チュニス近郊・遺跡の街カルタゴとシディブサイドへ| トラベルダイアリー

チュニス近郊・遺跡の街カルタゴとシディブサイドへ

カルタゴ旅行体験記

カルタゴは首都チュニスから車で30分ほどの距離にある遺跡の街です。紀元前 1000 年頃にフェニキア人によって造られ、ここにはかつて勢力を誇ったカルタゴ帝国の中心がありました。遺跡の保存状態はあまり良くなかったのですが、古代人と同じ場所にいると思うと胸が熱くなったのを覚えています。

カルタゴ旅行について

おすすめのポイント
  1. カルタゴ博物館でカルタゴで出土した遺物をじっくり堪能できる
  2. 観光スポットがまとまっているのでコンパクトに回れる
  3. 海辺の街・シディブ・サイドへも近く、まとめて観光が出来る

今回はチュニス郊外のガマルト(チュニスから車で30分ほど)を拠点にカルタゴとシディブ・サイドへ訪れました。カルタゴといえば将軍ハンニバルを思い浮かべる方も多いと思います。ハンニバルは紀元前247年にカルタゴで生まれました。ハンニバルが生まれた時、カルタゴはローマによる征服の危機に瀕していたといいます。今回はそんな歴史あるカルタゴの遺跡を紹介します。

カルタゴ旅行のおすすめのスポット

古代の出土品がずらりと並ぶカルタゴ博物館


カルタゴ博物館はチュニスのバルドー博物館と並んで、チュニジアの重要な考古学博物館の1つです。カルタゴの始まりは紀元前9世紀頃に海洋民族であるフェニキア人が植民都市を建設したことが始まりと言われています。この博物館にはカルタゴ遺跡で出土した像やモザイク、土器のかけらなど細かな遺物がたくさん展示されています。当時、地中海の交易を独占したカルタゴはその権益を巡り、大国ローマと3度のポエニ戦争で戦っています。遺跡からかつての栄華を垣間見ることができます。

カルタゴ遺跡・アントニウスの共同浴場跡


ポエニ戦争では将軍ハンニバルの活躍もあり、一時はローマ軍を追い詰めるまでいきましたが、最後はカルタゴは敗れてしまいます。その結果、街は徹底的に破壊され廃墟となりました。その廃墟となった街に塩までまかれた為、草木も生えなくなったといいます。ですがその100年後、カエサルとアウグストゥスによりカルタゴは再建され、フェニキア人の時代にもまして繁栄しました。このアントニウスの共同浴場跡は現在では柱や大きな石がごろごろと並ぶだけの場所ですが、その歴史を偲ぶことができます。

女神タニトに捧げられた子供たちの墓トフェと古代の軍港跡

女神タニトはカルタゴの守護神で、天と豊穣の神様です。カルタゴが都市国家だった頃、ここではタニト神に捧げるために幼児が犠牲となっていたといいます。そのためこのトフェは聖域となっています。お墓ということもあり、どこかひっそりとした空気が漂っていました。また、このトフェ近くにはカルタゴ時代の軍港が古代のままの円形の形で残っており、車窓から見ることができます。

カルタゴでのおすすめグルメ

地中海を見渡すシディブ・サイドのカフェにて一息

カフェから見える地中海が綺麗です。

チュニジアではこのミントティーにナッツを入れます。

カルタゴからシディブ・サイドまでは車で約10分ほどの距離です。シディブ・サイドはチュニジアン・ブルーと呼ばれる青と白で街が統一されている景観が美しいところです。民家のドアやお土産屋をみながらメイン通りを歩き、ルー・ヘディ・ザルーク通りを突き当りまで進むとCAFE SIDI CHABAANEがあります。買い物に疲れたら、ここで地中海を眺めながらミントティーを飲んで、少し休憩していきましょう。

