女子一人旅 in メキシコ メキシコ人が怖がる街メキシコシティー| トラベルダイアリー

女子一人旅 in メキシコ メキシコ人が怖がる街メキシコシティー

メキシコシティー旅行体験記

友達と再会しゆったりとした街で数日を過ごしたら、やっぱり首都を覗いてみたくなりました。友達にとってメキシコシティーは「あんなに危険な街に行くなんてムリ!」とのこと。でも結局、メキシコシティーに住む彼女の親戚を頼って一緒に観光してくれることになりました。

メキシコシティー旅行について

おすすめのポイント
  1. 想像通りの陽気な笑顔があふれる街
  2. 思った以上にパワフルな大都市
  3. だけど、路地に入ると庶民的な顔も見せる街

メキシコ人の友達が怖くて行きたくないと恐れていた首都、メキシコシティーはどんなに危険な街なのかと警戒をしていましたが、ちっとも危険な感じはしませんでした。
日本のような満員の地下鉄、大きくて高いビルなど、思っていた以上に大都会でしたが、1歩路地裏に入ると、昔ながらの商店や住宅地が並ぶレトロな雰囲気もちゃんと残っていて2つの顔を見ることができます。
また、スペイン統治時代の建築とアステカ遺跡がどちらも残る見どころいっぱいな街です。

メキシコシティー旅行のおすすめのスポット

中心地の広すぎる広場、ソカロ

これまで訪れた広場の中でも、ダントツに広い広場でした。あいにくこの日は雨だったためあまり人がいませんでしたが普段はにぎわっているそうです。広場の周辺には大きくて荘厳な大聖堂や宮殿、市庁舎などが連なり、中に入るには厳重なセキュリティを通らなくてはいけませんでした。
宮殿の内部はスペイン人によって征服された時を描いた巨大な壁画があり、圧倒されます。

街を一望できる丘の上に建つチャプルテペック城

緩い坂道をどんどん登ってようやくたどり着いたチャプルテペック城は現在は一部が歴史博物館になっていました。美しい庭や建物を堪能したり、当時の貴族たちが使っていた豪華な馬車や、当時の生活の様子が伺える城内を散策することができます。

普段なら気ままに写真を撮るのですが、この時は友達のいとこがどんどんと説明しながら先に進んでしまうため、建物の内部はおろか街の様子などほとんど写真を撮ることができませんでした。

巨大なピラミッドが並ぶテオティワカン遺跡

メキシコシティーから50kmほどのところにあるテオティワカン遺跡は、大きなピラミッドが並ぶテオティワカン文明の遺跡です。いかにもメキシコっぽい大きなサボテンが立ち並ぶ乾いた広大なエリアに太陽のピラミッドや月のピラミッドと呼ばれる石造りのピラミッドがあり、なんと登ることができるのです。階段になっているのですが、段差が大きく傾斜も急で大変ですが、頂上から眺める遺跡は大きくて感動します。

メキシコシティーでのおすすめグルメ

友達のいとこが作ってくれたおいしいとうがらし料理

到着した日の夜、いとこが夕ご飯を作ってくれました。ピラフのような、パエリアのようなご飯と、とても大きくてちょっと辛い緑色のとうがらしを焼いたものにソースをかけたもので、初めて食べましたがとてもおいしかったです。
いとこの家では、タコスよりもご飯をよく食べるのだそうです。友達はパンやトルティーヤを使った料理が多いそうで、地域やそれぞれの家庭によって違うようです。

メキシコシティーでのおすすめのショッピングスポット

大きなスーパーで日用品をおみやげに

メキシコシティーにはメキシコ系、外資系など様々なスーパーがあります。広いスーパーは食料品から日用品まで何でもそろっているので見ていて飽きません。お菓子や文房具など、日本にはないカラフルな物がたくさんあるのでおみやげにぴったりです。
今回はちょうどシャンプーがなくなりそうだったのでメキシコのブランドのシャンプーを買ってみましたが匂いが強く、いかにも外国のシャンプーという感じでした。

メキシコシティーにて宿泊したホテル

友達のいとこの家

メキシコシティーの郊外にある割と高級そうな住宅街にある一軒家でした。住宅街(日本でいう、〇〇ニュータウンのような区画)に入るためのセキュリティーゲートがあるので、安全なのだと思います。家も大きく、ゲスト用のシャワールームなどもあり、メキシコというよりはアメリカっぽい感じのお宅でした。
初めてお会いするのに、まるで昔からの友達のように振舞ってくれ、小学生の娘4人も懐いてくれて一緒に折り紙をしたりしながら楽しい時間を過ごすことができました。

