友ヶ島 まるでジブリ!~無人島でノスタルジックに浸る旅~

友ヶ島旅行体験記

2018年GWに友ヶ島へ旅行に行ってきました。そこはまるでジブリの世界に迷い込んだかのようでした。離島への観光でしたが、港から船で20分という近さで、とても手軽に訪れることが出来ました。

友ヶ島旅行について

おすすめのポイント
  1. 港から20分!気軽に行くことができる
  2. 地図を片手に自然溢れる無人島散策を楽しめる
  3. 実際に入ることが出来る砲台・地下トンネルもある

港から船で20分!気軽にいける無人島です。友ヶ島は4つの小さな島の総称で今回訪れたのは、沖ノ島。周囲8㎞の島を地図や看板を見ながら進み、自由に散策できます。自然溢れる島のため動物との出会いもありましたよ。当時使用していた砲台の中でも、第三砲台跡は特に保存状態がよく、友ヶ島の中でも多くの人が足を運ぶスポットです。私も実際に訪れてみましたがノスタルジックな雰囲気が漂う場所で異国へ来たかのような体験ができました。

友ヶ島旅行のおすすめのスポット

港から船で20分!気軽に行ける友ヶ島!




友ヶ島は、明治時代から第二次世界大戦まで、旧日本軍の要塞施設となっていました。今でも当時のまま砲台や防備施設の跡が残っています。そんな歴史の島、友ヶ島へは、「加太港」から友ヶ島汽船のフェリーに乗って行くことが出来ます。20分ほど潮風にあたりながら、船旅を楽しんでいると友ヶ島が見えてきます。島へ上陸した第一印象は、自然溢れる豊かな島といったところでしょうか。花も咲き、とても良い景観です。海を見てゆったりと過ごすのもステキですが、今回は島の散策へと向かいました。

土木遺産に認定!「第二砲台跡」


島の最も西側につくられ、外国からやってくる戦艦を真横から攻撃し、侵入を阻止するための砲台です。現在は、永年の風化、台風被害によって崩落の危険があるため、柵内に入っての散策が出来ないようになっています。近くで見てみると、コンクリートが大きく割れ、かなりダメージを受け、崩落している箇所も多々ありましたが、当時のまま形が残されていることに驚きです。島の一番西側で、相手を攻撃をしやすい分、攻撃を受けやすいということも想定してつくられたため、現在まで形が残すことができたそうです。

日本で8番目につくられた!「友ヶ島灯台」


青空とのコントラストが美しい、友ヶ島灯台。第二灯台から第一灯台へ向かう途中にありました。明治の洋風建築として、日本では数少ないものの一つで、ほぼ原形をとどめているそう!確かに崩れている個所などはなく、とても綺麗でした。普段灯台内は見ることが出来ませんが、年に2回だけ一般公開を行っているそう。普段は見ることが出来ない灯台内や上部に登ることが出来ます。次回訪れるときは、是非入ってみたいです。灯台からの景色は今回見られませんでいたが、代わりに、灯台近くの午前千広場からの景色も海が見えてとても綺麗でしたよ!

何の煙突?謎多き「第一砲台跡」


第一砲台を目指し歩いていくと、通ずるトンネルに柵がしてありました。柵の向こう側に回ると、煙突のようなものが設置してあるのが“掩蔽部”でした。部隊が生活していたのか、何に使用されていたのかは謎が深まります。弾薬庫などもコンクリートでがっちりと閉ざされている個所が多く、じっくりと中を見ることは難しいようでした。歩きでここまでやってきて、海岸からは少し離れているように感じましたが、ここからも砲弾を狙って撃てていたことに驚きです。

第三砲台跡を目指して!トンネル内探検!

第三砲台へ通ずるトンネルから地下に入って散策してみました。トンネルから階段を降り、地下へ入って行くと真っ暗に!奥に進めば進むほど光が一切入らなくなり、明かりがないと何も見えませんでした。スマホのライト機能がついていることに心から感謝しましたね(笑)トンネル内は涼しくひんやりとしていました。当時の構造そのままに残されており、当時の生活を想像させます。光に反応したり襲ってくることはありませんでしたが、地下天井には大量のカマドウマがいてドキリ。そーっと見なかったことにして足早にその場を離れました(笑)探検にはスリルがつきものですね☆(笑)

歴史感じるノスタルジック「第三砲台跡」


友ヶ島の中でもっとも保存状態が良かった第三砲台跡。砲座には水がたまり池のような状態になっていました。赤レンガでつくられた弾薬倉庫跡には、入ることができ、中はとても広かったです。多くの人が足を運び、中を探索したり写真を撮る姿がありましたよ。当時のつくりそのままに、時間の経過とともに、苔や木々が生え、色あせていく建物はとても趣がありました。弾薬倉庫の中は、薄暗いのでここでもライトがあると散策しやすいですよ。

