ハマメットとナブール経由で古代のフェニキア都市ケルクアンへ| トラベルダイアリー

ハマメットとナブール経由で古代のフェニキア都市ケルクアンへ

目次

ケルクアン旅行体験記

ケルクアンはボン岬に位置するフェニキア人がつくったカルタゴ時代の遺跡です。ここは紀元前250年におきたポエニ戦争の際に放棄され、その後再建されることはありませんでした。そのため遺跡自体の保存状態はあまりよくありませんが、フェニキア人の生活を知るためにはとても貴重な遺跡なのです。

ケルクアン旅行について

おすすめのポイント
  1. 海沿いにある遺跡なので景色がよい
  2. フェニキア人がつくった街の遺跡としては貴重で歴史的価値が高い
  3. チュニスから日帰りまたはスースなどからの道中でも寄ることが出来る

今回はスースからチュニスへ戻る道中でケルクアン遺跡に立ち寄りました。途中、ハマメットやナブールといった街にも立ち寄りながらの移動だったので、移動時間も楽しめました。ケルクアン遺跡の魅力は遺跡の向こうに海を望むことが出来るので、景色がよいところですね。保存状態があまりよくないのは残念ですが、大きな柱などが無い分、見晴らしがよく、天気も良かったので清々しく観光が出来ました。

ケルクアン旅行のおすすめのスポット

ケルクアンの古代カルタゴの町と墓地遺跡

このケルクアン遺跡が発見されたのは1952年です。素人目にはとても地味な遺跡に見えるのですが、フェニキア人が造ったオリジナルの街としては大変貴重な遺跡とのことです。街は都市計画にそって、構成されたことが分かっており、各住宅跡には洗面所やお風呂、排水設備なども整備されていました。この遺跡から1㎞ほど離れた岩山には保存状態のよい共同墓地もあり、まだ発掘されていないお墓も多いとのことです。

ハマメットのメディナとカスバ

メディナを囲むカスバです。

チュニジアらしいドアや窓の柵のデザインが目をひきます。

メディナで出会った花を売っているおじさんです。私も1本買わせて頂きました。

ハマメットはスースから北に少しいった場所にある、海辺のリゾートエリアです。ハマメットのメディナはそれほど大きくありませんが、散策していると小さなお土産屋やカフェが何軒かありました。また民家のドアや窓のデザインもチュニジアらしく、とても興味を惹かれました。カスバはこのメディナを囲むように建てられた要塞です。カスバの内部にはハマメットの街や地中海を見渡せる回廊や当時使用していた大砲が置いてあります。

ザグーアンの古代ローマ時代の水道橋

チュニスに戻る道中、ザグーアンという場所にある古代ローマ時代の水道橋に立ち寄りました。この水道橋は当初120km以上あったといいます。現在は20km程のみ残っています。ローマ人がチュニスでも美味しい水が飲めるように、遠くの山から水を引いてきたといいます。立派な水道橋で間近で見るとレンガがしっかりと積み重ねてあり、古代人の技術の素晴らさに感銘を受けました。

ケルクアンでのおすすめグルメ

海辺のレストランエル・ハワリアレストランでチュニジア伝統料理を

ケルクアン遺跡のすぐ近くで海辺にあるレストランでした。ここではチュニジアの伝統料理オジャを頂きました。オジャとはトマトソースを使った煮込み料理で、魚介類や肉、その他に野菜などを入れて作られます。ここではエビが入りのオジャが提供されました。大きなエビがまるまる入っており、ボリューム満点でとても美味しかったです。レストランも小さいながらも店内から海が見渡せて、心地よい時間が過ごせました。

ケルクアンでのおすすめのショッピングスポット

陶器の街ナブールで素敵な食器を買おう

店内にはたくさんの陶器が並んでいます。

スースからケルクアンまで道中でナブールという街に寄りました。ここはオレンジの産地としても知られ、街の中のロータリーには陶器で出来たオレンジのモニュメントが目を引きます。ここは陶器の街として有名で、たくさんの陶器のお店があり、かわいいお皿やタジン鍋などが売っています。お店では職人さんが作品を作るところも見学ができて、面白かったです。色とりどりの食器は見ているだけでも気分が明るくなりますね。

