女子一人旅 in ペルー マチュピチュの麓、マチュピチュ村で温泉に入る| トラベルダイアリー

女子一人旅 in ペルー マチュピチュの麓、マチュピチュ村で温泉に入る

マチュピチュ村旅行体験記

いよいよマチュピチュに向かって出発です。マチュピチュの麓にあるこのマチュピチュ村が滞在の拠点となります。クスコから電車でしか来られないこの村は小さくて穏やかで居心地がよく、マチュピチュ散策で疲れた体を休めるのにピッタリなところでした。

マチュピチュ村旅行について

おすすめのポイント
  1. 観光客がみんな集うマチュピチュ観光の拠点の村
  2. なにもない、とにかく田舎でのどかで癒される
  3. 年配女性の伝統ファッションがかわいすぎる

マチュピチュ村は観光地ではありません。あくまでもマチュピチュ観光の拠点の村です。そのため、街の中心地にはレストランやカフェ、おみやげ屋さんがたくさんありますが、山の中の素朴な村なので住民ののどかな生活が見られてとても楽しいです。
クスコもそうでしたが、村を歩いていて特に目を引くのが、年配の女性のキュートすぎる格好です。ふわっとした膝丈スカートにカラフルなカーディガンを着て、長い髪を両サイドで三つ編みにして、山高帽をかぶるその姿がかわいらしくて何枚隠し撮りをしたかわかりません。

マチュピチュ村旅行のおすすめのスポット

クスコ⇔マチュピチュ村は電車の旅



クスコ(もしくは近郊の駅)からは電車で移動します。ごつごつとした山の中を抜けてゆったりと走る電車の旅はとっても快適です。
行きは、4人掛けのボックス席でした。同席になった人たちとおしゃべりしながら旅情報を交換したり、スペイン語をちょっと教えてもらったりしながら過ごしました。
帰りは、ビスタドームという行きと比べたらはるかに豪華な電車でした。二人掛けで、食事も出ます。また、途中からは通路を使ってインカの踊りや、アルパカの毛糸で作られた服を紹介するファッションショーも始まり、ずっと退屈することなく楽しめました。

ほのぼのとしたアルマス広場周辺

マチュピチュ村はとても小さく、人口も3000人ほどなのだそうです。ですが学校や教会がちゃんとあり、人々の生活を垣間見ることができます。夜になると村にあるグラウンドでサッカーをしていたり、通りで子供たちが元気に遊んでいたりと穏やかで優しい空気が流れていました。
特になにもない村なので、村の中心のアルマス広場に行って、コーヒーを飲みながらベンチに座ってゆっくりと過ごしていました。時間によっては警察官がたくさん出てきて、国歌を流しながら国旗の掲揚をするシーンにも出会えます。その時は、立つように促されますのできちんと従いましょう。

村はずれにはなんと温泉があるんです

村の中心を流れる川沿いを上って奥に進むと、なんと温泉があるのです。マチュピチュ村は以前アグアスカリエンテスという名前で、日本語にするとまさに「熱いお湯、温泉」です。旅を始めてからはシャワーばかりでなかなかお風呂に入ることができずにいたので、もう行くしかありません。しかも温泉♨だなんて大興奮です。
もちろん日本の温泉とは全く違い、屋外に大きなプールが何個もあり、水着を着て男女混浴で入るスタイルでしたが、やっぱりゆったりとお湯に浸かれるなんて最高です。ぬるいお湯でしたが、疲れも和らぎ幸せな気分になりました。
水着はレンタルで借りられるのでもっていかなくても大丈夫です。

マチュピチュ村でのおすすめグルメ

アルパカのお肉とセビーチェを堪能

マチュピチュの麓なので基本的にはツーリストのための街です。そのため、西洋風のメニューを扱うお店もたくさんありますが、やはりローカルな料理を食べなくちゃと思い、ホテルの人におススメのお店を紹介してもらいました。
そこでは何とアルパカの肉料理が。もちろん注文。あのかわいらしいお顔を思い出すと複雑でしたが、少し噛み応えのあるおいしいお肉でした。ほかには、ペルーならではの、生の魚介類をマリネにしたセビーチェとペルー産のビールをいただき、大満足でした。
生の魚を食べるのは久しぶりで、やっぱり私は日本人だなぁなんて思いながら滞在中何度か食べました。

マチュピチュ村でのおすすめのショッピングスポット

駅周辺におみやげ屋さんだらけ

駅周辺には屋台のような、マーケットのようなおみやげ屋さんがたくさんありました。チープな、でもなんだかかわいいおみやげがありますのでうまく値下げ交渉をしながら買い物を楽しめます。
駅から少し離れたところにはぽつぽつといろいろなお店が並んでいます。ちゃんとしたお店はアルパカの毛糸を使用した服や、石(パワーストーン的な)のお店がありますがマーケットに比べるとぐっとお値段が高くなります。でも、インカローズを使ったインカクロスの形のペンダントなど、とても良い記念になりそうなもが売っていました。

