オーストラリア・タスマニアで大自然を満喫

タスマニア旅行体験記

オーストラリアへ住んでいた頃、たくさんの人にタスマニアを訪れることをおすすめされたのがタスマニア旅行のきっかけ。オーストラリア、特にタスマニアは自然や独自の野生動物が魅力の一つです。さらに、タスマニアはキャンプ好きには最高の旅行先です。

タスマニア旅行について

おすすめのポイント
  1. 島には18の国立公園が!手つかずの大自然を堪能。
  2. 野生動物は目の前。自然の中でキャンプを楽しもう。
  3. ホバートの老舗サラマンカマーケットでショッピングも

オーストラリアの東南にあるタスマニアは、北海道の面積の8割ほどの小さな島です。
島内には18もの国立公園があり、さらに島の面積の2割が世界遺産に登録されています。
世界一キレイな空気と言われているように、大気汚染が少なく、透き通ったキレイな空気と水が楽しめます。
オーストラリア本土とはまたひと味違った自然や野生動物に触れながらキャンプができるのも魅力の一つ。
首都のホバートでは1972年から続いているサラマンカマーケットもおすすめ

ここは楽園?ベイ・オブ・ファイヤーズ

ベイ・オブ・ファイヤーズは、タスマニアの北東部にあるマウント・ウィリアム国立公園の一部海岸線のエリアを指します。白い砂浜と限りなく続く青い海のコントラストの美しさは有名で、過去に世界で2番目にキレイなビーチに選ばれたことがあります。

頂上からの景色が最高。マウント・ローランド


マウント・ローランドは、タスマニアの北西部の壁画で有名な街シェーフィールドの近くにある標高1233メートルの山です。こちらの山は入山料はかからないので、無料でトレッキングを楽しむことができます。さらに初心者向けから上級者向けまで、3パターンのトレッキングコースが用意されているので、自信がなくても気軽に挑戦することができます。岩が連なるロッキーな頂上から眺める広大な景色は、トレッキングの疲れも吹っ飛ぶほど美しいです。

1972年から続くサラマンカマーケットでショッピング

タスマニアの州都、ホバートには1972年から続く有名な週末マーケットがあります。このサラマンカマーケットでは、食・クラフト・洋服・アクセサリー・アートなどタスマニア産の様々なジャンルのショッピングが楽しめます。サラマンカマーケットのもう一つの名物は路上での路上パフォーマンス。誰かが演奏を始めたら多くの人が足を止めて音楽に聞き入り、時にはみんなで一緒に歌ったり踊ったり、海外ならではの素敵な光景がここでは楽しめます。ホバート近郊に数泊宿泊するのであれば、ここで新鮮な野菜やフルーツを買って自炊を楽しむのもいいでしょう。

タスマニアでのおすすめグルメ

魔女の宅急便のパン屋のモデルになったベーカリー


タスマニア北部のロンセストンと南のホバートのちょうど中心にあるロスという小さい街に、ジブリ・魔女の宅急便に出てくるパン屋のモデルになったロス・ビレッジ・ベーカリーがあります。こちらのベーカーリーはこじんまりとしていてとっても素敵な雰囲気です。家族やもちろん一人でもゆっくり楽しめると思います。ケーキやパン、コーヒーも美味しいので、ぜひおすすめです。

タスマニアでのおすすめのショッピングスポット

州都ホバートでウィンドーショッピング

自然豊かなタスマニアですが、州都のホバートは近代的な街並みでショッピングも楽しめ、街の中心地は様々なジャンルのお店が立ち並びます。中でもアウトドアショップやキャンプ用品店が多く、オーストラリアやニュージーランドのアウトドアブランドもあるのでここでしか買えないアイテムもゲットできるはず。タスマニアでキャンプや登山を予定しているのであれば、ホバート近郊のアウトドアショップで購入するのもおすすめ。店員さんはタスマニアの自然に詳しい人が多いので、適格なアドバイスを受けながら買い物が楽しめることでしょう。

