あの歴史の舞台がてんこ盛り!ドイツ・ポツダム旅行記

ポツダム旅行体験記

ドイツの首都ベルリンから日帰りで足を延ばせる「ポツダム」。学校で勉強した「ポツダム宣言」のイメージしかなかったのですが、行ってみると、とても上品でヨーロッパ情緒あふれる明るい素敵な都市でした!ここではその魅力をご紹介します♪

ポツダム旅行について

おすすめのポイント
  1. No.1観光スポット「サンスーシ宮殿」
  2. 緑豊かな公園の風景
  3. 「あの」名物料理に貢献した街

ポツダムはドイツの首都ベルリンから電車で30分ほどのところにある都市。世界遺産「サンスーシ宮殿」やその関連施設は、ポツダムに来たほとんどの人が足を運ぶNo.1人気観光スポットです。周辺に広がる「サンスーシ公園」は入場無料。これらの建設を進めた時の王様「フリードリヒ2世」はドイツにじゃがいも文化を定着させた立役者で、なんと公園内にあるお墓には、いまでもお花とともに「じゃがいも」がしょっちゅう供えられています。

ポツダム旅行のおすすめのスポット

Schloss Sanssouci

黄色い外観や、建てられた場所がなんとも特徴的な「サンスーシ宮殿(シュロス・サンスーシ)」。ポツダムで最も定番の観光スポットで、1747年に時の王様、フリードリヒ2世のお住まいとして建てられました。宮殿は段々畑のような坂の上に建てられているのですが、その姿がなんとも優雅!平屋式の宮殿で、決して大きなものではないのですが、芸術方面にもあかるい、フリードリヒ2世の抜群のセンスを存分に感じることができました。

Neues Palais

「新宮殿(ノイエス・パレース)」は一瞬「こっちがサンスーシ宮殿!?」と間違えてしまうほど、豪華絢爛な宮殿で、サンスーシ宮殿から2キロほど離れた場所に建っています。こちらもフリードリヒ2世の命によって建てられたものなのですが、国力を誇示する目的で造られた為、とにかくド迫力スケール!広いサンスーシ公園内の奥にあるため、アクセスは少々悪いですが、時間がある方は是非セットで足を運んでみてください。

Park Sanssouci

「サンスーシ公園(パルク・サンスーシ)」は、公園内に入るだけなら無料♪ポツダムにある主な観光スポットは、サンスーシ宮殿のみ、日本語音声ガイドを借りることが出来るのですが、他は基本的には英語orドイツ語力が必要なので、親子連れ、感覚的に楽しみたい方や、歴史にあまり興味がない方はサンスーシ公園をそぞろ歩きするのもおすすめです。

ポツダムでのおすすめグルメ

Kartoffel

「じゃがいも」といえば、いまではドイツ料理には絶対に欠かせないものですが、実は国内へ紹介されたのは、1700年代に入ってからのことだそうです。もちろん日本でもドイツでも簡単に食べられますが、ポツダムに来たら是非じゃがいもを食べて欲しい!というのも、サンスーシ宮殿の主、フリードリヒ2世がドイツでのじゃがいも普及に多大な貢献をした為です。じゃがいもはドイツ語で「カルトッフェル(複:カルトッフェルン)」。是非チェックしてみてください。

ポツダムでのおすすめのショッピングスポット

Brandenburger Tor周辺

「ブランデンブルク門(ブランデンブルク・トア)」周辺は街一番の繁華街。サンスーシ宮殿から歩いて約10分、ポツダム中央駅(Potsdam Hauptbahnhof)から約20分ほところにあります。門の前から延びるブランデンブルク通り(Brandenburger straße/ ブランデンブルク・シュトラーセ)は、華やかながらも、お隣の首都ベルリンに比べると、かなりのんびりした雰囲気でお買い物しやすくおすすめです。

ポツダムにて宿泊したホテル

Hotel NH Potsdam

私たちは欧州チェーン系ホテルの「ホテル・エヌエイチ・ポツダム」に泊まりました。ベルリンからの電車が停まる「ポツダム中央駅(Potsdam Hauptbahnhof)」からは歩いて20分ほどかかりましたが、街の中心地で、ブランデンブルク通りからもすぐの所だったため、食事やショッピングなどをするには好アクセスでした。ポツダム―ベルリン間は電車で約30分なので、次の予定次第で、ベルリン泊orポツダム泊を選び分けると良いかと思います。

