あの歴史の舞台がてんこ盛り!ドイツ・ポツダム旅行記

ポツダム旅行体験記

ドイツの首都ベルリンから日帰りで足を延ばせる「ポツダム」。学校で勉強した「ポツダム宣言」のイメージしかなかったのですが、行ってみると、とても上品でヨーロッパ情緒あふれる明るい素敵な都市でした!ここではその魅力をご紹介します♪

ポツダム旅行について

おすすめのポイント
  1. No.1観光スポット「サンスーシ宮殿」
  2. 緑豊かな公園の風景
  3. 「あの」名物料理に貢献した街

ポツダムはドイツの首都ベルリンから電車で30分ほどのところにある都市。世界遺産「サンスーシ宮殿」やその関連施設は、ポツダムに来たほとんどの人が足を運ぶNo.1人気観光スポットです。周辺に広がる「サンスーシ公園」は入場無料。これらの建設を進めた時の王様「フリードリヒ2世」はドイツにじゃがいも文化を定着させた立役者で、なんと公園内にあるお墓には、いまでもお花とともに「じゃがいも」がしょっちゅう供えられています。

ポツダム旅行のおすすめのスポット

Schloss Sanssouci

黄色い外観や、建てられた場所がなんとも特徴的な「サンスーシ宮殿(シュロス・サンスーシ)」。ポツダムで最も定番の観光スポットで、1747年に時の王様、フリードリヒ2世のお住まいとして建てられました。宮殿は段々畑のような坂の上に建てられているのですが、その姿がなんとも優雅!平屋式の宮殿で、決して大きなものではないのですが、芸術方面にもあかるい、フリードリヒ2世の抜群のセンスを存分に感じることができました。

Neues Palais

「新宮殿(ノイエス・パレース)」は一瞬「こっちがサンスーシ宮殿!?」と間違えてしまうほど、豪華絢爛な宮殿で、サンスーシ宮殿から2キロほど離れた場所に建っています。こちらもフリードリヒ2世の命によって建てられたものなのですが、国力を誇示する目的で造られた為、とにかくド迫力スケール!広いサンスーシ公園内の奥にあるため、アクセスは少々悪いですが、時間がある方は是非セットで足を運んでみてください。

Park Sanssouci

「サンスーシ公園(パルク・サンスーシ)」は、公園内に入るだけなら無料♪ポツダムにある主な観光スポットは、サンスーシ宮殿のみ、日本語音声ガイドを借りることが出来るのですが、他は基本的には英語orドイツ語力が必要なので、親子連れ、感覚的に楽しみたい方や、歴史にあまり興味がない方はサンスーシ公園をそぞろ歩きするのもおすすめです。

ポツダムでのおすすめグルメ

Kartoffel

「じゃがいも」といえば、いまではドイツ料理には絶対に欠かせないものですが、実は国内へ紹介されたのは、1700年代に入ってからのことだそうです。もちろん日本でもドイツでも簡単に食べられますが、ポツダムに来たら是非じゃがいもを食べて欲しい!というのも、サンスーシ宮殿の主、フリードリヒ2世がドイツでのじゃがいも普及に多大な貢献をした為です。じゃがいもはドイツ語で「カルトッフェル(複:カルトッフェルン)」。是非チェックしてみてください。

ポツダムでのおすすめのショッピングスポット

Brandenburger Tor周辺

「ブランデンブルク門(ブランデンブルク・トア)」周辺は街一番の繁華街。サンスーシ宮殿から歩いて約10分、ポツダム中央駅(Potsdam Hauptbahnhof)から約20分ほところにあります。門の前から延びるブランデンブルク通り(Brandenburger straße/ ブランデンブルク・シュトラーセ)は、華やかながらも、お隣の首都ベルリンに比べると、かなりのんびりした雰囲気でお買い物しやすくおすすめです。