ケルクアンにて宿泊したホテル

チュニス郊外のホテル EL MOURADI GAMMARTH

今回はスースからチュニス近郊に戻り、ガマルトに宿泊しました。エルムラディとはチュニジア国内のチェーンホテルのようです。5つ星だけあって綺麗なホテルでした。朝食や夕食ビュッフェも種類豊富でホテル内のバーも雰囲気が良かったです。ただ、お部屋がレセプションエリアと別棟と分かれており、遠い部屋にアサインされると中庭を通って部屋に行かないといけないので、その点は少し面倒でした。ですが全体的に快適に過ごせたホテルです。

ケルクアン旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

阪急交通社

チュニジア周遊10日間のツアーに参加しました。チュニジアへの添乗も何度か経験がある方が添乗員さんで、とても頼りになりました。オリーブ畑をみると心が休まるとおっしゃっていて、個人的にもチュニジアがとても好きなようでした。ガイドさんたちとも上手く連携されており、ツアー中はとても安心して過ごすことが出来ました。

ケルクアン旅行に必要な持ち物

ケルクアン遺跡は野外の遺跡で日陰がありません。そのため日焼け対策として日傘や帽子を持っていかれることをお勧めします。また足元の状態もあまり良くないのでスニーカーで行かれることをお勧めします。あとはナブールの陶器店では確かカードも使えたと思いますが、ハマメットのメディナにある小さなお土産屋などでは現金があったほうが安心だと思います。

ケルクアン旅行での注意点

ケルクアン旅行での注意点
  1. ケルクアン遺跡は日陰がないので日焼け対策を忘れずに
  2. 見応えを期待していると少しがっかりするかも
  3. ケルクアン遺跡はチュニスからだと片道2時間半と1日ががりになる

ケルクアン遺跡はチュニスから日帰りで観光しようとすると片道2時間30分かかるので、1日がかりの観光になります。なので、出来れば南部の都市からチュニスへ戻る道中で酔ったほうが時間を有効に使えるかもしれません。また、ケルクアン遺跡は素晴らしい歴史的な価値があるものの、正直見栄えとしてはあまり良くないので、少し地味かもしれません。あとは広い遺跡で屋根がない屋外なので、日焼け対策はしっかりとされることをお勧めします。

まとめ

ケルクアン遺跡はなかなか個人手配では行けない場所だと思うのでツアーに参加して貴重な体験が出来ました。また道中で立ち寄ったハマメットやナブールもそれぞれに見どころがあって興味深く、楽しい時間を過ごせました。チュニジアの伝統的料理オジャは日本人の口にも合う料理だと思います。新しい料理を知れて色々と勉強となった日でした。

 

Natalia

投稿者の過去記事

エジプトをはじめ中近東のイスラム圏やアフリカが好きです。
出張やプライベートで行った海外の街の魅力を紹介していきます。
買い物も大好きなので、海外で出会ったかわいい雑貨やアクセサリーなども出来るだけ紹介していければと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. ロサンゼルス旅行体験記アメリカは昔から行ってみたかった国のひとつ。夢のつまった国でした。私た…
  2. 中欧の美しき街!ハンガリーの首都ブダペストの魅力たっぷり旅行記| トラベルダイアリー
    ブダペスト旅行体験記映画やミュージカルが好きな私は物語の舞台として度々登場するブダペストを旅行先…
  3. 南阿蘇旅行体験記2021年3月に「新阿蘇大橋」が開通し、南阿蘇村内の移動がとても快適になりました…
  4. ロッテルダム旅行体験記オランダ第二の都市ロッテルダムは近代的な街並みで国際港としても有名です。街…
  5. 女子一人旅 in カナダ 英国?中国?いろんな顔を持つバンクーバー| トラベルダイアリー
    バンクーバー旅行体験記メキシコを離れ、その後はアメリカで友達と合流してバンクーバーに行きました。…
  6. 初の中東でカルチャーショック!ドーハは衝撃の連続!| トラベルダイアリー
    ドーハ旅行体験記初の中東はカタールの首都ドーハでした。ドーハは「世界一退屈な街」なんて言われてい…
  7. マカオ旅行体験記「香港行くならもちろんマカオも行きたいよね!」ということで決まったマカオ日帰り旅…
  8. ケアンズ旅行体験記寒い冬の季節、どこか暖かい南国に出かけたい気持ちになった事はありませんか?今回…
  9. オズの魔法使いのモデル地◆竜巻と畜産が売りの「アメリカの良い田舎」カンザスシティ◆| トラベルダイアリー
    初めてのカンザスシティカンザスシティは、竜巻と畜産をグイグイ押し出している「アメリカの良い田舎」…
  10. 女子一人旅 in スペイン ガウディだらけのバルセロナ| トラベルダイアリー
    バルセロナ旅行体験記名残惜しいリスボンを後にして向かった次の地はバルセロナ。バルセロナは美し…

