女子一人旅 in イタリア ミラノで最後の晩餐からの緊急搬送!| トラベルダイアリー

女子一人旅 in イタリア ミラノで最後の晩餐からの緊急搬送!

ミラノ旅行体験記

具合が悪いままフィレンツェからミラノへ。ミラノは実質1日しか観光できないので休んでなんていられません。前日しっかり寝込んだし、気力を振り絞って観光をしました。
が、夜に体調が悪化しついに救急車で緊急搬送されてしまいました。

ミラノ旅行について

おすすめのポイント
  1. フィレンツェよりさらにコンパクトな街
  2. ローマやフィラに比べると観光客が少なくて嬉しい
  3. ファッションの街と言われるだけあって、地元人はみんなオシャレ

見どころがそんなに多いわけでもなく、狭い範囲にぎゅっと詰まっているので短期間でも十分楽しめます。でも、有名なスポットはたくさんあるのでひとつひとつ見ていたら時間が足りないかもしれません。さらに、観光客もそこまで多くはないのでゆったりと歩いて観光することができます。
ファッションの街だけあって、道ですれ違う地元の人達はみんなモデルのようにオシャレで、よぼよぼの自分に悲しくなるほどでした。

ミラノ旅行のおすすめのスポット

ローマともフィレンツェとも違う!!ドゥオーモ


これまで訪れたローマ、フィレンツェのどれとも全然似ていない、でもこちらのドゥオーモも負けず劣らず美しいものでした。
パッと見たイメージは、とげとげした白い建物。だんだん近づいていくと、こちらも壁の彫刻の細かさと美しさにただただ驚くばかりです。もちろん内部の彫刻、そしてステンドグラスの美しさはうっとりするほどでした。
ドゥオーモ前はとっても広い広場で、大きなモニュメントがあったりぶらぶらと見て回ったり、休憩しながらドゥオーモをのんびり眺めるのにピッタリな場所です。

運よく予約なしで見ることができた最後の晩餐

ふらふら歩いているとあの「最後の晩餐」のあるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会に出くわしました。要予約とあったのでダメ元で聞いてみたところ、2時間後の入場分のチケットならあるとのこと。ラッキーにも購入できました。時間まで教会の内部を拝見させていただいたほかは教会の壁にもたれてぐったりとしていました。
いよいよ入場。劣化が進み、温度、湿度等厳しく管理されているため入場者数も制限され、カメラも禁止でしたが、目の前に予想以上に大きな壁画が現れたときは、これまでいろんなものを見てきた中で一番感動したかもしれません。撮影できないので、何とか目に焼き付けようと必死で鑑賞していました。

番外編 イタリアの救急車&病院の救急診療

外国で緊急搬送されるというレアな体験をしたので、番外編でご紹介します。
女性救急隊員が2人やってきてマスクを付けられ、歩いて(歩けたので)救急車に乗り込みました。隊員と向かい合わせになり座りパスポートや経緯をチェックされながら病院に到着。中には救急でやって来た多くの市民が廊下で待っていました。1人掛けの椅子に丸まって待つこと数時間、ようやく診察。熱があったようでベッドに寝かされまずは解熱剤を点滴されました。しばらくして、ベッドごとレントゲン室に運ばれレントゲン撮影、そして採血。結果異常なし。点滴が効いたのか少し悪寒も取れ、熱も下がったところであっさりと帰っていいよと言われました。

ミラノでのおすすめグルメ

とにかく何か食べなければと思いふらっと入ったパスタ屋さん

ミラノに到着したのがお昼前、まったく食欲はないけれど何かを食べなければと観光地でも何でもない道沿いにあったパスタ屋さんにふらっと入ることに。
おそらく観光客が来ることはあまりなさそうな、地味なパスタ屋さんでしたがやはりとてもおいしく、一緒に頼んだカプチーノにさらっと絵を描いてくれて、しんどさが少し和らぐ気分でした。
きっと、ピザもおいしいんだろうな。もっといろいろ食べたかったな。と思いながら食べていました。

ミラノでのおすすめのショッピングスポット

ドゥオーモからスカラ座にかけてあるアーケード街ガッレリア

ドゥオーモから有名なスカラ座に行く間に通るアーケード街のガッレリアは高級なお店がたくさん並んでいてまさに買い物にピッタリな場所です。
もちろん、アーケードそのものがものすごく美しいので眺めながらぷらぷら歩いても優雅な気分を味わうことができるスポットです。
私は貧乏旅で、しかもよぼよぼしていましたが、オシャレしてここで買い物できたら幸せだろうなと思いながらキラキラの中を歩いていました。