タスマニアにて宿泊したホテル

ラトローブ・マージン・リバー・キャラバンパーク

こちらの宿泊施設はロッジタイプの個室もありますが、ほとんどがバンタイプの車を停めたり、持参したテントをキャンプサイトにセットして宿泊するタイプです。良い点は価格がリーズナブルな点とオーナーが親切な点。旅行でほとんどの出費を占めているのが交通費と宿泊費ですが、キャラバンパークを利用すると宿泊費がかなり抑えられます。オーナーはとても親切できれい好きなので、キッチンやバスルームの共有スペースは常に清潔に保たれています。良くなかった点は特にありませんが、強いていえばバスの本数が少ないので交通の便がよくない点です。

タスマニア旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

個人手配の旅行の良さは、全て自分で決められるという点。今回のタスマニア旅行では特に困ったことはありませんでしたが、強いて言うのならオーストラリア人の英語に苦戦しました。オージーイングリッシュという言葉があるくらい、オーストラリア人の英語には独特なイントネーションとアクセントがあります。レストランやショッピングをする際に会話がスムーズにいかなかったことは今になればいい思い出です。

タスマニア旅行に必要な持ち物

オーストラリア本土とは異なり、タスマニアは年間を通じて気温が低い場所です。日本でいうと北海道のような場所なので、どのシーズンに行くとしても防寒着は必須です。夏にあたる12月~2月は一日の気温差が激しく、朝晩は10度以下で日中は30度を超えることもあります。また、湿度が低くカラッとしていて肌が感想しやすいので、いつも以上に保湿を心かけましょう。また、タスマニアはオーストラリアの中で最も紫外線が強いと言われています。日焼け止めと帽子やサングラスなどで対策をすることをおすすめします。

タスマニア旅行での注意点

タスマニア旅行での注意点
  1. 常に紫外線対策を!曇りでも日焼け止めは必須。
  2. ホバートやデバンポートの街中では車上荒らしに注意。
  3. 野生動物が多いので車の夜間運転は控えましょう。

オーストラリアで最も紫外線が強い場所なので、曇りだとしても必ず紫外線対策を。そして治安は比較的いいですが街中では車上荒らしが発生します。レンタカーをする場合は最低限のことは守っておくと安心です。また、ワラビーやカンガルー、ウォンバットや希少動物のタスマニアデビルなどが生息しているので夜間運転はできるだけ控えましょう。

まとめ

オーストラリアと聞くと真っ青な海や赤土の広大な大地を真っ先に思い浮かべる人がほとんどだと思います。しかし、タスマニアは全く異なる雰囲気と魅力があるんです。一歩足を踏み入れてみると、現代的なキレイな街並みや手つかずの大自然、希少動物など、いろんなものが混在しているこの島に魅了されること間違いなし。トレッキングやキャンプ、ビーチでのんびりしながら過ごした時間は、私にとって特別な経験となりました。日本からはそれほど遠くない、この魅力的な小さい島は年齢問わずどなたにもおすすめです。

 

Koko

Koko

投稿者の過去記事

一人旅が好きな元ヨガインストラクター。カナダ、オーストラリア在住を経てイタリアへ移住予定。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




海外旅行おすすめ

  1. オックスフォードに行ってきました!語学留学をして以来、アカデミックな雰囲気と過ごしやすさがとても…
  2. ウラジオストク旅行体験記2019年令和最初の夏。たまたま読んだブログでウラジオストクが日本から近…
  3. ナポリ旅行体験記アマルフィ海岸や青の洞窟などの風光明媚な観光地が有名なナポリ。ですが、意外と街の…
  4. フェズブー・ジュルード門 | トラベルダイアリー
    モロッコ【フェズ】旅行体験記モロッコ北部に位置する【フェズ】ですが、ここではフェズブルーが用いら…
  5. ロンドン
    ロンドン旅行体験記英語を勉強するにあたって、一番行きたかったのがイギリス。英語発祥の地でしっかり…
  6. ウェールズの首都、カーディフのんびり旅行記| トラベルダイアリー
    カーディフ旅行体験記イギリスを構成する4つの国の1つである、ウェールズ。豊かな自然と美しい古城の…
  7. セブ旅行体験記短期英語留学で英語を学びにセブ島に行ってきました。英語を学ぶ環境も素晴らし…
  8. フィレンツェ旅行体験記天井のない美術館と称されるイタリア・フィレンツェ。私がイタリアの中でも特に…
  9. シャウエン旅行体験記いつか何かの本で見たシャウエンの青い街。なんて素敵なのだろう、いつか絶対に訪…
  10. パース旅行体験記西オーストラリアの州都パースは緑豊かでほどよく田舎、ほどよく都会な街。のんびりと…