メキシコシティー旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

友達に全部お任せ

サンファンデルリオからは再び長距離バスで移動します。値段によって直通と乗り換えのルートがあるのだそうですが、直通で移動しました。直通は飲み物とおやつが出てきて快適でした。メキシコシティーは、友達のいとこのガイドで地下鉄や乗り合いタクシー、コンビスというタクシーとバスの中間のような不思議な乗り物に乗りながら市内観光をしました。乗り合いタクシーやコンビスは行先や料金を確認しなければいけないので1人では絶対に乗ることができないですし、実際現地のメキシコ人しか乗っておらず、日本人の私は珍しかったようです。

メキシコシティー旅行に必要な持ち物

特に必要なものはありません。都会なので何でも簡単に手に入ります。
ただ、思いのほか英語が通じないので翻訳アプリなどがあれば便利かもしれません。
また、歴史的な建造物を堪能しようとするとたくさん歩かなければいけないので歩きやすい靴が良いでしょう。

メキシコシティー旅行での注意点

メキシコシティー旅行での注意点
  1. ペルー同様、高価なものは身に付けないようにしましょう
  2. 路地裏は少しのぞいてみる程度にとどめましょう
  3. 暗くなる前にはホテルに戻りましょう

思った以上に安全に感じて緊張感が薄らいだ私の横で、友達はずっと緊張しているようでした。路地をどんどんと進もうとする私を彼女は何度も止めてきました。メキシコシティーはそれだけ犯罪が多いということです。「東京は夜でも1人で歩けるの?危なくないの?怖くないの?」と真剣に聞いてくる友達のことばに考えさせられました。アクセサリーやカメラなどは出さないようにするなど、安全対策はきちんと取っていましたが、それでもやはり日本人とは危険意識が根本から違うのだと実感しました。

まとめ

メキシコシティーはあまり近代的なビルと歴史的な建物が同居する街でした。友達も、怖かったけど一緒に観光できてよかったと喜んでくれました。今回は友達のいとこが安全な場所を選んで案内してくれたんだと思います。メキシコ人の優しさとフレンドリーさに触れながら(ちょっとだけルーズさにイライラし)楽しむことができました。
またゆっくりと、時間をかけて訪れてみたいなと思いました。

 

jamon身も心も彷徨い中

投稿者の過去記事

ふと世界一周がしたいと思い立ち、数年かけてお金を貯めたのち半年間のバックパッカーをしました。
外に飛び出す楽しさを知ってしまったらもうじっとしていられず、長期休みのたびに海外旅行をする生活に。
今はコロナでどこにも行くことができないのでここに文章を書くことでいろいろ思い出して次への夢を見ています。

コメント

    • 2023年 5月 16日 12:16pm

    何処の国もスラム街は危険ですからねぇ、、、。

    アメリカのフィラデルフィアに旅行行った時にケンジントンに入った時は生きた心地がしませんでしたもん、、、。

    右見てもヤク中、左見てもヤク中、、、。
    至る所にドラッグで決まってて横になってる人ばかりでしたた。
    日本と違って裕福層と貧困層の住む地域がきっぱり分かれてるからここまで酷くなるんですよね。

    昼間なら何人でいれば歩けますが、夜になると何人で歩こうがまず無意味で運が悪いと本当に殺される可能性すらあるからとてもじゃないけどホテルから出られませんよね、、、。

