フランスいちのビックスケール♡フォンテーヌブロー宮殿 旅行| トラベルダイアリー

フランスいちのビックスケール♡フォンテーヌブロー宮殿 旅行

フォンテーヌブロー宮殿旅行体験記

「フランスいち大きな宮殿」と聞いて以来ずっと行ってみたかった、フォンテーヌブロー宮殿。念願叶って足を運ぶことができました!ここでは、その時の感動体験をレポートしたいと思います★

フォンテーヌブロー宮殿旅行について

おすすめのポイント
  1. フランスいち大きな宮殿である点。
  2. フランスきっての世界遺産である点。
  3. パリから半日~一日の日帰り観光が出来る点。

「フォンテーヌブロー宮殿(仏:Château de Fontainebleau)」は、1981年に世界遺産登録された世界的に有名な観光地のひとつ。首都パリからも電車40分ほどで簡単に行くことが出来、特にフランス史に関心のある方には「聖地」としても崇められています。パリ観光で時間が余った方や、悪天候時のショートトリップ先としてもオススメ。行けば絶対、その世界観に圧倒されること請け合いです!

フォンテーヌブロー宮殿旅行のおすすめのスポット

フランス一大きな外観

フォンテーヌブロー宮殿は、総敷地面積、約800ヘクタール!そのビックスケールに、思わず到着した瞬間、眩暈がしてしまうかもしれません。フランスいち有名な、”あの”ヴェルサイユ宮殿の敷地面積(約1,000ヘクタール)に迫る勢いなのだから驚き。宮殿自体もフランス一の大きさを誇り(約120ヘクタール)、廊下ですら、60メートル…なんて場所もありますので、まずは遠景を1枚写真におさめてから、中へとお進みください。

歩くほどに、どんどん様変わりする雰囲気

フォンテーヌブロー宮殿は12世紀頃には建物自体は存在したと言われています。その後、一度廃墟と化していましたが、16世紀にフランソワ一世の指揮のもと、一気に立派な宮殿へと様変わり!通算約700年にわたってさまざまな王族たちが暮らしてきた宮殿は、歩くほどにその時代の流行や王族たちの好みをふんだんに取り入れた、美しい部屋たちを見学できる点も大きな魅力でした。

ナポレオンのゆかりの品々

フォンテーヌブロー宮殿の主たちの中で、特に有名なのがナポレオンの妻ジョゼフィーヌ。そして、わずかな期間ではありますが、ナポレオンも滞在しており、館内では彼女たちゆかりの部屋やアイテムの数々などを見学することが出来ました。写真はナポレオンが読んでいた本が並べられた回廊。歴史に興味があまりない方も、当時のフランスの豪華絢爛な世界観は、見ているだけでも興味深いものがありますよ!

フォンテーヌブロー宮殿でのおすすめグルメ

Frederic Cassel

スイーツファンの方の中には「これがお目当て!」という方も少なくないのではないでしょうか!?フォンテーヌブロー宮殿のあるフォンテーヌブローの街は、日本でも大人気の洋菓子店「フレデリック・カッセル」の創業の地として有名です。お店は宮殿の目と鼻の先にあり、人気のミルフィーユ以外にお土産に最適な焼き菓子などもたくさんありました。是非見学の前後に立ち寄ってみてはいかがでしょうか!?

フォンテーヌブロー宮殿でのおすすめのショッピングスポット

Rue Grande周辺

とにかく広大で、宮殿の中を歩いているだけで足がパンパンになってしまう人がほとんどのフォンテーヌブロー宮殿。宮殿モチーフのお土産等は、敷地内で買えますが「せっかくなので街中も散策したい!」という方は、ディアナの庭園(Jardin de Diane/写真の入口が目印!)のすぐ先からはじまる「グランデ通り(Rue grande)」周辺が賑わいがありオススメです。

