ダンサーが集結!ウズベキスタンのヒヴァでダンスフェスティバル| トラベルダイアリー

ダンサーが集結!ウズベキスタンのヒヴァでダンスフェスティバル

ダンスフェスティバルに行ってきました!

ウズベキスタンの人々はみんな踊りが大好き!結婚式をはじめ、さまざまなイベントで子供から大人まで踊って楽しみます。今回は、私が住んでいるホラズム州のヒヴァにある世界遺産「イチャン・カラ」で毎年開催されているダンスフェスティバルをご紹介します。

ダンスフェスティバルとは

おすすめのポイント
  1. ウズベキスタン国内から近隣国までの伝統的なダンスが鑑賞できる
  2. 世界遺産であるヒヴァ「イチャン・カラ」の観光も楽しめる
  3. ホラズム州でしか食べられない料理も堪能できる

ウズベキスタンの西部に位置するヒヴァの世界遺産「イチャン・カラ」では、2016年から毎年9月中旬頃にダンスフェスティバルが開催されています。ウズベキスタンの国内のみではなく、近隣国からもダンサーが参加し、各州や各国の伝統的なダンスが披露されます。その中でもやはり人気なのは、ウズベキスタン・ホラズム州のダンス「ラズギ」です。「ラズギ」は、2019年に無形文化遺産にも登録されているダンスで、誰もが一度その音楽を聞き、ダンスを見ると踊り出したくなってしまう・・・そんな不思議な力をくれるダンスです。このダンスフェスティバルには、なんと日本からも出演しているんです!

ダンスフェスティバルの見どころ

ウズベキスタン国内から近隣国までの伝統的なダンスを鑑賞

夕方から開催されるダンスフェスティバルには、ウズベキスタン国内からのみではなく、近隣国からのダンサーも参加し、各州や各国の伝統的なダンスが披露されます。夜12時頃まで開かれるダンスフェスティバルでは、賞金もあり、なんと日本からも参加しています。さまざまなダンスの中でもやはりひと際、目をひくのが2019年に無形文化遺産に登録されたホラズムダンスの「ラズギ」です!ウズベキスタンの国民のみならず、さまざまな国から来られた観光客も自然と踊りだしてしまう・・・そんな不思議な力をくれる「ラズギ」をぜひ体感してみませんか?!

「イチャン・カラ」内で操り人形を使ったイベントに遭遇できる?!

ダンスフェスティバルが開催される「イチャン・カラ」は、1990年に中央アジアで最初に世界遺産に登録された場所です。かつてはシルクロードの交易の場として栄えたこの場所には、様々な遺跡が残されています。そんな「イチャン・カラ」内を歩いていると運が良ければ操り人形のイベントに遭遇できるかもしれません。ホラズムの音楽と一緒にホラズムの操り人形の踊りをぜひ楽しんでみてください。

ヒヴァ「イチャン・カラ」内でラクダに乗って記念撮影

ウズベキスタンの観光地では、ラクダに乗れる場所がいくつかあります。サマルカンドから北に車で4時間ほどの場所にあるアイダル湖やウルゲンチから北に車で2時間ほどの場所にあるアヤズ・カラ周辺といずれも都市からは少し離れた場所。そんな中、気軽にラクダに乗れるのが、ヒヴァ「イチャン・カラ」内です。観光しながら、世界遺産の遺跡とともに記念撮影できます。

イスラム・ホジャ・ミナレットからヒヴァの全景を見渡せる

ヒヴァ「イチャン・カラ」の全景は、ダンスフェスティバルが開催される「クフナ・アルク」内の見張り台から通常は見ることができますが、ダンスフェスティバルが開催される日は、クフナ・アルクは出演者の控え室などとして使用されるため、クフナ・アルク内に入ることはできません。ヒヴァで最も高いミナレットであるイスラム・ホジャ・ミナレットから全景を見渡してみるのも良いでしょう。50.5mのミナレットの中は狭くて急な118段の階段から構成されています。頂上まで登るのは少し体力が必要ですが、ヒヴァの全景を見渡すことができます。

