メキシコで一番盛り上がるお祭り?!メキシコの聖母生誕祭「グアダルーペ祭り」に潜入!

グアダルーペ祭りに行ってきました!

メキシコのお祭りといえば、映画「リメンバー・ミー」で話題になった死者の日のお祭りが日本では有名ですが、メキシコで一番盛り上がるのはグアダルーペ祭りではないでしょうか。今回はメキシコのサンクリストバル・デ・ラス・カサスに長期滞在していた時に見た、グアダルーペ祭りについてご紹介していきます!

グアダルーペ祭りとは

おすすめのポイント
  1. 毎年12月12日は「聖母グアダルーペ」の生誕祭!
  2. メキシコ全土で行われる大規模なお祭り!
  3. 数週間前からグアダルーペ祭りに向けて、盛り上がりを増していく!

グアダルーペ祭りとは、メキシコで最も敬愛されている褐色の肌色をした女神「聖母グアダルーペの生誕祭」です。一年中なにかしらのお祭りが開催されているメキシコですが、中でも12月12日に行われるグアダルーペ祭りは、メキシコ全土で盛り上がりを見せる大きなお祭りです。街はお祭りの数週間前から浮足立ち、通りはメキシコカラーのフラッグで装飾され、そこらじゅうで爆竹の音が鳴り響きます。その様子はまさにお祭りムード一色、祭りの日が近づくにつれてどんどん盛り上がりを増していきます。

グアダルーペ祭りの見どころ

歩行者天国 グアダルーペ通り

グアダルーペ祭りのためにやってきた巡礼者たちは、グアダルーペ通りの先にあるグアダルーペ教会を目指します。当日は昼前から巡礼者たちが通りを闊歩し、歩くのも困難なほどの大混雑です。聖母グアダルーペの旗を掲げ、おそろいのユニホームを身に纏い、掛け声をかけながら小走りで教会を目指す巡礼者の団体が、次から次へと通りを過ぎていきます。近隣の街や、国内各地から訪れた巡礼者が通るたびに、温かい拍手が起こります。教会に近づくにつれ、通りには屋台が立ち並びます。道に撒かれた花吹雪がとてもきれいでした。

グアダルーペ教会

グアダルーペ教会は、サンクリストバルの街を見下ろすように小高い丘の上に建っています。当日は、各地から遥々やって来た巡礼者だけでなく、サンクリストバルに住むカトリック教徒たちもこの教会を訪れます。キャパが大きいとは言えないグアダルーペ教会に、たくさんの人が溢れます。それもそのはず、メキシコ人の8割がカトリック教徒なのです。あまりの人の多さに教会入り口に長蛇の列ができる様子は、日本の初詣を彷彿とさせます。教会内は、正面に祀られた聖母グアダルーペまで蛇腹状に列が作られています。普段おちゃらけた陽気なメキシコ人たちが、粛々と礼拝を捧げている様子を見て、信仰心の深さを垣間見ることができました。

グアダルーペ教会前の広場

教会の階段下にある広場は、グアダルーペ教会での礼拝を終えた人々で大盛り上がりです。普段はがらんとした静かで素朴な場所なのですが、この日はどこからともなく移動遊園地が運ばれてきます。チープ感満載の観覧車や、ピカピカ光る電飾のアトラクション、ガンガンに鳴り響くメキシカンミュージック、掛け声をかけながら広場横の階段を登っていく巡礼者たち、なんだかカオスな世界に迷い込んでしまったような感覚さえしてきます。広場には縁日もたくさん出ていて、こちらは日本のお祭りを懐かしく思い出しました。夜遅くまで家族連れやカップルなどのメキシコ人で盛り上がっていました。

夜のグアダルーペ通り

夜のグアダルーペ通りも、普段に比べかなり賑やかです。もともとこの通りでは、地元の人に限らず旅行者もパフォーマンスをすることが許可されていますが、グアダルーペ祭りの日はパフォーマーの数もかなり増えます。アイルランドの伝統音楽を生演奏するグループ、自作のアクセサリーを売るヒッピーたち、スペインオムレツを売るスペイン人、その場で習字を書いて売る日本人、多国籍な旅行者がそれぞれのパフォーマンスを披露します。歩いているだけでも楽しく、お祭り気分を味わえます。

グアダルーペ祭りで見つけたグルメ

ミチェラーダ

私がメキシコでハマりにハマってずっと飲んでいたのが、このミチェラーダです。なぜ日本にはないのか不思議なくらい美味しいと、個人的には思っています。ミチェラーダはビールに、タバスコ、ライム、スパイス、トマトジュースなどが入ったお酒です。コップのふちに塩とスパイスを混ぜたものを塗ってくれます。味は、しょっぱくて辛いトマト味のビールといったところでしょうか。グアダルーペ祭りでは、ミチェラーダが買える屋台がたくさん出ていたので、もちろん購入しました。メキシコでは路上飲酒が禁止されていいますが、何故かミチェラーダはオッケーという謎のルールがあるのも面白いです。

~番外編~

サンクリストバルでも、世界無形文化遺産「パラチコ」の祭りが見られた!