カルタゴでのおすすめのショッピングスポット

シディブ・サイドの街をブラブラ散歩

かわいいお皿が売られています。

民家のドアが描かれたお皿や置物です。このデザインのハンドミラーもありましたよ。

シディブサイドでは鳥かごが名産として有名です。お土産にはかさばるかもしれませんが他では手に入りませんよね。

カルタゴにはショッピングスポットがあまりないのでシディブ・サイドの紹介をします。先述したようにここシディブ・サイドは青と白で街並みが統一されており、写真映えするスポットがたくさんあります。シディブ・サイドのカフェで休憩やランチを楽しんだ後はゆっくり買い物や散歩に出かけましょう。ファーティマの手と呼ばれるイスラム教のお守りのキーホルダーやチュニジアの民家のドアを模したハンドミラー、またシディブ・サイドで有名な鳥かごなど、かわいい雑貨がたくさんあります。見ているだけで楽しい時間が過ごせるまちです。

カルタゴにて宿泊したホテル

チュニス郊外のホテル EL MOURADI GAMMARTH

ホテルの朝食ビュッフェの一例です。

こちらは夕食ビュッフェのメニューの1つです。

今回はカルタゴではなく、チュニス郊外のガマルトに宿泊しました。カルタゴからがマルトまでは車で約30分の距離で、がマルトは海沿いのリゾートエリアです。エルムラディとはチュニジア国内のチェーンホテルのようです。5つ星だけあって綺麗なホテルでした。朝食や夕食ビュッフェも種類豊富でホテル内のバーも雰囲気が良かったです。

カルタゴ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

阪急交通社

チュニジア周遊10日間のツアーに参加しました。チュニジアへの添乗も何度か経験がある方が添乗員さんで、とても頼りになりました。オリーブ畑をみると心が休まるとおっしゃっていて、個人的にもチュニジアがとても好きなようでした。ガイドさんたちとも上手く連携されており、ツアー中はとても安心して過ごすことが出来ました。

カルタゴ旅行に必要な持ち物

博物館などの屋内観光は良いですが、カルタゴ遺跡は基本的に野外の遺跡となるので、日陰がありません。そのため日焼け対策として日傘や帽子を持っていかれることをお勧めします。あとはシディブ・サイドの街並みは石畳なので、歩きやすく滑りにくいスニーカーで行かれることをお勧めします。また、小さいお店などはカードがまだ使えない場合があるので現金はしっかりと持っていかれることをお勧めします。

カルタゴ旅行での注意点

カルタゴ旅行での注意点
  1. シディブ・サイドは石畳なので歩きやすい靴で
  2. シディブ・サイドのお店やカフェは観光客向けなので少し物価が高め
  3. カルタゴ遺跡は基本日陰がないので日焼け対策を忘れずに

シディブ・サイドのお店やカフェはどうしても観光客向けなので、他の場所に比べて少し物価が高いです。その点だけ踏まえて買い物すると良いですね。あとはカルタゴ遺跡は規模が大きいのに基本的に外をみて回ります。そのためしっかとした日焼け対策をお勧めします。

まとめ

カルタゴは本当に遺跡の街という表現がぴったりな場所でした。実際の遺跡は柱しか残っていない所も多いので正直見応えにはかけるものがありますが、かつて繁栄していた都市国家があったのだと思うとロマンを感じました。そして、シディブ・サイドはとても素敵な場所で、もっとたくさんの写真を撮りたかったです。ここにもホテルがあるようだったので機会があればまたゆっくり散策してみたいと思いました。

 

