ダンサーが集結!ウズベキスタンのヒヴァでダンスフェスティバル| トラベルダイアリー

ダンサーが集結!ウズベキスタンのヒヴァでダンスフェスティバル

ダンスフェスティバルに行ってきました!

ウズベキスタンの人々はみんな踊りが大好き!結婚式をはじめ、さまざまなイベントで子供から大人まで踊って楽しみます。今回は、私が住んでいるホラズム州のヒヴァにある世界遺産「イチャン・カラ」で毎年開催されているダンスフェスティバルをご紹介します。

ダンスフェスティバルとは

おすすめのポイント
  1. ウズベキスタン国内から近隣国までの伝統的なダンスが鑑賞できる
  2. 世界遺産であるヒヴァ「イチャン・カラ」の観光も楽しめる
  3. ホラズム州でしか食べられない料理も堪能できる

ウズベキスタンの西部に位置するヒヴァの世界遺産「イチャン・カラ」では、2016年から毎年9月中旬頃にダンスフェスティバルが開催されています。ウズベキスタンの国内のみではなく、近隣国からもダンサーが参加し、各州や各国の伝統的なダンスが披露されます。その中でもやはり人気なのは、ウズベキスタン・ホラズム州のダンス「ラズギ」です。「ラズギ」は、2019年に無形文化遺産にも登録されているダンスで、誰もが一度その音楽を聞き、ダンスを見ると踊り出したくなってしまう・・・そんな不思議な力をくれるダンスです。このダンスフェスティバルには、なんと日本からも出演しているんです!

ダンスフェスティバルの見どころ

ウズベキスタン国内から近隣国までの伝統的なダンスを鑑賞

夕方から開催されるダンスフェスティバルには、ウズベキスタン国内からのみではなく、近隣国からのダンサーも参加し、各州や各国の伝統的なダンスが披露されます。夜12時頃まで開かれるダンスフェスティバルでは、賞金もあり、なんと日本からも参加しています。さまざまなダンスの中でもやはりひと際、目をひくのが2019年に無形文化遺産に登録されたホラズムダンスの「ラズギ」です!ウズベキスタンの国民のみならず、さまざまな国から来られた観光客も自然と踊りだしてしまう・・・そんな不思議な力をくれる「ラズギ」をぜひ体感してみませんか?!

「イチャン・カラ」内で操り人形を使ったイベントに遭遇できる?!

ダンスフェスティバルが開催される「イチャン・カラ」は、1990年に中央アジアで最初に世界遺産に登録された場所です。かつてはシルクロードの交易の場として栄えたこの場所には、様々な遺跡が残されています。そんな「イチャン・カラ」内を歩いていると運が良ければ操り人形のイベントに遭遇できるかもしれません。ホラズムの音楽と一緒にホラズムの操り人形の踊りをぜひ楽しんでみてください。

ヒヴァ「イチャン・カラ」内でラクダに乗って記念撮影

ウズベキスタンの観光地では、ラクダに乗れる場所がいくつかあります。サマルカンドから北に車で4時間ほどの場所にあるアイダル湖やウルゲンチから北に車で2時間ほどの場所にあるアヤズ・カラ周辺といずれも都市からは少し離れた場所。そんな中、気軽にラクダに乗れるのが、ヒヴァ「イチャン・カラ」内です。観光しながら、世界遺産の遺跡とともに記念撮影できます。

イスラム・ホジャ・ミナレットからヒヴァの全景を見渡せる

ヒヴァ「イチャン・カラ」の全景は、ダンスフェスティバルが開催される「クフナ・アルク」内の見張り台から通常は見ることができますが、ダンスフェスティバルが開催される日は、クフナ・アルクは出演者の控え室などとして使用されるため、クフナ・アルク内に入ることはできません。ヒヴァで最も高いミナレットであるイスラム・ホジャ・ミナレットから全景を見渡してみるのも良いでしょう。50.5mのミナレットの中は狭くて急な118段の階段から構成されています。頂上まで登るのは少し体力が必要ですが、ヒヴァの全景を見渡すことができます。

ヒヴァ「イチャン・カラ」内でかわいい雑貨類をショッピング

「イチャン・カラ」内は、ただ歩いているだけでも異国にタイムスリップしたような感覚を味わえますが、通り沿いにはたくさんの路面店があり、かわいい陶器やスカーフやショール、毛糸の靴下、アトラス布の洋服やスザニ、材木彫刻や絨毯などかわいい雑貨がたくさんあります。夕方から開催されるダンスフェスティバルまで「イチャン・カラ」内の遺跡を観光しながら、ショッピングもゆっくり楽しめます。

ダンスフェスティバルで見つけたグルメ

ホラズム州でしか食べられない「トゥフムバラク」

ヒヴァ「イチャン・カラ」内にはさまざまなレストランやカフェがあります。ウズベキスタンの伝統料理であるパロフやソムサ、マンティなどを食すのも良いですが、ここホラズム州でしか食べられない卵を使った料理「トウフムバラク」もご賞味してみてはいかがでしょうか。日本で似たお料理がないので、想像がつきにくいかもしれませんが、ヨーグルトと食べると絶品です!