国内旅行おすすめ

  1. 【一人旅】東京の秘境、奥多摩の霊山・御岳山をケーブルカーで登る| トラベルダイアリー
    奥多摩旅行体験記東京にありながら秘境に入れる御岳山に、週末の一人旅として出かけました。ケーブルカ…
  2. 【日本最北端】北海道・宗谷岬へ感動の絶景に出会う旅に出よう‼| トラベルダイアリー
    稚内旅行体験記【宗谷岬】は稚内市にある日本最北端といわれる場所です。海沿いを走って向かうので…
  3. 函館旅行体験記仕事関係の学会発表で札幌に行くことになり、どうせなら前後に夏休みを足して親子旅行し…
  4. 刺激が欲しい人必見‼世界遺産「知床」で大自然を大冒険しよう| トラベルダイアリー
    知床旅行体験記北海道といえば「新千歳空港」に行く私ですが普段とは違う旅がしたい‼と思い、今回…
  5. 座間味島旅行体験記沖縄本島から日帰りでも行けるアクセスの良さ、透明度抜群の海などが魅力の、慶良間…
  6. 岐阜の小京都!1泊2日で巡る秋の飛騨高山~白川郷の旅| トラベルダイアリー
    高山旅行体験記11月初旬。1泊2日の休みを使って、まだ行ったことがない土地に行ってリフレッシュを…
  7. 一人旅でも大丈夫!福井でタグ付き蟹を食べつくす| トラベルダイアリー
    福井旅行体験記 明日死ぬってなった時、一番食べたいのは…蟹!生ものが食べられなかった…
  8. 日本の美しさを。北陸 石川県「金沢」を感じる癒しの旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記日本庭園が好きで、日本三名園である金沢の兼六園に以前から行ってみたいと思っていたの…
  9. 海の中を歩いて渡れる!?九州の門司から本州の下関へ日帰り観光| トラベルダイアリー
    下関旅行体験記リモートワークしながら門司港に長期滞在している途中、週末どこかへお出かけしたくなっ…
  10. 4歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ沖縄の旅| トラベルダイアリー
    那覇旅行体験記夏のピークで混みあう前に、沖縄へ三世代で旅行へ行ってきました。今回は海開きはしてい…

最新記事

  1. スペイン植民地時代の香り!クラシックカーとレトロな街並み、ハバナ | トラベルダイアリー
    ハバナ旅行体験記レトロかわいい街並みとクラシックカーという構図のイラストを見たことがある人は多い…
  2. 穴場南国リゾート!宮崎、日南で南国を味わう
    日南旅行体験記南国リゾートといったら沖縄がまず思い浮かぶでしょう。しかし、実は宮崎も元祖南国リゾ…
  3. 奄美大島旅行体験記 新しく世界遺産に登録された奄美大島。南の島として有名な沖縄の島々…
  4. 女子一人旅 in シンガポール チープとゴージャスと多民族| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記 以前の旅で出会った友達に会いにシンガポールへ行きました。都市…
  5. 女子一人旅 in トルコ③ 超穴場!トルコでローマ遺跡、ベルガマ| トラベルダイアリー
    ベルガマ旅行体験記 トルコの観光地でも日本人にはあまり知られていないベルガマに行って…
  6. たまてばこ号に乗って指宿へ。指宿のマンゴーは旨い!| トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記鹿児島の温泉と言えば指宿温泉。指宿は砂湯や開聞岳で知られています。温泉街の近くに「…
  7. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  8. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  9. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  10. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…

Archive



PAGE TOP