女子一人旅 in ペルー マチュピチュの麓、マチュピチュ村で温泉に入る| トラベルダイアリー

女子一人旅 in ペルー マチュピチュの麓、マチュピチュ村で温泉に入る

マチュピチュ村旅行体験記

いよいよマチュピチュに向かって出発です。マチュピチュの麓にあるこのマチュピチュ村が滞在の拠点となります。クスコから電車でしか来られないこの村は小さくて穏やかで居心地がよく、マチュピチュ散策で疲れた体を休めるのにピッタリなところでした。

マチュピチュ村旅行について

おすすめのポイント
  1. 観光客がみんな集うマチュピチュ観光の拠点の村
  2. なにもない、とにかく田舎でのどかで癒される
  3. 年配女性の伝統ファッションがかわいすぎる

マチュピチュ村は観光地ではありません。あくまでもマチュピチュ観光の拠点の村です。そのため、街の中心地にはレストランやカフェ、おみやげ屋さんがたくさんありますが、山の中の素朴な村なので住民ののどかな生活が見られてとても楽しいです。
クスコもそうでしたが、村を歩いていて特に目を引くのが、年配の女性のキュートすぎる格好です。ふわっとした膝丈スカートにカラフルなカーディガンを着て、長い髪を両サイドで三つ編みにして、山高帽をかぶるその姿がかわいらしくて何枚隠し撮りをしたかわかりません。

マチュピチュ村旅行のおすすめのスポット

クスコ⇔マチュピチュ村は電車の旅



クスコ(もしくは近郊の駅)からは電車で移動します。ごつごつとした山の中を抜けてゆったりと走る電車の旅はとっても快適です。
行きは、4人掛けのボックス席でした。同席になった人たちとおしゃべりしながら旅情報を交換したり、スペイン語をちょっと教えてもらったりしながら過ごしました。
帰りは、ビスタドームという行きと比べたらはるかに豪華な電車でした。二人掛けで、食事も出ます。また、途中からは通路を使ってインカの踊りや、アルパカの毛糸で作られた服を紹介するファッションショーも始まり、ずっと退屈することなく楽しめました。

ほのぼのとしたアルマス広場周辺

マチュピチュ村はとても小さく、人口も3000人ほどなのだそうです。ですが学校や教会がちゃんとあり、人々の生活を垣間見ることができます。夜になると村にあるグラウンドでサッカーをしていたり、通りで子供たちが元気に遊んでいたりと穏やかで優しい空気が流れていました。
特になにもない村なので、村の中心のアルマス広場に行って、コーヒーを飲みながらベンチに座ってゆっくりと過ごしていました。時間によっては警察官がたくさん出てきて、国歌を流しながら国旗の掲揚をするシーンにも出会えます。その時は、立つように促されますのできちんと従いましょう。

村はずれにはなんと温泉があるんです

村の中心を流れる川沿いを上って奥に進むと、なんと温泉があるのです。マチュピチュ村は以前アグアスカリエンテスという名前で、日本語にするとまさに「熱いお湯、温泉」です。旅を始めてからはシャワーばかりでなかなかお風呂に入ることができずにいたので、もう行くしかありません。しかも温泉♨だなんて大興奮です。
もちろん日本の温泉とは全く違い、屋外に大きなプールが何個もあり、水着を着て男女混浴で入るスタイルでしたが、やっぱりゆったりとお湯に浸かれるなんて最高です。ぬるいお湯でしたが、疲れも和らぎ幸せな気分になりました。
水着はレンタルで借りられるのでもっていかなくても大丈夫です。

マチュピチュ村でのおすすめグルメ

アルパカのお肉とセビーチェを堪能

マチュピチュの麓なので基本的にはツーリストのための街です。そのため、西洋風のメニューを扱うお店もたくさんありますが、やはりローカルな料理を食べなくちゃと思い、ホテルの人におススメのお店を紹介してもらいました。
そこでは何とアルパカの肉料理が。もちろん注文。あのかわいらしいお顔を思い出すと複雑でしたが、少し噛み応えのあるおいしいお肉でした。ほかには、ペルーならではの、生の魚介類をマリネにしたセビーチェとペルー産のビールをいただき、大満足でした。
生の魚を食べるのは久しぶりで、やっぱり私は日本人だなぁなんて思いながら滞在中何度か食べました。

マチュピチュ村でのおすすめのショッピングスポット

駅周辺におみやげ屋さんだらけ

駅周辺には屋台のような、マーケットのようなおみやげ屋さんがたくさんありました。チープな、でもなんだかかわいいおみやげがありますのでうまく値下げ交渉をしながら買い物を楽しめます。
駅から少し離れたところにはぽつぽつといろいろなお店が並んでいます。ちゃんとしたお店はアルパカの毛糸を使用した服や、石(パワーストーン的な)のお店がありますがマーケットに比べるとぐっとお値段が高くなります。でも、インカローズを使ったインカクロスの形のペンダントなど、とても良い記念になりそうなもが売っていました。