国内旅行おすすめ

  1. こんな時だからこそ行きたい。兵庫・姫路の穴場〜塩田温泉〜| トラベルダイアリー
    姫路旅行体験記兵庫県には有馬温泉、城崎温泉、赤穂温泉などたくさんの有名温泉地があります。そんな中…
  2. 鎌倉ハイキング&カフェめぐり| トラベルダイアリー
    鎌倉旅行体験記自然のなかでリフレッシュして、おしゃれなカフェにも行きたい!でも山登りはハード過ぎ…
  3. 福井旅行体験記 47都道府県のうち未踏の地であったのがこの福井。北陸三県にはなかなか…
  4. 小樽旅行体験記仕事関係の学会発表で札幌に行くことになり、どうせなら前後に夏休みを足して親子旅行し…
  5. 函館旅行体験記仕事関係の学会発表で札幌に行くことになり、どうせなら前後に夏休みを足して親子旅行し…
  6. 沖縄旅行体験記「沖縄に行こう」旦那がそう言いだしたのは2月。沖縄といえば、どこまでも広がる海…
  7. 日本の美しさを。北陸 石川県「金沢」を感じる癒しの旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記日本庭園が好きで、日本三名園である金沢の兼六園に以前から行ってみたいと思っていたの…
  8. 神戸旅行体験記関西旅行の中でも私はとにかく神戸がお気に入りです!今回は山側、海側どちらも堪能でき…
  9. 湯布院旅行体験記 「温泉入りに行きません?」残業続きでクタクタの金曜深夜に、ふと…
  10. 1泊2日をエキサイティングに楽しむには淡路島で決まり!| トラベルダイアリー
    淡路島旅行体験記淡路島は山の自然と海の自然の両方が楽しめる、観光には非常におすすめのスポットです…

最新記事

  1. 女子一人旅 in トルコ 自然と人間が作った世界遺産カッパドキア| トラベルダイアリー
    カッパドキア旅行体験記イスタンブールから夜行長距離バスに揺られてカッパドキアまで行きました。…
  2. 東南アジアの先進国であり、多民族国家のシンガポールで魅力的な旅♪| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記英語と中国語を学んでいたので、その2言語が公用語のシンガポールにはとても興…
  3. サンディエゴ在住の友人のアメリカ式結婚式に参加しました♪| トラン
    アメリカ式の結婚式に行ってきました!友人の旦那様がアメリカ人で、今サンディエゴに住んでいる事から…
  4. 門司港でレトロな時間を味わう| トラベルダイアリー
    門司港旅行体験記かつて国際貿易港として栄えた門司港にはレトロな建築が建ち並び、自然豊かで、歩いて…
  5. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ熱海の旅②| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記夏は海水浴で有名な熱海ですが、冬の熱海でも満喫できるイベントや観光スポットがありま…
  6. 奄美在住のガイドさんに聞いた!自然溢れる♪真の穴場スポット巡りの旅| トラベルダイアリー
    奄美市穴場スポット巡りの旅奄美在住のガイドさんおすすめのモダマ自生地とフナンギョの滝へ行ってきま…
  7. ちょっとリッチにタイ航空のビジネスクラスでバンコクへ♪| トラベルダイアリー
    バンコク旅行体験記妹(短大)と私の就職祝いにと大学卒業時におばあちゃんがプレゼントしてくれました…
  8. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ沖縄の旅| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記子連れリゾート旅行で人気NO1の沖縄。これまでも何度か沖縄には行ったことがありまし…
  9. スミニャック地区のプールヴィラをメインにしたバリ旅行♪| トラベルダイアリー
    バリ旅行体験記リゾート地でも一度ヴィラに泊まりたいという思いがありました。バリだとわりとリーズナ…
  10. 奄美大島 断崖絶壁!宮古崎で絶景散歩を楽しもう♪| トラベルダイアリー
    宮古崎旅行体験記鹿児島県奄美市にある宮古崎へ行ってきました!道のりは少し険しかったのですが、たど…

Archive






PAGE TOP