女子一人旅 in イタリア ミラノで最後の晩餐からの緊急搬送!| トラベルダイアリー

女子一人旅 in イタリア ミラノで最後の晩餐からの緊急搬送!

ミラノ旅行体験記

具合が悪いままフィレンツェからミラノへ。ミラノは実質1日しか観光できないので休んでなんていられません。前日しっかり寝込んだし、気力を振り絞って観光をしました。
が、夜に体調が悪化しついに救急車で緊急搬送されてしまいました。

ミラノ旅行について

おすすめのポイント
  1. フィレンツェよりさらにコンパクトな街
  2. ローマやフィラに比べると観光客が少なくて嬉しい
  3. ファッションの街と言われるだけあって、地元人はみんなオシャレ

見どころがそんなに多いわけでもなく、狭い範囲にぎゅっと詰まっているので短期間でも十分楽しめます。でも、有名なスポットはたくさんあるのでひとつひとつ見ていたら時間が足りないかもしれません。さらに、観光客もそこまで多くはないのでゆったりと歩いて観光することができます。
ファッションの街だけあって、道ですれ違う地元の人達はみんなモデルのようにオシャレで、よぼよぼの自分に悲しくなるほどでした。

ミラノ旅行のおすすめのスポット

ローマともフィレンツェとも違う!!ドゥオーモ


これまで訪れたローマ、フィレンツェのどれとも全然似ていない、でもこちらのドゥオーモも負けず劣らず美しいものでした。
パッと見たイメージは、とげとげした白い建物。だんだん近づいていくと、こちらも壁の彫刻の細かさと美しさにただただ驚くばかりです。もちろん内部の彫刻、そしてステンドグラスの美しさはうっとりするほどでした。
ドゥオーモ前はとっても広い広場で、大きなモニュメントがあったりぶらぶらと見て回ったり、休憩しながらドゥオーモをのんびり眺めるのにピッタリな場所です。

運よく予約なしで見ることができた最後の晩餐

ふらふら歩いているとあの「最後の晩餐」のあるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会に出くわしました。要予約とあったのでダメ元で聞いてみたところ、2時間後の入場分のチケットならあるとのこと。ラッキーにも購入できました。時間まで教会の内部を拝見させていただいたほかは教会の壁にもたれてぐったりとしていました。
いよいよ入場。劣化が進み、温度、湿度等厳しく管理されているため入場者数も制限され、カメラも禁止でしたが、目の前に予想以上に大きな壁画が現れたときは、これまでいろんなものを見てきた中で一番感動したかもしれません。撮影できないので、何とか目に焼き付けようと必死で鑑賞していました。

番外編 イタリアの救急車&病院の救急診療

外国で緊急搬送されるというレアな体験をしたので、番外編でご紹介します。
女性救急隊員が2人やってきてマスクを付けられ、歩いて(歩けたので)救急車に乗り込みました。隊員と向かい合わせになり座りパスポートや経緯をチェックされながら病院に到着。中には救急でやって来た多くの市民が廊下で待っていました。1人掛けの椅子に丸まって待つこと数時間、ようやく診察。熱があったようでベッドに寝かされまずは解熱剤を点滴されました。しばらくして、ベッドごとレントゲン室に運ばれレントゲン撮影、そして採血。結果異常なし。点滴が効いたのか少し悪寒も取れ、熱も下がったところであっさりと帰っていいよと言われました。

ミラノでのおすすめグルメ

とにかく何か食べなければと思いふらっと入ったパスタ屋さん

ミラノに到着したのがお昼前、まったく食欲はないけれど何かを食べなければと観光地でも何でもない道沿いにあったパスタ屋さんにふらっと入ることに。
おそらく観光客が来ることはあまりなさそうな、地味なパスタ屋さんでしたがやはりとてもおいしく、一緒に頼んだカプチーノにさらっと絵を描いてくれて、しんどさが少し和らぐ気分でした。
きっと、ピザもおいしいんだろうな。もっといろいろ食べたかったな。と思いながら食べていました。

