モロッコ・サハラ砂漠にある街メルズーガで静かなひと時を過ごす| トラベルダイアリー

モロッコ・サハラ砂漠にある街メルズーガで静かなひと時を過ごす

メルズーガ旅行体験記

憧れのサハラ砂漠に訪れることが出来ました。私達がイメージするような細かい砂のある
砂漠って意外とあまり無いんですよね。でも、ここモロッコのメルズーガには“THE砂漠”というような美しい景色が広がっています。

メルズーガ旅行について

おすすめのポイント
  1. 360度砂漠に囲まれたホテルに宿泊できる
  2. 希望すれば砂漠でラクダに乗れる
  3. ベルベル人のテントでミントティーを飲む体験も出来る

モロッコのサハラ砂漠はきめが細かく、綺麗な砂丘が続いています。絵本や映画に出てくるような迫力ある景色に圧倒されます。メルズーガのお勧めポイントはこの砂漠に囲まれたホテルに泊まれることです。天気の良い日には星が降ってきそうなほどの満点の星空を眺めることが出来ます。そして、希望すれば早朝にラクダに乗っての朝日鑑賞やベルベル人のテントで、ミントティーのサービスなども受けることが出来ます。

メルズーガ旅行のおすすめのスポット

見渡たす限りに広がる美しいサハラ砂漠を鑑賞

綺麗な砂丘が果てしなく続くその景色は観光客を異世界へと誘います。ここメルズーガにはエルフードという街から四駆で1時間弱の場所にあります。ドライバーは道路も街頭も看板もない道をどんどん進んでいきます。それで本当に宿泊先へ着くのだから、プロはすごいです。メルズーガに到着すればそこは静寂の世界。砂漠の彼方遠くに、うっすらと街の灯りが見えるだけです。あとはしんと静かな場所で、落ち着いたひと時が過ごせます。

ラクダに乗って砂丘を登り早朝から朝日鑑賞へ

メルズーガに宿泊した翌日は是非朝日鑑賞へ出かけましょう。朝が苦手でも砂漠に上る太陽はたいへん美しく、1日が気持ちよく始められます。希望の方は3,000円ほどでラクダに乗ることが出来ます。徒歩でも砂丘の上まで登れますが、足が砂に取られるのでかなりきつくなります。ラクダに乗るのは乗り降りの際に注意が必要ですが、乗った方が絶対楽なので乗馬をお勧めします。ホテルを出た時にはまだ空が暗く、月明かりの下を進んでいきます。気分はまるでキャラバンです。

サハラ砂漠の砂丘で記念写真の撮影

朝日鑑賞の後は砂丘の上にごろんと横になり、静かな時間を楽しんでみてください。ガイドさんに教えてもらったアラビア語で自分の名前を砂に書いて、写真を撮るのもいいですね。太陽がのぼるとじわじわと気温が上がってきます。そのため、朝の涼しいうちに写真撮影に出かけるのがお勧めです。また、記念に少しだけ砂漠の砂を小瓶に入れて持ち帰るのもいいですね。

メルズーガでのおすすめグルメ

オーベルジュでのモロッコ料理

メルズーガでは基本的にランチもディナーも宿泊先でとることになります。メルズーガの宿泊場所は“オーベルジュ”と呼ばれています。オーベルジュとは“おいしい料理をゆっくり堪能できる宿泊施設付きのレストラン”という意味です。どこもこじんまりとしたホテルで、モロッコ料理をビュッフェスタイルで提供しているのが定番です。宿泊人数が少ないとセットメニューにもなるようです。どれもシンプルな味付けでやさしい味でした。

メルズーガでのおすすめのショッピングスポット

メルズーガにはお土産屋は無し

メルズーガにはお土産屋はありません。あるとしてもオーベルジュの中くらいですが、それもお土産屋がないところがほとんどです。そのため、ここに来るまでに途中で立ち寄ったイフレンのカフェを紹介しておきます。フェズからメルズーガまでは実に車で約7時間のとても長い移動です。途中いくつか休憩を挟みますが、イフレンはフェズから出発して最初の休憩スポットです。モロッコのスイスと呼ばれ、景観の美しい場所ですが、買い物するとしたらここくらいでしょうか。あとはエルフード付近には化石のお店もいくつかあるようでした。

メルズーガにて宿泊したホテル

オーベルジュ・トンブクトゥ(AUBERGE TOMBOUKTOU)

