360度鏡張りの世界 憧れのウユニ塩湖へ ボリビア ①

ウユニ塩湖旅行体験記

SNSや旅行誌でも見かけることの多い、ウユニ塩湖。実際にその地に立ち自分の目で見た景色は、どんなに美しい写真でも到底適わない、美しい鏡張りの世界でした。初めてその光景を見た瞬間、目頭が熱くなるような感覚を覚えたことを今でも鮮明に覚えています。今回は、2つの記事に分けてウユニ塩湖ツアーの魅力をご紹介していきます。

ウユニ塩湖旅行について

おすすめのポイント
  1. ウユニ塩湖ツアーは種類が豊富!
  2. ツアーはお手頃価格!何回も参加する旅行者も多い!
  3. 乾季と雨季、どちらも美しい!全く違うウユニ塩湖の景色!

ウユニの町から出発するツアーは種類が豊富で、様々な時間帯の塩湖を楽しむことができます。朝日を見るツアー、夕日ツアー、星空ツアー、1泊2日ツアー(現在は催行なし)などあり、旅行のスケジュールに合わせて現地で申し込みましょう。ウユニ塩湖の景色は天候によって大きく左右されますが、ツアー代金が安いので何度も参加しやすいのも◎。ベストシーズンは雨季に入る1月~3月で、この時期はほぼ確実に鏡張りの景色を見ることができます。また乾季の真っ白な塩の大地も圧巻です。

ウユニ塩湖旅行のおすすめのスポット

ランクルに乗ってウユニ塩湖を目指す!

ウユニの町から1泊2日のツアーに参加しました。※現在は1泊2日のツアーの催行はないそうです。朝9時ごろランクルに乗って町を出発します。走り出してすぐに白い塩の大地が広がり、窓からの心地よい風を感じながら車は進んでいきます。ウユニ塩湖の魅力は、鏡張りの景色だけではありません。円錐型に盛られた塩が並ぶ製塩所、朽ちた古い列車が廃棄されている「列車の墓場」や、ニョキニョキとサボテンが生えている島「インカワシ島」など、塩湖内にある観光スポットにも立ち寄ります。

鏡張りの世界を堪能!

私が参加したのは乾季と雨季の間の時期だったので、ほとんどの場所では水が干上がり、あたり一面真っ白な塩の大地がむき出しになっていました。車を飛ばして広大な塩湖を走り、鏡張りになっているスポットを探します。前日に雨が降ったこともあり、すぐに鏡張りのスポットが見つかりました。綺麗な鏡張りが見れるかどうかは、天気や風、空に浮かぶ雲、湖面の水の量など様々な条件によって決まります。運よくこの日はすべての条件がうまく揃いました。思わず息を飲むほどに美しい鏡張りの世界を見ることができました。

乾季の景色もまた絶景!

宿泊した塩のホテル周辺は、真っ白な塩の地平線がどこまでも続きます。地平線に沈む夕日で大地が赤く染まる景色は、本当に神秘的でした。朝日もまた、とても素晴らしい光景でした。360度見渡しても、見えるのは白い大地と青い空だけなので、遠近法を生かしてトリックアートのような写真を撮って楽しむことができます♩ウユニ塩湖といえば、鏡張りの景色が圧倒的に有名ですが、乾季の景色もとても美しくおすすめです。

ウユニ塩湖でのおすすめグルメ

塩のホテルでアルパカ肉にチャレンジ

塩のホテルでの昼食では、リャマの肉が出てきました。初めて食べるリャマの肉は、焼き加減のせいなのかパサパサしていてあんまり美味しいとは言えないお味でしたが、リャマに感謝をして頂きました。ウユニの町でもリャマのお肉が食べられるお店があったので、ぜひ試してみてください。

ウユニ塩湖でのおすすめのショッピングスポット

ツアーの途中に立ち寄るお土産屋さん

ツアーでは、塩湖内にあるインディヘナのお土産屋さんへ立ち寄ります。ウユニ塩湖ならではのお土産といえば、ウユニの塩です。ツアーの途中でも製塩所に立ち寄りましたが、そこで採れた塩が綺麗にラッピングされて売られていました。他にも、アルパカの毛で作った人形やキーホルダー、アルパカ柄の帽子などがありました。お土産品の価格は少し高めでしたが、かわいらしいインディヘナのおばさまたちが一生懸命商売をしていました。

ウユニ塩湖のホテル

 塩のホテル プラヤ・ブランカ(現在は博物館)