ポツダムにて宿泊したホテル

Hotel NH Potsdam

私たちは欧州チェーン系ホテルの「ホテル・エヌエイチ・ポツダム」に泊まりました。ベルリンからの電車が停まる「ポツダム中央駅(Potsdam Hauptbahnhof)」からは歩いて20分ほどかかりましたが、街の中心地で、ブランデンブルク通りからもすぐの所だったため、食事やショッピングなどをするには好アクセスでした。ポツダム―ベルリン間は電車で約30分なので、次の予定次第で、ベルリン泊orポツダム泊を選び分けると良いかと思います。

ポツダム旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

私たちはドイツの首都ベルリンを旅の起点とし、電車でポツダムまで足を延ばしました。徒歩で色々と見て回りましたが、特にサンスーシ公園はめちゃくちゃ広い(約290ヘクタール、東京ドーム約62個分あります…)くヘトヘト!バスを利用しながら巡ることも出来ますが、海外の公共交通機関やバスが不慣れな方、また、観光スポットへの理解を深めたい方は、現地発着のツアーなどを組み合わせると良いかもしれません。

ポツダム旅行に必要な持ち物とは

「帽子(特に春~秋)」
ポツダムは湿度が低く、カラっとしているのですが日差しが強く、観光をしていると、あっという間に日焼けしてしまいました。日本と違って日傘をさす文化がない為、日焼けしたくない方は日焼け止めに加え、帽子でガードすると安心です。なお日焼け止めも種類が少なめ…。鞄に余裕があれば日本から持って行った方が現地で慌てなくて済むかと思います。

ポツダム旅行で気を付けることとは!?

ポツダム旅行での注意点
  1. サンスーシ宮殿はとにかく広い!です。
  2. 観光スポットは巡る場所によってチケットを選び分けましょう。
  3. 歩きやすい靴でいきましょう。

ポツダム観光のハイライト、サンスーシ宮殿はじっくり見ようとすると丸一日かかりまいます。とりあえず押さえておきたい方は公園のみor公園+サンスーシ宮殿のみの入場がオススメ。じっくり見たい方は、19ユーロで複数施設を巡れるセット券があるのでそちらをチョイスしましょう。公園内は徒歩orバスでの移動となります。歩きやすい靴で行くのが◎市街地観光も予定されている方は、事前に計画をたてて、効率良く巡りましょう。

まとめ

なお、ポツダム会議(宣言)の舞台となった「ツェツィーリエンホーフ宮殿(Schloss Cecilienhof)」も同市内にあり、サンスーシ宮殿からタクシーで5分~10分ほどでした。小さいながらも観光スポットがとにかくたくさんのポツダム。歴史好きな方は1~1.5日ほどあるとゆっくり見て回ることが出来るでしょう。是非ベルリンへ遊びに行った際は足を延ばしてみてください。

 

アコ

アコ東京出身。

投稿者の過去記事

アメリカ→イタリア在住。
美味しいもの、特にスイーツが大好きです.。.:**:.。..

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




海外旅行おすすめ

  1. サンフランシスコ旅行体験記何回か行ったことのあるアメリカ。実はあまり好きではないのですが、友人に…
  2. プラハ旅行体験記チェコの首都プラハ。世界最古で最大のお城があり、街のシンボルとも言える天文時…
  3. ウユニ旅行体験記前回、ウユニ①の記事でご紹介したツアーでは、乾季と雨季それぞれ違ったウユニ塩湖を…
  4. 女子一人旅 in カンボジア 美しい王宮と青い空のプノンペン| トラベルダイアリー
    プノンペン旅行体験記シェムリアップからバスに揺られてプノンペンに行ってみました。ポルポト政権の時…
  5. お気軽ハイキング♡スイス、スネガ・パラダイス旅行| トラベルダイアリー
    スネガ・パラダイス旅行体験記マッターホルンのお膝元、スイス・ツェルマットにある「スネガ・パラダイ…
  6. ブリスベン旅行体験記2016年、当時オーストラリアに住んでいた姉を訪ね初めてのブリスベンへ。自然…
  7. ケアンズ旅行体験記寒い冬の季節、どこか暖かい南国に出かけたい気持ちになった事はありませんか?今回…
  8. バルセロナ旅行体験記「世界各国でお酒を飲むこと」を何よりも楽しみに旅をしている私たち夫婦にとって…
  9. ハンピ旅行体験記1986年に世界遺産になった南インドの秘境、ハンピ。巨石でできたこの街は、まるで違…
  10. 日本から2時間半で行けちゃう!「ウラジオストク」の魅力 | トラベルダイアリー
    ウラジオストク旅行体験記年末年始休暇を使ってロシアのウラジオストクに一人旅をしてきました。マイナ…

