世界最南端の都市 アルゼンチン・ウシュアイア

ウシュアイア旅行体験記

アルゼンチンのフエゴ島に位置するウシュアイア。この街を訪れる旅人のほとんどが、南北に細長く伸びるパタゴニア地方を旅するための、スタート地点、もしくはゴール地点としてウシュアイアを訪れます。私は、広大なパタゴニア地方を北上するためのスタート地点としてこの街に滞在しました。

ウシュアイア旅行について

おすすめのポイント
  1. 南極まで1000km!ロマン溢れる「世界の最果て」
  2. ビーグル水道に沿うように広がる小さな街
  3. 自然が織りなす美しい景色が楽しめる

世界最南端の都市、ウシュアイアは「世界の最果て」とも呼ばれています。南極までの距離は1000kmほどで、南極観光の拠点の街にもなっています。ビーグル水道に沿って広がる小さな街は、万年雪の積もる壮大な山々と豊かな自然に囲まれ、のんびりとした時間が流れます。周辺には国立自然公園や湖があり、派手さこそはないものの手つかずの自然が織りなす美しい風景を見ることができます。

ウシュアイア旅行のおすすめのスポット

ティエラ・デル・フエゴ国立公園

チリとアルゼンチンにまたがる世界最南端のティエラ・デル・フエゴ国立公園。ウシュアイアの街中からレンタカーで行きました。公園内は広大ですが、高低差はほとんどないのでハイキングのような感覚で散策を楽しめます。ビーグル水道や大小さまざまな川、山々が雄大な景色を作り出しています。パタゴニアの風に吹かれながらも、たくましく生命を息づかせるかの如く広がる自然は、荒々しくもあり、その中に穏やかな静けさと美しさがありました。川の流れる音や小鳥のさえずりに耳を傾け、思い思いに自然を堪能しました。

フラッグツリー

ウシュアイアの強い風に煽られて、まるで風になびく旗のように見えることから、「フラッグツリー」と呼ばれています。そこらじゅうの木々がみな同じ方向に向かって不自然に成長しており、なんとも面白い光景です。フラッグツリーを見に行った日は、珍しく無風でしたが、写真に写る木々は、今にも強風で根こそぎ飛ばされそうです。私が行った、フラッグツリーがたくさん見られる場所までは、ウシュアイアの街からレンタカーで1時間半ほどでした。街から歩いて行ける場所にも、1〜2本のフラッグツリーがあるので、レンタカーが難しい場合はそちらもおすすめです!

マルティアル氷河トレッキング

ウシュアイアの街中からトレッキングが楽しめ、氷河を見ることができます。冬のマルティアル山は、山の中腹まで雪が降り積もるためリフトを利用する人も多いようですが、私が訪れた季節は雪はほとんどなく、歩いて登ることにしました。道端にタンポポが咲くのどかな道から、ごつごつとした岩場へと景色は変わっています。傾斜もなかなかです。一番上まで登ると、夏にも関わらず氷河を見ることができました。背後にはウシュアイアの街、ビーグル水道、チリ側に連なる山々の美しい景色が広がっています。ウシュアイアの中心地から、片道2時間半かかりました。帰りはへとへとになり、山の麓からタクシーで宿まで帰りました。気軽にトレッキングのつもりで行きましたが、トレッキングシューズとマウンテンパーカーなど最低限の装備はしていった方がいいです。ピッケルもあったら、活躍すると思います。

ビーグル水道を眺める丘

ウシュアイアの街は坂が多く、少し坂を登れば青いビーグル水道と壮大な山々を見渡すことができます。中心地から少し離れた宿近くの小高い丘からは、ウシュアイアの街並みを伺うこともできました。街の後ろには、万年雪で美しくコーティングされたマルティア山も見えます。丘の上は特に風が強いので、長居はできませんがおすすめです。

ウシュアイアでのおすすめグルメ

アルゼンチンワインと羊肉のアサード!