ウユニ塩湖内にある唯一のホテルでした。現在は、環境保全活動のため基本的に宿泊することはできないようですが、博物館として訪れることはできます。建物はすべて塩で作られており、机や椅子、ベッドまでもが塩でできていました。ただ寝泊まりするだけの場所といった感じで、上下水道や電気などのライフラインがほとんど通っておらず環境はかなり劣悪でした。しかし宿から一歩外へ出ると、真っ白な世界が広がる立地は最高で、貴重な体験をすることができました。

ウユニ塩湖旅行にて利用した旅行代理店

日本人に大人気 穂高ツアー

ウユニの町にある旅行会社で、なぜか日本人に絶大な人気を誇っています。ツアーの催行人数は最大7人で、ツアーデスクの前にツアー参加者を募る紙が張り出されています。この旅行会社での参加者はほぼほぼ日本人で、旅行者同士、仲良くなったりとなかなか楽しい経験ができるかもしれません。長靴の無料レンタルがあるところもポイントが高いです。

ウユニ塩湖旅行に必要な持ち物

「サングラス」「日焼け止め」「カメラ、三脚」
白い塩湖からの太陽の照り返しはかなり強烈です。サングラスと日焼け止めは必須です。一番重要なのはカメラです。かなりの枚数を撮ると思うので、SDカードの容量と予備バッテリーの用意もお忘れなく。三脚もあると便利です。星空が綺麗に撮影できるカメラがあったらいいな、と星空を眺めながら思いました。他にもいくつか、ウユニ塩湖へのツアーで役立つアイテムがあるので、続きは次の記事でご紹介します。

ウユニ塩湖旅行での注意点

ウユニ塩湖旅行での注意点
  1. 高山病に注意!ウユニの町で体を慣らし万全の体調でツアーに臨もう!
  2. 寒暖差に注意!朝晩はかなり冷え込みます!
  3. 天候によって鏡張りの綺麗度も変わる!余裕のある日程を!

ウユニの町は、標高3700mと富士山とほぼ同じです。ウユニの町に着いた時点で、少しでも体に異変を感じたらまずは休むこと。高山に体を慣らしてからツアーに参加しましょう。ウユニ塩湖は朝晩の冷え込みが強いので、服装に注意しましょう。綺麗な景色が見れるかどうかは、天気に左右されます。何度かツアーに参加するつもりで日程に余裕を持った旅のスケジュールを立てましょう。

まとめ

世界一周しようと日本を出発した時、絶対に行くと決めていた場所のひとつが、ウユニ塩湖でした。ウユニ塩湖の存在を知ってから、ウユニ塩湖を訪れることをずっと夢見ていましたが、様々なメディアで何度も鏡張りの景色を見ていたこともあり、果たして自分がその地に立ったときに、心の底から感動できるのだろうか、と半信半疑な気持ちもありました。しかしそんな気持ちはすぐに吹き飛ぶほど、感動的な絶景が目の前に広がっていました。自然の生み出す圧倒的な美しさに、人間は到底敵うことはできないと実感しました。

 

fuki22

投稿者の過去記事

絶賛子育て中の元バックパッカーです。
世界一周1人旅、夫婦で世界一周旅、合計で52ヶ国を訪れました♩
オーストラリアとメキシコに住んでいたことがあります。
次の目標は子連れのんびり旅♡

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. ストックホルム旅行体験記高校生の時にはじめて行った、スウェーデンの首都ストックホルム。社会人にな…
  2. インディ・ジョーンズの舞台となったペトラ遺跡を訪問| トラベルダイアリー
    ペトラ旅行体験記いつか行ってみたかったペトラ。ツアーで行くのも高いし…と躊躇していましたが、アン…
  3. ホーチミン旅行体験記ベトナムの近代都市として発展中のホーチミン。今回ホーチミンを旅するにあたり、…
  4. 毎日がクリスマス♪ドイツ・ローテンブルク旅行記| トラベルダイアリー
    ローテンブルク旅行体験記フランクフルトで暮らす友人に誘われ、ローテンブルク(ローテンブルク・オプ…
  5. ポンペイ旅行体験記数年前、団体ツアーで初めて訪れたポンペイ遺跡。その時は残念ながら、滞在時間が1…
  6. 北欧デザインにアンティーク♪散策が楽しい街ヘルシンキの見どころを紹介| トラベルダイアリー
    ヘルシンキ旅行体験記フィンランドの首都であるヘルシンキは街行く人々がとてもお洒落で洗練された街だ…
  7. シルクロードの中心都市 ウズベキスタン”青の都”「サマルカンド」| トラベルダイアリー
    サマルカンド旅行体験記ウズベキスタンのサマルカンドに初めて訪れたのは、今から12年も前のこと。友…
  8. パリ旅行体験記 観光大国のフランス。みどころがいっぱいなので、何度か訪れて定番の観光…
  9. 天空に浮かぶ世界遺産メテオラの修道院を訪れる| トラベルダイアリー
    メテオラ旅行体験記メテオラはカランバカという街を観光の玄関口とし、奇岩の上に建つ修道院で知られて…
  10. エジプトの最南端!古代遺跡を見にカイロから寝台列車でアスワンへ| トラベルダイアリー
    アスワン旅行体験記ウズベキスタンに住むことになる前にイスラム圏の国を体験したい!とあえてラマダン…