国内旅行おすすめ

  1. 長州歴史&絶景の旅 …
  2. 坂のある風景にシャッターが止まらない!レトロな港町・尾道をぶらり| トラベルダイアリー
    尾道旅行体験記風情ある景色と街並みで多くの映画や物語の舞台にもなっている広島県尾道市。今回2週間…
  3. 白壁の街並みが続く美観地区でのんびり街歩き♪倉敷日帰り旅行| トラベルダイアリー
    倉敷旅行体験記岡山県倉敷市へ旅行してきました!歴史ある街並みの美観地区やアウトレット、児島デニム…
  4. 伊勢旅行体験記 名古屋から日帰り旅行で行ける場所を…と思い探していたら、お伊勢さんが…
  5. 友ヶ島旅行体験記2018年GWに友ヶ島へ旅行に行ってきました。そこはまるでジブリの世界に迷い込ん…
  6. 静岡・山梨旅行体験記静岡県と山梨県と言えば、世界文化遺産である富士山と思い浮かびますね。…
  7. 指宿旅行体験記圧巻の自然といい絶品のグルメといい、桜島を訪れた際、すっかり鹿児島に魅了されてしま…
  8. 箱根旅行体験記箱根は神奈川県南西に位置しており、関東方面から週末のリフレッシュに最適な場所です!…
  9. 日光旅行体験記2019年GWにまとまったお休みをいただいたので、東北地方へ旅行に行ってきました。…
  10. 広島旅行体験記広島県の竹原市から船で15分のところにある大久野島はうさぎ島と呼ばれています。戦時…

最新記事

  1. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ浅草の旅| トラベルダイアリー
    浅草旅行体験記「東京ソラマチ」で開催していた「こいのぼりフェスティバル」が気になっていて、ちょう…
  2. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ昭島の旅| トラベルダイアリー
    昭島旅行体験記今回は近場の東京都で子供が遊べるスポットに泊まりで遊びに行きました。子供が花が好き…
  3. みんな大好きハワイオアフ島でちょっと穴場のスポットへ行ってみよう♪| トラベルダイアリー
    オアフ島旅行体験記社員旅行先がハワイのオアフ島でした。私はハワイはあまり行かないので、ハワイ大好き…
  4. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ幸手の旅| トラベルダイアリー
    幸手旅行体験記コロナ禍であまり遠出ができないので、近場の埼玉県で子供が遊べるスポットに泊まりで遊…
  5. 女子一人旅 in トルコ 自然と人間が作った世界遺産カッパドキア| トラベルダイアリー
    カッパドキア旅行体験記イスタンブールから夜行長距離バスに揺られてカッパドキアまで行きました。…
  6. 東南アジアの先進国であり、多民族国家のシンガポールで魅力的な旅♪| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記英語と中国語を学んでいたので、その2言語が公用語のシンガポールにはとても興…
  7. サンディエゴ在住の友人のアメリカ式結婚式に参加しました♪| トラン
    アメリカ式の結婚式に行ってきました!友人の旦那様がアメリカ人で、今サンディエゴに住んでいる事から…
  8. 門司港でレトロな時間を味わう| トラベルダイアリー
    門司港旅行体験記かつて国際貿易港として栄えた門司港にはレトロな建築が建ち並び、自然豊かで、歩いて…
  9. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ熱海の旅②| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記夏は海水浴で有名な熱海ですが、冬の熱海でも満喫できるイベントや観光スポットがありま…
  10. 奄美在住のガイドさんに聞いた!自然溢れる♪真の穴場スポット巡りの旅| トラベルダイアリー
    奄美市穴場スポット巡りの旅奄美在住のガイドさんおすすめのモダマ自生地とフナンギョの滝へ行ってきま…

Archive






PAGE TOP