インディ・ジョーンズの舞台となったペトラ遺跡を訪問| トラベルダイアリー

インディ・ジョーンズの舞台となったペトラ遺跡を訪問

ペトラ旅行体験記

いつか行ってみたかったペトラ。ツアーで行くのも高いし…と躊躇していましたが、アンマンからレンタカーで行けると分かり、計画が進みだしました。アンマンからペトラ往復400Km超のドライバーは旦那。初の海外レンタカーがまさかヨルダンになるとは…。国際免許を取っていざ出発です。

ペトラ旅行について

おすすめのポイント
  1. 世界遺産に登録されているインディ・ジョーンズの世界
  2. 意外と近い。日本から3泊5日で行くことも可能。
  3. レンタカーすればヨルダンの小さな町の雰囲気も楽しめる。

切り立つ崖に挟まれた狭い通路を進んでいくと、突然目の前に現れるスケールの大きな美しい神殿。インディ・ジョーンズに出てきたあのシーンで一躍有名になったペトラ。世界遺産にも登録されています。映画で見たあのシーンを自分の目で見る感動はひとしおです。ヨルダンというと遠い気がしますが、エミレーツ航空深夜便を利用すれば3泊5日でも十分に往復できる距離です。

ペトラ旅行のおすすめのスポット

インディ・ジョーンズの舞台となったエル・ハズネ

ゲートからはこんな感じでみんなについて歩きました。

シークの入口にて。

シークの先に、エル・ハズネが見えてきました!

ついにリアルでエル・ハズネ。

ペトラの入場料は50JD(8000円ほど)。高いですが、その価値ありです。エル・ハズネまではゲートから約2㎞ほどの距離。シークと呼ばれる断崖絶壁に挟まれた狭い道は雰囲気満点で、この先にエル・ハズネがあるのかと思うとワクワク感が高まります。探検隊のようにシークを進んでいくと、前方にちらりと見えてくるエル・ハズネ。興奮MAX!こんな岩の裂け目にどうしてこれを作ろうと思ったのか…。すごすぎます。中には入れませんが、記念撮影タイムを楽しみ(ラクダと一緒に記念撮影もできます)、満喫した後は更にペトラの奥へ進みます。

更に奥地にあるエド・ディルへ、ロバで行ってみました

人生初、ロバライド!

正面から見たエド・ディル。手前がカフェです。

高台から見たエド・ディル。

エド・ディルからの帰り。階段が多くて登りも下りも大変。

エル・ハズネとエド・ディル以外にも見どころは多いです。

エル・ハズネから3Km弱の距離にあるエド・ディル。平地だったら楽々歩けるのでしょうけど、足元は岩砂漠。そして階段。そして真冬なのに日差しがきつくて暑い。自分の足で行きたかったけど、ラクダやロバ引きが盛んな誘いに負けて往路はロバで行くことに。階段900段もあるって言うんですもん。二人で20JD(3500円位)。階段もロバさん任せで楽々かと思いきや、ロデオみたいで大揺れのスリル。楽しくはありましたが。エド・ディルの入り口でロバと別れ(そこからがまた長かった)、やっとの思いで撮影スポットに到着。ここは本当に達成感あり。徒歩だったらもっとかも。ちなみに帰りは2時間かかりました。

曜日限定でのお楽しみ、ペトラ・バイ・ナイト

こんなランタンが照らしてくれている。

ペトラ・バイ・ナイト。

夜ライトアップされたエル・ハズネを見学するもの。決まった曜日しか開催していないので、見たいなら入念に計画する必要アリです。私たちはスケジュールの関係上、大晦日の昼にペトラに行き、更に夜にまた行くという強行軍でした。チケットは17JDでロバより安い(笑)。20時にゲートがオープンするので、それまで夕食を済ませていざ出発。昼間と一転して寒い。ダウンを着込んでいきました。シークの両脇にライトが置かれ、なんだか夜のオリエンテーリングみたいで2Kmの距離も苦になりません。エル・ハズネに着くと幻想的にライトアップされた神秘的な姿にうっとり。それを取り囲むように観光客が円座になって座り、菅と弦によるアラビアン・ミュージックのミニコンサートがありました。素敵だったのですが、強行軍の私たちには心地よすぎてウトウト…。

ペトラでのおすすめグルメ

エド・ディルの近くにあるカフェ

カフェの売店。

カフェから見えるエド・ディル。

洞窟調?のシートもあり。

エド・ディルからの帰り道に立ち寄ったカフェです。立地はエド・ディルの真ん前という、ベストポジションです。ここまでたくさん歩いたのでちょうどよい休憩所となりました。景色もよくずっと座っていたかった…。こちらには、アフリカ近辺でよく見かける「ビターレモン」が売られており、懐かしくついつい飲んでしまいました。