    銃社会の海外と日本で命の重さが全然違うのを良く理解出来る。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. お酒と音楽とケルト文化を味わう ダブリン探訪記| トラベルダイアリー
    ダブリン旅行体験記隅っこ好きな性分で、アイルランド、北アイルランド、スコットランドを巡る旅に出ま…
  2. カメラ好きなら行くっきゃない!フランス南西部の街、トゥールーズ| トラベルダイアリー
    トゥールーズ体験記フランス東部の街トゥールーズ。行ってみたら女性らしい一面や男の子っぽい一面。様…
  3. タイ・バンコクで遺跡寺院巡り| トラベルダイアリー
    バンコク旅行体験記東南アジアへの渡航歴があまりなかったので行って見ました。ベトナムやカンボジアと…
  4. 兵庫県明石公園の楽しみ方〜幸せスポット巡りをしてきました〜| トラベルダイアリー
    明石公園巡り体験記明石公園は日本百名城である明石城がある公園。景観もよく多くの人が訪れる憩いの場…
  5. イゼオ湖旅行体験記「ロンバルディア州の観光地」と聞くとつい、ミラノを思い浮かべてしまう私。しかし…
  6. ボローニャ旅行体験記ボロネーゼ、ラザニア、魅惑のメニューはぜーんぶココ、ボローニャで誕生しました…
  7. ドゥブロヴニク旅行体験記テレビや雑誌でこれまで何度も目にした事のある、城壁に囲まれた小さな街ドゥ…
  8. グアム旅行体験記初めての子連れ海外旅行にオススメNO1のグアム。フライト時間3時間、時差1時間は…
  9. シェムリアップ旅行体験記ものすごく有名な観光遺跡、アンコールワットのある街シェムリアップ。まさに…
  10. モロッコ・ワルザザート近郊の観光スポットを訪れる| トラベルダイアリー
    ワルザザート旅行体験記メルズーガからマラケシュへ移動する途中の街、ワルザザートに立ち寄りました。…

国内旅行おすすめ

  1. 伊勢旅行体験記お伊勢さんとして人気の観光地、伊勢志摩に一泊してきました!一生に一度はお伊勢参り、…
  2. 初心者でも大丈夫!沖縄おすすめ絶景【大石林山】| トラベルダイアリー
    大石林山旅行体験記沖縄の北部に位置する大石林山を知っていますか?大石林山は2021年7月26日にユ…
  3. 函館旅行体験記仕事関係の学会発表で札幌に行くことになり、どうせなら前後に夏休みを足して親子旅行し…
  4. 一人旅でも大丈夫!福井でタグ付き蟹を食べつくす| トラベルダイアリー
    福井旅行体験記 明日死ぬってなった時、一番食べたいのは…蟹!生ものが食べられなかった…
  5. 北海道での夏休み!~小樽運河&定山渓温泉&札幌の白い恋人パーク~| トラベルダイアリー
    小樽・札幌旅行体験記小樽運河に行ってみたい!温泉にも行きたい!美味しいもの食べたい!など皆の意見…
  6. 仙台旅行体験記 旅行の行き先がなかなか決まらず、航空券をチェックしていると、ふと仙台…
  7. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ熱海の旅②| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記夏は海水浴で有名な熱海ですが、冬の熱海でも満喫できるイベントや観光スポットがありま…
  8. 美味しいものもいっぱい!家族でも楽しめる穴場スポット長野・駒ヶ根| トラベルダイアリー
    駒ヶ根旅行体験記青年海外協力隊で派遣前の研修生活で約3カ月間過ごした長野県の南部に位置する駒ヶ根…
  9. 父島に行ってきました!日本の世界自然遺産は各地にありますが、東京都にあるのは唯一小笠原諸島の自然…
  10. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…

最新記事

  1. 宮古島沖縄旅行体験記子連れリゾート旅行で人気NO1の沖縄。本島には多くのファミリーが訪れています…
  2. スペイン植民地時代の香り!クラシックカーとレトロな街並み、ハバナ | トラベルダイアリー
    ハバナ旅行体験記レトロかわいい街並みとクラシックカーという構図のイラストを見たことがある人は多い…
  3. 穴場南国リゾート!宮崎、日南で南国を味わう
    日南旅行体験記南国リゾートといったら沖縄がまず思い浮かぶでしょう。しかし、実は宮崎も元祖南国リゾ…
  4. 奄美大島旅行体験記 新しく世界遺産に登録された奄美大島。南の島として有名な沖縄の島々…
  5. 女子一人旅 in シンガポール チープとゴージャスと多民族| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記 以前の旅で出会った友達に会いにシンガポールへ行きました。都市…
  6. 女子一人旅 in トルコ③ 超穴場!トルコでローマ遺跡、ベルガマ| トラベルダイアリー
    ベルガマ旅行体験記 トルコの観光地でも日本人にはあまり知られていないベルガマに行って…
  7. たまてばこ号に乗って指宿へ。指宿のマンゴーは旨い!| トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記鹿児島の温泉と言えば指宿温泉。指宿は砂湯や開聞岳で知られています。温泉街の近くに「…
  8. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  9. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  10. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…

Archive

スカイツアーズ

PAGE TOP