ちょっとマニアックなバンコク旅 ~バンコク郊外へショートトリップ~

バンコク旅行体験記

大学生の頃に初めてバンコクを訪れてからというもの、どっぷりバンコクの魅力にハマってしまい、これまでの渡航歴は十数回にのぼります。バンコク市内の観光名所を一通り回った後は、ひたすらに郊外の見所を巡りました。今回は、その中でもおすすめのスポットをご紹介していきます。

バンコク旅行について

おすすめのポイント
  1. 旅行日数が少なくても大丈夫!バンコクから日帰りで行ける見所がたくさん!
  2. エネルギー溢れるバンコクを離れて、大自然に癒される!
  3. よりローカルに近い雰囲気を味わえる!

バンコク郊外の観光地と言えば、パタヤビーチやアユタヤ遺跡などが有名ですが、他にも日帰りで訪れることのできる見所がたくさんあります。今回ご紹介する場所へは、片道3時間ほどで行くことができるので時間が限られている方でも大丈夫!バンコク市内の見所はすでに制覇してしまった方や、少しマニアックなタイを楽しみたい方は、大都会バンコクの喧騒から少し離れて、緑豊かな自然やローカルな雰囲気を楽しんでみましょう。

バンコク旅行の楽しみ方

泰緬鉄道

映画「戦場にかける橋」の舞台となった泰緬鉄道は、バンコクから電車で3時間ほど、カンチャナブリ県にあります。自然に囲まれ、のどかの雰囲気の漂う泰緬鉄道。ここは、第二次世界大戦時にビルマ(現ミャンマー)へと続く物資輸送ルートとして、旧日本軍が建設したものです。現在は観光列車として2駅間を運行しており、短い時間ながらも鉄道旅が楽しめます。さらに、木造でできた泰緬鉄道の橋は歩いて渡ることもでき、列車通過時には退避場所から近距離で通過する列車を見ることができます。
鉄道周辺には、連合軍共同墓地が点在しています。泰緬鉄道の建設では、過酷な重労働と劣悪な環境により数万人の犠牲者を出しました。犠牲者となった連合軍捕虜や現地労働者が埋葬された墓地は、手入れがよく行き届いており明るい雰囲気ではありましたが、犠牲者一人一人の名前が刻まれた無数の墓地を前に、戦争の重みを感じることとなりました。

エラワンの滝

「タイで1番美しい滝」と言われ地元タイ人の間で人気の癒しスポットです。泰緬鉄道から70kmほどの場所にあり、私たち夫婦はバイクをレンタルしていきました。エラワン国立公園で大自然の中をプチトレッキングしながら、全長1.5kmほど、7段に分かれたエラワンの滝を拝みます。エラワンの滝では、滝つぼで泳ぐこともできます。大きなドクターフィッシュがたくさんおり、天然のスパが楽しめます。泰緬鉄道を観光した後に、自然溢れるエラワンの滝で癒されるというのが、おすすめのルートです。

メークローン市場

線路のすぐ脇で開かれているメークローン市場、もはやほぼほぼ線路の上に売り物が置かれていました。この線路は現役で電車が走っており、電車が通る度にみな一斉にテントをたたみ線路から商品を退けて、電車が通り過ぎるのを待ちます。電車は目の前かなりスレスレを通るので、かなり迫力があります。電車が過ぎるとワラワラと再び店を広げるタイ人たちを見て、タイに根付くマンペイライ(問題ない、気にしない)精神とたくましさを感じます。市場自体もかなりローカルな雰囲気で、地元の人たちの生活を垣間見ることもできます。バンコク中心地から乗り合いバスで1時間半の場所にあるので、比較的気軽に訪れることができます。

バンコクでのおすすめグルメスポット

アラブ人街

なにを食べても外れがないほど美味しいタイ料理。おすすめはたくさんありますが、今回は少しマニアックなグルメスポットをご紹介します。
BTSナナ駅から徒歩5分ほどに、エキゾチックな雰囲気漂うアラブ人街があります。アラビア文字の看板が目立ち、ムスリム服やチャドルを着た中東女性が道を歩きます。レストランは、トルコ料理やイエメン料理、エジプト料理、イラク料理など種類豊富です。中東ならではのシーシャ(水たばこ)を楽しみながら食事ができるレストランも多くあります。バンコクにいながらも中東の気分も満喫できる、異国情緒溢れるバンコクの穴場グルメスポットです。