ホラズム州でしか食べられない「シビットオシュ」

ホラズム州でしか食べられないお料理は、もう一種類あります。「シビットオシュ」は、シビット(ディル)を生地に練りこんだ香草パスタのお料理です。トマトソース味のソースとお好みでヨーグルトもつけて食べると絶品です。

ダンスフェスティバルに必要なアイテム・服装・その他

ダンスフェスティバルが開催される9月中旬は、日中は比較的暖かいですが朝晩はかなり気温が下がり肌寒くなります。夜12時頃まで開催されるため、厚手の羽織れるものが必要です。また、日中は「イチャン・カラ」内ですが観光でかなり歩くため、歩きやすい靴や履きなれた靴が良いでしょう。夜間に終了するため、公共の交通機関がありません。「イチャン・カラ」内もしくは徒歩圏内のホテルを宿泊先に選択することをおすすめします。

ダンスフェスティバルでの注意点

ダンスフェスティバルを鑑賞する人々は、現地の人々の他、ヨーロッパ方面からの外国人観光客が多いです。事前にチケットを購入しての鑑賞になり、当日チケットの販売などは行われていません。チケットの予約や購入に関しては、インターネットなどでの販売などはされていません。ヨーロッパ方面では、ダンスフェスティバルを含めたツアーなどが旅行会社で企画されているようですが、日本の旅行会社ではヒヴァ「イチャン・カラ」のダンスフェスティバルを含めたツアー企画がされていないようです。ご興味のある方は直接投稿者の方にご連絡いただけましたら、チケットの手配や観光などお手伝いさせていただきます。

まとめ

ヒヴァ「イチャン・カラ」で毎年開催されているダンスフェスティバルについてご紹介しました。ウズベキスタンでもコロナの関係でここ2年間ほどは残念ながら、中止になっています。コロナが落ち着いてからはぜひ、ダンスフェスティバルが開催される時期に合わせて世界遺産「イチャン・カラ」の観光に来られてみてはいかがでしょうか?!ホラズムの歴史を遺跡とともに音楽やダンスでも体感できる忘れられない旅になることでしょう。

 

N.mikako日本語通訳・ガイド 

投稿者の過去記事

ウズベキスタンのホラズム州トルクメニスタンとの国境沿いの村に住んでいるウズベク人と結婚し、現在中央アジアで最初に登録された世界遺産「イチャン・カラ」で日本語通訳・ガイドの仕事をしています。
「ヒヴァについて」「ウズベキスタンについて」「村の生活」などにご興味のある方はこちらからお気軽にご連絡ください。https://sehrlixiva.wordpress.com/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. シンガポール旅行体験記日本を飛び出し、異国の地に行きたい。中華、マレー、インドなど多文化でとても…
  2. 冬のグリンデルワルドにて大迫力のアイガーを望む| トラベルダイアリー
    グリンデルワルド旅行体験記スイスの名峰として知られるアイガーの北側の絶壁とヴェッターホルンを眼前…
  3. カッパドキア旅行体験記イスタンブールから夜行長距離バスに揺られてカッパドキアまで行きました。…
  4. スファックスからガベス経由で砂漠の街ドゥーズへ| トラベルダイアリー
    ガベス旅行体験記今回はスファックスからドゥーズへの中間地点としてガベス立ち寄りました。ここでは昼…
  5. 初サンフランシスコ・アルカトラズ島で恐怖に慄く…. 海と魚貝を楽しむ素敵な街*。| トラベルダイアリー
    初めてのサンフランシスコ旅サンフランシスコに行った日は、あいにくの雨のち曇りのお天気。たまに降り…
  6. 脱日常!ヒマラヤ山脈の絶景広がるポカラでリフレッシュ| トラベルダイアリー
    ポカラ旅行体験記毎日仕事に疲れ果てていた時。3連休に2日有給を足して5日間の休みが取れそうで、の…
  7. インドネシア島旅行体験記インドネシア=バリ島やウブドなどのイメージがありますが、世界最多の島数が…
  8. 女子一人旅 in ペルー 首都リマで日系人文化に触れ、日本を感じる| トラベルダイアリー
    リマ旅行体験記危険だと言われるけれど、やはり首都は訪れてみたい。そんな気持ちでリマにも行くことに…
  9. 女子一人旅 in スペイン 観光地じゃない街テラッサで素の生活| トラベルダイアリー
    テラッサ旅行体験記泊めてもらった友人が住む街、テラッサ。バルセロナから電車で1時間かからないくら…
  10. エジプトの最南端!古代遺跡を見にカイロから寝台列車でアスワンへ| トラベルダイアリー
    アスワン旅行体験記ウズベキスタンに住むことになる前にイスラム圏の国を体験したい!とあえてラマダン…

