あの歴史の舞台がてんこ盛り!ドイツ・ポツダム旅行記

ポツダム旅行体験記

ドイツの首都ベルリンから日帰りで足を延ばせる「ポツダム」。学校で勉強した「ポツダム宣言」のイメージしかなかったのですが、行ってみると、とても上品でヨーロッパ情緒あふれる明るい素敵な都市でした!ここではその魅力をご紹介します♪

ポツダム旅行について

おすすめのポイント
  1. No.1観光スポット「サンスーシ宮殿」
  2. 緑豊かな公園の風景
  3. 「あの」名物料理に貢献した街

ポツダムはドイツの首都ベルリンから電車で30分ほどのところにある都市。世界遺産「サンスーシ宮殿」やその関連施設は、ポツダムに来たほとんどの人が足を運ぶNo.1人気観光スポットです。周辺に広がる「サンスーシ公園」は入場無料。これらの建設を進めた時の王様「フリードリヒ2世」はドイツにじゃがいも文化を定着させた立役者で、なんと公園内にあるお墓には、いまでもお花とともに「じゃがいも」がしょっちゅう供えられています。

ポツダム旅行のおすすめのスポット

Schloss Sanssouci

黄色い外観や、建てられた場所がなんとも特徴的な「サンスーシ宮殿(シュロス・サンスーシ)」。ポツダムで最も定番の観光スポットで、1747年に時の王様、フリードリヒ2世のお住まいとして建てられました。宮殿は段々畑のような坂の上に建てられているのですが、その姿がなんとも優雅!平屋式の宮殿で、決して大きなものではないのですが、芸術方面にもあかるい、フリードリヒ2世の抜群のセンスを存分に感じることができました。

Neues Palais

「新宮殿(ノイエス・パレース)」は一瞬「こっちがサンスーシ宮殿!?」と間違えてしまうほど、豪華絢爛な宮殿で、サンスーシ宮殿から2キロほど離れた場所に建っています。こちらもフリードリヒ2世の命によって建てられたものなのですが、国力を誇示する目的で造られた為、とにかくド迫力スケール!広いサンスーシ公園内の奥にあるため、アクセスは少々悪いですが、時間がある方は是非セットで足を運んでみてください。

Park Sanssouci

「サンスーシ公園(パルク・サンスーシ)」は、公園内に入るだけなら無料♪ポツダムにある主な観光スポットは、サンスーシ宮殿のみ、日本語音声ガイドを借りることが出来るのですが、他は基本的には英語orドイツ語力が必要なので、親子連れ、感覚的に楽しみたい方や、歴史にあまり興味がない方はサンスーシ公園をそぞろ歩きするのもおすすめです。

ポツダムでのおすすめグルメ

Kartoffel

「じゃがいも」といえば、いまではドイツ料理には絶対に欠かせないものですが、実は国内へ紹介されたのは、1700年代に入ってからのことだそうです。もちろん日本でもドイツでも簡単に食べられますが、ポツダムに来たら是非じゃがいもを食べて欲しい!というのも、サンスーシ宮殿の主、フリードリヒ2世がドイツでのじゃがいも普及に多大な貢献をした為です。じゃがいもはドイツ語で「カルトッフェル(複:カルトッフェルン)」。是非チェックしてみてください。

ポツダムでのおすすめのショッピングスポット

Brandenburger Tor周辺

「ブランデンブルク門(ブランデンブルク・トア)」周辺は街一番の繁華街。サンスーシ宮殿から歩いて約10分、ポツダム中央駅(Potsdam Hauptbahnhof)から約20分ほところにあります。門の前から延びるブランデンブルク通り(Brandenburger straße/ ブランデンブルク・シュトラーセ)は、華やかながらも、お隣の首都ベルリンに比べると、かなりのんびりした雰囲気でお買い物しやすくおすすめです。

ポツダムにて宿泊したホテル

Hotel NH Potsdam

私たちは欧州チェーン系ホテルの「ホテル・エヌエイチ・ポツダム」に泊まりました。ベルリンからの電車が停まる「ポツダム中央駅(Potsdam Hauptbahnhof)」からは歩いて20分ほどかかりましたが、街の中心地で、ブランデンブルク通りからもすぐの所だったため、食事やショッピングなどをするには好アクセスでした。ポツダム―ベルリン間は電車で約30分なので、次の予定次第で、ベルリン泊orポツダム泊を選び分けると良いかと思います。

