今や観光大国に!?猛スピードで進化し続けるモスクワが熱い!| トラベルダイアリー

今や観光大国に!?猛スピードで進化し続けるモスクワが熱い!

モスクワ旅行体験記

モスクワといえば、カラフルなネギ坊主の聖ワシーリー寺院。名前は知らなくてもテレビや映画で見たことある人は多いはず。10年ほど前のMI4で爆破されていたあれです。映画の中とはいえ、モスクワのシンボルを爆破するなんて、旧ソ連時代なら公開禁止モノだったでしょう。ヒヤっとしましたが、お咎めなし。今やロシアはどんどん外国に対しオープンになってきているようで、その恩恵は観光業にも。ビザや滞在登録が簡単になって旅行しやすくなりました!諸外国の大都市に劣らぬ観光名所が沢山あるので、その魅力をいろんな人に知って頂ければと思います。

モスクワ旅行について

おすすめのポイント
  1. TVで見たあの景色が目の前に。見どころの豊富さは他都市には負けません!
  2. 核シェルターとのうわさは本当かも。地中深くを走る地下鉄。
  3. 「ソ連」のイメージはもうない⁉開発が進み進化するモスクワ。

地下鉄のエスカレーター。

初めて訪れた1996年から今回は4回目のモスクワでしたが、行くたびに建物やインフラが近代化されていたり、人々のファッションが垢ぬけていたりと、進化を感じます。モスクワには観光地も美術館もたくさんありますし、地下鉄の長ーいエスカレーター(しかも速い)や、美しいデザインは、他国にはない面白ポイントです。もし旧ソ連の暗いイメージで躊躇しているのであれば、心配ご無用です。今のモスクワは別物と言っても過言ではありません。是非行ってみて下さい!

モスクワ旅行のおすすめのスポット

何度でも訪れてしまう赤の広場と聖ワシーリー寺院

赤の広場と歴史博物館。

赤の広場と左側はクレムリン、正面は歴史博物館。

赤の広場と右側はグム百貨店。

赤の広場と聖ワシーリー寺院。

荘厳な雰囲気の聖ワシーリー寺院の内部。

イコンに圧倒されます。

モスクワで一番有名な観光地かと思います。石畳の広場の長辺の一方にはクレムリンの城壁が。短辺の両端にはぞれぞれ歴史博物館と玉ねぎ屋根の聖ワシーリー寺院が。長辺の反対側には日本で言えば三越級の老舗百貨店グムがでーんと鎮座。この4者に囲まれた広いスペースが赤の広場です。広場自体へは無料で入ることができます。今回初めてネギ坊主の聖ワシーリー寺院の内部に入りました。流石モスクワのシンボル、内部はイコンで埋め尽くされた重厚な雰囲気でした。

モスクワの中心・クレムリン

クレムリンと手前はレーニン廟。

金の玉ねぎと銀の玉ねぎの屋根が面白いアルハンゲリスキー聖堂。

赤の広場と並ぶ、有名な観光地です。赤の広場に面しているので、移動しないでも続けて観光できるのがいいですね。日本でいえば皇居に当たるのでしょうか。大統領府とはいえ、プーチンさんはここには住んでいないそうです。クレムリンを中心に、モスクワ市内の幹線道路が放射線状に伸びているので、地理的にも・行政的にもモスクワの中心となります。クレムリンの城壁内へは有料で入場可能です。敷地内はかなり広く、教会や聖堂、博物館など建物がいくつも入っています。博物館には「武器庫」や「ダイヤモンド庫」があり、それぞれ追加料金が必要ですが、見る価値ありです!

観光客が集まるアルバート通り

アルバート通り。全面歩行者天国です。天気が良ければなぁ。

アルバート通りは地下鉄のアルバーツカヤ駅とスモーレンスカヤ駅を結ぶ通りで、観光客のための!?歩行者天国となっており、他の道路とは雰囲気が異なります。道がレンガ張りなのですぐ分かると思います。私たちが行ったときは曇り空でしたが、晴れの日には似顔絵屋さんやアイスクリーム屋さん、お土産屋さんの露店がひしめき合う、お祭りの雰囲気の通りです。マックやスタバなど外資系のお店もこの通り沿いにありますので、晴れた日に散策すると最高です。

モスクワでのおすすめグルメ

モスクワっ子が大好きなアイスクリーム

アルバート通りでアイス。

ロシア人はアイスクリーム(マロージナエ)が大好きで、夏場はアイスクリーム屋のワゴンがあちこちで見られます。アイスクリーム屋と言っても、コーンやカップに好きなフレーバーを盛り付けてくれるジェラート屋ではありません。スーパーで売っているような普通の小売りアイスなのですが、これがスタンダードで人気なのです。ほとんどがスタカンチクと呼ばれる、コップ型のコーンに入ったアイスです。当時35ルーブル(105円ほど)なので、値段も日本のスーパーで買うより多少高めではありますが、アイス片手に外を歩けば、モスクワっ子気分が手軽に味わえます。