マチュピチュ村にて宿泊したホテル

アンディーナ ラグジュアリー ホテル

こちらもツアーで用意されたホテルです。久しぶりにちゃんとした、スタンダードなホテルに滞在しました。(話が前後しますが、前回のクスコのホテルはこのホテルの後に滞在しました。)ログハウス風の部屋にはテレビがあり、広いお風呂とトイレもあり快適でした。アメニティも揃っているなんて久しぶりです。この前日、乗り換えの関係でほんの数時間の滞在で取った超格安ゲストハウスが12人部屋だったこともあり、うれしさ倍増です。
ここでフロントをしていた女の子と仲良くなれたこともいい思い出です。

マチュピチュ村旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人ツアー

クスコではドライバーとガイドがいましたが、ここから先は自分で移動です。でも、移動手段やチケット、ホテルはすべて手配済みですので安心して行動できました。
ただでさえペルーは国際線の玄関口であるリマとマチュピチュの距離があるので、安全のためにもやはりツアーを利用するのが安心できると思います。ホテルへの送迎があるだけでも気持ちに余裕が生まれます。と言っても、クスコやアグアスカリエンテスはいたって平和で全く危険な雰囲気はありませんでした。

マチュピチュ村旅行に必要な持ち物

特にありません。
もしも気になるようであればウエットティッシュなどあると安心かもしれません。

マチュピチュ村旅行での注意点

マチュピチュ村旅行での注意点
  1. クスコよりはだいぶ低いけれど、標高が2000mくらいあります
  2. 中心部から離れると夜は真っ暗になるので気を付けましょう
  3. 坂道が多いし砂ぼこりもあるので歩きやすい服装で行きましょう

中心地は観光客が多く、夜でもレストランやおみやげ屋さんで明るいので案心して過ごせますが、だんだん奥の方に進むにつれて街がさみしくなってしまいますので夜に外出するのであれば広場周辺にいたほうがよいでしょう。
クスコに比べたら低いけれど、それでも標高は2000m近くあります。お酒を飲んで走ったりすると苦しくなる人もいるそうなので、飲みすぎに注意してゆっくりと行動したほうがよさそうです。

まとめ

マチュピチュ村はホテルに泊まるだけの場所だと思っていたら大違いでとっても楽しい場所でした。
こんな山奥の村にも日系人はいたようで、日本語の名前のお店もちらほらとありました。移民当時にその日系人も温泉に入っていたのかななんて考えながら、日本を少しだけ感じることができました。
マチュピチュに行くことがメインですが、体験記にあえて書いてしまうくらい私にとっては思い出深い大好きな場所になりました。

 

jamon

jamon身も心も彷徨い中

投稿者の過去記事

ふと世界一周がしたいと思い立ち、数年かけてお金を貯めたのち半年間のバックパッカーをしました。
外に飛び出す楽しさを知ってしまったらもうじっとしていられず、長期休みのたびに海外旅行をする生活に。
今はコロナでどこにも行くことができないのでここに文章を書くことでいろいろ思い出して次への夢を見ています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 西の果ての街 遥かなる憧れのリスボンと近郊の名所巡り| トラベルダイアリー
    リスボン旅行体験記隅っこの国になぜか惹かれる習性があり、日本から見て最果ての地、ポルトガルにいつ…
  2. マラケシュ旅行体験記雑誌などでモロッコ風インテリアが特集されて、可愛らしいスリッパやクッションな…
  3. ロッテルダム旅行体験記オランダ第二の都市ロッテルダムは近代的な街並みで国際港としても有名です。街…
  4. ホーチミン旅行体験記ホーチミンはハノイよりも活気があり、また美しい街でした。首都はハノイだけど発…
  5. リミニ旅行体験記イタリア旅行といえば「名所史跡巡り」を挙げる方が多いハズ!しかしイタリア人曰く「…
  6. ベルギーに行ったら訪れたい!中世の街並みが可愛いブルージュ| トラベルダイアリー
    ブルージュ旅行体験記ベルギー北西部の街・ブルージュ。「運河沿いに中世の景観が残る街なみ」というガ…
  7. 一生に一度は行ってみたい!ケープタウンで都会と自然を楽しむ旅!| トラベルダイアリー
    ケープタウン旅行体験記アフリカ大陸最南端の国、南アフリカ共和国。日本からの直行便はなく、到着にお…
  8. プーケット旅行体験記第二弾!私のお気に入りの国""Thailand”のアンダマン海に浮かぶタイ最…
  9. 毎日がクリスマス♪ドイツ・ローテンブルク旅行記| トラベルダイアリー
    ローテンブルク旅行体験記フランクフルトで暮らす友人に誘われ、ローテンブルク(ローテンブルク・オプ…
  10. 女子一人旅 in スペイン ガウディだらけのバルセロナ| トラベルダイアリー
    バルセロナ旅行体験記名残惜しいリスボンを後にして向かった次の地はバルセロナ。バルセロナは美し…