ミラノでのおすすめのショッピングスポット

ドゥオーモからスカラ座にかけてあるアーケード街ガッレリア

ドゥオーモから有名なスカラ座に行く間に通るアーケード街のガッレリアは高級なお店がたくさん並んでいてまさに買い物にピッタリな場所です。
もちろん、アーケードそのものがものすごく美しいので眺めながらぷらぷら歩いても優雅な気分を味わうことができるスポットです。
私は貧乏旅で、しかもよぼよぼしていましたが、オシャレしてここで買い物できたら幸せだろうなと思いながらキラキラの中を歩いていました。

ミラノにて宿泊したホテル

HOTEL SAN TOMASO

地下鉄の駅からすぐにある安定のドミトリー。ここは2段ベッドではなく横にベッドが4台ほど並んでいる部屋で、仕切りもなく部屋の端っこにビデ用トイレがありびっくりしました。
夕方、あまりの体調の悪さにベッドで休んでいたのですがびっくりするくらいの悪寒と体の痛み、そしてまったくトイレに行っていない(水はたくさん飲んでいるのに尿意が一切ない)ことに気づき、もう限界だと思い、同室の男性にフロントの人を呼んでほしいとお願いしたところ救急車を呼ばれてしまいました。
この男性が、薬のイタリア語を訳してくれたりとにかく心配してくれてありがたかったです。

ミラノ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

フィレンツェからは特急電車でミラノまで来たようです。ゲストハウスは事前にネットから予約していました。
いつも個人手配で旅をしていますが、こんな目に遭うので旅行保険にはしっかりと入っています。
ですが、なぜだか救急車代と診察代は無料で、結局支払ったのは薬代のみ。病院から帰るときに看護師さんにどこで支払えばいいのか聞いたところ、無料よと言われたのは本当でした。ありがたいけれど、デモをするくらい財政難なんだから、ちゃんと請求すればいいのにと思わずにいられませんでした。

ミラノ旅行に必要な持ち物

特にありません。おしゃれな格好とカメラとおいしいものをたくさん食べられる胃袋さえあれば満喫できます。
持ち物ではないですが、上でも書いたように旅行保険は必ず入ったほうがいいと改めて実感しました。実は、病院騒動は過去にもあり、ほかにもスーツケースの破損や紛失などいろいろトラブルに遭っているので私にとっては必須です。しかも少し高い保険に入るので小さなことでも支払い対象になります。お守りと思い、入っておきましょう。
それにしても、どうしてこんなにトラブルばかり起きるのだろう??

ミラノ旅行での注意点

ミラノ旅行での注意点
  1. 夜の街は意外とひっそりとしています
  2. 遅い時間の地下鉄は危ない感じはないけれど、ひっそりしています
  3. 夜は、あまりで歩かないほうが安心です

夜10:30頃、ようやく帰宅できたのですが、そもそもどこの病院に搬送されたのかもわかっていません。近くに地下鉄があると言われ真っ暗な夜道をとぼとぼ歩いて駅まで行きました。地下鉄も人が少なく閑散としていました。
危険だなとは感じませんでしたが、逆に静かでひっそりとしているのでやはり夜の外出はなるべく控えたほうがいいんだろうなと思います。

まとめ

サントリーニで風邪をひいてからとうとう病院に運ばれるほど体調が悪化しました。
あの時は本当に死んでしまうのではないかと思うほど苦しくてつらかったのですが、今となってはよその国で救急車に乗って病院に運ばれるってすごいレアな経験をしたなと懐かしく思うほどです。トラブルに遭いがちな私らしい旅になったとすら思います。
もちろん、見どころだらけの国にいてほぼほぼ堪能していないのでいつか必ずリベンジして3都市を改めて旅できる日が来るといいなと夢見ています。

 