モスクワでのおすすめのショッピングスポット

お土産を買うなら外せない、ヴェルニサッシュ

ヴェルニサッシュのマトリョーシュカ屋さん。

ヴェルニサッシュにて。あいにくの雨でイマイチの客入り。

お土産を求める人のためのお土産テーマパーク(笑)です。小さな露店が立ち並び、ありとあらゆるお土産が売られており、半日は時間をかけたいところです。売られているものはマトリョーシュカ。Tシャツや衣類。キーホルダー。マグネット。木のお椀やカトラリーや布。塗りの鏡や櫛、小箱。古ハガキ。古本。ソ連時代のピンバッジ。毒ガス(?)マスク。毛皮の帽子や毛皮製品、etc。マトリョーシュカはいろんな店で扱っていますが、テキトーな作りのものからデザイナー自ら製作して売っている凝ったものまで多種多様、お値段もピンキリです。ほとんどのお店は値段交渉可能なので買い物魂に火がつきます。

モスクワにて宿泊したホテル

メルキュール・アルバート・モスクワ

地下鉄のスモーレンスカヤ駅の近くの外資系ホテルです。お部屋は期待通りの清潔さで、バスタブあり、ドライヤーありの安心のクオリティです。1ブロック隣には高級スーパーがあり、チョコレートなどのお土産や食料の調達に重宝しました。また、アルバート通りまでも目と鼻の先なので、立地的にはかなり良いと思います。お値段も1万円台ほどだったと思うので、コストパフォーマンスは◎です。

モスクワ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

ロシアはどんどん進化して個人旅行しやすくなってきています。ネックだったビザも、昔はインビテーションをもらって別紙のビザが発行されていたのが、シールビザになり、インビテーションの取得も楽になり、申請書もオンラインで作成できるようになり、2021年からは電子ビザ開始とのこと。滞在登録も7日以下の滞在は免除されるなど、個人旅行者にはうれしいニュースが。コロナ前はANAもモスクワ直行便を予定していたほどだったので、ポストコロナに期待がかかります。

モスクワ旅行に必要な持ち物

以前よりはマシになったかと思いますが、ロシアではあまり英語が普及しておらず、首都モスクワも同様です。ホテルや観光名所のスタッフの方、お土産売り場の方なら多少は通じるレベルです。指差しやジェスチャーでも何とかなりますが、簡単な会話帳があるといいと思います。また地下鉄や美術館などでの表記もロシア語だけのこともありますので、辞書的なものがあると旅はグッと楽しくなると思います。

モスクワ旅行での注意点

モスクワ旅行での注意点
  1. モスクワには空港がいくつかあるので、発着空港はしっかり確認しましょう。
  2. ペットボトルのミネラルウォーターは炭酸ガス入りが一般的です。
  3. 物価は想像以上に高めです。買いすぎ注意!

大きな空港が3か所ありますが、日本からの便はシェレメチェヴォかドモジェドヴォのどちらかの発着です。方向が真逆なので、どちらに到着/出発するのか要確認です。水は炭酸入りが一般的なので、購入するときは「ベス・ガーザ(炭酸なし)」を希望しましょう。炭酸入りも慣れてくると美味しいです。物価は日本同等レベルなので、侮ることなかれ。

まとめ

大学時代にロシア語を専攻しており、1996年に初めて行ってからずっと愛着のある場所です。行くたびに新しい地下街ができていたり、”無機質な鉄”感満載だった地下鉄が、今や銀座線みたくスタイリッシュな車両になっていたり、若い男子はみんなジャージやスウェット姿だったのが今風のファッションに変わっていたりと目まぐるしく変化しています。最後に行ったときはまだ地下鉄はジェトン式だったのに、メトロカードができたようですし。今後も目が離せません。いつかまた必ず行くと思います。その時が楽しみです!

 

白と黒のパンキチ一人旅から家族旅へ

投稿者の過去記事

海外旅行を専門としています。独身時代は一人旅、結婚してからは夫と娘と3人での旅行スタイルです。
一人旅時代はなかなか人がいかないようなマイナーな町を、家族では子供メインのリゾート地を旅してきました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. チュニス近郊・遺跡の街カルタゴとシディブサイドへ| トラベルダイアリー
    カルタゴ旅行体験記カルタゴは首都チュニスから車で30分ほどの距離にある遺跡の街です。紀元前 10…
  2. アンティグア旅行体験記無類のコーヒー好きである私たち夫婦は、日本でも「グアテマラ、アンティグア」…
  3. 女子一人旅 in イタリア ついに寝込んだフィレンツェ| トラベルダイアリー
    フィレンツェ旅行体験記ローマの次に訪れたフィレンツェ。まぁ、2日間の滞在で1日は完全にダウンして…
  4. ウェールズの首都、カーディフのんびり旅行記| トラベルダイアリー
    カーディフ旅行体験記イギリスを構成する4つの国の1つである、ウェールズ。豊かな自然と美しい古城の…
  5. 寧波旅行体験記友人に遊びにおいでよと誘われ、どこに住んでいるかもよくわからないまま二つ返事で行く…
  6. 世界遺産がある街エルジェムを経由してスファックスへ| トラベルダイアリー
    エルジェム旅行体験記エルジェムにはローマのコロッセオと並ぶ素晴らしい円形闘技場があります。この立…
  7. 女子一人旅 in イギリス グリニッジで念願の本初子午線をまたぐ トラベルダイアリー
    グリニッジ旅行体験記イギリスに行ったら絶対に行きたいと思っていた場所、グリニッジ天文台をついに訪…
  8. メルボルン旅行体験記知人が留学中ということで誘われて行くことになったメルボルン。オシャレな街並み…
  9. ピネロロ旅行体験記友人の留学がきっかけで遊びに行った北イタリアのアルプスのふもとの街ピネロロ。行…
  10. ウルビーノ旅行体験記ラファエロ没後500年迄にどうしても行ってみたかったラファエロ生誕の地ウルビ…

