世界最南端の都市 アルゼンチン・ウシュアイア

ウシュアイア旅行体験記

アルゼンチンのフエゴ島に位置するウシュアイア。この街を訪れる旅人のほとんどが、南北に細長く伸びるパタゴニア地方を旅するための、スタート地点、もしくはゴール地点としてウシュアイアを訪れます。私は、広大なパタゴニア地方を北上するためのスタート地点としてこの街に滞在しました。

ウシュアイア旅行について

おすすめのポイント
  1. 南極まで1000km!ロマン溢れる「世界の最果て」
  2. ビーグル水道に沿うように広がる小さな街
  3. 自然が織りなす美しい景色が楽しめる

世界最南端の都市、ウシュアイアは「世界の最果て」とも呼ばれています。南極までの距離は1000kmほどで、南極観光の拠点の街にもなっています。ビーグル水道に沿って広がる小さな街は、万年雪の積もる壮大な山々と豊かな自然に囲まれ、のんびりとした時間が流れます。周辺には国立自然公園や湖があり、派手さこそはないものの手つかずの自然が織りなす美しい風景を見ることができます。

ウシュアイア旅行のおすすめのスポット

ティエラ・デル・フエゴ国立公園

チリとアルゼンチンにまたがる世界最南端のティエラ・デル・フエゴ国立公園。ウシュアイアの街中からレンタカーで行きました。公園内は広大ですが、高低差はほとんどないのでハイキングのような感覚で散策を楽しめます。ビーグル水道や大小さまざまな川、山々が雄大な景色を作り出しています。パタゴニアの風に吹かれながらも、たくましく生命を息づかせるかの如く広がる自然は、荒々しくもあり、その中に穏やかな静けさと美しさがありました。川の流れる音や小鳥のさえずりに耳を傾け、思い思いに自然を堪能しました。

フラッグツリー

ウシュアイアの強い風に煽られて、まるで風になびく旗のように見えることから、「フラッグツリー」と呼ばれています。そこらじゅうの木々がみな同じ方向に向かって不自然に成長しており、なんとも面白い光景です。フラッグツリーを見に行った日は、珍しく無風でしたが、写真に写る木々は、今にも強風で根こそぎ飛ばされそうです。私が行った、フラッグツリーがたくさん見られる場所までは、ウシュアイアの街からレンタカーで1時間半ほどでした。街から歩いて行ける場所にも、1〜2本のフラッグツリーがあるので、レンタカーが難しい場合はそちらもおすすめです!

マルティアル氷河トレッキング

ウシュアイアの街中からトレッキングが楽しめ、氷河を見ることができます。冬のマルティアル山は、山の中腹まで雪が降り積もるためリフトを利用する人も多いようですが、私が訪れた季節は雪はほとんどなく、歩いて登ることにしました。道端にタンポポが咲くのどかな道から、ごつごつとした岩場へと景色は変わっています。傾斜もなかなかです。一番上まで登ると、夏にも関わらず氷河を見ることができました。背後にはウシュアイアの街、ビーグル水道、チリ側に連なる山々の美しい景色が広がっています。ウシュアイアの中心地から、片道2時間半かかりました。帰りはへとへとになり、山の麓からタクシーで宿まで帰りました。気軽にトレッキングのつもりで行きましたが、トレッキングシューズとマウンテンパーカーなど最低限の装備はしていった方がいいです。ピッケルもあったら、活躍すると思います。

ビーグル水道を眺める丘

ウシュアイアの街は坂が多く、少し坂を登れば青いビーグル水道と壮大な山々を見渡すことができます。中心地から少し離れた宿近くの小高い丘からは、ウシュアイアの街並みを伺うこともできました。街の後ろには、万年雪で美しくコーティングされたマルティア山も見えます。丘の上は特に風が強いので、長居はできませんがおすすめです。

ウシュアイアでのおすすめグルメ

アルゼンチンワインと羊肉のアサード!

アルゼンチンには、世界的にも有名なワインの産地がたくさんあります。そのためウシュアイアのスーパーで買える安いパックワインでも十分満足できる味で、毎日のように飲んでいました。そして、南米伝統料理といえばアサード。いわゆる焼肉ですが、こちらではどでかい肉の塊を豪快に焼きます。宿の中にはアサード用の鉄板があり、ウシュアイア名物のコルデロ(羊肉)を焼いて食べました。宿の宿泊者と、わいわいと食べるコルデロのアサードは、すごく美味しかったです。

ウシュアイアにて宿泊したホテル

上野山荘

南米を旅するバックパッカーの間では言わずと知れた、世界最南端の日本人宿です。その人気ぶりに伝説の日本人宿と称されるほど。奇しくも数年前に完全閉鎖してしまったそうですが、とても素敵な宿だったので記録として残させていただきます。坂の上に建つ宿から見える景色は、私のお気に入りでした。最果ての地なだけあって、ここに集まる旅行者はみな個性的です。私が滞在していた時も、南極に行った人や、7年も旅行を続けてる人、自転車で世界中を周っている人がいて、刺激的な話をたくさん聞けました。宿にある五右衛門風呂もこの宿の名物でした。