アルゼンチンには、世界的にも有名なワインの産地がたくさんあります。そのためウシュアイアのスーパーで買える安いパックワインでも十分満足できる味で、毎日のように飲んでいました。そして、南米伝統料理といえばアサード。いわゆる焼肉ですが、こちらではどでかい肉の塊を豪快に焼きます。宿の中にはアサード用の鉄板があり、ウシュアイア名物のコルデロ(羊肉)を焼いて食べました。宿の宿泊者と、わいわいと食べるコルデロのアサードは、すごく美味しかったです。

ウシュアイアにて宿泊したホテル

上野山荘

南米を旅するバックパッカーの間では言わずと知れた、世界最南端の日本人宿です。その人気ぶりに伝説の日本人宿と称されるほど。奇しくも数年前に完全閉鎖してしまったそうですが、とても素敵な宿だったので記録として残させていただきます。坂の上に建つ宿から見える景色は、私のお気に入りでした。最果ての地なだけあって、ここに集まる旅行者はみな個性的です。私が滞在していた時も、南極に行った人や、7年も旅行を続けてる人、自転車で世界中を周っている人がいて、刺激的な話をたくさん聞けました。宿にある五右衛門風呂もこの宿の名物でした。

ウシュアイア旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人ツアー

アルゼンチン・ブエノスアイレスからウシュアイアへ飛ぶ飛行機は、ネットで自分で手配しました。国立公園へは宿の旅行者とレンタカーをして行きましたが、街中からのツアー催行もあるようです。雄大な自然は、のんびり自分のペースで散策したい派なので、個人で行くことができて良かったと思っています。氷河トレッキングも街から歩いていったので、ウシュアイアではツアーには参加しませんでした。私は時間の関係で泣く泣く断念しましたが、ビーグル水道を一周するクルーズツアーはかなり良さそうでした。小さな島を巡り、野生のアザラシやペンギンを見ることができます。南極へのクルーズ船も、ウシュアイアの街から申し込むことができるので、時間とお金に余裕のある人は、ぜひ南極旅行へ行ってみてください!私も南極にはいつか絶対行ってみたいと思っています!

ウシュアイア旅行に必要な持ち物

「マウンテンパーカー」「ヒートテック」「トレッキングシューズ」
ウシュアイアは冷たい風が容赦なくビュンビュン吹きつけるので、雨風を防げるマウンテンパーカーは必須です。ヒートテックも日本から持っていきましょう。真夏の時期でも、ヒートテックは2枚重ねでした。ニット帽やネックウォーマーもあったほうがいいです。坂が多いのでトレッキングシューズも用意しましょう。

ウシュアイア旅行での注意点

ウシュアイア旅行での注意点
  1. 年間を通して寒く「パタゴニアの風」が吹き荒れる!
  2. ウシュアイア滞在は、時期選びを慎重に!
  3. レンタカーを運転する場合は国際免許証が必要!

私がウシュアイアを訪れたのは12月末、南半球のウシュアイアは真夏の季節にあたりますが、外に出ると手がかじかんでしまうほどの寒さでした。そして、まるで台風のような暴風が吹きつけるのが、パタゴニアの特徴です。防寒、防風対策はしっかりしていきましょう。訪れるなら、夏の11月~3月が断然おすすめです。国立公園や有名なフラッグツリーなどを周るのに、レンタカーをする可能性のある場合は、必ず国際免許証を取得しておきましょう。

まとめ

ウシュアイアには、多くの人を惹きつけるだけの、ありのままの雄大な自然がありました。そして私は、自分が今「世界の最果て」に立っていると思うだけで、たまらなくロマンを感じました。さらに港には、南極を行き来する客船が停まっていて、南極に行けなくとも、南極へ思いを馳せるには十分です。ウシュアイアは、そんなロマンの溢れる街でした。

 

fuki22

投稿者の過去記事

絶賛子育て中の元バックパッカーです。
世界一周1人旅、夫婦で世界一周旅、合計で52ヶ国を訪れました♩
オーストラリアとメキシコに住んでいたことがあります。
次の目標は子連れのんびり旅♡

