初サンフランシスコ・アルカトラズ島で恐怖に慄く…. 海と魚貝を楽しむ素敵な街*。| トラベルダイアリー

初サンフランシスコ・アルカトラズ島で恐怖に慄く…. 海と魚貝を楽しむ素敵な街*。

初めてのサンフランシスコ旅

サンフランシスコに行った日は、あいにくの雨のち曇りのお天気。たまに降り出す雨の中での観光となりました。
行ってみたら意外と面白かったのが元・刑務所で『脱獄不可能な島』と恐れられたアルカトラズ島。
最初は、「サンフランシスコまで来て、元・刑務所には行きたくないような……」と思っていたのですが、
ハイテンションの観光客のみなさんと満員状態のフェリーに乗り込み(みんな、謎に盛り上がってる)、
刑務所内部を隅々まで自由に見学 できて、思っていたよりずっと楽しくて興味深い経験になりました。

サンフランシスコの街自体は坂が多くて、急な坂に無理矢理建てられた建物を見るだけでも楽しいので、
街歩きが好きな方は特に観光名所に行かなくても楽しめると思います (*^-^*)!!

サンフランシスコ 3つの有名観光地

おすすめのポイント
  1. アルカトラズ島                                                                 元・連邦刑務所  『脱獄不可能な島』
  2. ロンバート・ストリート(Lombard St)                              ” 世界一曲がりくねった坂道 ”
  3. パレス・オブ・ファイン・アーツ PARECE OF FINE ARTS    美しく巨大な建造物

サンフランシスコ湾の海岸沿いにフィッシャーマンズ ワーフという観光施設があり、の近辺だけで3つの名所があります。
アルカトラズ島で絶望と恐怖を味わい、その後、フィッシャーマンズ ワーフ内にあるレストランでご飯を食べ、
ふらっと歩き出すとロンバートストリート があり、更にお散歩がてら西に行くとパレスオブファインアーツ があるという。
全部、徒歩圏内にあるのでまとめて観光できますし、
フィッシャーマンズ ワーフにはお土産屋さんや飲食店もあるので、
私のような初心者は
『困ったらフィッシャーマンズ ワーフに行けばなんとかなる』って感じで大助かりでした。

サンフランシスコ おすすめスポット

アルカトラズ島 元・連邦刑務所  『脱獄不可能な島』

1963年まで連邦刑務所として使われており、『ザ・ロック』『監獄島』『悪魔島』とも呼ばれていたアルカトラズ島。
現在はランドマークとなっており、刑務所内部は全て開放されていて、囚人部屋や執務室にも入れます。
シャワー室や厨房やお庭なども自由に回れるし、日本語ガイドでは囚人の体験記(!)も聞けます。
自ら牢獄に入り、友達に撮影してもらっている人達も。笑  お土産として牢錠や手錠も売っています。
往復フェリー + 日本語ガイド付きで大人30ドル のプランは、入館料は無料で、プラン料金のみで楽しめます。

速い潮流と低水温のために『脱獄不可能な島』と言われたこの島ですが、
クリント・イーストウッド主演映画【アルカトラズからの脱出】
は、実際にこの刑務所から脱獄した囚人たちの実話を
もとに制作されています。脱獄挑戦者は他にも結構いたのですが、捕まったり射殺されたり溺死したりする場合が多く、
【アルカトラズからの脱出】で脱獄した3人の囚人も、結局「脱獄に成功したのか失敗したのか?」ハッキリしておらず、
その後の消息や目撃情報などなど、未だに色んな噂が飛び交っているようです・・・ (>_<) 。

◆左の写真 : 囚人になった気分で、刑務所の庭から見たサンフランシスコ都市部。3㎞程の距離です。
 地面の白いものは全部カモメです。アルカトラズ島は海鳥の生息地としても大切にされています。
◆右の写真 : 薄い窓と受け渡し口だけがある面会室。やたらオシャレ感があるのもよくわからない。
 ちょうどお天気が悪かったので、絶望感が増して何を見ても怖かったです。異界感が好きな方には物凄くオススメです!