Natalia

投稿者の過去記事

エジプトをはじめ中近東のイスラム圏やアフリカが好きです。
出張やプライベートで行った海外の街の魅力を紹介していきます。
買い物も大好きなので、海外で出会ったかわいい雑貨やアクセサリーなども出来るだけ紹介していければと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. [一人旅 バルセロナ]世界遺産サグラダ・ファミリア等を巡る| トラベルダイアリー
    バルセロナ旅行体験記スペインのバルセロナへ行ってきました!マドリード旅行の後(参考記事:「本場の…
  2. ドゥブロヴニク旅行体験記テレビや雑誌でこれまで何度も目にした事のある、城壁に囲まれた小さな街ドゥ…
  3. フィレンツェ旅行体験記天井のない美術館と称されるイタリア・フィレンツェ。私がイタリアの中でも特に…
  4. 1泊2日旅で、ソウルのグルメとショッピングを堪能!| トラベルダイアリー
    ソウル旅行体験記韓国料理が好きで、本場の味を食べたくなり旅行することにしました。インスタグラムな…
  5. カプリ島旅行体験記カプリ島といえば、青の洞窟が世界的に有名です。私たちも青の洞窟目当てで、このた…
  6. 誰もが一度は行きたいリゾート地 メキシコ・カンクン| トラベルダイアリー
    カンクン旅行体験記中南米に行った事がなく、一度は行ってみたいと思っておりました。サンディエゴに住…
  7. クレモナ旅行体験記ジブリ映画「耳をすませば」の中で登場するイタリアの都市クレモナ。ここはバイオリ…
  8. サクラ・ディ・サン・ミケーレ旅行体験記フランスの有名観光地、モン・サン=ミッシェルがイタリアにも…
  9. 幻想的なランタンにうっとり!世界遺産ホイアンを楽しむ旅| トラベルダイアリー
    ホイアン旅行体験記南北に長いベトナムのほぼ中央に位置する港町ホイアン。ここはランタンで有名で、柔…
  10. ウシュアイア旅行体験記アルゼンチンのフエゴ島に位置するウシュアイア。この街を訪れる旅人のほとんど…

国内旅行おすすめ

  1. 透き通る静かな穴場ビーチ ◆海もプールも楽しめるロイヤルホテル沖縄残波岬◆| トラベルダイアリー
    沖縄 残波岬の魅力残波岬 (ざんぱみさき) は、那覇空港から車で1時間ほど。日本一人口の…
  2. 札幌旅行体験記数年に1回程度、学会発表に参加しなくてはならないため、どうせ行くなら空いている時間…
  3. 人吉旅行体験記JR九州の観光列車「かわせみやませみ」に乗ってみたい。その衝動だけで乗車券を購…
  4. 一人旅ファイナル!思い立ったが吉日、GoToで行こう倉敷へ| トラベルダイアリー
    倉敷旅行体験記緊急事態宣言下でも私は生活必需品を供給する施設として、休みは増えたものの出勤せざる…
  5. 大自然に飛び込もう!奄美大島マングローブカヌーツアー| トラベルダイアリー
    マングローブカヌーツアー体験記人生初のマングローブカヌーツアー。初心者の私でもカヌーを漕いでマン…
  6. 徳島・東かがわ・さぬき旅行体験記夏には夏らしい旅がしたい!と関西女子3人で計画。以前から行っ…
  7. 温泉天国・山形県で、東根温泉と銀山温泉をはしごする旅| トラベルダイアリー
    東根旅行体験記もともとは、同じ山形県にある銀山温泉のノスタルジックな街並みに憧れて、泊まる旅館を探…
  8. 家族連れにおすすめ♪ アクセス抜群、千葉の里山で自然体験!| トラベルダイアリー
    千葉大多喜町旅行体験記Withコロナ時代に「密を気にせずゆっくり週末を過ごしたい、自然を思い…
  9. 与那国島旅行体験記日本の東西南北の端、これはすべて離島になるのですが、一般人が訪れることができる…
  10. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ箱根の旅| トラベルダイアリー
    箱根旅行体験記首都圏で手軽に行ける温泉地として人気の箱根。素敵な温泉地や温泉宿は大人が嬉しい場所…

最新記事

  1. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  2. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  3. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…
  4. 霧島六権現巡りで龍神パワーチャージ! |トラベルダイアリー
    霧島旅行体験記 御朱印を集めている友達に誘われ、霧島の主要6つの神社をめぐりました。…
  5. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  6. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…
  7. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…
  8. 大人も子供も楽しめる!名古屋人気観光スポット巡り| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記 「名古屋行ったことないから行ってみる?でも名古屋って何があるの?」…
  9. オープントップバスから眺めるポルトの街並み。| トラベルダイアリー
    ポルト旅行体験記ポートワインで有名なポルト。ワイナリー見学も目的のひとつですが、この町はアズレー…
  10. 青の洞門
    マルタ島旅行体験記前回は首都:バレッタ周辺の情報お届けしました。さてさて、今…

Archive



PAGE TOP