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 友人に会いにイランの中でも聖地といわれている都市、ゴムへ。| トラベルダイアリー
    ゴム旅行体験記イランで結婚して生活している友人に会いに未知の世界イランへ。今まで海外17カ国行き…
  2. モロッコ 赤い街‣マラケシュの旧市街を散策| トラベルダイアリー
    マラケシュ・メディナ旅行体験記今回はマラケシュのメディナにある観光スポットを巡りました。こちらの…
  3. MALTA_VALETTA_EYE_CITY
    マルタ共和国【ヴァレッタ】旅行体験記街が丸ごと世界遺産の【ヴァレッタ】、ヨーロッパではとても人気の…
  4. メルボルン旅行体験記世界一住みやすいと言われているメルボルン!今回はワイナリーやビール工場などお…
  5. 魅惑のモロッコ!かつての北アフリカ最大の交易都市「マラケシュ」| トラベルダイアリー
    マラケシュ旅行体験記誰もが一度は訪れてみたいと憧れる国の1つモロッコ。今回は、パリに住んでいる友…
  6. パルナッソス山と遺跡が描き出す絶景!古代ギリシャ最高の聖地デルフィ| トラベルダイアリー
    デルフィ旅行体験記丘の上につくられた都市や地中海の絶景を一目この目で見てみたい!でもギリシャ文字…
  7. 普段見られない景色をみる 真夏のロンドンと近郊日帰り旅| トラベルダイアリー
    ロンドン旅行体験記ほぼはじめてのロンドンということもあって、バッキンガム宮殿と衛兵の交代式を見て…
  8. ウズベキスタンの世界遺産ヒヴァ「イチャン・カラ」の魅力 !| トラベルダイアリー
    ヒヴァ旅行体験記ウズベキスタンのヒヴァ近郊にある村のウズベク人と結婚し移住しました。ヒヴァには「…
  9. 1泊2日旅で、ソウルのグルメとショッピングを堪能!| トラベルダイアリー
    ソウル旅行体験記韓国料理が好きで、本場の味を食べたくなり旅行することにしました。インスタグラムな…
  10. ワッフルの焼ける甘~い匂い!ブリュッセル散策| トラベルダイアリー
    ブリュッセル旅行体験記フランスへ旅行したときにパリから赤い列車のタリスに乗ってブリュッセルまで移…

国内旅行おすすめ

  1. 知床旅行体験記世界遺産に登録されている北海道の知床は、アクセスが大変で気軽に行けないので北海道の…
  2. 車なしでも観光できる!高知 1泊2日〜充実のひとり旅〜| トラベルダイアリー
    高知旅行体験記四国旅行の際に訪れたことはあっても、泊まってゆっくり観光したことのなかった高知。…
  3. 最強のパワースポット伊勢神宮へお参りする〜三重・伊勢旅行〜| トラベルダイアリー
    伊勢旅行体験記今回1泊2日の旅行で、お伊勢さんへお参りしてきました。小学生以来の三重県・伊勢旅行…
  4. 鹿児島旅行体験記友人と電話していて、旅行に行きたいねという話になり、予定が合ったので弾丸女子旅を…
  5. あゝ美しき和歌山!~自然溢れる絶景スポット巡りの旅~ | トラベルダイアリー
    那智旅行体験記2018年GW、以前から気になっていた和歌山県へ旅行に行ってきました。行きたい場所…
  6. 与那国島旅行体験記日本の東西南北の端、これはすべて離島になるのですが、一般人が訪れることができる…
  7. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ熱海の旅②| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記夏は海水浴で有名な熱海ですが、冬の熱海でも満喫できるイベントや観光スポットがありま…
  8. 一度は行ってみたいと憧れる!日本三景の1つ広島・宮島の旅| トラベルダイアリー
    宮島旅行体験記関西在住中に岡山と広島の県境に住んでいる友人を訪ねながら、せっかくなので周辺の観光…
  9. 海に入れなくても楽しい!3世代で満喫♪冬の沖縄名護_トラベルダイアリー
    名護旅行体験記沖縄県内に住む私達の定番旅行は、ホテル代もお手頃になるオフシーズンの冬に、少しリッ…
  10. 淡路島旅行体験記小さい頃何度か訪れた淡路島。あれから時は流れ、また新たな観光スポットがたくさ…

最新記事

  1. 女子一人旅 in シンガポール チープとゴージャスと多民族| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記 以前の旅で出会った友達に会いにシンガポールへ行きました。都市…
  2. 女子一人旅 in トルコ③ 超穴場!トルコでローマ遺跡、ベルガマ| トラベルダイアリー
    ベルガマ旅行体験記 トルコの観光地でも日本人にはあまり知られていないベルガマに行って…
  3. たまてばこ号に乗って指宿へ。指宿のマンゴーは旨い!| トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記鹿児島の温泉と言えば指宿温泉。指宿は砂湯や開聞岳で知られています。温泉街の近くに「…
  4. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  5. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  6. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  7. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…
  8. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  9. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  10. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…

Archive



PAGE TOP