ロンバート・ストリート(Lombard St) ”世界一曲がりくねった坂道”

アルカトラズ島は、フィッシャーマンズ ワーフという観光エリアのピア335 (Pier 33) からフェリーが出ているのですが、
すぐ近くにこの有名スポットもあっので、お散歩がてら行ってみました! 撮影する人で常に賑わっています。
この坂、確かに急な坂なんですが、なにもこんなにジグザグに道を作らなくても・・・といった感じ。笑
写真にちょうど車が写っていますが、レースみたいに車がどんどん降りて来るので、しばらく見ていても面白い です。
ちゃんと左側に歩行者用の階段があるのもイイ! この階段を登って、上から写真を撮っている方もいらっしゃいました。

パレス・オブ・ファイン・アーツ PARECE OF FINE ARTS

ロンバート・ストリートから更に西方面へてくてく歩いて行くと、このパレス・オブ・ファイン・アーツに着きます。
1915年にパナマ運河の誕生記念で造られた建造物 で、修繕や増設を繰り返しながら現在に至っています。
ロマネスク円形式の建物が美しく、とにかくデカイ! 敷地内には科学博物館と劇場があり、夜はライトアップされます。
なにしろここの建造物はデカ過ぎて、・・・かなり遠くから撮らないと写真に収まりません!!!

↓ ↓ ※全体像はこんな感じ。

大きな池があって、軽くぐるっと回るだけでも素敵な建物をじっくりと見ることができます。
敷地内に入るのは無料で、人は多いものの敷地自体が大きくて全体的に落ち着いた雰囲気なので、
美しく手入れされた緑を見ながら休憩するスポットとしても良いかと思います。近所に欲しいです。

サンフランシスコでのおすすめグルメ

フィッシャーマンズワーフ  蟹の甘辛炒め?的な食べ物

フィッシャーマンズワーフは海岸沿いだけあって、新鮮な海の幸を調理してくれるレストランがたくさんあります。
こちらは蟹を茹でて、ナッツやにんにく、ハーブ等の入ったスパイシー甘辛ソースで炒めたもので、たいへん美味でした。
お隣の席の方がとても美味しそうに食べていたので、ウェイターさんに小声で同じものを注文しました。
屋台では、1000円前後で「エビ・イカフライ&ポテトチップス等+ドリンク」を外で気軽に楽しめます♪

サンフランシスコのおすすめショッピングスポット

スーパーでお菓子ばかり買う

私は行った事の無いスーパーに行くのが大好きで、国内でも海外でもスーパーにばかり行っています。
日本でも輸入雑貨店にあるお菓子だと思うのですが、HERSHEY’S のスナックミックスは無茶苦茶美味しかったです。
プレッツェルとポップコーンとチョコとアーモンドが入っていて、塩っぽいものと甘いものが一緒になっているので、
食べ歩きのお供に最適です。1日目にこのお菓子を買って少しずつ食べ、2日目も残りを食べつつ歩いていました。

サンフランシスコにて宿泊したホテル

ホテルユニオンスクエア (HOTEL UNION SQUARE)

利便性の良いユニオンスクエア周辺の、その名も「ホテル ユニオンスクエア」に泊まりました。3つ星で結構高めです。
上の写真はロビーで、この写真のすぐ左にチェックインカウンターがある通路みたいな場所で全然広くないんですが、
狭いスペースを上手く工夫してオシャレに飾っていて、とても素敵な空間に!!!
夜にはワインサービスがあって、宿泊客はこのロビーで冷えたワインを無料で楽しむことが出来ます。
大量に飲んじゃダメだよって雰囲気はあったので、無料とはいえ2杯ぐらいでやめておくのが無難かと思います。笑
客室も白を基調としたオシャレな内装で、設備も清潔にしてくれていました。シャワー等も問題なし。

サンフランシスコ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

ANAで往復の飛行機だけ取って、さらにホテルも自分で予約。海外なので心配で、割と高めのホテルを取っています。
事前にネットでアルカトラズ島の予約を取っておきました。予約フリーの美術館や教会もたくさんあるので、
特にツアーにしなくても自力で行って自力で帰って来る方が面白いかもしれません。

サンフランシスコ旅行に必要な持ち物

海外慣れしている方は問題ないと思いますが、海外では高級ホテルに泊まってもシャワーしか無かったり
アメニティが充実してない場合が多いので、「泊まるホテルに何があって何が無いのか?」を
事前にしっかりチェック しておくと無駄な荷物が少なくなって良いかと思います。

