メキシコで一番盛り上がるお祭り?!メキシコの聖母生誕祭「グアダルーペ祭り」に潜入!

グアダルーペ祭りに行ってきました!

メキシコのお祭りといえば、映画「リメンバー・ミー」で話題になった死者の日のお祭りが日本では有名ですが、メキシコで一番盛り上がるのはグアダルーペ祭りではないでしょうか。今回はメキシコのサンクリストバル・デ・ラス・カサスに長期滞在していた時に見た、グアダルーペ祭りについてご紹介していきます!

グアダルーペ祭りとは

おすすめのポイント
  1. 毎年12月12日は「聖母グアダルーペ」の生誕祭!
  2. メキシコ全土で行われる大規模なお祭り!
  3. 数週間前からグアダルーペ祭りに向けて、盛り上がりを増していく!

グアダルーペ祭りとは、メキシコで最も敬愛されている褐色の肌色をした女神「聖母グアダルーペの生誕祭」です。一年中なにかしらのお祭りが開催されているメキシコですが、中でも12月12日に行われるグアダルーペ祭りは、メキシコ全土で盛り上がりを見せる大きなお祭りです。街はお祭りの数週間前から浮足立ち、通りはメキシコカラーのフラッグで装飾され、そこらじゅうで爆竹の音が鳴り響きます。その様子はまさにお祭りムード一色、祭りの日が近づくにつれてどんどん盛り上がりを増していきます。

グアダルーペ祭りの見どころ

歩行者天国 グアダルーペ通り

グアダルーペ祭りのためにやってきた巡礼者たちは、グアダルーペ通りの先にあるグアダルーペ教会を目指します。当日は昼前から巡礼者たちが通りを闊歩し、歩くのも困難なほどの大混雑です。聖母グアダルーペの旗を掲げ、おそろいのユニホームを身に纏い、掛け声をかけながら小走りで教会を目指す巡礼者の団体が、次から次へと通りを過ぎていきます。近隣の街や、国内各地から訪れた巡礼者が通るたびに、温かい拍手が起こります。教会に近づくにつれ、通りには屋台が立ち並びます。道に撒かれた花吹雪がとてもきれいでした。

グアダルーペ教会

グアダルーペ教会は、サンクリストバルの街を見下ろすように小高い丘の上に建っています。当日は、各地から遥々やって来た巡礼者だけでなく、サンクリストバルに住むカトリック教徒たちもこの教会を訪れます。キャパが大きいとは言えないグアダルーペ教会に、たくさんの人が溢れます。それもそのはず、メキシコ人の8割がカトリック教徒なのです。あまりの人の多さに教会入り口に長蛇の列ができる様子は、日本の初詣を彷彿とさせます。教会内は、正面に祀られた聖母グアダルーペまで蛇腹状に列が作られています。普段おちゃらけた陽気なメキシコ人たちが、粛々と礼拝を捧げている様子を見て、信仰心の深さを垣間見ることができました。

グアダルーペ教会前の広場

教会の階段下にある広場は、グアダルーペ教会での礼拝を終えた人々で大盛り上がりです。普段はがらんとした静かで素朴な場所なのですが、この日はどこからともなく移動遊園地が運ばれてきます。チープ感満載の観覧車や、ピカピカ光る電飾のアトラクション、ガンガンに鳴り響くメキシカンミュージック、掛け声をかけながら広場横の階段を登っていく巡礼者たち、なんだかカオスな世界に迷い込んでしまったような感覚さえしてきます。広場には縁日もたくさん出ていて、こちらは日本のお祭りを懐かしく思い出しました。夜遅くまで家族連れやカップルなどのメキシコ人で盛り上がっていました。

夜のグアダルーペ通り

夜のグアダルーペ通りも、普段に比べかなり賑やかです。もともとこの通りでは、地元の人に限らず旅行者もパフォーマンスをすることが許可されていますが、グアダルーペ祭りの日はパフォーマーの数もかなり増えます。アイルランドの伝統音楽を生演奏するグループ、自作のアクセサリーを売るヒッピーたち、スペインオムレツを売るスペイン人、その場で習字を書いて売る日本人、多国籍な旅行者がそれぞれのパフォーマンスを披露します。歩いているだけでも楽しく、お祭り気分を味わえます。

グアダルーペ祭りで見つけたグルメ

ミチェラーダ

私がメキシコでハマりにハマってずっと飲んでいたのが、このミチェラーダです。なぜ日本にはないのか不思議なくらい美味しいと、個人的には思っています。ミチェラーダはビールに、タバスコ、ライム、スパイス、トマトジュースなどが入ったお酒です。コップのふちに塩とスパイスを混ぜたものを塗ってくれます。味は、しょっぱくて辛いトマト味のビールといったところでしょうか。グアダルーペ祭りでは、ミチェラーダが買える屋台がたくさん出ていたので、もちろん購入しました。メキシコでは路上飲酒が禁止されていいますが、何故かミチェラーダはオッケーという謎のルールがあるのも面白いです。

~番外編~

サンクリストバルでも、世界無形文化遺産「パラチコ」の祭りが見られた!

