女子一人旅 in メキシコ 友達の住む静かな街サンファンデルリオ| トラベルダイアリー

女子一人旅 in メキシコ 友達の住む静かな街サンファンデルリオ

サンファンデルリオ旅行体験記

興奮しっぱなしだったペルーを後にして、次に訪れた場所はメキシコです。メキシコを訪れるのはは2度目ですが、今回も友達に会えると思うと嬉しくて嬉しくて、ワクワクしながら入国しました。
ところが、まさかのロストバゲージの対応の悪さにイラっとさせられるスタートになってしまいました。

サンファンデルリオ旅行について

おすすめのポイント
  1. 観光地ではないメキシコの田舎を堪能
  2. 難易度の高い乗り合いタクシーを体験
  3. ゆったりと市民の生活に溶け込むような滞在

首都のメキシコシティーから高速バスで数時間かかる地方都市で、観光地ではありません。アジア人はおろか、白人や黒人にも出会うことがないくらいのローカルっぷりです。だけど、大好きな友達の地元の街をそこの住人のような気分で歩ける楽しさは、観光地では味わえないものでした。
1人では絶対に乗ることができない乗り合いタクシーを体験できたのも友達がいてくれたおかげです。

サンファンデルリオ旅行のおすすめのスポット

何でもない街並みと、陽気な色の教会

友人の家からのんびりと歩いて街の中心の広場に向かうと大きくて赤茶色い教会があります。日差しの強い青い空に赤い教会が映えて陽気な雰囲気を醸しています。昼間は暑いせいかあまり人はいませんが、夕方くらいからどんどんと人が集まり夕涼みをしているようでした。
街も、家々はカラフルな色に塗られていて、見ているだけで楽しい気分になります。メキシコ人の陽気なイメージの通りの街並みでした。

乗り合いタクシーでテキスキアパンまで足を伸ばす

近くにちょっとかわいい街があるということで、乗り合いタクシーに乗ってテキスキアパンまで行きました。こちらは、近くのメキシコ人が観光に訪れることが多い街なのだそうで、ちょっとしたおみやげ屋さんもありました。サンファンデルリオよりは観光地っぽくデコレーションされた商店街や市場をのぞいたり、道端の屋台で売られていた珍しいモツのタコスを食べたりしながら過ごしました。市場の片隅のカフェで飲んだカフェデオヤというシナモン味のメキシココーヒーもおいしかったです。

ある意味恐怖!移動遊園地Feria

もう1人の友人と合流し、夕ご飯においしいタコスをたくさん堪能したあと、街の近くに来ているという移動遊園地に行きました。この街の周りには遊園地がなく、たまにこのような移動遊園地が設営されるのだそうです。日本でも定番のアトラクションが多くあり子供から大人まで多くの人でにぎわっていました。友人に誘われて垂直に落ちるフリーフォールに乗ることにしたのですが、垂直に落ちる恐怖より安全面に対する恐怖でドキドキしてしまいました。よく見ると日本語が書いてあり、どうやら日本で役目を終えた後にメキシコに来て活躍しているようです。よく見ると、バイキングなども日本からやってきたようで、ちょっと嬉しくなりました。

サンファンデルリオでのおすすめグルメ

友人の行きつけのレストラン

友人がよく家族で行くというレストランに連れて行ってもらいました。典型的なメキシコ料理屋さんなのだそうです。タコス以外のものもにもチャレンジしたいと思い、友人お勧めのエンチラーダと、メキシコ定番のハマイカという甘酸っぱいジュースを注文しました。トルティーヤをソースで軽く煮込んだもにたっぷりとチーズをかけたエンチラーダと、豪快に焼いたお肉のプレートでとてもおいしかったです。ハマイカはハイビスカスのジュースだそうで濃いピンクが印象的でした。
観光客向けではないローカル感たっぷりのレストランで食べる現地の料理は安くておいしくて、最高です。

サンファンデルリオでのおすすめのショッピングスポット

広場周辺にあるローカルなお店たち

広場周辺には、ローカルなお店がたくさんあります。洋服屋さん、下着屋さん、CD屋さん、スマホショップなどいろいろあるのですが、どのお店もディスプレイが独特なのです。女性用の下着でも堂々と店の壁一面にびっしりと展示してあります。おそらく防犯上店の中に入ることができないので、入り口のカウンターから見やすいようになっているのですが、セクシーな下着が目立ってドキドキしてしまいました。
何かメキシコらしいおみやげが欲しかったので、友人お勧めのCDを買ってみました。聞くたびに今でもいろいろ思い出せるのでいい買い物だったと思います。