バンコク旅行、万が一の時は…

バンコク病院

十数回のバンコク旅行で、病院に3回お世話になることがありました。今回はもしもの時のために、バンコクの病院情報をご紹介します。
私がお世話になったのは、バンコク市内にあるバンコク病院です。野犬に噛まれ狂犬病の注射処置、中耳炎(水かけ祭り参加時)、食中毒による4日間の入院経験があります。診察の際は必ず日本語通訳が付き、食中毒の際は日本人医師が診察を担当してくれたので、非常に安心感がありました。病院全体で見ても、清潔で設備が行き届いており、かなりレベルの高い国際病院です。入院時は、広々とした個室や入院食に蕎麦が出てきたりと、待遇の良さに驚きました。水すら受け付けないほど弱っていましたが、しっかりと静養ができました。病院にはかからないに越したことはないですが、何かあったときは安心して診てもらえる環境があることは有難いことです。もちろん、海外旅行保険はしっかりと加入してから旅行に行きましょう。

バンコクにて宿泊したホテル

カオサンロードのホステル

バックパッカーの聖地として有名なカオサンロード周辺のホステルに、毎回泊まります。カオサンロードには世界中からバックパッカーが集まり国際色豊か、和気あいあいとした雰囲気のホステルも多く、宿泊者同士で飲みに行ったりと楽しい出会いもたくさんあります。屋台や格安マッサージ店が多いのも嬉しいポイントです。バンコク中心地からのアクセスは少し面倒ですが、一番盛り上がる夜のカオサンを毎日のように楽しむことができます。

バンコク旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人ツアー

バンコク市内であれば、タクシーやバス、BTS、MTBなど様々な交通機関があり、個人旅行でも不自由なく周ることができます。今回ご紹介した郊外への旅では、ローカルな乗り合いバスに乗ったりと、アクセスがなかなか複雑なところもあります。バンコク中心地からツアー催行もあるので、時間に限りのある人や個人旅行に不安がある人はツアー参加も考えましょう。タイの人はみな優しく親切ですし、基本的に英語が通じることが多かったので、いつもはツアー利用が多い人でも個人旅行に挑戦するいい機会かもしれません。

バンコク旅行に必要な持ち物

「水着」「サングラス」「保険証書(保険付帯のクレジットカード)」
エラワンの滝に行く場合は、水着必須です。ちなみに私は、蒸し暑いタイでの滞在中は常に下に水着を着ていました。乾きやすくかさばらないので、長期旅行では便利です。日差しが強いので、サングラスも持っていきましょう。そしてこれはバンコク旅行に限ったことではないですが、海外旅行保険証書は必ず持っていきましょう。私はクレジットカード付帯の保険を利用していたので、毎回そのクレジットカードを持って行っていました。

バンコク旅行での注意点

バンコク旅行での注意点
  1. 食中毒や狂犬病にはくれぐれも注意!
  2. 保険は絶対に必要です!日本を出発前に必ず手続きを!
  3. 郊外への日帰り旅へは、朝早くから行動しましょう!

私自身バンコクには楽しい思い出がたくさんある一方で、苦い思い出も…。屋台料理が美味しくそれが旅の醍醐味とも言えるバンコクでは、食中毒はなかなか予防しようのないものではありますが、少しでも体に異変を感じたらすぐに病院に行きましょう。さらに狂犬病を持った野良犬や猿は、バンコクに限らずタイ全土にたくさんいます。万が一噛まれたり、引っ掻かれたりした場合、直ちに病院で注射を打ってもらいましょう。これらを踏まえ、経験者として保険は必ず必要です。出発前に加入手続きをし、保険内容の確認をしましょう。
また、郊外への電車やバスは本数が限られてるので、日帰り旅行へ行く場合は朝早くから行動し始めましょう。

まとめ

今回ご紹介した場所以外にも、バンコク郊外にはビーチや寺院、遺跡や市場などたくさんの見所が点在しています。私もまだまだ行ったことのない場所が多くあり、何度訪れても楽しめる魅力的な都市です。近年、LCCが飛び気軽に行くことができるようなったバンコク、行ったことのない人はもちろん、すでに行ったことのある人も、次は郊外まで出かけてさらにディープなバンコク旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。

fuki22

fuki22

投稿者の過去記事

絶賛子育て中の元バックパッカーです。
世界一周1人旅、夫婦で世界一周旅、合計で52ヶ国を訪れました♩
オーストラリアとメキシコに住んでいたことがあります。
次の目標は子連れのんびり旅♡

