ハワイウェディングで海とグルメを満喫| トラ

ハワイウェディングで海とグルメを満喫

ハワイ旅行体験記

友人の結婚式参列のためにハワイへ行って来ました。お城のような素敵なウェディングチャペルでの結婚式や、美しい海やガーデン等をバックにフォト撮影したり、併設のパーティ会場で美味しい料理を頂きました。他はとにかくグルメとショッピングを楽しんだ旅行となりました。

ハワイ旅行について

おすすめのポイント
  1. 「テラス・バイ・ザ・シー」でロマンティックなウェディング
  2. 「53 by the sea」で絶景を眺めながら美食を味わう
  3. ヒルトンの「ワイキキ・スターライト・ルアウ」を満喫

ハワイで数々の権威ある賞を受賞している人気レストラン「53 by the sea」は、海の見えるお城のようなウェディングチャペルを併設しています。今回この場所で友人の結婚式に参列させて頂き、青い海、青い空、美しいチャペルや、美味しいパーティの食事など、ハワイを感じられる素晴らしい体験をさせて頂きました。
またヒルトンの「ワイキキ・スターライト・ルアウ」では、カジュアルにハワイらしいポリネシアンショーと美味しい食事を満喫しました。短い滞在でもワイキキ周辺には素敵な場所がいっぱいです。

ハワイ旅行のおすすめのスポット

「テラス・バイ・ザ・シー」でロマンティックなウェディング

ワイキキから車で10分、近年ウォールアートやおしゃれなカフェが次々とオープンしている話題のエリア「カカアコ」に、今回参列したウェディングチャペル「テラス・バイ・ザ・シー」があります。お城のような外観にリムジンが到着し、真っ白なウェディングドレスを着て降りてくる新婦はまるでお姫様のようです。回廊も中の大階段も、待合室も、どれも上品で高級感があってとっても素敵。そして何より扉が開いてチャペルに入ると、高い天井に目の前にはダイアモンドヘッドと青い海が広がる絶景が。本当に息を飲む美しさです。ハワイでは珍しくチャペル内の装花は全て生花なので、お花の良い香りがいっぱいに広がります。青い海と青い空で、夢のような空間でした。

「53 by the sea」で絶景を眺めながら美食を味わう

「テラス・バイ・ザ・シー」は、人気レストラン「53 by the sea」を併設しており、1階は通常レストランで、2階がウェディング専用の個室や、新郎新婦、ゲストの控室になっています。2017年と2018年に、ハワイでの権威ある賞「ハレアイナアワード」で「ロマンチックレストラン部門第1位」を、「ホノルルスターアドバタイザー」で「ベストビュー部門第1位」を獲得したレストランで、地元のセレブも訪れる高級レストランです。その2階個室は、床から天井までガラス張りで、ワイキキの美しい海を一面眺められる素晴らしい景観です。料理も繊細でとっても美味しい。チャペルもパーティ会場も本当に素敵でした。

ヒルトンの「ワイキキ・スターライト・ルアウ」を満喫

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジにて金曜と土曜以外毎日開催している「ワイキキ・スターライト・ルアウ」は、迫力のポリネシアンディナーショーです。ワイキキで唯一の屋外ショーで、ファイヤーダンスやフラを楽しむことができるので、ハワイアンムード満点です。また数々の受賞暦を誇るヒルトンのホテルシェフが作るディナーメニューはどれも美味しいです。ハワイ産の魚のグリル、チキン、グリルステーキなど、様々なビュッフェを味わえます。見応えあるショーと美味しい食事で、年代を問わず楽しめます。