ミラノにて宿泊したホテル

HOTEL SAN TOMASO

地下鉄の駅からすぐにある安定のドミトリー。ここは2段ベッドではなく横にベッドが4台ほど並んでいる部屋で、仕切りもなく部屋の端っこにビデ用トイレがありびっくりしました。
夕方、あまりの体調の悪さにベッドで休んでいたのですがびっくりするくらいの悪寒と体の痛み、そしてまったくトイレに行っていない(水はたくさん飲んでいるのに尿意が一切ない)ことに気づき、もう限界だと思い、同室の男性にフロントの人を呼んでほしいとお願いしたところ救急車を呼ばれてしまいました。
この男性が、薬のイタリア語を訳してくれたりとにかく心配してくれてありがたかったです。

ミラノ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

フィレンツェからは特急電車でミラノまで来たようです。ゲストハウスは事前にネットから予約していました。
いつも個人手配で旅をしていますが、こんな目に遭うので旅行保険にはしっかりと入っています。
ですが、なぜだか救急車代と診察代は無料で、結局支払ったのは薬代のみ。病院から帰るときに看護師さんにどこで支払えばいいのか聞いたところ、無料よと言われたのは本当でした。ありがたいけれど、デモをするくらい財政難なんだから、ちゃんと請求すればいいのにと思わずにいられませんでした。

ミラノ旅行に必要な持ち物

特にありません。おしゃれな格好とカメラとおいしいものをたくさん食べられる胃袋さえあれば満喫できます。
持ち物ではないですが、上でも書いたように旅行保険は必ず入ったほうがいいと改めて実感しました。実は、病院騒動は過去にもあり、ほかにもスーツケースの破損や紛失などいろいろトラブルに遭っているので私にとっては必須です。しかも少し高い保険に入るので小さなことでも支払い対象になります。お守りと思い、入っておきましょう。
それにしても、どうしてこんなにトラブルばかり起きるのだろう??

ミラノ旅行での注意点

ミラノ旅行での注意点
  1. 夜の街は意外とひっそりとしています
  2. 遅い時間の地下鉄は危ない感じはないけれど、ひっそりしています
  3. 夜は、あまりで歩かないほうが安心です

夜10:30頃、ようやく帰宅できたのですが、そもそもどこの病院に搬送されたのかもわかっていません。近くに地下鉄があると言われ真っ暗な夜道をとぼとぼ歩いて駅まで行きました。地下鉄も人が少なく閑散としていました。
危険だなとは感じませんでしたが、逆に静かでひっそりとしているのでやはり夜の外出はなるべく控えたほうがいいんだろうなと思います。

まとめ

サントリーニで風邪をひいてからとうとう病院に運ばれるほど体調が悪化しました。
あの時は本当に死んでしまうのではないかと思うほど苦しくてつらかったのですが、今となってはよその国で救急車に乗って病院に運ばれるってすごいレアな経験をしたなと懐かしく思うほどです。トラブルに遭いがちな私らしい旅になったとすら思います。
もちろん、見どころだらけの国にいてほぼほぼ堪能していないのでいつか必ずリベンジして3都市を改めて旅できる日が来るといいなと夢見ています。

 

jamon身も心も彷徨い中

投稿者の過去記事

ふと世界一周がしたいと思い立ち、数年かけてお金を貯めたのち半年間のバックパッカーをしました。
外に飛び出す楽しさを知ってしまったらもうじっとしていられず、長期休みのたびに海外旅行をする生活に。
今はコロナでどこにも行くことができないのでここに文章を書くことでいろいろ思い出して次への夢を見ています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 今や観光大国に!?猛スピードで進化し続けるモスクワが熱い!| トラベルダイアリー
    モスクワ旅行体験記モスクワといえば、カラフルなネギ坊主の聖ワシーリー寺院。名前は知らなくてもテレ…
  2. タスマニア旅行体験記オーストラリアへ住んでいた頃、たくさんの人にタスマニアを訪れることをおすすめ…
  3. キラキラネオンとカジノで輝く街 中華人民共和国マカオ特別行政区| トラベルダイアリー
    マカオ旅行体験記香港かマカオに行きたくて、ポルトガルの文化も混じっている、マカオに興味が勝り行く…
  4. メルボルン旅行体験記知人が留学中ということで誘われて行くことになったメルボルン。オシャレな街並み…
  5. ちょっとリッチにタイ航空のビジネスクラスでバンコクへ♪| トラベルダイアリー
    バンコク旅行体験記妹(短大)と私の就職祝いにと大学卒業時におばあちゃんがプレゼントしてくれました…
  6. 古代オリンピック発祥の地!神話の世界そのもののアテネ| トラベルダイアリー
    アテネ旅行体験記丘の上につくられた都市や地中海の絶景を一目この目で見てみたい!でもギリシャ文字は…
  7. プラハ旅行体験記チェコの首都プラハ。世界最古で最大のお城があり、街のシンボルとも言える天文時…
  8. ルアンパバーン旅行体験記ラオスについて聞いたことはあるものの、日本人にはあまり馴染みのない国なの…
  9. 台湾・台北で朝から晩までしっかり食べる!遊ぶ!買う!| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記近場で美味しいものが食べられる海外に行きたい!という理由から、台湾の台北へ!東…
  10. 乗り継ぎ時間でちょこっと楽しめる、ドバイのデザートサファリツアー| トラベルダイアリー
    ドバイ旅行体験記中東エリアのみならず、ヨーロッパやアフリカへ行く場合、エミレーツ航空は重要な選択…