フォンテーヌブロー宮殿にて宿泊したホテル

Paris Marriott Charles de Gaulle Airport Hotel

私たちはフォンテーヌブローでは宿泊せず、パリのシャルル・ド・ゴール空港周辺のホテル「パリ・マリオット・シャルル・ド・ゴール・エアポート・ホテル」に泊まりました。空港へは巡回バスでアクセス可能、空港からパリ市内や周辺都市(含 フォンテーヌブロー)へも出やすくてオススメ。短い滞在期間で色々な都市を巡りたい方や、宿泊費を多少安く抑えたい方には良いかと思います。

フォンテーヌブロー宮殿旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

私たちは個人でフォンテーヌブロー宮殿へと日帰り観光しました。旅の起点にしていたパリのガル・ド・リヨン(Gare de Lyon)駅からフォンテーヌブロー・アヴォン(Fontainebleau-Avon)駅までは電車で簡単にアクセス可(約40分)。フランス語はさっぱりわかりませんでしたが、公共交通機関はほとんどが英語併記だったため、迷わず目的地に向かうことができました。

フォンテーヌブロー宮殿旅行に必要な持ち物とは

「地図(ガイドブック)」
フォンテーヌブロー宮殿はとにかく広い!出入り口の場所も複雑で、館内でも部屋を1つずつ時間をかけて見ていたら、とても一日では見学しきれません。もし「○○がしたい!」という明確な目的がある方は、一番にそれをやるのがオススメ。特に週末は昼近くになると、観光客がググっと増える為、事前に多少地図を頭に入れておいた上で、早めに見学をすすめるのがコツです。

フォンテーヌブロー宮殿旅行で気を付けることとは!?

フォンテーヌブロー宮殿旅行での注意点
  1. 電車はSNCFがおすすめ。
  2. バスは到着時間にブレがある点ご留意ください。
  3. 開館時刻は夏・冬で変わるのでご注意。

電車は普通電車でも行けますが、フランス国鉄(SNCF)利用がオススメ。通常は40分程度でアクセス可能ですが、日祝等は時間帯によっては60~70分かかることもあるので時刻表を念のため確認しておきましょう。駅から宮殿まではバスで約10分ですが、こちらも道が混むと20~30分かかるので、時間には余裕を持って行動しましょう。チケットは12ユーロ。開館時間が夏と冬で少し異なるのでお気を付けください。

まとめ

お庭だけなら入場無料で、週末ともなると多くの地元っこたちがピクニックや日光浴などを楽しんでいる姿をみることが出来ます。フランス史に多少の理解があると、さらに楽しめるフォンテーヌブロー宮殿。マリー・アントワネットやナポレオンのお話は子供向けの漫画からしっかりした歴史小説までたくさん出版されているので、もし時間があれば、行きの飛行機等で少しチェックしてみてください★

 

アコ東京出身。

投稿者の過去記事

アメリカ→イタリア在住。
美味しいもの、特にスイーツが大好きです.。.:**:.。..

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. チボリ公園体験記デンマークの首都コペンハーゲンにある世界最古の遊園地「チボリ公園(Tivoli)…
  2. 「世界一美しい首都」を実感できた街 ストックホルム| トラベルダイアリー
    ストックホルム旅行体験記今回は旅行代理店の北欧4か国周遊ツアーを利用しました。ストックホルムへは…
  3. ビエッラ旅行体験記織物の街として古くから栄え、多くの有名ブランドを輩出してきたイタリア・ビエモン…
  4. ベルガモ旅行体験記アールグレイティに欠かせない香料、ベルガモットの故郷が北イタリアの中都市ベルガ…
  5. スファックスからガベス経由で砂漠の街ドゥーズへ| トラベルダイアリー
    ガベス旅行体験記今回はスファックスからドゥーズへの中間地点としてガベス立ち寄りました。ここでは昼…
  6. 冬のグリンデルワルドにて大迫力のアイガーを望む| トラベルダイアリー
    グリンデルワルド旅行体験記スイスの名峰として知られるアイガーの北側の絶壁とヴェッターホルンを眼前…
  7. 日帰りで行けてしまう観光スポットがたくさん!「メキシコシティ」へ! | トラベルダイアリー
    メキシコシティ旅行体験記はじめての中南米旅行で、メキシコに行きました。文化が全然違ったり、言…
  8. ハバナ旅行体験記メキシコのカンクンからキューバの首都ハバナまでは、飛行機で1時間ほどです。たった…
  9. 幼児連れでも楽しめた!2歳児との海外旅行はグアムで正解!| トラベルダイアリー
    グアム旅行体験記子連れ海外に関しては2歳になってすぐハワイに行き惨敗。ロングフライトと時差がきつ…
  10. モロッコ・サハラ砂漠にある街メルズーガで静かなひと時を過ごす| トラベルダイアリー
    メルズーガ旅行体験記憧れのサハラ砂漠に訪れることが出来ました。私達がイメージするような細かい砂の…