ポツダム旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

私たちはドイツの首都ベルリンを旅の起点とし、電車でポツダムまで足を延ばしました。徒歩で色々と見て回りましたが、特にサンスーシ公園はめちゃくちゃ広い(約290ヘクタール、東京ドーム約62個分あります…)くヘトヘト!バスを利用しながら巡ることも出来ますが、海外の公共交通機関やバスが不慣れな方、また、観光スポットへの理解を深めたい方は、現地発着のツアーなどを組み合わせると良いかもしれません。

ポツダム旅行に必要な持ち物とは

「帽子(特に春~秋)」
ポツダムは湿度が低く、カラっとしているのですが日差しが強く、観光をしていると、あっという間に日焼けしてしまいました。日本と違って日傘をさす文化がない為、日焼けしたくない方は日焼け止めに加え、帽子でガードすると安心です。なお日焼け止めも種類が少なめ…。鞄に余裕があれば日本から持って行った方が現地で慌てなくて済むかと思います。

ポツダム旅行で気を付けることとは!?

ポツダム旅行での注意点
  1. サンスーシ宮殿はとにかく広い!です。
  2. 観光スポットは巡る場所によってチケットを選び分けましょう。
  3. 歩きやすい靴でいきましょう。

ポツダム観光のハイライト、サンスーシ宮殿はじっくり見ようとすると丸一日かかりまいます。とりあえず押さえておきたい方は公園のみor公園+サンスーシ宮殿のみの入場がオススメ。じっくり見たい方は、19ユーロで複数施設を巡れるセット券があるのでそちらをチョイスしましょう。公園内は徒歩orバスでの移動となります。歩きやすい靴で行くのが◎市街地観光も予定されている方は、事前に計画をたてて、効率良く巡りましょう。

まとめ

なお、ポツダム会議(宣言)の舞台となった「ツェツィーリエンホーフ宮殿(Schloss Cecilienhof)」も同市内にあり、サンスーシ宮殿からタクシーで5分~10分ほどでした。小さいながらも観光スポットがとにかくたくさんのポツダム。歴史好きな方は1~1.5日ほどあるとゆっくり見て回ることが出来るでしょう。是非ベルリンへ遊びに行った際は足を延ばしてみてください。

 

アコ東京出身。

投稿者の過去記事

アメリカ→イタリア在住。
美味しいもの、特にスイーツが大好きです.。.:**:.。..

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 東南アジアの先進国であり、多民族国家のシンガポールで魅力的な旅♪| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記英語と中国語を学んでいたので、その2言語が公用語のシンガポールにはとても興…
  2. 女子一人旅 in ギリシャ 白と青の街にキュン!サントリーニ島| トラベルダイアリー
    サントリーニ旅行体験記アテネに行くこと以外ノープランだったギリシャでしたが、ゲストハウスで同室に…
  3. 魅惑のモロッコ!かつての北アフリカ最大の交易都市「マラケシュ」| トラベルダイアリー
    マラケシュ旅行体験記誰もが一度は訪れてみたいと憧れる国の1つモロッコ。今回は、パリに住んでいる友…
  4. 白夜の季節にぜひ訪れて!ヘルシンキで暮らすように旅する| トラベルダイアリー
    ヘルシンキ旅行体験記この都市を訪れる人の大半が映画「かもめ食堂」にあこがれて、ではないでしょうか…
  5. サンペドロ・ラ・ラグーナ旅行体験記日本での知名度はかなり低いサンペドロ・ラ・ラグーナですが、バッ…
  6. ハマメットとナブール経由で古代のフェニキア都市ケルクアンへ| トラベルダイアリー
    ケルクアン旅行体験記ケルクアンはボン岬に位置するフェニキア人がつくったカルタゴ時代の遺跡です。こ…
  7. ポートディクソン旅行体験記クアラルンプールを訪れた際、近郊のリゾート地、ポートディクソンへも行っ…
  8. シンガポール旅行体験記日本を飛び出し、異国の地に行きたい。中華、マレー、インドなど多文化でとても…
  9. 女子一人旅 in イタリア ここもデモ!そして体調不良、ローマ| トラベルダイアリー
    ローマ旅行体験記風邪をひいたまま到着したローマ。治るどころか悪化させてしまい、体調は絶不調。それ…
  10. ウィーン旅行体験記親友の海外フォトウェディングのお手伝いで訪れたウィーン。写真撮影後「きょうは甘…