国内旅行おすすめ

  1. 直島旅行体験記 美術館やアート作品が数多くある直島で”映える”写真を撮りたい!と思い…
  2. 不要な縁は切りたい!過去の思い出に京都の縁切り神社でさようなら| トラベルダイアリー
    京都旅行体験記転職をしようと決めた。会社に今後の進退を報告する書類を出した所、引き留めるために何…
  3. 車で周る兵庫・淡路島のたっぷり充実 日帰りドライブ| トラベルダイアリー
    淡路島旅行体験記大阪からも近くてドライブにはピッタリの淡路島。インスタグラムや、雑誌などで見かけ…
  4. 友ヶ島旅行体験記2018年GWに友ヶ島へ旅行に行ってきました。そこはまるでジブリの世界に迷い込ん…
  5. 門司港でレトロな時間を味わう| トラベルダイアリー
    門司港旅行体験記かつて国際貿易港として栄えた門司港にはレトロな建築が建ち並び、自然豊かで、歩いて…
  6. 広島旅行体験記広島県の竹原市から船で15分のところにある大久野島はうさぎ島と呼ばれています。戦時…
  7. 修復中でもオススメしたい!レトロな街並みが楽しめる松山・道後温泉| トラベルダイアリー
    松山旅行体験記松山といえば何と言っても日本三古湯のひとつ道後温泉が有名!…ですが平成31年からの…
  8. 味を占めた一人旅第二弾!キレイな水が見たいぞ忍野八海| トラベルダイアリー
    忍野八海旅行体験記 第一弾の三重旅行からしばらく経ち、桜の季節が少し過ぎた頃『どこか…
  9. 高知市・いの町旅行体験記日頃の疲れを癒したい、のんびりしてリフレッシュしたい!そんな時には、高知…
  10. グループや家族でワイワイ!魅力たっぷりな鬼怒川を遊び尽くそう!友人達と温泉旅行をするため、都心か…

最新記事

  1. アンマンから陸路で国境越え 聖地エルサレム2泊3日の弾丸観光| トラベルダイアリー
    エルサレム旅行体験記 今回の旅のメインスポットはヨルダンのペトラでしたが、10日間の…
  2. オズの魔法使いのモデル地◆竜巻と畜産が売りの「アメリカの良い田舎」カンザスシティ◆| トラベルダイアリー
    初めてのカンザスシティカンザスシティは、竜巻と畜産をグイグイ押し出している「アメリカの良い田舎」…
  3. ~まるでジブリ!濃溝の滝&鴨川シーワールド~房総をめぐる女子たび| トラベルダイアリー
    鴨川・館山旅行体験記千葉県館山市の「トスラブ館山ルアーナ」へ宿泊することになったので、房総半島の…
  4. 透き通る静かな穴場ビーチ ◆海もプールも楽しめるロイヤルホテル沖縄残波岬◆| トラベルダイアリー
    沖縄 残波岬の魅力残波岬 (ざんぱみさき) は、那覇空港から車で1時間ほど。日本一人口の…
  5. 北欧デザインにアンティーク♪散策が楽しい街ヘルシンキの見どころを紹介| トラベルダイアリー
    ヘルシンキ旅行体験記 フィンランドの首都であるヘルシンキは街行く人々がとてもお洒落で…
  6. 10日間じっくりたっぷりのんびり台北を楽しむ女子一人旅!| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記台湾の公用語である中国語を勉強していたので、現地で語学を学ぶために行きました。期間…
  7. エジプトの最南端!古代遺跡を見にカイロから寝台列車でアスワンへ| トラベルダイアリー
    アスワン旅行体験記ウズベキスタンに住むことになる前にイスラム圏の国を体験したい!とあえてラマダン…
  8. 古代ギリシャの聖域デルフィと近郊のアラホヴァ観光| トラベルダイアリー
    デルフィ旅行体験記アテネから約3時間の場所にあるデルフィ遺跡。標高が高い場所にあるので、遺跡の眼…
  9. ルクソール旅行体験記ウズベキスタンに住むことになる前にイスラム圏の国を体験したい!とあえてラマダ…
  10. 女子二人旅 in アメリカ のどかすぎる島、サンフアンアイランド| トラベルダイアリー
    サンフアンアイランド旅行体験記バンクーバーを一緒に旅行した友達に誘われ、聞いたこともなかった島、…

Archive



PAGE TOP