女子一人旅 in アメリカ 最先端なのに穏やかな街シアトル| トラベルダイアリー

女子一人旅 in アメリカ 最先端なのに穏やかな街シアトル

シアトル旅行体験記

バンクーバーから友達と一緒にシアトルに来ました。シアトルと言えばイチローのいたマリナーズやマイクロソフト、スタバの本社がある街です。どんなに大都市なのかと思っていたけれど、どちらかというと穏やかな地方都市のイメージでした。

シアトル旅行について

おすすめのポイント
  1. サクサクっと観光できるコンパクトな街
  2. 観光にはバスが安全で便利
  3. スタバに負けないカフェがたくさん

シアトルの中心地は広くはないのでのんびり歩いて回るには最適でした。ちょっと離れたところへもあらゆる方面にバスが走っているのですぐに目的地まで行けます。見どころはだいたい中心地に固まっているのでエリアごとに雰囲気の変わる街を歩きながら感じることができます。
スタバやタリーズの発祥地だけあり、とにかくカフェが多い街です。カフェ巡りをしながら歩くと楽しいかもしれません。

シアトル旅行のおすすめのスポット

シアトルと言えばここ、パイクプレイスマーケット


中心地の海沿いにある歴史の古いマーケットです。八百屋、魚屋、から、ローカルアーティストのお店、おみやげ屋、レストラン、本屋、床屋、スパイスのお店、どこかの国の品を売る店など、びっくりするくらいにいろいろなお店がひしめき合っていて、観光客でごった返していています。マーケットの中は迷路のようになっていて迷ってしまいます。
このマーケットの一画に、スタバ1号店がありました。このお店だけロゴマークが創業当時のままです。

次々と雰囲気が変わるダウンタウン


パイクプレイスマーケットもダウンタウンにありますが、そのあたりからまっすぐに歩いていくとデパートや服屋さんが並ぶエリアからパイオニアスクエアという数百年前の街の様子が垣間見えるエリア、さらにはインターナショナルディストリクトと呼ばれる中華街、日本人街を合わせたアジアンタウンのようなエリアにたどり着きます。
歩いてもそんなに時間のかからないエリアなのにどんどん表情が変わって楽しく歩くことができます。また、パイクプレイスマーケットから続くウォーターフロントは穏やかな海を眺めることができるのでぼーっと休憩するには最適です。

今でもイチローの面影が残る球場

シアトルと言えばイチロー。もうイチローはいないけれど、球場に行ってみました。かつて「セーフィコフィールド」と呼ばれていた球場は現在は「Tモバイルパーク」と名前が変わっています。中には入れませんでしたが、外側をぐるっとまわってみたら、現役選手の大きな写真に交じってイチローがいました。特別ファンではなかったけれど、日本人としてすごくうれしかったです。
事前予約制ですが、球場内見学ツアーもあるようです。マウンド、ロッカールーム、プレスルームなどを見て回れるのだそうです。

シアトルでのおすすめグルメ

カフェでスイーツを頼めばおなかいっぱいに

ダウンタウンにはいろいろなお店がありました。外国人移住者が多いのか、アメリカ料理というよりもタイ、ベトナム、中華、メキシコ、韓国、日本、などいろいろな国の料理を楽しめる感じです。
なかでもカフェがとても多く、カフェラテやカプチーノと一緒においしそうなスイーツを一緒に頼むと、あまりにも大きくてそれだけでおなかいっぱいになってしまいます。また、どんな小さなお店でも当たり前のようにラテアートを描いてくれるのも嬉しかったです。

シアトルでのおすすめのショッピングスポット

ダウンタウンにあるショッピングエリア

街の中心にデパートやショッピングモール、路面店のおみやげ屋が立ち並ぶエリアがあります。ここに行けばアメリカらしい買い物から、おみやげまで何でもそろいます。マリナーズグッズも売っているお店もありました。
いつものことですが、ドラッグストアやスーパーもお菓子や雑貨などが安く買えるので入り浸ってしまいました。

シアトルにて宿泊したホテル

シアトルの近くの町に住む友人宅

今回も友達の家に泊めてもらいました。彼女はシアトル在住ではなかったので1人で行動するときはバスでシアトル中心地まで通っていました。
前回のバンクーバーもそうでしたが、こちらは普段使うバスルームとは別に必ずゲスト用のバスルームがあるようです。部屋もバスルームも私専用で、時間とか気にせず好きなように使っていいといわれました。ただ、自由に使っていいからと長時間シャワーを使っているとだんだん水になってしまうのだそうです。日本のようにずーっと安定してお湯が使えるわけではないことにびっくりしました。

