ダンサーが集結!ウズベキスタンのヒヴァでダンスフェスティバル| トラベルダイアリー

ダンサーが集結!ウズベキスタンのヒヴァでダンスフェスティバル

ダンスフェスティバルに行ってきました!

ウズベキスタンの人々はみんな踊りが大好き!結婚式をはじめ、さまざまなイベントで子供から大人まで踊って楽しみます。今回は、私が住んでいるホラズム州のヒヴァにある世界遺産「イチャン・カラ」で毎年開催されているダンスフェスティバルをご紹介します。

ダンスフェスティバルとは

おすすめのポイント
  1. ウズベキスタン国内から近隣国までの伝統的なダンスが鑑賞できる
  2. 世界遺産であるヒヴァ「イチャン・カラ」の観光も楽しめる
  3. ホラズム州でしか食べられない料理も堪能できる

ウズベキスタンの西部に位置するヒヴァの世界遺産「イチャン・カラ」では、2016年から毎年9月中旬頃にダンスフェスティバルが開催されています。ウズベキスタンの国内のみではなく、近隣国からもダンサーが参加し、各州や各国の伝統的なダンスが披露されます。その中でもやはり人気なのは、ウズベキスタン・ホラズム州のダンス「ラズギ」です。「ラズギ」は、2019年に無形文化遺産にも登録されているダンスで、誰もが一度その音楽を聞き、ダンスを見ると踊り出したくなってしまう・・・そんな不思議な力をくれるダンスです。このダンスフェスティバルには、なんと日本からも出演しているんです!

ダンスフェスティバルの見どころ

ウズベキスタン国内から近隣国までの伝統的なダンスを鑑賞

夕方から開催されるダンスフェスティバルには、ウズベキスタン国内からのみではなく、近隣国からのダンサーも参加し、各州や各国の伝統的なダンスが披露されます。夜12時頃まで開かれるダンスフェスティバルでは、賞金もあり、なんと日本からも参加しています。さまざまなダンスの中でもやはりひと際、目をひくのが2019年に無形文化遺産に登録されたホラズムダンスの「ラズギ」です!ウズベキスタンの国民のみならず、さまざまな国から来られた観光客も自然と踊りだしてしまう・・・そんな不思議な力をくれる「ラズギ」をぜひ体感してみませんか?!

「イチャン・カラ」内で操り人形を使ったイベントに遭遇できる?!

ダンスフェスティバルが開催される「イチャン・カラ」は、1990年に中央アジアで最初に世界遺産に登録された場所です。かつてはシルクロードの交易の場として栄えたこの場所には、様々な遺跡が残されています。そんな「イチャン・カラ」内を歩いていると運が良ければ操り人形のイベントに遭遇できるかもしれません。ホラズムの音楽と一緒にホラズムの操り人形の踊りをぜひ楽しんでみてください。

ヒヴァ「イチャン・カラ」内でラクダに乗って記念撮影

ウズベキスタンの観光地では、ラクダに乗れる場所がいくつかあります。サマルカンドから北に車で4時間ほどの場所にあるアイダル湖やウルゲンチから北に車で2時間ほどの場所にあるアヤズ・カラ周辺といずれも都市からは少し離れた場所。そんな中、気軽にラクダに乗れるのが、ヒヴァ「イチャン・カラ」内です。観光しながら、世界遺産の遺跡とともに記念撮影できます。

イスラム・ホジャ・ミナレットからヒヴァの全景を見渡せる

ヒヴァ「イチャン・カラ」の全景は、ダンスフェスティバルが開催される「クフナ・アルク」内の見張り台から通常は見ることができますが、ダンスフェスティバルが開催される日は、クフナ・アルクは出演者の控え室などとして使用されるため、クフナ・アルク内に入ることはできません。ヒヴァで最も高いミナレットであるイスラム・ホジャ・ミナレットから全景を見渡してみるのも良いでしょう。50.5mのミナレットの中は狭くて急な118段の階段から構成されています。頂上まで登るのは少し体力が必要ですが、ヒヴァの全景を見渡すことができます。

ヒヴァ「イチャン・カラ」内でかわいい雑貨類をショッピング

「イチャン・カラ」内は、ただ歩いているだけでも異国にタイムスリップしたような感覚を味わえますが、通り沿いにはたくさんの路面店があり、かわいい陶器やスカーフやショール、毛糸の靴下、アトラス布の洋服やスザニ、材木彫刻や絨毯などかわいい雑貨がたくさんあります。夕方から開催されるダンスフェスティバルまで「イチャン・カラ」内の遺跡を観光しながら、ショッピングもゆっくり楽しめます。

ダンスフェスティバルで見つけたグルメ

ホラズム州でしか食べられない「トゥフムバラク」

ヒヴァ「イチャン・カラ」内にはさまざまなレストランやカフェがあります。ウズベキスタンの伝統料理であるパロフやソムサ、マンティなどを食すのも良いですが、ここホラズム州でしか食べられない卵を使った料理「トウフムバラク」もご賞味してみてはいかがでしょうか。日本で似たお料理がないので、想像がつきにくいかもしれませんが、ヨーグルトと食べると絶品です!