国内旅行おすすめ

  1. 国境の長いトンネルを抜けると…?雪国【湯沢町】は温泉・スキー天国!| トラベルダイアリー
    湯沢旅行体験記2020年冬、大好きなスキーと大好きな温泉を満喫しに、湯沢町に行ってきました。サラ…
  2. 宮城旅行体験記私の大好きな場所宮城県。おばあちゃんちが宮城県ということもあって小さいころから度々…
  3. すみだ水族館で「桜とクラゲ」を鑑賞&浅草で社寺をめぐる大人旅!| トラベルダイアリー
    浅草旅行体験記浅草に行きたい!東京スカイツリーに行きたい!水族館に行きたい!3人それぞれの意見を…
  4. 東洋一のビーチ、絶景の『宮古島』| トラベルダイアリー
    宮古島旅行体験記綺麗な星空と青い海。その2つを求めて探し出した旅行先、宮古島。沖縄の離島で海が綺麗…
  5. 江戸~昭和にタイムスリップ!「伊予の小京都」大洲で町歩き| トラベルダイアリー
    大洲旅行体験記愛媛県の大洲市に長期ワーケーションで訪れました。大洲は愛媛県西部の山あいに位置する小…
  6. 兵庫「城崎温泉」の源泉で作る、最高の温泉たまごを。| トラベルダイアリー
    城崎旅行体験記本格的に寒くなる前に、城崎の温泉街で外湯巡りを楽しみたかったため、冬になるまえに旅…
  7. 与那国島旅行体験記日本の東西南北の端、これはすべて離島になるのですが、一般人が訪れることができる…
  8. 岐阜の小京都!1泊2日で巡る秋の飛騨高山~白川郷の旅| トラベルダイアリー
    高山旅行体験記11月初旬。1泊2日の休みを使って、まだ行ったことがない土地に行ってリフレッシュを…
  9. 【八ヶ岳周辺シリーズ Part1】 樹々と水辺を求めて in May| トラベルダイアリー
    八ヶ岳周辺旅行体験記今回の旅の目的は3つありました。①音のしない空間に行きたい②樹と水に囲ま…
  10. はじめての香川・小豆島!王道コースで島のいろはを知る旅| トラベルダイアリー
    小豆島旅行体験記関西に在住することになったのをキッカケにせっかくなので関西から行きやすいスポット…

最新記事

  1. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  2. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…
  3. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…
  4. 大人も子供も楽しめる!名古屋人気観光スポット巡り| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記 「名古屋行ったことないから行ってみる?でも名古屋って何があるの?」…
  5. オープントップバスから眺めるポルトの街並み。| トラベルダイアリー
    ポルト旅行体験記ポートワインで有名なポルト。ワイナリー見学も目的のひとつですが、この町はアズレー…
  6. 青の洞門
    マルタ島旅行体験記前回は首都:バレッタ周辺の情報お届けしました。さてさて、今…
  7. 【一人旅】窓から冬花火が見える、熱海のホテルで4泊5日| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記1月の連休を利用して、東京から少し足を伸ばした近場に旅行することに。そろそろ早咲の…
  8. 【ポルトガル】アラブと西洋の融合が美しい街、シントラ。| トラベルダイアリー
    シントラ旅行体験記リスボンから車で1時間足らずで行けるシントラ。高齢の母と二人旅だったので、現地…
  9. なお、納期は自由です。 ご負担にならない範囲で、お気軽にお願いいたします。 また動画も是非ひとつアップ戴けると助かります。 どうぞよろしくお願いいたします。| トラベルダイアリー
    リスボン旅行体験記母の傘寿のお祝いにポルトガル旅行を計画。今回はリスボンを紹介します。ポルトガル…
  10. 世界遺産熊野古道と白浜アドベンチャーワールド1泊2日子連れ旅| トラベルダイアリー
    田辺旅行体験記コロナ禍で県外へ旅行できない中、私の住んでいる和歌山県田辺市が独自で地元旅キャンペ…

Archive



PAGE TOP