友ヶ島旅行に必要な持ち物

歩きやすい靴、懐中電灯、飲み物、(ゴミ袋)が必要です。友ヶ島は山道のような歩きにくい土壌です。砲台ごと距離があり、かなり歩くので歩きやすい靴は必須です。トンネルや地下など暗いところが多く、散策希望の方はスマホのライトよりも懐中電灯を持って行った方が、より自由に散策を楽しむことが出来ますよ。自動販売機もありますが、どこにでも設置されているわけではないので、飲み物を持っていくことをおすすめします。また、ゴミは基本的に持ち帰りとなるので、袋を持っていくといいですよ♪

友ヶ島旅行での注意点

友ヶ島旅行での注意点
  1. 友ヶ島への船はものすごい混みます!早めにチケットを取ろう!
  2. 最終便は16:30!計画的に散策しよう!
  3. 砲台跡、トンネル・階段などいたるとこに崩落個所があります!

GWに和歌山に訪れ、混雑を予想し8時に加賀港へチケットを買いに訪れましたが、友ヶ島の人気を甘く見ていました…。加賀港にはチケットを求める人で、長蛇の列。8時台に並んで、整理券をもらって、取れたチケットは13時でした!じっくりと観光したい方は早め早めにチケットを入手することをおすすめします。友ヶ島についたら見て回りたい箇所がたくさんあると思いますが、友ヶ島発の最終便は16:30です!時間が足りなくて、見たかったところが見れなかった…などとならないように、計画的に散策しましょう。砲台跡・トンネル・階段は薄暗く崩落している個所もあるので、足場を確認してから進むなど、十分注意してくださいね。

まとめ

今回の旅はGW期間ということもあり、チケットは争奪戦でした。友ヶ島には実際に足を運んでみないと感じることが出来なかった独特な雰囲気があり、行ってよかったと思いました。また、旧日本軍の施設を見て回るなかで、平和について考えると感慨深い気持ちになりました。今回は時間が短かったためゆっくりと余裕をもって回ることが出来なかったので、次回は一日使ってゆっくりと見て回れたらと思います。

 

はるたかトラベルライター

投稿者の過去記事

2020年9月27日より、“さまざまな理由で旅行へ行けない方々のため”に、VRカメラで、全市町村撮影しYouTubeで無料旅行を届けるという活動をしています。
紹介している記事の中にも、VRカメラで撮影した動画を載せているのでよかったらご覧ください♪
トラベルダイアリーさんでは、全国の絶景・グルメなど、皆さんの旅に役立つ情報が発信できたらと思います。
よろしくお願いします!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. タイ・バンコクで遺跡寺院巡り| トラベルダイアリー
    バンコク旅行体験記東南アジアへの渡航歴があまりなかったので行って見ました。ベトナムやカンボジアと…
  2. ハマメットとナブール経由で古代のフェニキア都市ケルクアンへ| トラベルダイアリー
    ケルクアン旅行体験記ケルクアンはボン岬に位置するフェニキア人がつくったカルタゴ時代の遺跡です。こ…
  3. エレバン旅行体験記 アルメニアは、世界で初めてキリスト教を国教と定めた国です。旅に出…
  4. 【台湾】♪定番の観光スポット巡り♪ 2泊3日 in台北_トラベルダイアリー
    台北旅行体験記今回は2020年1月に行った台湾旅行についてご紹介します!(まだのコロナが流行する…
  5. 1泊2日旅で、ソウルのグルメとショッピングを堪能!| トラベルダイアリー
    ソウル旅行体験記韓国料理が好きで、本場の味を食べたくなり旅行することにしました。インスタグラムな…
  6. オックスフォードに行ってきました!語学留学をして以来、アカデミックな雰囲気と過ごしやすさがとても…
  7. パタゴニア地方旅行体験記当時私は、旅に出てからすでに1年以上が経ち、良くも悪くも旅慣れをしてしま…
  8. サンフランシスコ旅行体験記何回か行ったことのあるアメリカ。実はあまり好きではないのですが、友人に…
  9. 目いっぱい楽しんだバガン、そしてちょこっとシンガポール4泊5日| トラベルダイアリー
    バガンに行ってきました!ミャンマーは今までノーマークでしたが、会社の同僚の「今までで一番良かった…
  10. ゴールドコーストで念願のコアラ抱っこ| トラベルダイアリー
    ゴールドコースト旅行体験記友達の5人家族(中学生と小学生)といつか一緒に旅行したいねと言っており…