サンフランシスコ旅行での注意点

サンフランシスコ旅行での注意点
  1. 迷子になったが…           ピザ配達中のお兄さんに聞いたら、丁寧に教えてくれました。
  2. 急な坂がホントに多い        → 歩きやすい靴 で行った方がいいかもしれません。
  3. 割と大雑把で穏やかな街という印象  → あんまり心配しなくても楽しめます^^

初サンフランシスコで、かつ回数を重ねていないのでよくわかっていないのかもですが、
基本的にのんびりしたおおらかな街だなぁという印象でした。 住みたいです (泣)。
ホテルの受付も、ピアスだらけの若い女の子達が気楽に感じ良くやっていて、馴染みやすい街だなぁと。
スリに備えて小さいショルダーバッグで外出しましたが、怖い思いをすることもなく、あまり注意点はありません。
今はコロナで海外もかなりピリピリしているので人種差別については気を付けないと危ないかもですが、
私にとっては、フラフラ歩きやすい良い街で、坂が多いから覚悟してね、ぐらいかもです(#^.^#)

まとめ

初めてのサンフランシスコで、一応、王道の観光地を押さえた感じの初日となりました。
フィッシャーマンズワーフは『海好き & 土産物や市場などのごちゃ混ぜ観光施設好き』にとっては、
サンフランシスコ湾を眺めながら散策したり美味しい魚介を食べたり出来る幸せなエリアでした。
展望台や水族館もあるし、駄菓子屋さん(!)など面白いお店もたくさんあるので、永遠に歩き回れそうなぐらい。
サンフランシスコに行った時には是非一度お立ち寄りください☆☆

それでは最後に、サンフランシスコの街中で
散々素通りされながらも演奏し続けるストリートミュージシャンを見ながらお別れです。

撮影しているのは、私ひとりだけでした (-“-)。 結構、いいと思うんですが。

 

まるまるめふらっと貧乏旅行に旅立つ者

投稿者の過去記事

お探しの土地に私がたまたま行っていたら、何らかのお役に立てればいいなぁと思っています。面白いものが好きなので、若干フォーカスする所がおかしい可能性もあります。変なものや可愛いものやお得に楽しめる方法などがあれば積極的にご紹介していきます!

ごく稀にお金のかかる旅行もしています……。
どうぞごゆるりとお楽しみください(^_^)/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. シェムリアップ旅行体験記ものすごく有名な観光遺跡、アンコールワットのある街シェムリアップ。まさに…
  2. マラケシュ旅行体験記雑誌などでモロッコ風インテリアが特集されて、可愛らしいスリッパやクッションな…
  3. バンクーバー旅行体験記世界で最も住みやすい街に選ばれたことのあるカナダのバンクーバーは、シティラ…
  4. 女子一人旅 in ペルー マチュピチュの麓、マチュピチュ村で温泉に入る| トラベルダイアリー
    マチュピチュ村旅行体験記いよいよマチュピチュに向かって出発です。マチュピチュの麓にあるこのマチュ…
  5. モルディブ旅行体験記とにかくきれいな海を見たい!そう思ってずっとあこがれていたモルディブ。新婚旅…
  6. トリニダー旅行体験記素朴なキューバの田舎町であるトリニダーでは、街歩きや森林浴、ビーチ、キューバ…
  7. チンクエテッレ旅行体験記「本当にこんなにカラフルな街があるの!?」新しく買ったパソコンのデスクト…
  8. キラキラネオンとカジノで輝く街 中華人民共和国マカオ特別行政区| トラベルダイアリー
    マカオ旅行体験記香港かマカオに行きたくて、ポルトガルの文化も混じっている、マカオに興味が勝り行く…
  9. 白夜の季節にぜひ訪れて!ヘルシンキで暮らすように旅する| トラベルダイアリー
    ヘルシンキ旅行体験記この都市を訪れる人の大半が映画「かもめ食堂」にあこがれて、ではないでしょうか…
  10. [一人旅 オスロ]お得に&楽しんで観光できます!| トラベルダイアリー
    オスロ旅行体験記 2019年、スウェーデン滞在中にオスロへ一人旅に出かけました。物価…