ペトラへのドライブ

アンマン空港からペトラへレンタカーで移動、その珍道中

レンタルしたKIAで、カラク→ペトラの下道にて。

アンマン→ペトラへのデザート・ハイウェイ。

カラク城からの見晴らし。

カラク→ペトラの下道。

夕暮れ時の小さな町。雰囲気満点です。

ペトラへの下道。周りに家がなくてさみしい…。

エルサレムからヨルダンに戻って来て空港までタクシーで行き、空港でレンタカーをピックアップしました。事前にEurope Carで予約したエコノミーカーはKIAでした。ペトラまではデザートハイウェイを200Kmほど南下。私たちは途中、カラク城に立ち寄ったので、カラクからはハイウェイを離れて下道を延々とドライブしました。時間はかかりましたが、雰囲気の良い道で、ヨルダンの人々の日常生活を垣間見られた、良い機会でした。と喜んでいたのもここまでで、ペトラのホテルに着くとなんとレンタカーがパンク。ホテルの人にお金を払って応急処置はお願いしたものの、トランクにあったスペアタイヤもボロボロで使い物にならず、アンマンに戻る前に一番近いEurope Carのオフィスがあるアカバまでひとっ走り(といっても片道200Km)して修理する羽目になったのでした(アカバへはペトラから移動する日の午前中に行ってきました)。

ペトラにて宿泊したホテル

ペトラ・ムーン・ホテル

ペトラ・ムーン・ホテル外観。お世話になりました。

ペトラ・ムーン・ホテルの室内。

オーバーブックで泊まれたペトラ・ゲストハウス。疲れてたので即寝です…。

ペトラ遺跡のゲートに一番近いのは「ペトラ・ゲストハウス」でしたが、お値段が倍だったので3番目くらいにゲートに近いこちらのホテルを選びました。レンタカーで到着してみると、12月30日のハイシーズンということもあり、何とオーバーブック。着いたのが18時過ぎでしたからね…。案内された先は何と「ペトラ・ゲストハウス」で内心ラッキー!でした(疲れてたので即寝、ホテルを楽しむ余裕なしでしたが)。しかも当日の夕食は「ペトラ・ムーン・ホテル」のビュッフェをタダでご馳走いただき、前述のレンタカーパンクの修理もお願いし、荷物までも代替ホテルに運んでもらい、至れり尽くせりでした。2泊目はちゃんと「ムーン・ホテル」に戻ってきましたよ。この時の荷物の移動ももちろんやって頂きました。マネージャーからはお手紙まで頂き、むしろこちらが恐縮するほど親切にして頂きました。ありがとうございました。

ペトラ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

レンタカーという手段を得たことで、個人旅行で行ける範囲が拡大しました(800Km超運転した旦那にも感謝です)。バスよりも正確で、タクシーよりも安く、好きな場所で止まったりできる。当時は私はペーパードライバーでしたが、運転経験を積んだ今なら旦那と交代で運転したりして、また違った楽しみ方ができるんだろうなと思います。車のパンクなんて、運転歴20年の旦那も初めてだと言っていたくらいレアな経験を、まさか海外発レンタカーで、しかもヨルダンで経験するとは…。こんなハプニングも個人手配ならではです(笑)。

ペトラ旅行に必要な持ち物

ペトラ遺跡はとにかく歩きます。そして足場が悪いです。活動量計によると、この日私たちは何と2万歩歩いてました!履きなれた軽いスニーカーがマストです。急な階段や勾配、崖っぷちスレスレの場所もあるので、ショルダーバッグではなくリュックがいいです。また、真冬でも、昼間は暑くなります。寒さに強い外国人は半袖の人も見受けました。寒がりの私でも薄手の長袖でも暑いくらいでした。逆に夜の冷え込みはダウンレベルなので、寒暖差を考慮した服装がいいですね。

ペトラ旅行での注意点

ペトラ旅行での注意点
  1. レンタカーの際はスペアタイヤ有無、タイヤの状態も確認しましょう
  2. エド・ディルからの戻りは登山の下山レベル、足に来ます。
  3. 1日がかりの長丁場となります、水やスナックをお忘れなく。

ヨルダンの道路事情は悪くはないですが、タイヤが古いのかもしれません。タイヤの状態の確認は必須です。また、遺跡内はとても広く、全部回ろうと思ったら時間も体力も足りません。写真撮影に時間がかかるのと、足元の悪さ&暑さで思うより体力が奪われますので、余裕を持って回りましょう。

まとめ

ペトラではパンクにオーバーブックと、今まで経験のなかった事態に見舞われましたが、ホテルの人がきちんと対応してくれたおかげでいやな思いをすることもなく、いいお土産話になりました。あれから数年たった今となっていは、ペトラ遺跡の感動よりもパンク事件の方が記憶に残っているくらいです。それと同じくらい鮮明に覚えているのが、カラク→ペトラの道中で通り過ぎた、ヨルダンの小さな町の夕暮れ。ドライブ中に見た光景ですが、綺麗だったなぁと。レンタカーの旅にはまりそうな予感です。