シアトル旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

バンクーバーから友達の運転する車でアメリカに入り、そのまま彼女の家に数日滞在しました。彼女が仕事の無い時は車であちこちドライブに連れて行ってもらいましたが、基本的にはバスを駆使して街を探索していました。
バスは乗るときに紙のチケットを受け取ります。その紙には時刻が印字されていて、90分以内であればそのチケットを見せるだけでバスに乗り放題になりました。現地の人たちはスイカのようなカードを使用していましたので長期滞在するのであればカードを買ってもいいかもしれません。

シアトル旅行に必要な持ち物

夏であれば1枚長袖の上着があるといいでしょう。また、雨もよく降るので折り畳み傘があると安心です。
訪れたのは夏でしたが、驚くほど過ごしやすくて感動しました。それでも店の中は冷房が効きすぎるほどで寒いし、ちょっと天気が悪くなると急に気温が下がってしまい半袖では寒いくらいです。旅のお供に持っていたフリースが大活躍するほどでした。
とはいえ、お店はいくらでもあるのでわざわざ持って行かなくても現地で服や折り畳み傘をお土産がてら買うというのもいいかもしれません。

シアトル旅行での注意点

シアトル旅行での注意点
  1. 意外と雨がおおいです
  2. あまり踏み入れてはいけない通りがあるようです
  3. 日系スーパーがあるので外国にいるのに日本を感じてしまいます

友達に、ダウンタウンをずっと歩いてみると話したところ、あまり治安のよくない通りがあるのでその通りは絶対歩かないようにと言われました。全体的に治安の悪い感じはしない街でしたが、そういった通りはアドバイス通りに避けるようにしました。
また、昔から日系移民が多かったそうで古くからある日本食レストランや日系スーパーがあり、日本のものはほとんど手に入るようでした。ですので、もし日本食が恋しかったりしても大丈夫です。

まとめ

シアトルは穏やかで人も優しくとても過ごしやすい街でした。友達曰くビルゲイツやイチローはシアトルの近くに住んでいるのだそうです。マイクロソフトやエクスペディア、スタバなどの本社がある街にしては、あまり都会な感じでもなく、ゆったりと過ごすことができました。

 

jamon身も心も彷徨い中

投稿者の過去記事

ふと世界一周がしたいと思い立ち、数年かけてお金を貯めたのち半年間のバックパッカーをしました。
外に飛び出す楽しさを知ってしまったらもうじっとしていられず、長期休みのたびに海外旅行をする生活に。
今はコロナでどこにも行くことができないのでここに文章を書くことでいろいろ思い出して次への夢を見ています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. ローマ旅行体験記10代の時に初めてローマ旅行をして以来、すっかりその魅力に取り憑かれてしまった私…
  2. カンクン旅行体験記カンクンは、メキシコのラテン文化漂う陽気なエキゾチック感と、リゾートならではの…
  3. 女子一人旅 in オランダ のどかな街と戦争と。アムステルダム| トラベルダイアリー
    アムステルダム旅行体験記ベルギーの次はお隣の国、オランダに向かいました。オランダでは日本人の友人…
  4. 毎日がクリスマス♪ドイツ・ローテンブルク旅行記| トラベルダイアリー
    ローテンブルク旅行体験記フランクフルトで暮らす友人に誘われ、ローテンブルク(ローテンブルク・オプ…
  5. ナイアガラ旅行体験記イエローナイフにオーロラを見に行こうと決めた時に、ナイアガラの滝を一緒に見に…
  6. ロンドン旅行体験記昔からハリーポッターが好きで、いつかロンドンに行ってみたいと思っていた夢が叶い…
  7. カッパドキア旅行体験記トルコ旅行と言えば絶対に外せないのが、カッパドキアの奇岩群巡りです。カッパ…
  8. 自然が作り出した絶景!クルーズ船に宿泊して1泊2日ハロン湾を満喫| トラベルダイアリー
    ハロン湾旅行体験記ベトナムの北部、クアンニン省のトンキン湾北西部にあるハロン湾。ハノイから車で片…
  9. トリニダー旅行体験記素朴なキューバの田舎町であるトリニダーでは、街歩きや森林浴、ビーチ、キューバ…
  10. ブルーム旅行体験記西オーストラリアの小さな町ブルームは、月への階段やビーチでのキャメルライド、年…

