異国情緒あふれるジョージア。トビリシからカズベキへの小旅行も。| トラベルダイアリー

異国情緒あふれるジョージア。トビリシからカズベキへの小旅行も。

トビリシ旅行体験記

パンフレットで見たジョージアの写真がキレイすぎて、行きたいと思ってから6年がすぎ…。友人の頼みで旅行博に出店するジョージアのブースのお手伝いをすることに。運命ですね。その時に知り合ったランドオペレーターの方が、日当の代わりに私の現地での手配をしてくれることになり、5泊6日のジョージア旅の手配をしてもらい、晴れて出発したのです。

トビリシ旅行について

おすすめのポイント
  1. 意外と知られていませんが、ワイン発祥の地です。
  2. グルジア語のアルファベットがユニークすぎる。
  3. 首都なのに長閑。人も優しく、違和感なく溶け込める。

グルジア文字。読めない…。

トビリシに到着してまず驚いたのは、入国審査の時にウェルカム・トゥ・ジョージア!と言ってワインの小瓶を渡されたことです。こんな歓迎受けたことありません!さすがワイン発祥の国ですね。ジョージアの言語はグルジア語です。ヨーロッパだし、英語かロシア語のどっちかに似てるだろうと高をくくっていたら、全くオリジナルの言語でした。しかもアルファベットが独特すぎて、一般人には読めません。タイ語とかシンハラ語のイメージです。ヨーロッパなのに…。そんな独自路線を行くジョージアは、首都でもゴミゴミセカセカ感はありません。観光客だからとすり寄ってくる人や、騙そうとするような人もおらず、女子1人旅でも肩肘張らずに気持ちよく過ごせました!

トビリシ旅行のおすすめのスポット

市内の3大教会・メテヒ教会、シオニ教会、ツミンダ・サメバ大聖堂を順に周る

崖の上にあるメテヒ教会。

メテヒ教会にて。

シオニ教会外観。

シオニ教会内部。

ツミンダ・サメバ教会。

ツミンダ・サメバ教会内部。

ジョージアの宗教はグルジア正教。キリスト教の仲間です。旧市街には有名な教会が3つあり、全て徒歩で回ることができます。まずは高台に建つメテヒ教会。内装は質素な感じですが、礼拝する方がたくさんいて賑わっていました。何となく居心地が良くて、朝と夕方の2回訪問してしまいました(笑)。次はシオニ教会です。メテヒ教会の川向の立地。少し前まではグルジア正教の総本山だったとか。今はその座をツミンダ・サメバに譲っており、たまたまかもしれませんが私が行ったときは閑散としていました。グルジア正教の総本山となったツミンダ・サメバ大聖堂は至聖三者大聖堂とも呼ばれ、他の2つよりもかなり立派な作りをしています。敷地も広いため、内部も広々しており、壁一面に掲げられたイコンが印象的でした。ホテルがすぐ近くで、窓から見えたのでラッキーでした。

市内を一望できるナリカラ要塞のロープウェイ

ナリカラ要塞から出ているロープウェイ。

ロープウェイからの景色。

ロープウェイからの景色。

10月と言えどもまだ暑い気候の中、観光で色々歩き回った後に重い足を引きずりながら、体にムチ打って坂道を登ること約15分。目当ては高台からのトビリシ市内一望の風景と、ロープウェイからの景色です。ロープウェイは川を越えて向こう岸まで運んでくれます。真昼間だったからか思ったより混んでおらず、ほとんど待たずにゴンドラに乗車。私と見知らぬ女の子の二人だけ。二人とも無言で景色を堪能していました(笑)。頑張って坂を上ったけど乗車時間は5分ほど。それでもこの景色を見られただけで、頑張った甲斐はあったと思います。

トビリシから日帰りで。ジョージア軍用道路とカズベキ山

カズベキの景色。左上の山の頂上の教会へ向かいます。

教会からの景色。

山の上の教会に到着!

ジョージアを訪問するに際し、絶対に訪れたかったのがカズベキです。山岳リゾートで日本でいえば白馬みたいなイメージ。山の上にポツンと教会が建っており、写真を見て一目惚れしました。トビリシからジョージア軍用道路という名前は強そう?ですが、実際には美しい高原の景色が楽しめる絶景ドライブウェイを通って到着できます。朝9時にホテルにドライバーさんが迎えに来てくれ、いざ出発。途中、世界遺産のムツヘタなど道中の観光スポットにも立ち寄り、ローカルレストランでお昼を食べてからの到着。教会の建つ山頂までは車で乗り入れましたが、麓からトレッキングしている人も多数。乗馬トレッキングもできるようで、時間があれば絶対こっちのほうが楽しそうだと思いました。山々に囲まれた長閑な村の景色は美しく、空気も美味しいので来てよかったです!

トビリシでのおすすめグルメ

ジョージアの名物料理ってどんな?