パラチコは、サンクリストバル近郊の街チアパ・デ・コルソで行われているお祭りで世界無形文化遺産にも登録されています。本場ではないけれど、サンクリストバルの街でも見ることができました。このお祭りは、その昔難病に苦しんでいた子供を元気づけるために、周囲の人が仮装をして踊ったことから始まったと言います。その子供は回復に向かい、街の人たちは踊り喜んだそうです。「パラチコ」は直訳すると「子供のために」という意味。女性はこの地方特有の刺繍が入ったドレスを身に纏い、男性は仮面とアフロヘアのような被り物をしています。見ているだけで楽しくなるようなお祭りでした。グアダルーペ祭りだけではなく、1年を通して大小様々なお祭りが見られることは、メキシコの魅力の1つかもしれません。

グアダルーペ祭りに必要なアイテム・服装・その他

メキシコで1番の盛り上がりを見せるグアダルーペ祭りには、もちろんカメラは必須でしょう。また、標高の高いところにあるサンクリストバルの街は、日中は半袖で過ごせますが、夜は割と涼しいので軽い羽織をカバンに入れておきましょう。他に特に必要なものはないので、必要最低限のお金だけ持ってお祭りを楽しみましょう!

グアダルーペ祭りでの注意点

グアダルーペ祭りが近づくにつれ、どこの宿も大変混み合うので早めに予約しておくことをおすすめします。また祭り当日は、海外旅行者を狙ったスリなどの犯罪も増えますので気を付けましょう。最後に、グルメの項目でもご紹介しましたがメキシコでは路上での飲酒が禁止されています。楽しいお祭り気分につられてお酒が飲みたくなったら、ミチェラーダ飲みましょう!!

まとめ

普段は陽気でおちゃらけているメキシコ人が、厳かな雰囲気に包まれ懸命に祈りを捧げている姿を見て、その信仰心の深さに驚きました。かと思えば、教会のすぐ外ではメキシカンミュージックが大音量でかかり、子供のようにはしゃいでいる姿もやはり、メキシコらしいなと思いました。お祭り好きでチャーミングなメキシコ人が、私は大好きです。実は私たち夫婦もサンクリストバルに長期滞在中、グアダルーペ通りでパフォーマーとしてパフォーマンスをしていました。普段から賑やかなグアダルーペ通りが、祭りの日はさらに盛り上がり、パフォーマンスをする側としてもとても楽しかったのを覚えています。外国人である私たちも、サンクリストバルで時間を共にする1人としてグアダルーペ祭りを楽しめたのは、とてもいい思い出になりました。

 

fuki22

fuki22

投稿者の過去記事

絶賛子育て中の元バックパッカーです。
世界一周1人旅、夫婦で世界一周旅、合計で52ヶ国を訪れました♩
オーストラリアとメキシコに住んでいたことがあります。
次の目標は子連れのんびり旅♡

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. シンガポール旅行体験記テレビで見て以来絶対に泊まりたかったマリーナベイサンズ。マリーナベイサンズ…
  2. ケアンズ旅行体験記オーストラリアは南半球に位置するため日本とは季節が逆になります。冬が厳しい日本…
  3. ニューヨーク旅行体験記昔から好きだった海外ドラマ、セックス・アンド・ザ・シティ(SATC)の舞台…
  4. ゴールドコースト旅行体験記ゴールドコーストと言えば、一年中温暖な気候で365日中300日晴れ…
  5. 大聖堂、公園、ローカルなお店が魅力のカンタベリー| トラベルダイアリー
    カンタベリーに行ってきました!個人経営からチェーン店までたくさんのお店が揃いながら、中世の雰囲気…
  6. 東南アジアの先進国であり、多民族国家のシンガポールで魅力的な旅♪| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記英語と中国語を学んでいたので、その2言語が公用語のシンガポールにはとても興…
  7. チャイティーヨ山旅行体験記首都のヤンゴンから入り、特に予定も旅の期限もなくスタートしたミャンマー…
  8. リスボン旅行体験記美味しいシーフードとお酒を楽しみたい方は是非ポルトガル・リスボンへ!今回はポル…
  9. ドブロクニク旅行体験記魔女の宅急便の舞台とも言われている、ドブロブニクの旧市街。昔からジブリ映画…
  10. アオスタ旅行体験記イタリアのスイス、フランスとの国境付近に位置するヴァッレ・ダオスタ州。ガイドブ…

