊したのは、低予算で「イチャン・カラ」から徒歩圏内ということでこのゲストハウス。朝食付きで20$程度とリーズナブル。ベッドもダブルで広く、お部屋も広め。ユニットバスタイプでバス付だけどお湯がタンク式で湯舟に浸かるにはお湯が足りなくなりそうなため、シャワーで。朝食もパン食でハムやチーズ、手作りジャムやお好みで目玉焼きなど飲み物もいろいろで充実していました。ホテルの名前は、ホテル左側にある「デシャン・カラ」のダルヴァザ(門)の1つ「コシャ・ダルヴァザ」から命名されたもの。

ヒヴァ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

ウズベキスタンについての出版されている本を持参して個人旅行している方も多くみられますが、ウズベキスタンは英語がなかなか通じない国。タシケントやサマルカンドでは英語が比較的通じることもありますが、ヒヴァではロシア語を話せる人も少なく、現地語のウズベク語かホラズム語(ホラズム州の方言)。「イチャン・カラ」内での値段の交渉などは比較的英語でもいけますが、その他の交渉はなかなか難しいのが事実。ヒヴァでの通訳やガイド他、困った時などは投稿者までご連絡いただければ、お手伝いすることも可能です。

ヒヴァ旅行に必要な持ち物

日焼け・日差し対策グッズ(日焼け止め・日傘・帽子・サングラス等)、ウエットティッシュ、エコバック、歩きやすい靴。ウズベキスタンの観光シーズンは3月中旬から5月、7月から10月くらいまで。というのも6月から7月は「チッラ」といって猛暑になるので観光には不向き。他のシーズン中も日本と比較すると日差しが強いので、日焼け・日差し対策は必須です。

ヒヴァ旅行での注意点

ヒヴァ旅行での注意点
  1. 夏の美味しい果物や生野菜料理は控えめに !
  2. カフェやレストラン等で出されたお茶にも注意 !
  3. 乾燥しているため、汗の量は少ないけれどこまめに水分補給を !

果物が美味しくてついつい食べ過ぎてしまいますが、体調を崩す原因となりやすいので果物や生野菜は控えるように。ホラズム州にあるヒヴァの水は塩害のため、しょっぱめ。カフェやレストランで出されたお茶もミネラルウォーターを使っていない場合もあるので注意が必要。乾燥しているため、汗の量は少ないけれど脱水になりやすいため、こまめに水分補給を忘れずに!

まとめ

ヒヴァの「イチャン・カラ(内城)」について少しご紹介しましたが、実は「デシャン・カラ(外城)」もあり、二重の城壁からなっています。歴史にあまり興味がない人であれば、1日で十分かもしれませんが、ゆっくり時間をとって来られるのであれば、「デシャン・カラ」やヒヴァの市場などをまわってみるのも良いかもしれません。「イチャン・カラについてもっと知りたい」または「ヒヴァに関して」、もしくは「ウズベキスタンについて」ご質問などがありましたら、投稿者のサイトからご連絡ください。

 

N.mikako日本語通訳・ガイド 

投稿者の過去記事

ウズベキスタンのホラズム州トルクメニスタンとの国境沿いの村に住んでいるウズベク人と結婚し、現在中央アジアで最初に登録された世界遺産「イチャン・カラ」で日本語通訳・ガイドの仕事をしています。
「ヒヴァについて」「ウズベキスタンについて」「村の生活」などにご興味のある方はこちらからお気軽にご連絡ください。https://sehrlixiva.wordpress.com/