国内旅行おすすめ

  1. 温泉天国・山形県で、東根温泉と銀山温泉をはしごする旅| トラベルダイアリー
    東根旅行体験記もともとは、同じ山形県にある銀山温泉のノスタルジックな街並みに憧れて、泊まる旅館を探…
  2. 高野龍神旅行体験記和歌山県を故郷に持つ、友人夫妻によるナビゲーション。人の好い夫妻のナビと運…
  3. 青い海とスポーツ選手のキャンプ、宮崎の青島で素敵な時間を過ごせる♪| トラベルダイアリー
    青島旅行体験記宮崎へは仕事で2週間ほど滞在しました。青島と宮崎駅周辺ですが、休日は観光地的な場所…
  4. こんぴらさん参拝旅行体験記「一度はこんぴらさんにお参りしてみたい!」母からのリクエストを受け…
  5. 3000本のモミジにうっとり♪秋の京都は【永観堂】に行くべし!| トラベルダイアリー
    永観堂旅行体験記永観堂(禅林寺)はみかえり阿弥陀様で有名なお寺ですが、それだけではなく秋の紅葉の…
  6. 広島旅行体験記2018年11月。ホークス対カープの日本一決定戦を見届けるべく、大慌てで新幹線…
  7. 旭川旅行体験記仕事の都合で札幌に行くことになり、どうせ行くなら観光も出来て、食事も美味しくて、遊…
  8. 下田旅行体験記海を眺めて癒されたい!忙しさで気持ちがすり減ってしまうと、ふと思います。 でもリゾ…
  9. 海に入れなくても楽しい!3世代で満喫♪冬の沖縄名護_トラベルダイアリー
    名護旅行体験記沖縄県内に住む私達の定番旅行は、ホテル代もお手頃になるオフシーズンの冬に、少しリッ…
  10. 歴史と自然が調和する港町☆福山市鞆の浦へ日帰りサイクリング| トラベルダイアリー
    福山旅行体験記リモートワークしながら広島県の尾道に長期滞在中、週末どこかへお出かけしたくなってお…

最新記事

  1. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  2. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…
  3. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…
  4. 大人も子供も楽しめる!名古屋人気観光スポット巡り| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記 「名古屋行ったことないから行ってみる?でも名古屋って何があるの?」…
  5. オープントップバスから眺めるポルトの街並み。| トラベルダイアリー
    ポルト旅行体験記ポートワインで有名なポルト。ワイナリー見学も目的のひとつですが、この町はアズレー…
  6. 青の洞門
    マルタ島旅行体験記前回は首都:バレッタ周辺の情報お届けしました。さてさて、今…
  7. 【一人旅】窓から冬花火が見える、熱海のホテルで4泊5日| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記1月の連休を利用して、東京から少し足を伸ばした近場に旅行することに。そろそろ早咲の…
  8. 【ポルトガル】アラブと西洋の融合が美しい街、シントラ。| トラベルダイアリー
    シントラ旅行体験記リスボンから車で1時間足らずで行けるシントラ。高齢の母と二人旅だったので、現地…
  9. なお、納期は自由です。 ご負担にならない範囲で、お気軽にお願いいたします。 また動画も是非ひとつアップ戴けると助かります。 どうぞよろしくお願いいたします。| トラベルダイアリー
    リスボン旅行体験記母の傘寿のお祝いにポルトガル旅行を計画。今回はリスボンを紹介します。ポルトガル…
  10. 世界遺産熊野古道と白浜アドベンチャーワールド1泊2日子連れ旅| トラベルダイアリー
    田辺旅行体験記コロナ禍で県外へ旅行できない中、私の住んでいる和歌山県田辺市が独自で地元旅キャンペ…

Archive



PAGE TOP