国内旅行おすすめ

  1. フォトジェニックだけじゃない!真の貴船神社の魅力に迫る| トラベルダイアリー
    貴船神社旅行体験記SNSで見つけた美しい灯籠が一目見たくて、貴船神社へ行ってきました!訪れてみる…
  2. 一人旅ファイナル②!桃太郎伝説残る岡山/デニムの街児島を散策| トラベルダイアリー
    岡山/児島旅行体験記一人で行く旅行も今回で最後。旅収めの場所として選んだのはまだ行ったこともない…
  3. 紅葉とグルメと舞妓体験を楽しむ京都の旅| トラベルダイアリー
    京都旅行体験記 実家の両親に子供を預けて、久しぶりに夫婦二人で京都へ行ってきました。…
  4. 広島旅行体験記2018年11月。ホークス対カープの日本一決定戦を見届けるべく、大慌てで新幹線…
  5. 旭川旅行体験記仕事の都合で札幌に行くことになり、どうせ行くなら観光も出来て、食事も美味しくて、遊…
  6. 白浜旅行体験記和歌山を故郷に持つ友人夫妻の運転で高野山~龍神を観光。次なる目的地は「南紀・白…
  7. 路面電車が走り異国情緒が漂う街、長崎市内で楽しむ女性1人旅| トラベルダイアリー
    長崎旅行体験記スカイマークのHPで神戸空港~長崎空港の路線がキャンペーンをしているのを見て、修学…
  8. 福井旅行体験記 47都道府県のうち未踏の地であったのがこの福井。北陸三県にはなかなか…
  9. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ山中湖の旅| トラベルダイアリー
    山中湖旅行体験記雄大な富士山を目の前に臨む自然豊かな山中湖は、子連れファミリーにも人気の観光地で…
  10. こんぴらさん参拝旅行体験記「一度はこんぴらさんにお参りしてみたい!」母からのリクエストを受け…

最新記事

  1. イスラム世界の文化的中心地として栄えた茶色い街 「 ブハラ 」| トラベルダイアリー
    ブハラ旅行体験記2500年もの歴史を秘めているブハラ。シルクロードの面影が残存しているといわれる…
  2. 女子一人旅 in ペルー 首都リマで日系人文化に触れ、日本を感じる| トラベルダイアリー
    リマ旅行体験記危険だと言われるけれど、やはり首都は訪れてみたい。そんな気持ちでリマにも行くことに…
  3. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅|
    松本旅行体験記海外に行けないストレスをどこで晴らそうと旅行サイトなどを色々見て情報集めをしている…
  4. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅| トラベルダイアリー
    尾道旅行体験記地元近くでありながら昨年はじめて訪れ、その風光明媚な雰囲気にすっかり惚れ込んだ街・…
  5. 女子一人旅 in ペルー 夢のマチュピチュを心ゆくまでうろつく| トラベルダイアリー
    マチュピチュ旅行体験記ペルーに来た目的、マチュピチュに到達です。子どもの頃からインカに興味があり…
  6. ウズベキスタン共和国内にある秘境「カラカルパクスタン共和国」| トラベルダイアリー
    カラカルパクスタン共和国旅行体験記ウズベキスタン共和国の西部に位置するカラカルパクスタン共和国。…
  7. 女子一人旅 in ペルー マチュピチュの麓、マチュピチュ村で温泉に入る| トラベルダイアリー
    マチュピチュ村旅行体験記いよいよマチュピチュに向かって出発です。マチュピチュの麓にあるこのマチュ…
  8. お酒と音楽とケルト文化を味わう ダブリン探訪記| トラベルダイアリー
    ダブリン旅行体験記隅っこ好きな性分で、アイルランド、北アイルランド、スコットランドを巡る旅に出ま…
  9. いも好き必見!全国のさつまいもスイーツが大集合「関西おいも万博」| トラベルダイアリー
    関西おいも万博に行ってきました!全国の美味しいさつまいもスイーツが集まる「関西おいも万博」なるも…
  10. シルクロードの中心都市 ウズベキスタン”青の都”「サマルカンド」| トラベルダイアリー
    サマルカンド旅行体験記ウズベキスタンのサマルカンドに初めて訪れたのは、今から12年も前のこと。友…

Archive



PAGE TOP