ポツダム旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

私たちはドイツの首都ベルリンを旅の起点とし、電車でポツダムまで足を延ばしました。徒歩で色々と見て回りましたが、特にサンスーシ公園はめちゃくちゃ広い(約290ヘクタール、東京ドーム約62個分あります…)くヘトヘト!バスを利用しながら巡ることも出来ますが、海外の公共交通機関やバスが不慣れな方、また、観光スポットへの理解を深めたい方は、現地発着のツアーなどを組み合わせると良いかもしれません。

ポツダム旅行に必要な持ち物とは

「帽子(特に春~秋)」
ポツダムは湿度が低く、カラっとしているのですが日差しが強く、観光をしていると、あっという間に日焼けしてしまいました。日本と違って日傘をさす文化がない為、日焼けしたくない方は日焼け止めに加え、帽子でガードすると安心です。なお日焼け止めも種類が少なめ…。鞄に余裕があれば日本から持って行った方が現地で慌てなくて済むかと思います。

ポツダム旅行で気を付けることとは!?

ポツダム旅行での注意点
  1. サンスーシ宮殿はとにかく広い!です。
  2. 観光スポットは巡る場所によってチケットを選び分けましょう。
  3. 歩きやすい靴でいきましょう。

ポツダム観光のハイライト、サンスーシ宮殿はじっくり見ようとすると丸一日かかりまいます。とりあえず押さえておきたい方は公園のみor公園+サンスーシ宮殿のみの入場がオススメ。じっくり見たい方は、19ユーロで複数施設を巡れるセット券があるのでそちらをチョイスしましょう。公園内は徒歩orバスでの移動となります。歩きやすい靴で行くのが◎市街地観光も予定されている方は、事前に計画をたてて、効率良く巡りましょう。

まとめ

なお、ポツダム会議(宣言)の舞台となった「ツェツィーリエンホーフ宮殿(Schloss Cecilienhof)」も同市内にあり、サンスーシ宮殿からタクシーで5分~10分ほどでした。小さいながらも観光スポットがとにかくたくさんのポツダム。歴史好きな方は1~1.5日ほどあるとゆっくり見て回ることが出来るでしょう。是非ベルリンへ遊びに行った際は足を延ばしてみてください。

 

アコ東京出身。

投稿者の過去記事

アメリカ→イタリア在住。
美味しいもの、特にスイーツが大好きです.。.:**:.。..

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 誰もが一度は憧れる!南イタリアのカプリ島「青の洞窟」| トラベルダイアリー
    カプリ島旅行体験記友人と2人でギリシャ&南イタリア周遊のツアーに参加しました!ギリシャか…
  2. グリンデルワルドからベルン・ヌーシャテル・グリュイエールへ弾丸日帰り観光| トラベルダイアリー
    グリュイエール旅行体験記グリンデルワルドから日帰りでベルン、ヌーシャテル、グリュイエールへ日帰り…
  3. ピネロロ旅行体験記友人の留学がきっかけで遊びに行った北イタリアのアルプスのふもとの街ピネロロ。行…
  4. 自然とクメール建築が作り出す絶景!シェムリアップのアンコール遺跡| トラベルダイアリー
    シェムリアップ旅行体験記カンボジアと聞くと誰もが最初に思い描く遺跡「アンコール・ワット」。実は、…
  5. ブリスベン旅行体験記2016年、当時オーストラリアに住んでいた姉を訪ね初めてのブリスベンへ。自然…
  6. ミコノス島旅行体験記 大学時代の友人と、念願の5泊7日ギリシャ旅行。せっかくなら白の…
  7. キラキラネオンとカジノで輝く街 中華人民共和国マカオ特別行政区| トラベルダイアリー
    マカオ旅行体験記香港かマカオに行きたくて、ポルトガルの文化も混じっている、マカオに興味が勝り行く…
  8. 夜景と温泉に癒される♪ハンガリーの首都ブダペストを観光| トラベルダイアリー
    ブダペスト旅行体験記南ドイツ~オーストリア~ハンガリーを鉄道で周遊しました。1週間で3カ国という…
  9. スイスらしさがぎゅぎゅっと詰まった街、ベルンお散歩旅♪| トラベルダイアリー
    ベルン旅行体験記春休みを利用して祖母が若き日に祖父と旅した思い出の地、スイスの首都ベルンへ、祖母…
  10. アナハイム旅行体験記 みんな大好き夢の国。本場のディズニーへ行きたいという夢を、この…