 

白と黒のパンキチ一人旅から家族旅へ

投稿者の過去記事

海外旅行を専門としています。独身時代は一人旅、結婚してからは夫と娘と3人での旅行スタイルです。
一人旅時代はなかなか人がいかないようなマイナーな町を、家族では子供メインのリゾート地を旅してきました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. まるでファンタジーの世界のよう スコットランドの都エディンバラ| トラベルダイアリー
    エディンバラ旅行体験記隅っこ好きな性分で、アイルランド、北アイルランド、スコットランドを巡る旅に…
  2. パロ旅行体験記空港があるので旅の最初と最後に訪れることになるパロ。ちょうどティンプーとプナカの中…
  3. 南阿蘇旅行体験記2021年3月に「新阿蘇大橋」が開通し、南阿蘇村内の移動がとても快適になりました…
  4. 白い壁とブルードームの建物がかわいい、ギリシャ サントリーニ島| トラベルダイアリー
    サントリーニ島旅行体験記実はサントリーニ島を知らなかった私。ある日、友達から「サントリーニ島行く…
  5. 青の洞門
    マルタ島旅行体験記前回は首都:バレッタ周辺の情報お届けしました。さてさて、今…
  6. 初めての子連れ海外♡ハワイを楽しみ尽くす!~ワイキキ編~| トラベルダイアリー
    ワイキキ旅行体験記結婚10周年記念に海外旅行に行こう!と計画し、当時6歳の息子を連れて初めての海…
  7. ボラボラ島旅行体験記モルディブのブルーラグーンに感動し、それ以上のきれいな海を見たい!!と思い念…
  8. ウシュアイア旅行体験記アルゼンチンのフエゴ島に位置するウシュアイア。この街を訪れる旅人のほとんど…
  9. ランゲ地方旅行体験記北イタリア・ピエモンテ州のランゲ地方は、イタリアきっての高級ワインの産地。友…
  10. お酒と音楽とケルト文化を味わう ダブリン探訪記| トラベルダイアリー
    ダブリン旅行体験記隅っこ好きな性分で、アイルランド、北アイルランド、スコットランドを巡る旅に出ま…

国内旅行おすすめ

  1. 都心から約1時間半【南房総】はこんなにアツいスポットだった‼| トラベルダイアリー
    南房総旅行体験記 新型コロナウィルスの流行により、なかなか遠出が出来なくなりましたね…
  2. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ幸手の旅| トラベルダイアリー
    幸手旅行体験記コロナ禍であまり遠出ができないので、近場の埼玉県で子供が遊べるスポットに泊まりで遊…
  3. これぞ沖縄!青い海・青い空を感じる 北谷~恩納 西海岸を巡る旅| トラベルダイアリー
    沖縄西海岸旅行体験記若い頃に好きで何度も訪れた沖縄に移住して、もう15年以上経ちますが、やっぱり…
  4. 初の一人旅で大きく成長した伊勢・志摩旅| トラベルダイアリー
    伊勢・志摩旅行体験記 当時の私は失恋の傷が癒えず、社会人をしていました。そんな時ふと…
  5. 1泊2日ですべておさえる!仙台観光スポットをギュッと詰めて巡る旅| トラベルダイアリー
    仙台旅行体験記 好きなアーティストのライブが仙台で開催されたため、あわせて観光もしよ…
  6. 石垣島旅行体験記今回はじめて石垣島に行って、美しい海に感動しました。ここって日本だよね?と確…
  7. 大人女子旅に最適‼【1人旅でも楽しめる】広島のおすすめスポット| トラベルダイアリー
    広島旅行体験記美しい瀬戸内海に魅力たっぷり広島グルメ・・・旅行雑誌で特集されていた「広島」に…
  8. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ山中湖の旅| トラベルダイアリー
    山中湖旅行体験記雄大な富士山を目の前に臨む自然豊かな山中湖は、子連れファミリーにも人気の観光地で…
  9. [食の都 大阪]安くて旨いを探すぶらり旅!| トラベルダイアリー
    大阪旅行体験記 大阪旅行に行ってきました!これまで国内旅行や海外旅行にはよく行ってい…
  10. 都会だけど落ち着いている?気ままにのんびり名古屋旅行| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記 今回は私が2回目に名古屋を訪れた際の体験記です。初めて名古屋を訪れ…

最新記事

  1. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  2. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  3. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…
  4. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  5. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  6. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…
  7. 霧島六権現巡りで龍神パワーチャージ! |トラベルダイアリー
    霧島旅行体験記 御朱印を集めている友達に誘われ、霧島の主要6つの神社をめぐりました。…
  8. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  9. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…
  10. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…

Archive



PAGE TOP