国内旅行おすすめ

  1. 宇治旅行体験記 京都らしい街並みや風光明媚な景色を楽しみ有名な社寺仏閣を巡り、歴…
  2. 白浜~串本・那智勝浦旅行体験記和歌山を故郷に持つ友人夫妻の運転で高野山~龍神~白浜を観光。次…
  3. 浜松・天竜日帰り旅行体験記以前から気になっていた、立須峰・白倉挟へ絶景を求めて行ってきました。登…
  4. 父島に行ってきました!日本の世界自然遺産は各地にありますが、東京都にあるのは唯一小笠原諸島の自然…
  5. 浜松・新城日帰り旅行体験記浜松・新城へ日帰りで行ける涼しい観光スポットの新規開拓に行ってきました…
  6. 直島旅行体験記 美術館やアート作品が数多くある直島で”映える”写真を撮りたい!と思い…
  7. 徳島・東かがわ・さぬき旅行体験記夏には夏らしい旅がしたい!と関西女子3人で計画。以前から行っ…
  8. アフター6を満喫しよう!新橋・銀座で食べて楽しむプチ旅行!| トラベルダイアリー
    新橋・銀座旅行体験記仕事終わりに飲みに行くと、帰ってくるのが面倒…と思っていました。なので、…
  9. 京都紅葉✖︎鍬山神社!〜絶景ビュースポット巡りしませんか?〜| トラベルダイアリー
    鍬山神社旅行体験記11月に見頃を迎えた鍬山神社へ行ってきました。京都市外ということもあり、京都の…
  10. 初の一人旅で大きく成長した伊勢・志摩旅| トラベルダイアリー
    伊勢・志摩旅行体験記 当時の私は失恋の傷が癒えず、社会人をしていました。そんな時ふと…

最新記事

  1. イスラム世界の文化的中心地として栄えた茶色い街 「 ブハラ 」| トラベルダイアリー
    ブハラ旅行体験記2500年もの歴史を秘めているブハラ。シルクロードの面影が残存しているといわれる…
  2. 女子一人旅 in ペルー 首都リマで日系人文化に触れ、日本を感じる| トラベルダイアリー
    リマ旅行体験記危険だと言われるけれど、やはり首都は訪れてみたい。そんな気持ちでリマにも行くことに…
  3. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅|
    松本旅行体験記海外に行けないストレスをどこで晴らそうと旅行サイトなどを色々見て情報集めをしている…
  4. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅| トラベルダイアリー
    尾道旅行体験記地元近くでありながら昨年はじめて訪れ、その風光明媚な雰囲気にすっかり惚れ込んだ街・…
  5. 女子一人旅 in ペルー 夢のマチュピチュを心ゆくまでうろつく| トラベルダイアリー
    マチュピチュ旅行体験記ペルーに来た目的、マチュピチュに到達です。子どもの頃からインカに興味があり…
  6. ウズベキスタン共和国内にある秘境「カラカルパクスタン共和国」| トラベルダイアリー
    カラカルパクスタン共和国旅行体験記ウズベキスタン共和国の西部に位置するカラカルパクスタン共和国。…
  7. 女子一人旅 in ペルー マチュピチュの麓、マチュピチュ村で温泉に入る| トラベルダイアリー
    マチュピチュ村旅行体験記いよいよマチュピチュに向かって出発です。マチュピチュの麓にあるこのマチュ…
  8. お酒と音楽とケルト文化を味わう ダブリン探訪記| トラベルダイアリー
    ダブリン旅行体験記隅っこ好きな性分で、アイルランド、北アイルランド、スコットランドを巡る旅に出ま…
  9. いも好き必見!全国のさつまいもスイーツが大集合「関西おいも万博」| トラベルダイアリー
    関西おいも万博に行ってきました!全国の美味しいさつまいもスイーツが集まる「関西おいも万博」なるも…
  10. シルクロードの中心都市 ウズベキスタン”青の都”「サマルカンド」| トラベルダイアリー
    サマルカンド旅行体験記ウズベキスタンのサマルカンドに初めて訪れたのは、今から12年も前のこと。友…

Archive



PAGE TOP