国内旅行おすすめ

  1. 門司港でレトロな時間を味わう| トラベルダイアリー
    門司港旅行体験記かつて国際貿易港として栄えた門司港にはレトロな建築が建ち並び、自然豊かで、歩いて…
  2. 異国情緒漂う長崎市街を満喫!レンタカーで巡る長崎旅行| トラベルダイアリー
    長崎旅行体験記九州には何度か訪れていますが、今まで訪問する機会がなかった長崎。今回お得なツアーを…
  3. ~バラ&彫刻&富士山に癒された~アートリゾート・箱根で女子たび| トラベルダイアリー
    箱根旅行体験記箱根に1泊2日の盛りだくさんな女子ふたり旅をしてきました。アートや花鑑賞、グルメ、…
  4. こんぴらさん参拝旅行体験記「一度はこんぴらさんにお参りしてみたい!」母からのリクエストを受け…
  5. 別府旅行体験記 普段国内、海外を問わず旅行中は動き回ることが多いのですが、たまにはの…
  6. 静岡島田 ギネス認定!蓬莱橋で絶景散歩♪ | トラベルダイアリー
    蓬莱橋旅行体験記静岡県島田市に世界一長い木造歩道橋があることを知り、一目見て見たくて行ってきまし…
  7. 静岡 自然が美しい寺社巡り~週末にほっと一息リフレッシュ旅~ | トラベルダイアリー
    寺社巡り旅行体験記新緑の美しい季節に、寺社巡りをしたいと思い立ち出かけました。森町の小國神社と磐…
  8. 京都旅行体験記そうだ!京都へ行こう!と、突然あの和を感じたくなる瞬間になりドライブを兼ねて行って…
  9. 四国初上陸!高知で本場のかつおのたたきを食らう| トラベルダイアリー
    高知旅行体験記何度も申し上げてきました。私は海育ちなのに生ものが食べられないと…。しかし大人にな…
  10. 奄美大島 ゴジラがいた森!?ガイド付きじゃないと入れない!金作原原生林とは?| トラベルダイアリー
    金作原原生林体験記奄美大島で行きたい場所のひとつでもあった、金作原原生林!自然保護のため認定ガイ…

最新記事

  1. ご飯が美味しいインド洋の島・スリランカの南端の町ゴールと近隣ビーチ| トラベルダイアリー
    ゴール旅行体験記 仕事に追われて見知らぬ土地でのんびり過ごしたいと思い、行ったことの…
  2. 沖縄の大自然に触れる!愛犬と一緒に楽む「やんばる」の旅| トラベルダイアリー
    沖縄やんばる旅行体験記沖縄本島の北部「やんばる」と呼ばれるエリアは、那覇空港のある南部から車で約…
  3. 70年代の熱気を感じる!衝撃!太陽の塔内部見学と大阪アート旅!| トラベルダイアリー
    大阪旅行体験記 あの、岡本太郎の太陽の塔の内部を見ることができる!それを聞いたとき、…
  4. [一人旅 オスロ]お得に&楽しんで観光できます!| トラベルダイアリー
    オスロ旅行体験記 2019年、スウェーデン滞在中にオスロへ一人旅に出かけました。物価…
  5. 4歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ沖縄の旅| トラベルダイアリー
    那覇旅行体験記夏のピークで混みあう前に、沖縄へ三世代で旅行へ行ってきました。今回は海開きはしてい…
  6. ミラノからの日帰り旅行に 古都モンツァ| トラベルダイアリー
    モンツァ旅行体験記ミラノ郊外の街。ピンクやイエローのパステルカラーの建物が並ぶポップでキュートな…
  7. 夜景と温泉に癒される♪ハンガリーの首都ブダペストを観光| トラベルダイアリー
    ブダペスト旅行体験記南ドイツ~オーストリア~ハンガリーを鉄道で周遊しました。1週間で3カ国という…
  8. [妖怪だらけ 境港市]水木しげるロードで楽しもう!| トラベルダイアリー
    境港旅行体験記鳥取県に友人と二人旅に行ってきました!一泊二日の旅程で、1日目は鳥取の北西部にある…
  9. 【一人旅】偽物の集合が本物の価値を生み出す「大塚国際美術館」| トラベルダイアリー
    鳴門旅行体験記週末を挟み時間が取れたので、3泊4日の旅行をすることに。そこで、前から行きたかった…
  10. [食の都 大阪]安くて旨いを探すぶらり旅!| トラベルダイアリー
    大阪旅行体験記 大阪旅行に行ってきました!これまで国内旅行や海外旅行にはよく行ってい…

Archive



PAGE TOP