サンファンデルリオにて宿泊したホテル

友人宅

泊めてもらうのも2度目です。メキシコでも地方で治安が良いせいか、リマの友人宅のような厳重な鉄格子のようなものはありません。友人のほかにご両親と妹夫婦が同居していましたが、家自体がレンガ(だと思われる)でできているせいか話し声などは聞こえず、遅くまで話していてもご迷惑にならない快適な家でした。
1階にキッチンとダイニング、2階にリビングと各家族の部屋、シャワールームとトイレがあり、屋上に洗濯機がありそのまま干せるようになっていました。

サンファンデルリオ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

空港に友人が迎えに来てくれていました。そこからは長距離バスで彼女の家に向かいます。長距離バスは前方のテレビで映画が上映され、軽食と水が配られました。リクライニングもあり、日本の長距離バスとそんなに変わらない快適なバスでした。
その他の移動は、1人では決して体験できない乗り合いタクシーに乗ったり、もう1人の友人の車に乗せてもらったりしながらあちこちを観光しました。

サンファンデルリオ旅行に必要な持ち物

翻訳アプリなどがあれば便利かもしれません。観光地ではないので英語はほぼ通じません。でも、ジェスチャーなどでなんとかなります。
その他、メキシコは標高が少し高いせいか(2000mくらい)とっても日差しが強いです。暑くなくても日焼け止めは必ず塗るようにした方がいいでしょう。

サンファンデルリオ旅行での注意点

サンファンデルリオ旅行での注意点
  1. 水道水は飲めません
  2. 生野菜なども気を付けましょう
  3. 悪く言うと、メキシコ人のルーズさにイラっとします

今回は大丈夫でしたが、実は初めて訪れたときにおなかを壊して大変な目に遭いました。恐らく、スープのトッピングに入れた生野菜が原因のようでした。念のため生ものは食べないほうがいいかもしれません。
また、ロストバゲージになった荷物は次の便に乗ってくるから翌日には友人宅へ配送すると航空会社の人に言われたものの、委託されたメキシコの配送業者が配送に2-3日かかるとありえないことを言い出しました。そこで友人から航空会社経由でクレームを入れてもらったところ、あっさりとその日の夕方には到着したのです。よく言えばおおらか、でもきっちりしている日本人にはイラっとさせられるルーズさがあるようです。(メキシコに限ったことではありませんが。。。)

まとめ

久しぶりに友達や友達の両親に会うことができ、快く泊めてもらえて本当にハッピーな時間を過ごすことができました。観光地ではないせいか、人々はみんなおおらかで多少の遅刻などは全然気にならないようです。そんな陽気でおおらかな国民性に触れると、ロストバゲージでキレた自分がなんだか恥ずかしくなるような気がしました。
メキシコはとても遠くてなかなか友達とも会えませんが、またいつか会いに行ける日がくればいいなと願っています。

 

jamon身も心も彷徨い中

投稿者の過去記事

ふと世界一周がしたいと思い立ち、数年かけてお金を貯めたのち半年間のバックパッカーをしました。
外に飛び出す楽しさを知ってしまったらもうじっとしていられず、長期休みのたびに海外旅行をする生活に。
今はコロナでどこにも行くことができないのでここに文章を書くことでいろいろ思い出して次への夢を見ています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. ウシュアイア旅行体験記アルゼンチンのフエゴ島に位置するウシュアイア。この街を訪れる旅人のほとんど…
  2. 1泊2日旅で、ソウルのグルメとショッピングを堪能!| トラベルダイアリー
    ソウル旅行体験記韓国料理が好きで、本場の味を食べたくなり旅行することにしました。インスタグラムな…
  3. ロンドン「ケンジントン・ガーデンズ 」に行ってきました♪ | トラベルダイアリー
    ケンジントン・ガーデンズ 旅行体験記ロンドンっ子の憩いの場ケンジントン・ガーデンズ 。緑豊かな公…
  4. 年末年始のニューヨークにて、タイムズスクエアのカウントダウン| トラベルダイアリー
    ニューヨーク旅行体験記憧れのホリデーシーズンのニューヨーク。年末年始ともあり飛行機代14万、ホテ…
  5. マーストリヒト旅行体験記マーストリヒトはオランダの最南端、リンブルグ州の州都でオランダ最古の都市…
  6. スファックスからガベス経由で砂漠の街ドゥーズへ| トラベルダイアリー
    ガベス旅行体験記今回はスファックスからドゥーズへの中間地点としてガベス立ち寄りました。ここでは昼…
  7. カナダで世界三大瀑布ナイアガラの滝を飽きるまで堪能!| トラベルダイアリー
    オンタリオ旅行体験記自然が大好きなので日本では見ることの出来ない壮大な景色に憧れがあり、カナダ旅…
  8. 女子一人旅 in ペルー 夢のマチュピチュを心ゆくまでうろつく| トラベルダイアリー
    マチュピチュ旅行体験記ペルーに来た目的、マチュピチュに到達です。子どもの頃からインカに興味があり…
  9. ヴェナリア・レアーレ旅行体験記雑誌で見て、一生に一度行ってみたかったヴェナリア・レアーレ(ヴェナ…
  10. インドへ行ってみて分かったこと。初めてのデリー1人旅、3泊4日| トラベルダイアリー
    デリー旅行体験記旅行者の「聖地」インド。旅行好きを語るからにはインドを避けては通れません。たまた…