コメント

    • t&k
    • 2021年 8月 29日 3:07pm

    ママと一緒に毎日1件ずつ楽しみに見ます。

    • t&k
    • 2021年 8月 29日 3:08pm

    ママと一緒に毎日1件ずつ楽しみに見ます。

    • 見てくれてありがとう!
      今気づきました!
      早くまた旅行ができるようになりますように♪

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. バラナシ旅行体験記「臭い、汚い、けたたましい」頭文字のKをとって、インドの3Kと旅人の間では言わ…
  2. 女子一人旅 in ペルー 首都リマで日系人文化に触れ、日本を感じる| トラベルダイアリー
    リマ旅行体験記危険だと言われるけれど、やはり首都は訪れてみたい。そんな気持ちでリマにも行くことに…
  3. エスファハーン旅行体験記かつて、巨万の富と人が集まり交易の都市として栄えていたエスファハーン。そ…
  4. ボラボラ島旅行体験記モルディブのブルーラグーンに感動し、それ以上のきれいな海を見たい!!と思い念…
  5. 散策しながら歴史と文化を感じてみる in ミュンヘン| トラベルダイアリー
    ミュンヘン旅行体験記ドイツのミュンヘンに行ってきました!友人がミュンヘンに住んでいたので、彼女に…
  6. 西の果ての街 遥かなる憧れのリスボンと近郊の名所巡り| トラベルダイアリー
    リスボン旅行体験記隅っこの国になぜか惹かれる習性があり、日本から見て最果ての地、ポルトガルにいつ…
  7. ハワイ旅行体験記今回は、ハワイ旅行体験記「親子で行くハワイ 食べて飛んで楽しむ “オアフ” 母娘…
  8. 白い岩壁【セブンシスターズ】ロンドンから日帰りの旅| トラベルダイアリー
    イギリス【セブンシスターズ】旅行体験記真っ白な崖【セブンシスターズ】は、ハリーポッターの映画の撮…
  9. 初めての子連れ海外♡ハワイを楽しみ尽くす!~ワイキキ編~| トラベルダイアリー
    ワイキキ旅行体験記結婚10周年記念に海外旅行に行こう!と計画し、当時6歳の息子を連れて初めての海…
  10. マカオ旅行体験記「香港行くならもちろんマカオも行きたいよね!」ということで決まったマカオ日帰り旅…

国内旅行おすすめ

  1. これぞ沖縄!青い海・青い空を感じる 北谷~恩納 西海岸を巡る旅| トラベルダイアリー
    沖縄西海岸旅行体験記若い頃に好きで何度も訪れた沖縄に移住して、もう15年以上経ちますが、やっぱり…
  2. 【一人旅】日本屈指のリゾート地・箱根で4泊5日の美術館めぐり| トラベルダイアリー
    箱根町旅行体験記シルバーウィークをのんびり過ごすリゾート地として、箱根を選びました。ご存知のとお…
  3. 鹿児島旅行体験記「レベル3くらいじゃ驚かんよ。」そう語ったのは鹿児島出身の先輩。“レベル3”…
  4. 京都旅行体験記そうだ!京都へ行こう!と、突然あの和を感じたくなる瞬間になりドライブを兼ねて行って…
  5. 伊勢旅行体験記 名古屋から日帰り旅行で行ける場所を…と思い探していたら、お伊勢さんが…
  6. 大分・由布院で外せない!絶品人気スイーツと温泉を満喫する旅| トラベルダイアリー
    由布市湯布院町旅行体験記北海道在住の人にとってはなかなか行きづらい九州旅行。関西に在住することに…
  7. 【一人旅】紅葉に染まる日光で5泊6日、観光ざんまいの旅| トラベルダイアリー
    日光旅行体験記シルバーウィークの旅行から1カ月余り。またどこかに行きたくてソワソワしてきた11月…
  8. 佐賀バルーンフェスタ旅行体験記幼いころ母がよく連れて行ってくれた佐賀バルーンフェスタ。もう一度行…
  9. 港区旅行は大人こそ楽しめる!新しい刺激にも出会えるチャンス!| トラベルダイアリー
    港区旅行体験記 私の誕生日祝いとして連れが用意してくれた旅行です。GO TO トラベ…
  10. 大神神社・やまのべの道旅行体験記お天気に誘われて、奈良は大神神社のご神体「三輪山」登拝の旅へ…

最新記事

  1. 宮古島沖縄旅行体験記子連れリゾート旅行で人気NO1の沖縄。本島には多くのファミリーが訪れています…
  2. スペイン植民地時代の香り!クラシックカーとレトロな街並み、ハバナ | トラベルダイアリー
    ハバナ旅行体験記レトロかわいい街並みとクラシックカーという構図のイラストを見たことがある人は多い…
  3. 穴場南国リゾート!宮崎、日南で南国を味わう
    日南旅行体験記南国リゾートといったら沖縄がまず思い浮かぶでしょう。しかし、実は宮崎も元祖南国リゾ…
  4. 奄美大島旅行体験記 新しく世界遺産に登録された奄美大島。南の島として有名な沖縄の島々…
  5. 女子一人旅 in シンガポール チープとゴージャスと多民族| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記 以前の旅で出会った友達に会いにシンガポールへ行きました。都市…
  6. 女子一人旅 in トルコ③ 超穴場!トルコでローマ遺跡、ベルガマ| トラベルダイアリー
    ベルガマ旅行体験記 トルコの観光地でも日本人にはあまり知られていないベルガマに行って…
  7. たまてばこ号に乗って指宿へ。指宿のマンゴーは旨い!| トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記鹿児島の温泉と言えば指宿温泉。指宿は砂湯や開聞岳で知られています。温泉街の近くに「…
  8. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  9. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  10. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…

Archive

スカイツアーズ

PAGE TOP