国内旅行おすすめ

  1. 都心から約1時間半【南房総】はこんなにアツいスポットだった‼| トラベルダイアリー
    南房総旅行体験記 新型コロナウィルスの流行により、なかなか遠出が出来なくなりましたね…
  2. 鳥取旅行体験記夫が「鳥取に行こう」と言い出したのは新婚一年目のことでした。てっきり目的地は砂丘か…
  3. 京都駅からの景色
    京都市旅行体験記京都といえば、日本有数の観光都市。その玄関口は、新幹線も停まる「京都駅」です…
  4. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ熱海の旅| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記三世代旅行で熱海へ行ってきました。以前熱海駅前の観光案内所で子連れにオススメのスポ…
  5. 車で周る兵庫・淡路島のたっぷり充実 日帰りドライブ| トラベルダイアリー
    淡路島旅行体験記大阪からも近くてドライブにはピッタリの淡路島。インスタグラムや、雑誌などで見かけ…
  6. ♪インスタ映えスポット♪友達と日帰りぶらり旅 in 京都| トラベルダイアリー
    京都市内旅行体験記こんにちは!今回は、京都市内にあるインスタでよく見かけるあの有名スポットやレス…
  7. 父島に行ってきました!日本の世界自然遺産は各地にありますが、東京都にあるのは唯一小笠原諸島の自然…
  8. 新緑の那須高原!パワースポット&美術館をめぐる日帰り旅| トラベルダイアリー
    那須旅行体験記新緑の綺麗な那須高原へ行ってきました。那須温泉神社と殺生石を1時間かけてじっくりと…
  9. 都会だけど落ち着いている?気ままにのんびり名古屋旅行| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記 今回は私が2回目に名古屋を訪れた際の体験記です。初めて名古屋を訪れ…
  10. ~磯山神社の「あじさいまつり」&アンブレラスカイ~in栃木・鹿沼| トラベルダイアリー
    鹿沼旅行体験記神社巡りが好きで情報収集をしていたところ、鹿沼市の「磯山神社」はあじさいの名所で、…

最新記事

  1. 【一人旅】紅葉に染まる日光で5泊6日、観光ざんまいの旅| トラベルダイアリー
    日光旅行体験記シルバーウィークの旅行から1カ月余り。またどこかに行きたくてソワソワしてきた11月…
  2. 活火山のパワーを感じる!登別温泉で心身ともに温まる旅| トラベルダイアリー
    登別旅行体験記新千歳空港・札幌から1時間半ほどというアクセスの良さ、多彩な泉質の良質な温泉宿が魅…
  3. 薩摩藩主気分で素敵な景色と鹿児島レトロを楽しむ鹿児島市内旅| トラベルダイアリー
    鹿児島旅行体験記鹿児島市内を旅行は主にグルメを楽しむ人が多いかと思います。確かに鹿児島には美味し…
  4. 秋の摩周湖・屈斜路湖をめぐる弟子屈町ぐるっとドライブ| トラベルダイアリー
    弟子屈旅行体験記道東のエリアは広いですが、今回は秋の摩周湖と屈斜路湖をメインにまわる弟子屈町の観…
  5. 白老町の魅力とは?!注目されている北海道の小さな町| トラベルダイアリー
    新千歳空港からアクセスも良く、国立アイヌ民族博物館ウポポイがオープンした白老町の魅力をご紹介します。…
  6. 子連れ旅行にオススメ!!石炭輸送で栄えた若松旅の魅力| トラベルダイアリー
    若松旅行体験記若松は石炭輸送で栄えた町です。福岡県内で産出された石炭を鉄道で若松まで運び、船に積…
  7. 車が無くても大丈夫!自然と温泉で身も心も癒す指宿旅_トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記「温泉地でのんびりしたい」そう思って向かった指宿温泉。車の運転は疲れるから電車移動…
  8. 海の中を歩いて渡れる!?九州の門司から本州の下関へ日帰り観光| トラベルダイアリー
    下関旅行体験記リモートワークしながら門司港に長期滞在している途中、週末どこかへお出かけしたくなっ…
  9. 世界一の飛行部隊!ブルーエンジェルス「カネオヘベイ・エアショー」| トラベルダイアリー
    カネオヘベイ・エアショーに行ってきました!航空ショーが大好きな私達家族。結婚10周年記念の海外旅…
  10. 南阿蘇旅行体験記2021年3月に「新阿蘇大橋」が開通し、南阿蘇村内の移動がとても快適になりました…

Archive



PAGE TOP