ヒヴァ「イチャン・カラ」内でかわいい雑貨類をショッピング

「イチャン・カラ」内は、ただ歩いているだけでも異国にタイムスリップしたような感覚を味わえますが、通り沿いにはたくさんの路面店があり、かわいい陶器やスカーフやショール、毛糸の靴下、アトラス布の洋服やスザニ、材木彫刻や絨毯などかわいい雑貨がたくさんあります。夕方から開催されるダンスフェスティバルまで「イチャン・カラ」内の遺跡を観光しながら、ショッピングもゆっくり楽しめます。

ダンスフェスティバルで見つけたグルメ

ホラズム州でしか食べられない「トゥフムバラク」

ヒヴァ「イチャン・カラ」内にはさまざまなレストランやカフェがあります。ウズベキスタンの伝統料理であるパロフやソムサ、マンティなどを食すのも良いですが、ここホラズム州でしか食べられない卵を使った料理「トウフムバラク」もご賞味してみてはいかがでしょうか。日本で似たお料理がないので、想像がつきにくいかもしれませんが、ヨーグルトと食べると絶品です!

ホラズム州でしか食べられない「シビットオシュ」

ホラズム州でしか食べられないお料理は、もう一種類あります。「シビットオシュ」は、シビット(ディル)を生地に練りこんだ香草パスタのお料理です。トマトソース味のソースとお好みでヨーグルトもつけて食べると絶品です。

ダンスフェスティバルに必要なアイテム・服装・その他

ダンスフェスティバルが開催される9月中旬は、日中は比較的暖かいですが朝晩はかなり気温が下がり肌寒くなります。夜12時頃まで開催されるため、厚手の羽織れるものが必要です。また、日中は「イチャン・カラ」内ですが観光でかなり歩くため、歩きやすい靴や履きなれた靴が良いでしょう。夜間に終了するため、公共の交通機関がありません。「イチャン・カラ」内もしくは徒歩圏内のホテルを宿泊先に選択することをおすすめします。

ダンスフェスティバルでの注意点

ダンスフェスティバルを鑑賞する人々は、現地の人々の他、ヨーロッパ方面からの外国人観光客が多いです。事前にチケットを購入しての鑑賞になり、当日チケットの販売などは行われていません。チケットの予約や購入に関しては、インターネットなどでの販売などはされていません。ヨーロッパ方面では、ダンスフェスティバルを含めたツアーなどが旅行会社で企画されているようですが、日本の旅行会社ではヒヴァ「イチャン・カラ」のダンスフェスティバルを含めたツアー企画がされていないようです。ご興味のある方は直接投稿者の方にご連絡いただけましたら、チケットの手配や観光などお手伝いさせていただきます。

まとめ

ヒヴァ「イチャン・カラ」で毎年開催されているダンスフェスティバルについてご紹介しました。ウズベキスタンでもコロナの関係でここ2年間ほどは残念ながら、中止になっています。コロナが落ち着いてからはぜひ、ダンスフェスティバルが開催される時期に合わせて世界遺産「イチャン・カラ」の観光に来られてみてはいかがでしょうか?!ホラズムの歴史を遺跡とともに音楽やダンスでも体感できる忘れられない旅になることでしょう。

 

N.mikako日本語通訳・ガイド 

投稿者の過去記事

ウズベキスタンのホラズム州トルクメニスタンとの国境沿いの村に住んでいるウズベク人と結婚し、現在中央アジアで最初に登録された世界遺産「イチャン・カラ」で日本語通訳・ガイドの仕事をしています。
「ヒヴァについて」「ウズベキスタンについて」「村の生活」などにご興味のある方はこちらからお気軽にご連絡ください。https://sehrlixiva.wordpress.com/