ハチャプリ!中には具がぎっしり。チーズベースです。

ヒンカリ!味は水餃子。

ジョージアを代表する2大料理はずばり、ハチャプリとヒンカリです。ハチャプリは分厚いピザ生地の中にジャガイモやチーズなどの具がぎっしり詰まった、重たい系です。チーズが美味しくてやめられないのが曲者で、地域によって形に差があるようです。トビリシ周辺は円形でしたが、バトゥミはボート型でした。次いでヒンカリは、水餃子です。食べたことのある味でとても美味しく頂きました。一つ一つが大きくて食べ応えがあります。ジョージアがキリスト教なので、中のお肉も少なくともラムではなく、本当においしく頂きました。

トビリシにて宿泊したホテル

ジョージアン・ハウス・ホテル

ジョージアン・ハウスの外観。

お部屋はこんな感じ。

天窓からはツミンダ・サメバ教会が!

朝食もついています。

旧市街に泊まりたくて、booking.comで見つけたこちらに宿泊しました。お値段は1泊5千円ぐらいだったのに、Wi-Fiもあり無料の朝食もついており、快適に滞在できました。良かったのは立地。ツミンダ・サメバ教会のすぐ近くで、部屋の窓からも教会が見えました。夜にライトアップされて浮かび上がる教会の美しいこと!それだけでも泊まった価値はあったと思います。旧市街ということで周りには地元の方々が行くような小さなスーパーなどがいくつかありました。ここでお菓子や水、ポストカードなども購入できます。

トビリシ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

ジョージアは都市から都市への公共交通機関の移動があまり発達しておらず、カズベキへ行くのも人数が集まれば出発する乗り合いバスかタクシーがメインだと聞いていたので、足の確保が難しいかと思いました。今回は良縁に恵まれ、ランドオペレーターさん経由でカズベキへの日帰り旅行も、カズベキ→クタイシ→メスティア→バトゥミの移動の手配も全て割安で行ってもらえたのでラッキーでした。

トビリシ旅行に必要な持ち物

とにかく歩きます。町中の観光もそうですが、トレッキングが楽しめる国なので、みんなよく歩いています(笑)。歩きやすい靴は必須です。教会に入るときは、女性は髪の毛を見せてはいけないルールとのことで、スカーフを頭から被りました。パーカーのフードでもいいかな、と思っていたのですが、乗り継ぎ地のイスタンブール空港で念のためストールを買っておきました。結果的にフードの人は誰もおらず、ストールで良かったと思いました。

トビリシ旅行での注意点

トビリシ旅行での注意点
  1. ハガキ代<切手代。切手代が高いのと、切手が大きい(笑)
  2. 市外へ行くなら交通手段の確保が大変かも…事前に準備を!
  3. 歩き疲れてもマッサージ屋は少なく、腕も微妙。

日本にポストカードを送ろうとハガキを買い、文字を書いて、切手を買いに行くと切手がハガキの倍くらいの値段でびっくり。ふつう逆ですよね?そして日本の切手の4倍くらい大きいので、文字が隠れてしまった…。トビリシ市内観光で歩き回って疲れたので、マッサージ屋はないかと探し回ったのですがほとんどなく。1件見つけたアジア風マッサージ屋に行きましたがかなりイマイチでした。

まとめ

ジョージアの治安の良さにびっくりしました!滞在中は何一つ嫌な思いをすることなく、快適に過ごせました。田舎に行けば道の真ん中を牛が歩いているのんびりっぷり。食べ物もおいしく、自然が溢れ、文字は読めないけど…でもまた来たい!と思えた国の一つです。ツアーなどではコーカサス巡りでジョージア、アルメニア、アゼルバイジャンでセット売りされていますが、ジョージアだけでも十分楽しめます。ドライバーをしてくれた方とはFacebookでつながり、今でもお友達です。本当に今回のジョージア旅は良縁に恵まれたと思います。行ってよかったです!

白と黒のパンキチ一人旅から家族旅へ

投稿者の過去記事

海外旅行を専門としています。独身時代は一人旅、結婚してからは夫と娘と3人での旅行スタイルです。
一人旅時代はなかなか人がいかないようなマイナーな町を、家族では子供メインのリゾート地を旅してきました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 上海旅行体験記中国「上海」へは2019年の秋に友人と二人で訪れました。あまりみんなが行っていない…
  2. お気軽ハイキング♡スイス、スネガ・パラダイス旅行| トラベルダイアリー
    スネガ・パラダイス旅行体験記マッターホルンのお膝元、スイス・ツェルマットにある「スネガ・パラダイ…
  3. バイロンベイ旅行体験記バイロンベイといえばオーストラリア最東端の街で、おしゃれで素敵な街!ヒ…
  4. アムステルダム旅行体験記歴史の授業で何度も登場した国、オランダ。念願叶ってついに首都アムステルダ…
  5. ポルトガル人に聞いた!絶対に行ってほしい港町ポルト!ポルトガルの友人達にオススメの旅行先を聞いた…
  6. ハワイ島旅行体験記子連れ旅行の定番かつ人気NO1のハワイ。ハワイ島のダイナミックな自然と、オアフ…
  7. ポートディクソン旅行体験記クアラルンプールを訪れた際、近郊のリゾート地、ポートディクソンへも行っ…
  8. コルドバ旅行体験記新婚旅行で行きました。温暖で過ごしやすい気候と、どことなく陽気な印象、どこか心…
  9. ウラジオストク旅行体験記2019年令和最初の夏。たまたま読んだブログでウラジオストクが日本から近…
  10. カッパドキア旅行体験記イスタンブールから夜行長距離バスに揺られてカッパドキアまで行きました。…