国内旅行おすすめ

  1. 指宿旅行体験記圧巻の自然といい絶品のグルメといい、桜島を訪れた際、すっかり鹿児島に魅了されてしま…
  2. 京都駅からの景色
    京都市旅行体験記京都といえば、日本有数の観光都市。その玄関口は、新幹線も停まる「京都駅」です…
  3. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ幸手の旅| トラベルダイアリー
    幸手旅行体験記コロナ禍であまり遠出ができないので、近場の埼玉県で子供が遊べるスポットに泊まりで遊…
  4. 旭川旅行体験記仕事の都合で札幌に行くことになり、どうせ行くなら観光も出来て、食事も美味しくて、遊…
  5. 車で周る兵庫・淡路島のたっぷり充実 日帰りドライブ| トラベルダイアリー
    淡路島旅行体験記大阪からも近くてドライブにはピッタリの淡路島。インスタグラムや、雑誌などで見かけ…
  6. ワクワクがいっぱい。大人から子どもまで楽しめる!静岡・浜松| トラベルダイアリー
    浜松旅行体験記以前から気になっていた静岡。これまでなかなか行く機会がなかったのですが、今回は車で…
  7. [食の都 大阪]安くて旨いを探すぶらり旅!| トラベルダイアリー
    大阪旅行体験記 大阪旅行に行ってきました!これまで国内旅行や海外旅行にはよく行ってい…
  8. 車がなくても楽しめる那覇と瀬長島で過ごすリゾート時間| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記昨年の10月頃に行きましたが、気温が高く夏気分で夏服を着て過ごせたので、非日常感を…
  9. 味を占めた一人旅第二弾!キレイな水が見たいぞ忍野八海| トラベルダイアリー
    忍野八海旅行体験記 第一弾の三重旅行からしばらく経ち、桜の季節が少し過ぎた頃『どこか…
  10. フォトジェニックだけじゃない!真の貴船神社の魅力に迫る| トラベルダイアリー
    貴船神社旅行体験記SNSで見つけた美しい灯籠が一目見たくて、貴船神社へ行ってきました!訪れてみる…

最新記事

  1. ご飯が美味しいインド洋の島・スリランカの南端の町ゴールと近隣ビーチ| トラベルダイアリー
    ゴール旅行体験記 仕事に追われて見知らぬ土地でのんびり過ごしたいと思い、行ったことの…
  2. 沖縄の大自然に触れる!愛犬と一緒に楽む「やんばる」の旅| トラベルダイアリー
    沖縄やんばる旅行体験記沖縄本島の北部「やんばる」と呼ばれるエリアは、那覇空港のある南部から車で約…
  3. 70年代の熱気を感じる!衝撃!太陽の塔内部見学と大阪アート旅!| トラベルダイアリー
    大阪旅行体験記 あの、岡本太郎の太陽の塔の内部を見ることができる!それを聞いたとき、…
  4. [一人旅 オスロ]お得に&楽しんで観光できます!| トラベルダイアリー
    オスロ旅行体験記 2019年、スウェーデン滞在中にオスロへ一人旅に出かけました。物価…
  5. 4歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ沖縄の旅| トラベルダイアリー
    那覇旅行体験記夏のピークで混みあう前に、沖縄へ三世代で旅行へ行ってきました。今回は海開きはしてい…
  6. ミラノからの日帰り旅行に 古都モンツァ| トラベルダイアリー
    モンツァ旅行体験記ミラノ郊外の街。ピンクやイエローのパステルカラーの建物が並ぶポップでキュートな…
  7. 夜景と温泉に癒される♪ハンガリーの首都ブダペストを観光| トラベルダイアリー
    ブダペスト旅行体験記南ドイツ~オーストリア~ハンガリーを鉄道で周遊しました。1週間で3カ国という…
  8. [妖怪だらけ 境港市]水木しげるロードで楽しもう!| トラベルダイアリー
    境港旅行体験記鳥取県に友人と二人旅に行ってきました!一泊二日の旅程で、1日目は鳥取の北西部にある…
  9. 【一人旅】偽物の集合が本物の価値を生み出す「大塚国際美術館」| トラベルダイアリー
    鳴門旅行体験記週末を挟み時間が取れたので、3泊4日の旅行をすることに。そこで、前から行きたかった…
  10. [食の都 大阪]安くて旨いを探すぶらり旅!| トラベルダイアリー
    大阪旅行体験記 大阪旅行に行ってきました!これまで国内旅行や海外旅行にはよく行ってい…

Archive



PAGE TOP