マチュピチュ村にて宿泊したホテル

アンディーナ ラグジュアリー ホテル

こちらもツアーで用意されたホテルです。久しぶりにちゃんとした、スタンダードなホテルに滞在しました。(話が前後しますが、前回のクスコのホテルはこのホテルの後に滞在しました。)ログハウス風の部屋にはテレビがあり、広いお風呂とトイレもあり快適でした。アメニティも揃っているなんて久しぶりです。この前日、乗り換えの関係でほんの数時間の滞在で取った超格安ゲストハウスが12人部屋だったこともあり、うれしさ倍増です。
ここでフロントをしていた女の子と仲良くなれたこともいい思い出です。

マチュピチュ村旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人ツアー

クスコではドライバーとガイドがいましたが、ここから先は自分で移動です。でも、移動手段やチケット、ホテルはすべて手配済みですので安心して行動できました。
ただでさえペルーは国際線の玄関口であるリマとマチュピチュの距離があるので、安全のためにもやはりツアーを利用するのが安心できると思います。ホテルへの送迎があるだけでも気持ちに余裕が生まれます。と言っても、クスコやアグアスカリエンテスはいたって平和で全く危険な雰囲気はありませんでした。

マチュピチュ村旅行に必要な持ち物

特にありません。
もしも気になるようであればウエットティッシュなどあると安心かもしれません。

マチュピチュ村旅行での注意点

マチュピチュ村旅行での注意点
  1. クスコよりはだいぶ低いけれど、標高が2000mくらいあります
  2. 中心部から離れると夜は真っ暗になるので気を付けましょう
  3. 坂道が多いし砂ぼこりもあるので歩きやすい服装で行きましょう

中心地は観光客が多く、夜でもレストランやおみやげ屋さんで明るいので案心して過ごせますが、だんだん奥の方に進むにつれて街がさみしくなってしまいますので夜に外出するのであれば広場周辺にいたほうがよいでしょう。
クスコに比べたら低いけれど、それでも標高は2000m近くあります。お酒を飲んで走ったりすると苦しくなる人もいるそうなので、飲みすぎに注意してゆっくりと行動したほうがよさそうです。

まとめ

マチュピチュ村はホテルに泊まるだけの場所だと思っていたら大違いでとっても楽しい場所でした。
こんな山奥の村にも日系人はいたようで、日本語の名前のお店もちらほらとありました。移民当時にその日系人も温泉に入っていたのかななんて考えながら、日本を少しだけ感じることができました。
マチュピチュに行くことがメインですが、体験記にあえて書いてしまうくらい私にとっては思い出深い大好きな場所になりました。

 

jamon身も心も彷徨い中

投稿者の過去記事

ふと世界一周がしたいと思い立ち、数年かけてお金を貯めたのち半年間のバックパッカーをしました。
外に飛び出す楽しさを知ってしまったらもうじっとしていられず、長期休みのたびに海外旅行をする生活に。
今はコロナでどこにも行くことができないのでここに文章を書くことでいろいろ思い出して次への夢を見ています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 異国情緒あふれるジョージア。トビリシからカズベキへの小旅行も。| トラベルダイアリー
    トビリシ旅行体験記パンフレットで見たジョージアの写真がキレイすぎて、行きたいと思ってから6年がすぎ…
  2. 女子一人旅 in メキシコ メキシコ人が怖がる街メキシコシティー| トラベルダイアリー
    メキシコシティー旅行体験記友達と再会しゆったりとした街で数日を過ごしたら、やっぱり首都を覗いてみ…
  3. HAWAII_FRA_DOLL
    ハワイ【ワイキキ】旅行体験記南国ハワイへ行ってきました!オアフ島にあるワイキキはとてもにぎわって…
  4. ハロン湾旅行体験記ハノイの街を気の向くままに観光をしていたら何人もの人にハロン湾をおススメされま…
  5. ロンドン旅行体験記ずっと憧れがあって行ってみたかったロンドンですが、どこを切り取っても写真になる…
  6. 古代オリンピック発祥の地!神話の世界そのもののアテネ| トラベルダイアリー
    アテネ旅行体験記丘の上につくられた都市や地中海の絶景を一目この目で見てみたい!でもギリシャ文字は…
  7. 白い岩壁【セブンシスターズ】ロンドンから日帰りの旅| トラベルダイアリー
    イギリス【セブンシスターズ】旅行体験記真っ白な崖【セブンシスターズ】は、ハリーポッターの映画の撮…
  8. バルセロナ旅行体験記 ヨーロッパの食事が美味しいところに行きたい…そう思ってポルトガ…
  9. 美しい湖の数々に癒される、プリトヴィッツェ湖群国立公園| トラベルダイアリー
    プリトヴィッツェ旅行体験記世界遺産を紹介するテレビ番組で見た、「女王の涙」と呼ばれるプリトヴィッ…
  10. シルクロードの中心都市 ウズベキスタン”青の都”「サマルカンド」| トラベルダイアリー
    サマルカンド旅行体験記ウズベキスタンのサマルカンドに初めて訪れたのは、今から12年も前のこと。友…