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




海外旅行おすすめ

  1. ベルリン旅行体験記ドイツ旅行は何度も経験があったものの、なかなか行く機会のなかった首都ベルリン。…
  2. 女子一人旅 in ベトナム 喧噪の中、どこかのどかなハノイ|トラベルダイアリー
    ハノイ旅行体験記初めての一人旅、最初の地はベトナム・ハノイでした。一人旅のスタートはハラハラ…
  3. ウビン旅行体験記シンガポールは人気の目的地ですが、ウビン島という名前は聞いたことがないのでは?実…
  4. 女子一人旅 in トルコ エキゾチックな街イスタンブール| トラベルダイアリー
    イスタンブール旅行体験記初のイスラム圏、イスタンブールは今までのどの国とも違う雰囲気をまとった街…
  5. パリ旅行体験記留学含めてフランスに行くのは3回目。現在はパリに妹が住んでいるので、年末年始に訪れ…
  6. シンガポール旅行体験記シンガポール旅行は、せっかくなのでセントーサ島へも足をのばして行くことに。…
  7. ウユニ塩湖旅行体験記SNSや旅行誌でも見かけることの多い、ウユニ塩湖。実際にその地に立ち自分の目…
  8. シンガポール旅行体験記日本を飛び出し、異国の地に行きたい。中華、マレー、インドなど多文化でとても…
  9. リスボン旅行体験記美味しいシーフードとお酒を楽しみたい方は是非ポルトガル・リスボンへ!今回はポル…
  10. バイロンベイ旅行体験記バイロンベイといえばオーストラリア最東端の街で、おしゃれで素敵な街!ヒ…

国内旅行おすすめ

  1. 高知市・いの町旅行体験記日頃の疲れを癒したい、のんびりしてリフレッシュしたい!そんな時には、高知…
  2. 新宮旅行体験記青春18きっぷ初の旅!日本の真ん中岐阜県から、電車を乗り継ぎどこまで行けるか試…
  3. 静岡島田 ギネス認定!蓬莱橋で絶景散歩♪ | トラベルダイアリー
    蓬莱橋旅行体験記静岡県島田市に世界一長い木造歩道橋があることを知り、一目見て見たくて行ってきまし…
  4. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ河口湖の旅| トラベルダイアリー
    河口湖旅行体験記国の名勝地「富士五湖」の一つである河口湖は、最も長い湖岸線を持ち、最も低い標高地点…
  5. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ熱海の旅②| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記夏は海水浴で有名な熱海ですが、冬の熱海でも満喫できるイベントや観光スポットがありま…
  6. 人吉旅行体験記JR九州の観光列車「かわせみやませみ」に乗ってみたい。その衝動だけで乗車券を購…
  7. 徳島・東かがわ・さぬき旅行体験記夏には夏らしい旅がしたい!と関西女子3人で計画。以前から行っ…
  8. 何もないとは言わせない!滋賀県湖南エリアの観光スポットをご紹介| トラベルダイアリー
    湖南エリア旅行体験記滋賀県と言えば「琵琶湖」の印象が強いですが、食べ物もおいしいく自然豊かなすて…
  9. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ伊豆の旅| トラベルダイアリー
    伊豆旅行体験記海鮮が大好きな私は伊豆へ行くことも多いですが、今回は「星野リゾート界 伊東」に泊ま…
  10. 伊勢旅行体験記お伊勢さんとして人気の観光地、伊勢志摩に一泊してきました!一生に一度はお伊勢参り、…

最新記事

  1. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ浅草の旅| トラベルダイアリー
    浅草旅行体験記「東京ソラマチ」で開催していた「こいのぼりフェスティバル」が気になっていて、ちょう…
  2. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ昭島の旅| トラベルダイアリー
    昭島旅行体験記今回は近場の東京都で子供が遊べるスポットに泊まりで遊びに行きました。子供が花が好き…
  3. みんな大好きハワイオアフ島でちょっと穴場のスポットへ行ってみよう♪| トラベルダイアリー
    オアフ島旅行体験記社員旅行先がハワイのオアフ島でした。私はハワイはあまり行かないので、ハワイ大好き…
  4. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ幸手の旅| トラベルダイアリー
    幸手旅行体験記コロナ禍であまり遠出ができないので、近場の埼玉県で子供が遊べるスポットに泊まりで遊…
  5. 女子一人旅 in トルコ 自然と人間が作った世界遺産カッパドキア| トラベルダイアリー
    カッパドキア旅行体験記イスタンブールから夜行長距離バスに揺られてカッパドキアまで行きました。…
  6. 東南アジアの先進国であり、多民族国家のシンガポールで魅力的な旅♪| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記英語と中国語を学んでいたので、その2言語が公用語のシンガポールにはとても興…
  7. サンディエゴ在住の友人のアメリカ式結婚式に参加しました♪| トラン
    アメリカ式の結婚式に行ってきました!友人の旦那様がアメリカ人で、今サンディエゴに住んでいる事から…
  8. 門司港でレトロな時間を味わう| トラベルダイアリー
    門司港旅行体験記かつて国際貿易港として栄えた門司港にはレトロな建築が建ち並び、自然豊かで、歩いて…
  9. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ熱海の旅②| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記夏は海水浴で有名な熱海ですが、冬の熱海でも満喫できるイベントや観光スポットがありま…
  10. 奄美在住のガイドさんに聞いた!自然溢れる♪真の穴場スポット巡りの旅| トラベルダイアリー
    奄美市穴場スポット巡りの旅奄美在住のガイドさんおすすめのモダマ自生地とフナンギョの滝へ行ってきま…

Archive






PAGE TOP