オーベルジュが何軒が隣接して建っていますが、その内の1つです。最も部屋数が多いオーベルジュで室内も広くお洒落でした。WIFIもレセプション付近だけは入ります。少し接続が弱いですが問題なく利用できました。オーベルジュのすぐ裏はもう砂漠なので、夜にはホテルから満点の星空を見られます。朝日鑑賞もホテルの裏からすぐ行けるのでとても便利なホテルです。ただ、夜は星空が見えるくらい館内が暗くなります。廊下もとても暗くなってしまうので、懐中電灯があると便利です。

メルズーガ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

モロッコへの個人手配はホテルや移動手段など色々と不安はありましたが、気さくな現地の方々に支えられなんとか旅を終えることが出来ました。モロッコの人々はみんな温かく、優しい人が多いように思えます。チップに関してもしつこい感じがなく、ストレスを感じることなく過ごせました。ガイドさんたちも面白くて、明るい方が多く楽しい思い出となりました。

メルズーガ旅行に必要な持ち物

メルズーガでの砂漠鑑賞後には持ち物が砂っぽくなります。特に靴はどんなものでも砂が入ります。そのため捨てても良い靴下を持っていくことをお勧めします。一番良いのは靴下を履いてからサンダルを履き、朝日鑑賞に行くのがベストです。サンダルも踵をきちんと留められるストラップ付きのものをお勧めします。あとは夜や明け方はまだ暗いので懐中電灯があると安心です。

メルズーガ旅行での注意点

メルズーガ旅行での注意点
  1. ラクダに乗る際には落馬に注意
  2. 砂が細かいのでカメラの故障に気を付けて
  3. 砂漠観光中はお手洗い場所が限られる

ラクダに乗車をして朝日鑑賞をするのはとても楽しい体験です。ただ、ラクダは乗る時と降りる時に大きく身体を傾けるので、落ちないようにしっかりと捕まっている必要があります。見た目以上に高く感じるので、落ちそうになると結構怖いです。実際に過去に落馬して怪我をされた方もいるとのことでしたので、保険にはしっかりと入っておきましょう。あとは砂漠観光中はトイレに行けませんので事前に済ませておく必要があります。

まとめ

メルズーガの砂漠に行き、砂漠ってこんなにも静かなところなのか、と感動しました。人々の声、車や電車の音などが全くありません。街の明かりも遠くにうっすらとあるくらいです。昔の人々はこういう砂漠をラクダに乗り何日間も旅をしたんだろうと思い、感慨深くなりました。朝日が登りじわじわと熱くなってくる地面に横たわりながら、そんな事を考えた時間は良い思い出です。

 

Reiko

投稿者の過去記事

エジプトをはじめ中近東のイスラム圏やアフリカが好きです。
出張やプライベートで行った海外の街の魅力を紹介していきます。
買い物も大好きなので、海外で出会ったかわいい雑貨やアクセサリーなども出来るだけ紹介していければと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 大聖堂、公園、ローカルなお店が魅力のカンタベリー| トラベルダイアリー
    カンタベリーに行ってきました!個人経営からチェーン店までたくさんのお店が揃いながら、中世の雰囲気…
  2. アンティグア旅行体験記無類のコーヒー好きである私たち夫婦は、日本でも「グアテマラ、アンティグア」…
  3. ミュンヘン旅行体験記「バイエルン」や「ミュンヘン」といった文字を見ると、優雅な景色や、美味しいも…
  4. 女子一人旅 in イギリス 伝統とオシャレが混在するロンドン| トラベルダイアリー
    ロンドン旅行体験記バーミンガムの次はいよいよロンドンをうろうろします。ここロンドンでも友人の…
  5. トリニダー旅行体験記素朴なキューバの田舎町であるトリニダーでは、街歩きや森林浴、ビーチ、キューバ…
  6. プーケット旅行体験記第二弾!私のお気に入りの国""Thailand”のアンダマン海に浮かぶタイ最…
  7. 女子一人旅 in ペルー 夢のマチュピチュを心ゆくまでうろつく| トラベルダイアリー
    マチュピチュ旅行体験記ペルーに来た目的、マチュピチュに到達です。子どもの頃からインカに興味があり…
  8. ボツワナ・チョベ国立公園にて初めてのサファリ体験! 間近でゾウの水浴びを観察| トラベルダイアリー
    チョベ旅行体験記南部アフリカ周遊10日間のツアーで訪れました。チョベ国立公園では動物たちがのんびり…
  9. モスタル旅行体験記中東から西へ移動するように東欧の国々を旅していると、多くの国や都市でユーゴスラ…
  10. ポツダム旅行体験記ドイツの首都ベルリンから日帰りで足を延ばせる「ポツダム」。学校で勉強した「ポツ…