国内旅行おすすめ

  1. 富士山旅行体験記 "♪富士は日本一の山〜" 小さい頃から馴染みのある日本のシンボル「…
  2. 京都旅行体験記そうだ!京都へ行こう!と、突然あの和を感じたくなる瞬間になりドライブを兼ねて行って…
  3. 車なしでも観光できる!高知 1泊2日〜充実のひとり旅〜| トラベルダイアリー
    高知旅行体験記四国旅行の際に訪れたことはあっても、泊まってゆっくり観光したことのなかった高知。…
  4. 北九州で異国気分☆レトロな洋風建築が建ち並ぶ門司港散策| トラベルダイアリー
    北九州旅行体験記横浜や函館、神戸など異国情緒ある港町が大好きでずっと気になっていた北九州市門司港…
  5. 鹿児島旅行体験記友人と電話していて、旅行に行きたいねという話になり、予定が合ったので弾丸女子旅を…
  6. 路面電車が走り異国情緒が漂う街、長崎市内で楽しむ女性1人旅| トラベルダイアリー
    長崎旅行体験記スカイマークのHPで神戸空港~長崎空港の路線がキャンペーンをしているのを見て、修学…
  7. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅|
    松本旅行体験記海外に行けないストレスをどこで晴らそうと旅行サイトなどを色々見て情報集めをしている…
  8. モザイクタイルミュージアム旅行体験記岐阜県のモザイクタイルミュージアムの存在をネットで知り、‟モザ…
  9. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ熱海の旅②| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記夏は海水浴で有名な熱海ですが、冬の熱海でも満喫できるイベントや観光スポットがありま…
  10. 何もないとは言わせない!滋賀県湖南エリアの観光スポットをご紹介| トラベルダイアリー
    湖南エリア旅行体験記滋賀県と言えば「琵琶湖」の印象が強いですが、食べ物もおいしいく自然豊かなすて…

最新記事

  1. リスボン旅行体験記母の傘寿のお祝いにポルトガル旅行を計画。今回はリスボンを紹介します。ポルトガルと…
  2. 世界遺産熊野古道と白浜アドベンチャーワールド1泊2日子連れ旅| トラベルダイアリー
    田辺旅行体験記コロナ禍で県外へ旅行できない中、私の住んでいる和歌山県田辺市が独自で地元旅キャンペ…
  3. 江戸~昭和にタイムスリップ!「伊予の小京都」大洲で町歩き| トラベルダイアリー
    大洲旅行体験記愛媛県の大洲市に長期ワーケーションで訪れました。大洲は愛媛県西部の山あいに位置する小…
  4. 【マレーシア旅行記】自然と近代風景が融合する街クアラルンプール| トラベルダイアリー
    クアラルンプール旅行記海外旅行が好きで、長期休みのたびに色々な国を訪れていました。特にエキゾチック…
  5. マルタ マルサシュロックの港風景
    首都:バレッタ近郊旅行体験記マルタ共和国へ行ったきっかけは大学の卒業旅行。親友と私は底なしの…
  6. 東洋一のビーチ、絶景の『宮古島』| トラベルダイアリー
    宮古島旅行体験記綺麗な星空と青い海。その2つを求めて探し出した旅行先、宮古島。沖縄の離島で海が綺麗…
  7. 歩いて楽しむベルリン1泊2日| トラベルダイアリー
    ベルリン旅行体験記念願のドイツ・オランダ旅行、滞在日数は合計10日間。メインはオランダ滞在で、ドイ…
  8. 温泉もBBQもプライベートな空間で楽しみたい!贅沢な温泉グランピングの旅| トラベルダイアリー
    四万旅行体験記「キャンプらしいこともしたいけど、温泉にも浸かりたい・・・」ということで、四万温泉…
  9. 北海道胆振エリアで隠れ家カフェ巡り_トラベルダイアリー
    厚真・日高旅行体験記北海道胆振エリアは知る人ぞ知る隠れ家的なカフェが点在しています。今回は厚真・…
  10. 台湾をもっともっと楽しむ!ローカル台中旅行| トラベルダイアリー
    台中旅行体験記人気の海外旅行先である、台湾。せっかく遊びに行くのなら、メジャーな台北や台南だけでな…

Archive



PAGE TOP