jamon身も心も彷徨い中

投稿者の過去記事

ふと世界一周がしたいと思い立ち、数年かけてお金を貯めたのち半年間のバックパッカーをしました。
外に飛び出す楽しさを知ってしまったらもうじっとしていられず、長期休みのたびに海外旅行をする生活に。
今はコロナでどこにも行くことができないのでここに文章を書くことでいろいろ思い出して次への夢を見ています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. タスマニア旅行体験記オーストラリアへ住んでいた頃、たくさんの人にタスマニアを訪れることをおすすめ…
  2. 京都はお寺だけじゃない!京都の穴場おすすめスポット〜絶景木造橋&イルミネーション〜| トラベルダイアリー
    京都旅行体験記京都府の日本最長級の木造橋と京都府内2位の人気を誇るイルミネーションへ行ってきまし…
  3. ヴィース教会&お城観光に便利!ロマンティック街道の町フュッセン| トラベルダイアリー
    フュッセン旅行体験記南ドイツ~オーストリア~ハンガリーを鉄道で周遊しました。1週間で3カ国というハ…
  4. キラキラネオンとカジノで輝く街 中華人民共和国マカオ特別行政区| トラベルダイアリー
    マカオ旅行体験記香港かマカオに行きたくて、ポルトガルの文化も混じっている、マカオに興味が勝り行く…
  5. ナイアガラ旅行体験記イエローナイフにオーロラを見に行こうと決めた時に、ナイアガラの滝を一緒に見に…
  6. 風車観光の拠点にもピッタリ!近代建築が楽しい街ロッテルダム| トラベルダイアリー
    ロッテルダム旅行体験記アムステルダムに次ぐオランダ第二の都市・ロッテルダム。ベルギーを旅行した際…
  7. ハンピ旅行体験記1986年に世界遺産になった南インドの秘境、ハンピ。巨石でできたこの街は、まるで違…
  8. ノスタルジックでカワイイ街!クロアチアの首都サグレブ| トラベルダイアリー
    ザグレブ旅行体験記ヨーロッパと言えばフランスやイギリス、イタリアなど観光客に人気の国がたくさんあ…
  9. ローマ旅行体験記10代の時に初めてローマ旅行をして以来、すっかりその魅力に取り憑かれてしまった私…
  10. ルクソール旅行体験記ウズベキスタンに住むことになる前にイスラム圏の国を体験したい!とあえてラマダ…

国内旅行おすすめ

  1. 夏の涼しい時期に美味しいご飯と美しい景色の街、函館で満足旅♪| トラベルダイアリー
    函館旅行体験記函館も2週間ほど滞在しました。北海道はやはり大きいなあ。空気が綺麗だなあ。魚介類美…
  2. 一人旅ファイナル②!桃太郎伝説残る岡山/デニムの街児島を散策| トラベルダイアリー
    岡山/児島旅行体験記一人で行く旅行も今回で最後。旅収めの場所として選んだのはまだ行ったこともない…
  3. 最強のパワースポット伊勢神宮へお参りする〜三重・伊勢旅行〜| トラベルダイアリー
    伊勢旅行体験記今回1泊2日の旅行で、お伊勢さんへお参りしてきました。小学生以来の三重県・伊勢旅行…
  4. 期間限定の絶景を楽しむたび!~in 茨城・桜川「雨引観音」~| トラベルダイアリー
    桜川旅行体験記先日のテレビ番組で、あじさいの絶景SPに「雨引観音」が紹介されているのを観ました。…
  5. 【一人旅】アジアの玄関口、福岡・太宰府で、歴史を学ぶお勉強気分に浸る| トラベルダイアリー
    太宰府旅行体験記土日に時間ができたため、1泊旅行に行こうとしたものの、季節は梅雨。なるべくなら雨…
  6. 4歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ舞子の旅| トラベルダイアリー
    舞子旅行体験記春スキーでも標高の高い新潟の雪山であれば、まだまだスキーが楽しめます。今回はキッズ…
  7. 博多旅行体験記新幹線、飛行機など、どこからでもアクセスの良い福岡、博多!!!博多といえば、もつ鍋…
  8. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅|
    松本旅行体験記海外に行けないストレスをどこで晴らそうと旅行サイトなどを色々見て情報集めをしている…
  9. 大分・由布院で外せない!絶品人気スイーツと温泉を満喫する旅| トラベルダイアリー
    由布市湯布院町旅行体験記北海道在住の人にとってはなかなか行きづらい九州旅行。関西に在住することに…
  10. 宮島旅行体験記「週末、行きますか」「どこ行こうか」「…広島とか?」親しい同僚と、いつもこんな…

最新記事

  1. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  2. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  3. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  4. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…
  5. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  6. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  7. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…
  8. 霧島六権現巡りで龍神パワーチャージ! |トラベルダイアリー
    霧島旅行体験記 御朱印を集めている友達に誘われ、霧島の主要6つの神社をめぐりました。…
  9. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  10. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…

Archive



PAGE TOP