国内旅行おすすめ

  1. 愛媛松山の「道後温泉」と「千と千尋の神隠し」のあの名場面を! | トラベルダイアリー
    松山旅行体験記雰囲気のある道後温泉をインターネットで見つけ、日帰りで楽しめるということで行くこと…
  2. 小江戸へタイムスリップしに川越へ| トラベルダイアリー
    猛暑の中のプチ川越旅行昔にタイムスリップしたような感覚が味わえるということで、ずっと気に…
  3. 静岡寸又峡 夢のつり橋で空中散歩!~絶景×スリル体験~ | トラベルダイアリー
    寸又峡夢のつり橋旅行体験記「死ぬまでに渡りたい世界の徒歩吊橋10」に選ばれた夢のつり橋の存在をネ…
  4. 静岡・山梨旅行体験記静岡県と山梨県と言えば、世界文化遺産である富士山と思い浮かびますね。…
  5. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ上越国際の旅| トラベルダイアリー
    上越国際スキー旅行体験記前回ゲレンデデビューしてすっかり雪遊びに夢中になった娘は、またすぐにスキ…
  6. 京都旅行体験記そうだ!京都へ行こう!と、突然あの和を感じたくなる瞬間になりドライブを兼ねて行って…
  7. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ別府の旅| トラベルダイアリー
    別府旅行体験記学生時代の友人が大分に住んでいるので、会いに行くために家族で別府温泉へ旅行に行きま…
  8. 小江戸・栃木の「蔵の街」&足利の「フラワーパーク」をめぐる旅!| トラベルダイアリー
    栃木・足利旅行体験記ドラマ「JIN-仁-」などのロケ地となった栃木市の「巴波川(うずまがわ)」と…
  9. 神戸旅行体験記神戸は個人的に好きな街であり、日帰りでもよく訪れていました。私にとっては何度訪れて…
  10. 4歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ岩原の旅| トラベルダイアリー
    岩原旅行体験記一年振りのスキー旅行。コロナの影響でスキー場の営業を縮小していたり、ホテルでのキッ…

最新記事

  1. アンマンから陸路で国境越え 聖地エルサレム2泊3日の弾丸観光| トラベルダイアリー
    エルサレム旅行体験記 今回の旅のメインスポットはヨルダンのペトラでしたが、10日間の…
  2. オズの魔法使いのモデル地◆竜巻と畜産が売りの「アメリカの良い田舎」カンザスシティ◆| トラベルダイアリー
    初めてのカンザスシティカンザスシティは、竜巻と畜産をグイグイ押し出している「アメリカの良い田舎」…
  3. ~まるでジブリ!濃溝の滝&鴨川シーワールド~房総をめぐる女子たび| トラベルダイアリー
    鴨川・館山旅行体験記千葉県館山市の「トスラブ館山ルアーナ」へ宿泊することになったので、房総半島の…
  4. 透き通る静かな穴場ビーチ ◆海もプールも楽しめるロイヤルホテル沖縄残波岬◆| トラベルダイアリー
    沖縄 残波岬の魅力残波岬 (ざんぱみさき) は、那覇空港から車で1時間ほど。日本一人口の…
  5. 北欧デザインにアンティーク♪散策が楽しい街ヘルシンキの見どころを紹介| トラベルダイアリー
    ヘルシンキ旅行体験記 フィンランドの首都であるヘルシンキは街行く人々がとてもお洒落で…
  6. 10日間じっくりたっぷりのんびり台北を楽しむ女子一人旅!| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記台湾の公用語である中国語を勉強していたので、現地で語学を学ぶために行きました。期間…
  7. エジプトの最南端!古代遺跡を見にカイロから寝台列車でアスワンへ| トラベルダイアリー
    アスワン旅行体験記ウズベキスタンに住むことになる前にイスラム圏の国を体験したい!とあえてラマダン…
  8. 古代ギリシャの聖域デルフィと近郊のアラホヴァ観光| トラベルダイアリー
    デルフィ旅行体験記アテネから約3時間の場所にあるデルフィ遺跡。標高が高い場所にあるので、遺跡の眼…
  9. ルクソール旅行体験記ウズベキスタンに住むことになる前にイスラム圏の国を体験したい!とあえてラマダ…
  10. 女子二人旅 in アメリカ のどかすぎる島、サンフアンアイランド| トラベルダイアリー
    サンフアンアイランド旅行体験記バンクーバーを一緒に旅行した友達に誘われ、聞いたこともなかった島、…

Archive



PAGE TOP