ウシュアイア旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人ツアー

アルゼンチン・ブエノスアイレスからウシュアイアへ飛ぶ飛行機は、ネットで自分で手配しました。国立公園へは宿の旅行者とレンタカーをして行きましたが、街中からのツアー催行もあるようです。雄大な自然は、のんびり自分のペースで散策したい派なので、個人で行くことができて良かったと思っています。氷河トレッキングも街から歩いていったので、ウシュアイアではツアーには参加しませんでした。私は時間の関係で泣く泣く断念しましたが、ビーグル水道を一周するクルーズツアーはかなり良さそうでした。小さな島を巡り、野生のアザラシやペンギンを見ることができます。南極へのクルーズ船も、ウシュアイアの街から申し込むことができるので、時間とお金に余裕のある人は、ぜひ南極旅行へ行ってみてください!私も南極にはいつか絶対行ってみたいと思っています!

ウシュアイア旅行に必要な持ち物

「マウンテンパーカー」「ヒートテック」「トレッキングシューズ」
ウシュアイアは冷たい風が容赦なくビュンビュン吹きつけるので、雨風を防げるマウンテンパーカーは必須です。ヒートテックも日本から持っていきましょう。真夏の時期でも、ヒートテックは2枚重ねでした。ニット帽やネックウォーマーもあったほうがいいです。坂が多いのでトレッキングシューズも用意しましょう。

ウシュアイア旅行での注意点

ウシュアイア旅行での注意点
  1. 年間を通して寒く「パタゴニアの風」が吹き荒れる!
  2. ウシュアイア滞在は、時期選びを慎重に!
  3. レンタカーを運転する場合は国際免許証が必要!

私がウシュアイアを訪れたのは12月末、南半球のウシュアイアは真夏の季節にあたりますが、外に出ると手がかじかんでしまうほどの寒さでした。そして、まるで台風のような暴風が吹きつけるのが、パタゴニアの特徴です。防寒、防風対策はしっかりしていきましょう。訪れるなら、夏の11月~3月が断然おすすめです。国立公園や有名なフラッグツリーなどを周るのに、レンタカーをする可能性のある場合は、必ず国際免許証を取得しておきましょう。

まとめ

ウシュアイアには、多くの人を惹きつけるだけの、ありのままの雄大な自然がありました。そして私は、自分が今「世界の最果て」に立っていると思うだけで、たまらなくロマンを感じました。さらに港には、南極を行き来する客船が停まっていて、南極に行けなくとも、南極へ思いを馳せるには十分です。ウシュアイアは、そんなロマンの溢れる街でした。

 

fuki22

投稿者の過去記事

絶賛子育て中の元バックパッカーです。
世界一周1人旅、夫婦で世界一周旅、合計で52ヶ国を訪れました♩
オーストラリアとメキシコに住んでいたことがあります。
次の目標は子連れのんびり旅♡

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 女子一人旅 in イタリア ここもデモ!そして体調不良、ローマ| トラベルダイアリー
    ローマ旅行体験記風邪をひいたまま到着したローマ。治るどころか悪化させてしまい、体調は絶不調。それ…
  2. ツェルマットにて感動のマッターホルンを望む!大自然に癒される| トラベルダイアリー
    ツェルマット旅行体験記スイスで最も有名な山と言えばマッターホルンを挙げる方が多いのではないでしょ…
  3. ビエッラ旅行体験記織物の街として古くから栄え、多くの有名ブランドを輩出してきたイタリア・ビエモン…
  4. ホーチミン旅行体験記ホーチミンはハノイよりも活気があり、また美しい街でした。首都はハノイだけど発…
  5. ランゲ地方旅行体験記北イタリア・ピエモンテ州のランゲ地方は、イタリアきっての高級ワインの産地。友…
  6. 夜景と温泉に癒される♪ハンガリーの首都ブダペストを観光| トラベルダイアリー
    ブダペスト旅行体験記南ドイツ~オーストリア~ハンガリーを鉄道で周遊しました。1週間で3カ国という…
  7. ウビン旅行体験記シンガポールは人気の目的地ですが、ウビン島という名前は聞いたことがないのでは?実…
  8. サンクトペテルブルク旅行体験記世界三大美術館の1つ、エルミタージュ美術館に行ってみたくて足を伸ば…
  9. ハマメットとナブール経由で古代のフェニキア都市ケルクアンへ| トラベルダイアリー
    ケルクアン旅行体験記ケルクアンはボン岬に位置するフェニキア人がつくったカルタゴ時代の遺跡です。こ…
  10. ヘルシンキ旅行体験記ヨーロッパへの旅行と聞くと移動に時間もかかり、時差もあり大変と思う方も多いで…