ホラズム州でしか食べられない「シビットオシュ」

ホラズム州でしか食べられないお料理は、もう一種類あります。「シビットオシュ」は、シビット(ディル)を生地に練りこんだ香草パスタのお料理です。トマトソース味のソースとお好みでヨーグルトもつけて食べると絶品です。

ダンスフェスティバルに必要なアイテム・服装・その他

ダンスフェスティバルが開催される9月中旬は、日中は比較的暖かいですが朝晩はかなり気温が下がり肌寒くなります。夜12時頃まで開催されるため、厚手の羽織れるものが必要です。また、日中は「イチャン・カラ」内ですが観光でかなり歩くため、歩きやすい靴や履きなれた靴が良いでしょう。夜間に終了するため、公共の交通機関がありません。「イチャン・カラ」内もしくは徒歩圏内のホテルを宿泊先に選択することをおすすめします。

ダンスフェスティバルでの注意点

ダンスフェスティバルを鑑賞する人々は、現地の人々の他、ヨーロッパ方面からの外国人観光客が多いです。事前にチケットを購入しての鑑賞になり、当日チケットの販売などは行われていません。チケットの予約や購入に関しては、インターネットなどでの販売などはされていません。ヨーロッパ方面では、ダンスフェスティバルを含めたツアーなどが旅行会社で企画されているようですが、日本の旅行会社ではヒヴァ「イチャン・カラ」のダンスフェスティバルを含めたツアー企画がされていないようです。ご興味のある方は直接投稿者の方にご連絡いただけましたら、チケットの手配や観光などお手伝いさせていただきます。

まとめ

ヒヴァ「イチャン・カラ」で毎年開催されているダンスフェスティバルについてご紹介しました。ウズベキスタンでもコロナの関係でここ2年間ほどは残念ながら、中止になっています。コロナが落ち着いてからはぜひ、ダンスフェスティバルが開催される時期に合わせて世界遺産「イチャン・カラ」の観光に来られてみてはいかがでしょうか?!ホラズムの歴史を遺跡とともに音楽やダンスでも体感できる忘れられない旅になることでしょう。

 

N.mikako日本語通訳・ガイド 

投稿者の過去記事

ウズベキスタンのホラズム州トルクメニスタンとの国境沿いの村に住んでいるウズベク人と結婚し、現在中央アジアで最初に登録された世界遺産「イチャン・カラ」で日本語通訳・ガイドの仕事をしています。
「ヒヴァについて」「ウズベキスタンについて」「村の生活」などにご興味のある方はこちらからお気軽にご連絡ください。https://sehrlixiva.wordpress.com/

コメント

    • t&k
    • 2021年 9月 22日

    Good

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 女子一人旅 in バチカン 偶然ローマ教皇を拝見!!| トラベルダイアリー
    バチカン旅行体験記そういえば、バチカンってローマの中にあるよなーとふと思い出したので早速行ってみ…
  2. 「世界一美しい首都」を実感できた街 ストックホルム| トラベルダイアリー
    ストックホルム旅行体験記今回は旅行代理店の北欧4か国周遊ツアーを利用しました。ストックホルムへは…
  3. [一人旅 オスロ]お得に&楽しんで観光できます!| トラベルダイアリー
    オスロ旅行体験記 2019年、スウェーデン滞在中にオスロへ一人旅に出かけました。物価…
  4. 女子一人旅 in イギリス グリニッジで念願の本初子午線をまたぐ トラベルダイアリー
    グリニッジ旅行体験記イギリスに行ったら絶対に行きたいと思っていた場所、グリニッジ天文台をついに訪…
  5. スイスらしさがぎゅぎゅっと詰まった街、ベルンお散歩旅♪| トラベルダイアリー
    ベルン旅行体験記春休みを利用して祖母が若き日に祖父と旅した思い出の地、スイスの首都ベルンへ、祖母…
  6. サハリン
    ユジノサハリンスク旅行体験記樺太(サハリン)という、現在でも帰属が決まっておらず、日本に最も近い…
  7. カウアイ島旅行体験記いつもハワイに行く時はオアフ島のみでしたが、友人からカウアイ島の自然が凄い!…
  8. セブ旅行体験記短期英語留学で英語を学びにセブ島に行ってきました。英語を学ぶ環境も素晴らし…
  9. ローマ旅行体験記10代の時に初めてローマ旅行をして以来、すっかりその魅力に取り憑かれてしまった私…
  10. チャイティーヨ山旅行体験記首都のヤンゴンから入り、特に予定も旅の期限もなくスタートしたミャンマー…