コメント

    • t&k
    • 2021年 9月 22日 7:17am

    Good

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 白夜の季節にぜひ訪れて!ヘルシンキで暮らすように旅する| トラベルダイアリー
    ヘルシンキ旅行体験記この都市を訪れる人の大半が映画「かもめ食堂」にあこがれて、ではないでしょうか…
  2. 女子一人旅 in オランダ のどかな街と戦争と。アムステルダム| トラベルダイアリー
    アムステルダム旅行体験記ベルギーの次はお隣の国、オランダに向かいました。オランダでは日本人の友人…
  3. アントワープ旅行体験記小さい頃、母に読んでもらったおはなし・フランダースの犬。いつか見たいと思っ…
  4. 台北旅行体験記東京から飛行機で4時間、那覇からなら1時間ちょっと、気軽に訪れることができる海外と…
  5. バンクーバー最大の公園【スタンレーンパーク】| トラベルダイアリー
    バンクーバー旅行体験記バンクーバーは他民族都市とも言われるほど移民の多い街と言われています。20…
  6. 普段見られない景色をみる 真夏のロンドンと近郊日帰り旅| トラベルダイアリー
    ロンドン旅行体験記ほぼはじめてのロンドンということもあって、バッキンガム宮殿と衛兵の交代式を見て…
  7. トロント旅行体験記カナダ最大の都市のトロントは、移民が多いので各国の本格料理が楽しめたり、アート…
  8. 女子一人旅 in スペイン 黒いマリア様に会いにモンセラットまで| トラベルダイアリー
    モンセラット旅行体験記この日は友人が休みを取ってくれ、モンセラットまでドライブしました。テラ…
  9. 女子一人旅 in ペルー マチュピチュの麓、マチュピチュ村で温泉に入る| トラベルダイアリー
    マチュピチュ村旅行体験記いよいよマチュピチュに向かって出発です。マチュピチュの麓にあるこのマチュ…
  10. シンガポール旅行体験記シンガポール旅行は、せっかくなのでセントーサ島へも足をのばして行くことに。…

国内旅行おすすめ

  1. 車なしでも観光できる!高知 1泊2日〜充実のひとり旅〜| トラベルダイアリー
    高知旅行体験記四国旅行の際に訪れたことはあっても、泊まってゆっくり観光したことのなかった高知。…
  2. 「一度は食べたいカキ氷」と「ひまわり畑」で楽しむ夏~in益子と真岡| トラベルダイアリー
    益子と真岡旅行体験記栃木県の益子町で「ひまわり祭り」が行われていたので、元気をいただきに行ってき…
  3. 刺激が欲しい人必見‼世界遺産「知床」で大自然を大冒険しよう| トラベルダイアリー
    知床旅行体験記北海道といえば「新千歳空港」に行く私ですが普段とは違う旅がしたい‼と思い、今回…
  4. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ幸手の旅| トラベルダイアリー
    幸手旅行体験記コロナ禍であまり遠出ができないので、近場の埼玉県で子供が遊べるスポットに泊まりで遊…
  5. 日本の美しさを。北陸 石川県「金沢」を感じる癒しの旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記日本庭園が好きで、日本三名園である金沢の兼六園に以前から行ってみたいと思っていたの…
  6. 4歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ岩原の旅| トラベルダイアリー
    岩原旅行体験記一年振りのスキー旅行。コロナの影響でスキー場の営業を縮小していたり、ホテルでのキッ…
  7. 湯けむりが立ちぼる温泉の街♪別府で湯ごもりワーケーション| トラベルダイアリー
    別府旅行体験記湯のまち別府の温泉宿でワーケーションしながら1ヶ月滞在しました。別府は以前にも旅行…
  8. 温泉リゾート・箱根~温泉&美術館&ツツジ~和を楽しむ母娘2人旅!_トラベルダイアリー
    箱根旅行体験記箱根は温泉施設や美術館が多く、四季によっても景色が違い何度行っても楽しめます。今回…
  9. 長崎旅行続編!〜ハウステンボス&ちょこっと福岡編〜| トラベルダイアリー
    長崎旅行体験記今回は、長崎旅行続編です。前回は、長崎市街を中心に、中華街や出島、眼鏡橋などを訪れま…
  10. ~美瑛の青い池&パワースポット&花めぐり~北海道での夏休み!| トラベルダイアリー
    美瑛旅行体験記夏の北海道なら美瑛の花畑が見たい!と思い1泊2日で美瑛に行くことになりました。花畑…

最新記事

  1. 女子一人旅 in シンガポール チープとゴージャスと多民族| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記 以前の旅で出会った友達に会いにシンガポールへ行きました。都市…
  2. 女子一人旅 in トルコ③ 超穴場!トルコでローマ遺跡、ベルガマ| トラベルダイアリー
    ベルガマ旅行体験記 トルコの観光地でも日本人にはあまり知られていないベルガマに行って…
  3. たまてばこ号に乗って指宿へ。指宿のマンゴーは旨い!| トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記鹿児島の温泉と言えば指宿温泉。指宿は砂湯や開聞岳で知られています。温泉街の近くに「…
  4. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  5. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  6. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  7. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…
  8. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  9. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  10. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…

Archive



PAGE TOP