パラチコは、サンクリストバル近郊の街チアパ・デ・コルソで行われているお祭りで世界無形文化遺産にも登録されています。本場ではないけれど、サンクリストバルの街でも見ることができました。このお祭りは、その昔難病に苦しんでいた子供を元気づけるために、周囲の人が仮装をして踊ったことから始まったと言います。その子供は回復に向かい、街の人たちは踊り喜んだそうです。「パラチコ」は直訳すると「子供のために」という意味。女性はこの地方特有の刺繍が入ったドレスを身に纏い、男性は仮面とアフロヘアのような被り物をしています。見ているだけで楽しくなるようなお祭りでした。グアダルーペ祭りだけではなく、1年を通して大小様々なお祭りが見られることは、メキシコの魅力の1つかもしれません。

グアダルーペ祭りに必要なアイテム・服装・その他

メキシコで1番の盛り上がりを見せるグアダルーペ祭りには、もちろんカメラは必須でしょう。また、標高の高いところにあるサンクリストバルの街は、日中は半袖で過ごせますが、夜は割と涼しいので軽い羽織をカバンに入れておきましょう。他に特に必要なものはないので、必要最低限のお金だけ持ってお祭りを楽しみましょう!

グアダルーペ祭りでの注意点

グアダルーペ祭りが近づくにつれ、どこの宿も大変混み合うので早めに予約しておくことをおすすめします。また祭り当日は、海外旅行者を狙ったスリなどの犯罪も増えますので気を付けましょう。最後に、グルメの項目でもご紹介しましたがメキシコでは路上での飲酒が禁止されています。楽しいお祭り気分につられてお酒が飲みたくなったら、ミチェラーダ飲みましょう!!

まとめ

普段は陽気でおちゃらけているメキシコ人が、厳かな雰囲気に包まれ懸命に祈りを捧げている姿を見て、その信仰心の深さに驚きました。かと思えば、教会のすぐ外ではメキシカンミュージックが大音量でかかり、子供のようにはしゃいでいる姿もやはり、メキシコらしいなと思いました。お祭り好きでチャーミングなメキシコ人が、私は大好きです。実は私たち夫婦もサンクリストバルに長期滞在中、グアダルーペ通りでパフォーマーとしてパフォーマンスをしていました。普段から賑やかなグアダルーペ通りが、祭りの日はさらに盛り上がり、パフォーマンスをする側としてもとても楽しかったのを覚えています。外国人である私たちも、サンクリストバルで時間を共にする1人としてグアダルーペ祭りを楽しめたのは、とてもいい思い出になりました。

 

fuki22

投稿者の過去記事

絶賛子育て中の元バックパッカーです。
世界一周1人旅、夫婦で世界一周旅、合計で52ヶ国を訪れました♩
オーストラリアとメキシコに住んでいたことがあります。
次の目標は子連れのんびり旅♡

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. brighton_pabirion2
    イギリス【ブライトン】旅行体験記ブライトンはイギリスの南東に位置する、ロンドンから日帰りで訪れる…
  2. 幼児連れでも楽しめた!2歳児との海外旅行はグアムで正解!| トラベルダイアリー
    グアム旅行体験記子連れ海外に関しては2歳になってすぐハワイに行き惨敗。ロングフライトと時差がきつ…
  3. ウィーン旅行体験記親友の海外フォトウェディングのお手伝いで訪れたウィーン。写真撮影後「きょうは甘…
  4. シェムリアップ旅行体験記ものすごく有名な観光遺跡、アンコールワットのある街シェムリアップ。まさに…
  5. [一人旅 オスロ]お得に&楽しんで観光できます!| トラベルダイアリー
    オスロ旅行体験記 2019年、スウェーデン滞在中にオスロへ一人旅に出かけました。物価…
  6. チボリ公園体験記デンマークの首都コペンハーゲンにある世界最古の遊園地「チボリ公園(Tivoli)…
  7. ちょっとリッチにタイ航空のビジネスクラスでバンコクへ♪| トラベルダイアリー
    バンコク旅行体験記妹(短大)と私の就職祝いにと大学卒業時におばあちゃんがプレゼントしてくれました…
  8. アンマンから陸路で国境越え 聖地エルサレム2泊3日の弾丸観光| トラベルダイアリー
    エルサレム旅行体験記 今回の旅のメインスポットはヨルダンのペトラでしたが、10日間の…
  9. 白夜の季節にぜひ訪れて!ヘルシンキで暮らすように旅する| トラベルダイアリー
    ヘルシンキ旅行体験記この都市を訪れる人の大半が映画「かもめ食堂」にあこがれて、ではないでしょうか…
  10. ミラノからの日帰り旅行に 古都モンツァ| トラベルダイアリー
    モンツァ旅行体験記ミラノ郊外の街。ピンクやイエローのパステルカラーの建物が並ぶポップでキュートな…