国内旅行おすすめ

  1. トトロの疑似体験もできる!?丘と岬に囲まれた港町・愛媛県八幡浜| トラベルダイアリー
    八幡浜旅行体験記愛媛県西部の街・八幡浜を訪れました。九州から四国へ移動する際に四国側のフェリー発…
  2. 宮島旅行体験記「週末、行きますか」「どこ行こうか」「…広島とか?」親しい同僚と、いつもこんな…
  3. 何もないとは言わせない!滋賀県湖南エリアの観光スポットをご紹介| トラベルダイアリー
    湖南エリア旅行体験記滋賀県と言えば「琵琶湖」の印象が強いですが、食べ物もおいしいく自然豊かなすて…
  4. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ別府の旅| トラベルダイアリー
    別府旅行体験記学生時代の友人が大分に住んでいるので、会いに行くために家族で別府温泉へ旅行に行きま…
  5. 下関旅行体験記 私が住む福岡から新幹線でたった30分ほどで行ける山口県。関東の友…
  6. 北海道で一番綺麗な海が見れるのはここ?積丹の水平線と絶品料理を満喫| トラベルダイアリー
    積丹旅行体験記世界に2か国しかない二重内陸国(海に出るまで最低2回国境を超えなければならない国)…
  7. 福井旅行体験記 47都道府県のうち未踏の地であったのがこの福井。北陸三県にはなかなか…
  8. 初の一人旅で大きく成長した伊勢・志摩旅| トラベルダイアリー
    伊勢・志摩旅行体験記 当時の私は失恋の傷が癒えず、社会人をしていました。そんな時ふと…
  9. 奄美大島 断崖絶壁!宮古崎で絶景散歩を楽しもう♪| トラベルダイアリー
    宮古崎旅行体験記鹿児島県奄美市にある宮古崎へ行ってきました!道のりは少し険しかったのですが、たど…
  10. 海と島と橋の景色に感動☆しまなみ海道を渡って今治サイクリング!| トラベルダイアリー
    今治旅行体験記広島県尾道市から自転車でしまなみ海道の島々を渡り、愛媛県・今治市を訪れました!サイ…

最新記事

  1. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  2. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  3. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…
  4. 霧島六権現巡りで龍神パワーチャージ! |トラベルダイアリー
    霧島旅行体験記 御朱印を集めている友達に誘われ、霧島の主要6つの神社をめぐりました。…
  5. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  6. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…
  7. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…
  8. 大人も子供も楽しめる!名古屋人気観光スポット巡り| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記 「名古屋行ったことないから行ってみる?でも名古屋って何があるの?」…
  9. オープントップバスから眺めるポルトの街並み。| トラベルダイアリー
    ポルト旅行体験記ポートワインで有名なポルト。ワイナリー見学も目的のひとつですが、この町はアズレー…
  10. 青の洞門
    マルタ島旅行体験記前回は首都:バレッタ周辺の情報お届けしました。さてさて、今…

Archive



PAGE TOP