国内旅行おすすめ

  1. 四国初上陸!高知で本場のかつおのたたきを食らう| トラベルダイアリー
    高知旅行体験記何度も申し上げてきました。私は海育ちなのに生ものが食べられないと…。しかし大人にな…
  2. 気楽に無料バスで行く☆スパリゾートハワイアンズ☆ホテルハワイアンズ編| トラベルダイアリー
    ふらっとハワイアンズへ水遊びに行く首都圏から無料送迎バスが出ているハワイアンズ。 私は新宿から乗…
  3. 透き通る静かな穴場ビーチ ◆海もプールも楽しめるロイヤルホテル沖縄残波岬◆| トラベルダイアリー
    沖縄 残波岬の魅力残波岬 (ざんぱみさき) は、那覇空港から車で1時間ほど。日本一人口の…
  4. 小樽旅行体験記仕事関係の学会発表で札幌に行くことになり、どうせなら前後に夏休みを足して親子旅行し…
  5. 波照間島旅行体験記初めての一人旅は「きれいな海があるところ」に行きたい。そう決めた時に、私が選ん…
  6. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ浅草の旅| トラベルダイアリー
    浅草旅行体験記「東京ソラマチ」で開催していた「こいのぼりフェスティバル」が気になっていて、ちょう…
  7. 南阿蘇鉄道でトロッコ列車を満喫する日帰り南阿蘇の旅| トラベルダイアリー
    南阿蘇旅行体験記熊本地震で崩落した阿蘇大橋、5年の年月をかけて24時間体制で復旧工事が進められま…
  8. こんぴらさん参拝旅行体験記「一度はこんぴらさんにお参りしてみたい!」母からのリクエストを受け…
  9. 小豆島で暮らすような旅!豊かな食材と穏やかな自然に癒された| トラベルダイアリー
    小豆島旅行体験記リモートワークしながら香川県小豆島の古民家に10日間滞在しました!仕事の始まりと…
  10. フォトジェニックだけじゃない!真の貴船神社の魅力に迫る| トラベルダイアリー
    貴船神社旅行体験記SNSで見つけた美しい灯籠が一目見たくて、貴船神社へ行ってきました!訪れてみる…

最新記事

  1. 初めての子連れ海外♡ハワイを楽しみ尽くす!~ノースショア編~| トラベルダイアリー
    ノースショア旅行体験記結婚10周年記念に海外旅行に行こう!と計画し、当時6歳の息子を連れて初めて…
  2. tabihituji_pavirion2
    東京美術館巡りの旅【青山・渋谷周辺】東京の青山周辺のアートイベント「パビリオン東京2021」の展…
  3. 温泉天国・山形県で、東根温泉と銀山温泉をはしごする旅| トラベルダイアリー
    東根旅行体験記もともとは、同じ山形県にある銀山温泉のノスタルジックな街並みに憧れて、泊まる旅館を探…
  4. 一度は行ってみたいと憧れる!日本三景の1つ広島・宮島の旅| トラベルダイアリー
    宮島旅行体験記関西在住中に岡山と広島の県境に住んでいる友人を訪ねながら、せっかくなので周辺の観光…
  5. たまにはゆったりとノスタルジックな尾道~鞆の浦~倉敷の旅| トラベルダイアリー
    福山旅行体験記 瀬戸内海の島が大好きで、今回は尾道からしまなみ海道を渡ることに。尾道…
  6. 小豆島で暮らすような旅!豊かな食材と穏やかな自然に癒された| トラベルダイアリー
    小豆島旅行体験記リモートワークしながら香川県小豆島の古民家に10日間滞在しました!仕事の始まりと…
  7. 岐阜の小京都!1泊2日で巡る秋の飛騨高山~白川郷の旅| トラベルダイアリー
    高山旅行体験記11月初旬。1泊2日の休みを使って、まだ行ったことがない土地に行ってリフレッシュを…
  8. ダンサーが集結!ウズベキスタンのヒヴァでダンスフェスティバル| トラベルダイアリー
    ダンスフェスティバルに行ってきました!ウズベキスタンの人々はみんな踊りが大好き!結婚式をはじめ、さ…
  9. 女子一人旅 in トルコ② イスタンブールのローカルを体験| トラベルダイアリー
    イスタンブール旅行体験記前回トルコを訪れてから1年、恋しくなり再びイスタンブールへ。今回は時間が…
  10. 南阿蘇鉄道でトロッコ列車を満喫する日帰り南阿蘇の旅| トラベルダイアリー
    南阿蘇旅行体験記熊本地震で崩落した阿蘇大橋、5年の年月をかけて24時間体制で復旧工事が進められま…

Archive



PAGE TOP