国内旅行おすすめ

  1. 石川・加賀の山中温泉~情緒溢れる温泉街を自転車で~| トラベルダイアリー
    加賀旅行体験記加賀には、自然あふれる散歩コースがたくさんあると聞き、非日常な雰囲気を味わえると思…
  2. 【一人旅】アジアの玄関口、福岡・太宰府で、歴史を学ぶお勉強気分に浸る| トラベルダイアリー
    太宰府旅行体験記土日に時間ができたため、1泊旅行に行こうとしたものの、季節は梅雨。なるべくなら雨…
  3. お城から映えスポットまで。今行きたい〜愛知・犬山〜| トラベルダイアリー
    犬山旅行体験記以前もご紹介した名古屋。東京、大阪からすぐに行ける場所にありますが、今回は、そんな…
  4. 八ヶ岳周辺シリーズ Part2【清里・野辺山】メルヘンと宇宙の旅| トラベルダイアリー
    清里・野辺山1泊2日の八ヶ岳旅行2日目は、清里・野辺山に立ち寄りました。泊まったプチホテルか…
  5. 四万ブルーと温泉でリラックス!疲れを癒したいなら群馬県四万温泉がオススメ! | トラベルダイアリー
    四万ブルーと温泉でリラックス!疲れを癒したいなら群馬県四万温泉がオススメ!癒しを求め、自然と温泉…
  6. 日光旅行体験記2019年GWにまとまったお休みをいただいたので、東北地方へ旅行に行ってきました。…
  7. ♪インスタ映えスポット♪友達と日帰りぶらり旅 in 京都| トラベルダイアリー
    京都市内旅行体験記こんにちは!今回は、京都市内にあるインスタでよく見かけるあの有名スポットやレス…
  8. 3000本のモミジにうっとり♪秋の京都は【永観堂】に行くべし!| トラベルダイアリー
    永観堂旅行体験記永観堂(禅林寺)はみかえり阿弥陀様で有名なお寺ですが、それだけではなく秋の紅葉の…
  9. ☆*マングローブ☆*疲れた時には、ひとっこひとり居ない奄美大島の海を見に行こう| トラベルダイアリー
    奄美大島ひとり旅沖縄には行った事があるものの、気になっていながら上陸していなかった奄美大島。…
  10. 四国初上陸!高知で本場のかつおのたたきを食らう| トラベルダイアリー
    高知旅行体験記何度も申し上げてきました。私は海育ちなのに生ものが食べられないと…。しかし大人にな…

最新記事

  1. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  2. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…
  3. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…
  4. 大人も子供も楽しめる!名古屋人気観光スポット巡り| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記 「名古屋行ったことないから行ってみる?でも名古屋って何があるの?」…
  5. オープントップバスから眺めるポルトの街並み。| トラベルダイアリー
    ポルト旅行体験記ポートワインで有名なポルト。ワイナリー見学も目的のひとつですが、この町はアズレー…
  6. 青の洞門
    マルタ島旅行体験記前回は首都:バレッタ周辺の情報お届けしました。さてさて、今…
  7. 【一人旅】窓から冬花火が見える、熱海のホテルで4泊5日| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記1月の連休を利用して、東京から少し足を伸ばした近場に旅行することに。そろそろ早咲の…
  8. 【ポルトガル】アラブと西洋の融合が美しい街、シントラ。| トラベルダイアリー
    シントラ旅行体験記リスボンから車で1時間足らずで行けるシントラ。高齢の母と二人旅だったので、現地…
  9. なお、納期は自由です。 ご負担にならない範囲で、お気軽にお願いいたします。 また動画も是非ひとつアップ戴けると助かります。 どうぞよろしくお願いいたします。| トラベルダイアリー
    リスボン旅行体験記母の傘寿のお祝いにポルトガル旅行を計画。今回はリスボンを紹介します。ポルトガル…
  10. 世界遺産熊野古道と白浜アドベンチャーワールド1泊2日子連れ旅| トラベルダイアリー
    田辺旅行体験記コロナ禍で県外へ旅行できない中、私の住んでいる和歌山県田辺市が独自で地元旅キャンペ…

Archive



PAGE TOP