国内旅行おすすめ

  1. 金沢旅行体験記北陸新幹線の開通により、数年前から少しずつ人気上昇中の石川県の県庁所在地、金沢へ……
  2. フォトジェニックだけじゃない!真の貴船神社の魅力に迫る| トラベルダイアリー
    貴船神社旅行体験記SNSで見つけた美しい灯籠が一目見たくて、貴船神社へ行ってきました!訪れてみる…
  3. 1泊2日ですべておさえる!仙台観光スポットをギュッと詰めて巡る旅| トラベルダイアリー
    仙台旅行体験記 好きなアーティストのライブが仙台で開催されたため、あわせて観光もしよ…
  4. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ河口湖の旅| トラベルダイアリー
    河口湖旅行体験記国の名勝地「富士五湖」の一つである河口湖は、最も長い湖岸線を持ち、最も低い標高地点…
  5. 美味しいものもいっぱい!家族でも楽しめる穴場スポット長野・駒ヶ根| トラベルダイアリー
    駒ヶ根旅行体験記青年海外協力隊で派遣前の研修生活で約3カ月間過ごした長野県の南部に位置する駒ヶ根…
  6. これぞ沖縄!青い海・青い空を感じる 北谷~恩納 西海岸を巡る旅| トラベルダイアリー
    沖縄西海岸旅行体験記若い頃に好きで何度も訪れた沖縄に移住して、もう15年以上経ちますが、やっぱり…
  7. 栃木・日光で日帰り雨の中でも楽しむ女子旅お互いにパートナーが仕事から夜に帰ってくるため、女二人で…
  8. 沖縄旅行体験記「沖縄に行こう」旦那がそう言いだしたのは2月。沖縄といえば、どこまでも広がる海…
  9. 河口湖温泉で富士山を満喫| トラベルダイアリー
    富士河口湖町旅行体験記天気が良い日は地元からも遠くに望める富士山ですが、実際に近くで見た事がなかっ…
  10. ☆*マングローブ☆*疲れた時には、ひとっこひとり居ない奄美大島の海を見に行こう| トラベルダイアリー
    奄美大島ひとり旅沖縄には行った事があるものの、気になっていながら上陸していなかった奄美大島。…

最新記事

  1. 海の中を歩いて渡れる!?九州の門司から本州の下関へ日帰り観光| トラベルダイアリー
    下関旅行体験記リモートワークしながら門司港に長期滞在している途中、週末どこかへお出かけしたくなっ…
  2. 世界一の飛行部隊!ブルーエンジェルス「カネオヘベイ・エアショー」| トラベルダイアリー
    カネオヘベイ・エアショーに行ってきました!航空ショーが大好きな私達家族。結婚10周年記念の海外旅…
  3. 南阿蘇旅行体験記2021年3月に「新阿蘇大橋」が開通し、南阿蘇村内の移動がとても快適になりました。…
  4. ★沖縄~那覇~でおすすめ観光スポット★| トラベルダイアリー
    那覇旅行体験記沖縄が大好きで、半年に一度は旅行に行ってます。理由の一番は何といっても綺麗な海。透…
  5. 六本木ヒルズ 花の親子| トラベルダイアリー
    日本でも海外の雰囲気を楽しめるところを探し、東京アート巡りの旅をしてきました。白金のイギリス英国…
  6. 家族連れにおすすめ♪ アクセス抜群、千葉の里山で自然体験!| トラベルダイアリー
    千葉大多喜町旅行体験記Withコロナ時代に「密を気にせずゆっくり週末を過ごしたい、自然を思い…
  7. 福岡旅行体験記今回は開業40周年を迎えた福岡市地下鉄の1日乗車券、「ファミちかきっぷ」を使って市…
  8. 大分・由布院で外せない!絶品人気スイーツと温泉を満喫する旅| トラベルダイアリー
    由布市湯布院町旅行体験記北海道在住の人にとってはなかなか行きづらい九州旅行。関西に在住することに…
  9. 春夏秋冬を楽しめる!観光客が絶えない京都・嵐山の旅| トラベルダイアリー
    嵐山旅行体験記関西に住むことになったのきっかけに、休みがあれば周辺の観光名所を散策して過ごしまし…
  10. 【一人旅】日本屈指のリゾート地・箱根で4泊5日の美術館めぐり| トラベルダイアリー
    箱根町旅行体験記シルバーウィークをのんびり過ごすリゾート地として、箱根を選びました。ご存知のとお…

Archive



PAGE TOP