国内旅行おすすめ

  1. ~まるでジブリ!濃溝の滝&鴨川シーワールド~房総をめぐる女子たび| トラベルダイアリー
    鴨川・館山旅行体験記千葉県館山市の「トスラブ館山ルアーナ」へ宿泊することになったので、房総半島の…
  2. 東京といえば!誰もが一度は訪れる定番の観光スポットを巡る旅| トラベルダイアリー
    東京旅行体験記仕事関連やプライベートで何度も訪れた東京。日本の首都である東京はみなさんもご存知の…
  3. 鎌倉ハイキング&カフェめぐり| トラベルダイアリー
    鎌倉旅行体験記自然のなかでリフレッシュして、おしゃれなカフェにも行きたい!でも山登りはハード過ぎ…
  4. 異国情緒を感じる♪爽やかな港町・函館の元町エリアをぶらり街歩き| トラベルダイアリー
    函館旅行体験記2泊3日で夏の北海道・函館を旅行しました。函館というと五稜郭や函館山の夜景といった…
  5. 函館旅行体験記仕事関係の学会発表で札幌に行くことになり、どうせなら前後に夏休みを足して親子旅行し…
  6. 70年代の熱気を感じる!衝撃!太陽の塔内部見学と大阪アート旅!| トラベルダイアリー
    大阪旅行体験記 あの、岡本太郎の太陽の塔の内部を見ることができる!それを聞いたとき、…
  7. 京都旅行体験記関西方面に旅行される方には京都観光はマストですよね!大阪、京都とは一風変わった雰囲…
  8. 新緑の那須高原!パワースポット&美術館をめぐる日帰り旅| トラベルダイアリー
    那須旅行体験記新緑の綺麗な那須高原へ行ってきました。那須温泉神社と殺生石を1時間かけてじっくりと…
  9. ~美瑛の青い池&パワースポット&花めぐり~北海道での夏休み!| トラベルダイアリー
    美瑛旅行体験記夏の北海道なら美瑛の花畑が見たい!と思い1泊2日で美瑛に行くことになりました。花畑…
  10. 彫刻の森美術館旅行体験記SNSなどで有名な「幸せを呼ぶシンフォニー彫刻」が一目見たくて、日帰りで訪…

最新記事

  1. 初めての子連れ海外♡ハワイを楽しみ尽くす!~ノースショア編~| トラベルダイアリー
    ノースショア旅行体験記結婚10周年記念に海外旅行に行こう!と計画し、当時6歳の息子を連れて初めて…
  2. tabihituji_pavirion2
    東京美術館巡りの旅【青山・渋谷周辺】東京の青山周辺のアートイベント「パビリオン東京2021」の展…
  3. 温泉天国・山形県で、東根温泉と銀山温泉をはしごする旅| トラベルダイアリー
    東根旅行体験記もともとは、同じ山形県にある銀山温泉のノスタルジックな街並みに憧れて、泊まる旅館を探…
  4. 一度は行ってみたいと憧れる!日本三景の1つ広島・宮島の旅| トラベルダイアリー
    宮島旅行体験記関西在住中に岡山と広島の県境に住んでいる友人を訪ねながら、せっかくなので周辺の観光…
  5. たまにはゆったりとノスタルジックな尾道~鞆の浦~倉敷の旅| トラベルダイアリー
    福山旅行体験記 瀬戸内海の島が大好きで、今回は尾道からしまなみ海道を渡ることに。尾道…
  6. 小豆島で暮らすような旅!豊かな食材と穏やかな自然に癒された| トラベルダイアリー
    小豆島旅行体験記リモートワークしながら香川県小豆島の古民家に10日間滞在しました!仕事の始まりと…
  7. 岐阜の小京都!1泊2日で巡る秋の飛騨高山~白川郷の旅| トラベルダイアリー
    高山旅行体験記11月初旬。1泊2日の休みを使って、まだ行ったことがない土地に行ってリフレッシュを…
  8. ダンサーが集結!ウズベキスタンのヒヴァでダンスフェスティバル| トラベルダイアリー
    ダンスフェスティバルに行ってきました!ウズベキスタンの人々はみんな踊りが大好き!結婚式をはじめ、さ…
  9. 女子一人旅 in トルコ② イスタンブールのローカルを体験| トラベルダイアリー
    イスタンブール旅行体験記前回トルコを訪れてから1年、恋しくなり再びイスタンブールへ。今回は時間が…
  10. 南阿蘇鉄道でトロッコ列車を満喫する日帰り南阿蘇の旅| トラベルダイアリー
    南阿蘇旅行体験記熊本地震で崩落した阿蘇大橋、5年の年月をかけて24時間体制で復旧工事が進められま…

Archive



PAGE TOP