国内旅行おすすめ

  1. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ河口湖の旅| トラベルダイアリー
    河口湖旅行体験記国の名勝地「富士五湖」の一つである河口湖は、最も長い湖岸線を持ち、最も低い標高地点…
  2. 紅葉とグルメと舞妓体験を楽しむ京都の旅| トラベルダイアリー
    京都旅行体験記 実家の両親に子供を預けて、久しぶりに夫婦二人で京都へ行ってきました。…
  3. 小江戸・栃木の「蔵の街」&足利の「フラワーパーク」をめぐる旅!| トラベルダイアリー
    栃木・足利旅行体験記ドラマ「JIN-仁-」などのロケ地となった栃木市の「巴波川(うずまがわ)」と…
  4. サミットが開かれ海外からも注目された三重・志摩の魅力に迫る旅| トラベルダイアリー
    志摩旅行体験記いつか一度は行ってみたいと憧れていた伊勢志摩へ、日頃の感謝の意味も込めて両親を招待…
  5. 静岡・山梨旅行体験記静岡県と山梨県と言えば、世界文化遺産である富士山と思い浮かびますね。…
  6. モザイクタイルミュージアム旅行体験記岐阜県のモザイクタイルミュージアムの存在をネットで知り、‟モザ…
  7. はじめての香川・小豆島!王道コースで島のいろはを知る旅| トラベルダイアリー
    小豆島旅行体験記関西に在住することになったのをキッカケにせっかくなので関西から行きやすいスポット…
  8. ~美瑛の青い池&パワースポット&花めぐり~北海道での夏休み!| トラベルダイアリー
    美瑛旅行体験記夏の北海道なら美瑛の花畑が見たい!と思い1泊2日で美瑛に行くことになりました。花畑…
  9. 最強のパワースポット伊勢神宮へお参りする〜三重・伊勢旅行〜| トラベルダイアリー
    伊勢旅行体験記今回1泊2日の旅行で、お伊勢さんへお参りしてきました。小学生以来の三重県・伊勢旅行…
  10. ♪インスタ映えスポット♪友達と日帰りぶらり旅 in 京都| トラベルダイアリー
    京都市内旅行体験記こんにちは!今回は、京都市内にあるインスタでよく見かけるあの有名スポットやレス…

最新記事

  1. リスボン旅行体験記母の傘寿のお祝いにポルトガル旅行を計画。今回はリスボンを紹介します。ポルトガルと…
  2. 世界遺産熊野古道と白浜アドベンチャーワールド1泊2日子連れ旅| トラベルダイアリー
    田辺旅行体験記コロナ禍で県外へ旅行できない中、私の住んでいる和歌山県田辺市が独自で地元旅キャンペ…
  3. 江戸~昭和にタイムスリップ!「伊予の小京都」大洲で町歩き| トラベルダイアリー
    大洲旅行体験記愛媛県の大洲市に長期ワーケーションで訪れました。大洲は愛媛県西部の山あいに位置する小…
  4. 【マレーシア旅行記】自然と近代風景が融合する街クアラルンプール| トラベルダイアリー
    クアラルンプール旅行記海外旅行が好きで、長期休みのたびに色々な国を訪れていました。特にエキゾチック…
  5. マルタ マルサシュロックの港風景
    首都:バレッタ近郊旅行体験記マルタ共和国へ行ったきっかけは大学の卒業旅行。親友と私は底なしの…
  6. 東洋一のビーチ、絶景の『宮古島』| トラベルダイアリー
    宮古島旅行体験記綺麗な星空と青い海。その2つを求めて探し出した旅行先、宮古島。沖縄の離島で海が綺麗…
  7. 歩いて楽しむベルリン1泊2日| トラベルダイアリー
    ベルリン旅行体験記念願のドイツ・オランダ旅行、滞在日数は合計10日間。メインはオランダ滞在で、ドイ…
  8. 温泉もBBQもプライベートな空間で楽しみたい!贅沢な温泉グランピングの旅| トラベルダイアリー
    四万旅行体験記「キャンプらしいこともしたいけど、温泉にも浸かりたい・・・」ということで、四万温泉…
  9. 北海道胆振エリアで隠れ家カフェ巡り_トラベルダイアリー
    厚真・日高旅行体験記北海道胆振エリアは知る人ぞ知る隠れ家的なカフェが点在しています。今回は厚真・…
  10. 台湾をもっともっと楽しむ!ローカル台中旅行| トラベルダイアリー
    台中旅行体験記人気の海外旅行先である、台湾。せっかく遊びに行くのなら、メジャーな台北や台南だけでな…

Archive



PAGE TOP