国内旅行おすすめ

  1. 青ヶ島
    青ヶ島旅行体験記元々離島旅行に興味があり、インターネットで秘境して紹介されていたこと、美しい青い…
  2. 奄美在住のガイドさんに聞いた!自然溢れる♪真の穴場スポット巡りの旅| トラベルダイアリー
    奄美市穴場スポット巡りの旅奄美在住のガイドさんおすすめのモダマ自生地とフナンギョの滝へ行ってきま…
  3. [妖怪だらけ 境港市]水木しげるロードで楽しもう!| トラベルダイアリー
    境港旅行体験記鳥取県に友人と二人旅に行ってきました!一泊二日の旅程で、1日目は鳥取の北西部にある…
  4. 一人旅でも大丈夫!福井でタグ付き蟹を食べつくす| トラベルダイアリー
    福井旅行体験記 明日死ぬってなった時、一番食べたいのは…蟹!生ものが食べられなかった…
  5. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ山中湖の旅| トラベルダイアリー
    山中湖旅行体験記雄大な富士山を目の前に臨む自然豊かな山中湖は、子連れファミリーにも人気の観光地で…
  6. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ熱海の旅| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記三世代旅行で熱海へ行ってきました。以前熱海駅前の観光案内所で子連れにオススメのスポ…
  7. 浜松・新城日帰り旅行体験記浜松・新城へ日帰りで行ける涼しい観光スポットの新規開拓に行ってきました…
  8. 国営ひたち海浜公園で青の絶景を楽しむ旅~in 茨城・ひたちなか~| トラベルダイアリー
    ひたちなか旅行体験記ネモフィラとチューリップどちらも観賞できる日に「国営ひたち海浜公園」へ行って…
  9. 広島旅行体験記2018年11月。ホークス対カープの日本一決定戦を見届けるべく、大慌てで新幹線…
  10. 京都旅行体験記関西方面に旅行される方には京都観光はマストですよね!大阪、京都とは一風変わった雰囲…

最新記事

  1. ご飯が美味しいインド洋の島・スリランカの南端の町ゴールと近隣ビーチ| トラベルダイアリー
    ゴール旅行体験記 仕事に追われて見知らぬ土地でのんびり過ごしたいと思い、行ったことの…
  2. 沖縄の大自然に触れる!愛犬と一緒に楽む「やんばる」の旅| トラベルダイアリー
    沖縄やんばる旅行体験記沖縄本島の北部「やんばる」と呼ばれるエリアは、那覇空港のある南部から車で約…
  3. 70年代の熱気を感じる!衝撃!太陽の塔内部見学と大阪アート旅!| トラベルダイアリー
    大阪旅行体験記 あの、岡本太郎の太陽の塔の内部を見ることができる!それを聞いたとき、…
  4. [一人旅 オスロ]お得に&楽しんで観光できます!| トラベルダイアリー
    オスロ旅行体験記 2019年、スウェーデン滞在中にオスロへ一人旅に出かけました。物価…
  5. 4歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ沖縄の旅| トラベルダイアリー
    那覇旅行体験記夏のピークで混みあう前に、沖縄へ三世代で旅行へ行ってきました。今回は海開きはしてい…
  6. ミラノからの日帰り旅行に 古都モンツァ| トラベルダイアリー
    モンツァ旅行体験記ミラノ郊外の街。ピンクやイエローのパステルカラーの建物が並ぶポップでキュートな…
  7. 夜景と温泉に癒される♪ハンガリーの首都ブダペストを観光| トラベルダイアリー
    ブダペスト旅行体験記南ドイツ~オーストリア~ハンガリーを鉄道で周遊しました。1週間で3カ国という…
  8. [妖怪だらけ 境港市]水木しげるロードで楽しもう!| トラベルダイアリー
    境港旅行体験記鳥取県に友人と二人旅に行ってきました!一泊二日の旅程で、1日目は鳥取の北西部にある…
  9. 【一人旅】偽物の集合が本物の価値を生み出す「大塚国際美術館」| トラベルダイアリー
    鳴門旅行体験記週末を挟み時間が取れたので、3泊4日の旅行をすることに。そこで、前から行きたかった…
  10. [食の都 大阪]安くて旨いを探すぶらり旅!| トラベルダイアリー
    大阪旅行体験記 大阪旅行に行ってきました!これまで国内旅行や海外旅行にはよく行ってい…

Archive



PAGE TOP