国内旅行おすすめ

  1. 港区旅行は大人こそ楽しめる!新しい刺激にも出会えるチャンス!| トラベルダイアリー
    港区旅行体験記 私の誕生日祝いとして連れが用意してくれた旅行です。GO TO トラベ…
  2. 広島旅行体験記広島県の竹原市から船で15分のところにある大久野島はうさぎ島と呼ばれています。戦時…
  3. 【一人旅】日本屈指のリゾート地・箱根で4泊5日の美術館めぐり| トラベルダイアリー
    箱根町旅行体験記シルバーウィークをのんびり過ごすリゾート地として、箱根を選びました。ご存知のとお…
  4. 温泉リゾート・箱根~温泉&美術館&ツツジ~和を楽しむ母娘2人旅!_トラベルダイアリー
    箱根旅行体験記箱根は温泉施設や美術館が多く、四季によっても景色が違い何度行っても楽しめます。今回…
  5. 不要な縁は切りたい!過去の思い出に京都の縁切り神社でさようなら| トラベルダイアリー
    京都旅行体験記転職をしようと決めた。会社に今後の進退を報告する書類を出した所、引き留めるために何…
  6. 温泉もBBQもプライベートな空間で楽しみたい!贅沢な温泉グランピングの旅| トラベルダイアリー
    四万旅行体験記「キャンプらしいこともしたいけど、温泉にも浸かりたい・・・」ということで、四万温泉…
  7. 霧島六権現巡りで龍神パワーチャージ! |トラベルダイアリー
    霧島旅行体験記 御朱印を集めている友達に誘われ、霧島の主要6つの神社をめぐりました。…
  8. 国営ひたち海浜公園で青の絶景を楽しむ旅~in 茨城・ひたちなか~| トラベルダイアリー
    ひたちなか旅行体験記ネモフィラとチューリップどちらも観賞できる日に「国営ひたち海浜公園」へ行って…
  9. 鹿児島旅行体験記九州地方の最南端となる鹿児島県!沖縄までは飛行機を利用するとフライト時間も長…
  10. 【一人旅】窓から冬花火が見える、熱海のホテルで4泊5日| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記1月の連休を利用して、東京から少し足を伸ばした近場に旅行することに。そろそろ早咲の…

最新記事

  1. 宮古島沖縄旅行体験記子連れリゾート旅行で人気NO1の沖縄。本島には多くのファミリーが訪れています…
  2. スペイン植民地時代の香り!クラシックカーとレトロな街並み、ハバナ | トラベルダイアリー
    ハバナ旅行体験記レトロかわいい街並みとクラシックカーという構図のイラストを見たことがある人は多い…
  3. 穴場南国リゾート!宮崎、日南で南国を味わう
    日南旅行体験記南国リゾートといったら沖縄がまず思い浮かぶでしょう。しかし、実は宮崎も元祖南国リゾ…
  4. 奄美大島旅行体験記 新しく世界遺産に登録された奄美大島。南の島として有名な沖縄の島々…
  5. 女子一人旅 in シンガポール チープとゴージャスと多民族| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記 以前の旅で出会った友達に会いにシンガポールへ行きました。都市…
  6. 女子一人旅 in トルコ③ 超穴場!トルコでローマ遺跡、ベルガマ| トラベルダイアリー
    ベルガマ旅行体験記 トルコの観光地でも日本人にはあまり知られていないベルガマに行って…
  7. たまてばこ号に乗って指宿へ。指宿のマンゴーは旨い!| トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記鹿児島の温泉と言えば指宿温泉。指宿は砂湯や開聞岳で知られています。温泉街の近くに「…
  8. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  9. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  10. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…

Archive

スカイツアーズ

PAGE TOP