国内旅行おすすめ

  1. 海と島と橋の景色に感動☆しまなみ海道を渡って今治サイクリング!| トラベルダイアリー
    今治旅行体験記広島県尾道市から自転車でしまなみ海道の島々を渡り、愛媛県・今治市を訪れました!サイ…
  2. 【一人旅】東京の秘境、奥多摩の霊山・御岳山をケーブルカーで登る| トラベルダイアリー
    奥多摩旅行体験記 東京にありながら秘境に入れる御岳山に、週末の一人旅として出かけまし…
  3. 奄美大島 ゴジラがいた森!?ガイド付きじゃないと入れない!金作原原生林とは?| トラベルダイアリー
    金作原原生林体験記奄美大島で行きたい場所のひとつでもあった、金作原原生林!自然保護のため認定ガイ…
  4. 宮城旅行体験記私の大好きな場所宮城県。おばあちゃんちが宮城県ということもあって小さいころから度々…
  5. 佐久島旅行体験記アートの島として有名な佐久島に仲の良い友達3人で行ってきました。とても手軽に離島へ…
  6. 【一人旅】鎌倉で非日常を味わい、美食を堪能し、御朱印をいただく| トラベルダイアリー
    鎌倉旅行体験記つれづれに御朱印について調べていたところ、鎌倉・江之島にある江島神社の御朱印に惹か…
  7. 小豆島旅行体験記小豆島には手軽に魔女の宅急便ごっこができるスポットがあります。最近インスタグ…
  8. 湯けむりが立ちぼる温泉の街♪別府で湯ごもりワーケーション| トラベルダイアリー
    別府旅行体験記湯のまち別府の温泉宿でワーケーションしながら1ヶ月滞在しました。別府は以前にも旅行…
  9. 最強のパワースポット伊勢神宮へお参りする〜三重・伊勢旅行〜| トラベルダイアリー
    伊勢旅行体験記今回1泊2日の旅行で、お伊勢さんへお参りしてきました。小学生以来の三重県・伊勢旅行…
  10. こんぴらさん旅行体験記香川県にはこんぴらさんと呼ばれ親しまれる神社があります。このこんぴらさんに…

最新記事

  1. アンマンから陸路で国境越え 聖地エルサレム2泊3日の弾丸観光| トラベルダイアリー
    エルサレム旅行体験記 今回の旅のメインスポットはヨルダンのペトラでしたが、10日間の…
  2. オズの魔法使いのモデル地◆竜巻と畜産が売りの「アメリカの良い田舎」カンザスシティ◆| トラベルダイアリー
    初めてのカンザスシティカンザスシティは、竜巻と畜産をグイグイ押し出している「アメリカの良い田舎」…
  3. ~まるでジブリ!濃溝の滝&鴨川シーワールド~房総をめぐる女子たび| トラベルダイアリー
    鴨川・館山旅行体験記千葉県館山市の「トスラブ館山ルアーナ」へ宿泊することになったので、房総半島の…
  4. 透き通る静かな穴場ビーチ ◆海もプールも楽しめるロイヤルホテル沖縄残波岬◆| トラベルダイアリー
    沖縄 残波岬の魅力残波岬 (ざんぱみさき) は、那覇空港から車で1時間ほど。日本一人口の…
  5. 北欧デザインにアンティーク♪散策が楽しい街ヘルシンキの見どころを紹介| トラベルダイアリー
    ヘルシンキ旅行体験記 フィンランドの首都であるヘルシンキは街行く人々がとてもお洒落で…
  6. 10日間じっくりたっぷりのんびり台北を楽しむ女子一人旅!| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記台湾の公用語である中国語を勉強していたので、現地で語学を学ぶために行きました。期間…
  7. エジプトの最南端!古代遺跡を見にカイロから寝台列車でアスワンへ| トラベルダイアリー
    アスワン旅行体験記ウズベキスタンに住むことになる前にイスラム圏の国を体験したい!とあえてラマダン…
  8. 古代ギリシャの聖域デルフィと近郊のアラホヴァ観光| トラベルダイアリー
    デルフィ旅行体験記アテネから約3時間の場所にあるデルフィ遺跡。標高が高い場所にあるので、遺跡の眼…
  9. ルクソール旅行体験記ウズベキスタンに住むことになる前にイスラム圏の国を体験したい!とあえてラマダ…
  10. 女子二人旅 in アメリカ のどかすぎる島、サンフアンアイランド| トラベルダイアリー
    サンフアンアイランド旅行体験記バンクーバーを一緒に旅行した友達に誘われ、聞いたこともなかった島、…

Archive



PAGE TOP