ハワイでのおすすめグルメ

ロイヤル ハワイアン ベーカリー

2017年にオープンした「ロイヤルハワイアン ベーカリー」は、「ロイヤルハワイアンホテル」の1階ロビーを抜けて中庭に面したココナッツラナイにあります。有名なバナナブレッドやココナッツスノーボール、ピンクパレスパンケーキミックスをはじめ、マフィン、スコーン、クロワッサンなど様々な可愛らしいパンや、ドーナツやクッキーなどの焼き菓子が並びます。ピンク色の可愛らしいボックスに入れれば素敵なギフトにもなります。カフェとしてドリンクもオーダーでき、テラスの中庭を眺めながらゆっくりパンを食べられる席もあるので、優雅な朝の時間を過ごせます。7:00~16:00までの営業で、朝一は行列もできていて人気メニューは売切れもあるので早めに行くことをオススメします。

surf lanai(サーフラナイ)

「ロイヤルハワイアンホテル」のビーチ沿いに建つレストランで、ピンク色のパラソルの下、波音を聞きながら優雅な朝食を食べられる「surf lanai(サーフラナイ)」。アサイーボール、エッグベネフィクト、オムレツ、パンケーキ、ロコモコなど、ハワイらしいメニューが充実しています。朝食は6:30~10:30まで営業しているので、早起きしてホテル内を散歩しながらここで朝食をとるのが、とっても爽やかで清々しくオススメです。ちなみに同じ場所で夜はAZURE(アズール)という名前のレストランになります。

AZURE(アズール)

「ロイヤルハワイアンホテル」のビーチ沿いに建つレストラン「AZURE(アズール)」は、スタイリッシュな屋内の席と、天蓋付きプライベート空間の屋外カバナ席やテラス席などがあります。特に屋外の席は目の前がワイキキビーチで、波音を聞きワイキキの美しい夜景を見ながら、ロマンチックな時間を過ごせます。サラダ、シーフード、ステーキなど、朝一仕入れた新鮮な食材でこだわりのメニューはどれも美味しい。レストランは17:30~21:00までの営業、併設のバーは17:30~22:00までの営業です。
ちなみに同じ場所で朝と昼はsurf lanai(サーフラナイ)という名前のレストランになります。

maitai bar(マイタイバー)

「ロイヤルハワイアンホテル」のビーチ沿いに建つ「maitai bar(マイタイバー)」は、有名なカクテル「マイタイ」発祥のバーです。50年以上の歴史があり、多くのハイウッドセレブも訪れている場所です。ワイキキビーチ沿いでライトアップトーチが並び、毎晩ミュージシャンによる生演奏が披露されてとってもロマンチックな雰囲気。事前予約でプライベートカバナシートもあります。10:00~23:00まで営業しています。写真は有名な「ロイヤルマイタイ」と「ロイヤルパイナップル」です。

Taormina(タオルミーナ)

ワイキキビーチウォークの1階に位置する「Taormina(タオルミーナ)」は、人気のイタリアンレストランです。開放感あふれるテラス席と、スタイリッシュな室内席の両方があります。オーナーシェフが日本人なので、日本人好みの味や量で、とっても美味しい。日本語メニューがあるのもありがたいです。こだわりのワインは125種類で、アルコールの種類も豊富です。オープンキッチンなのもオシャレ。ちょっとした記念日や会食にオススメのお店です。

PLUMERIA BEAC HOUSE(プルメリアビーチハウス)

「ザ・カハラ・ホテル & リゾート」の1階に位置する有名レストラン「PLUMERIA BEAC HOUSE(プルメリアビーチハウス)」。美しい青い芝生が広がり、その先にカハラビーチの白砂が続きます。屋内席もテラス席もありますが、オススメはハワイの風を感じられるテラス席。朝食は6:30~11:00までの営業です。パンケーキ、ワッフル、オムレツ、エッグベネフィクト、アサイーボウルなど、ハワイらしいヘルシーでこだわりのメニューが充実していて、とっても美味しいです。味も雰囲気も最高です。

ハワイにて宿泊したホテル

ロイヤルハワイアンホテル

ワイキキで3番目に歴史のある「ロイヤルハワイアンホテル」は、「太平洋のピンクパレス」の呼称通り、ホテル外観やロビー、客室、アメニティ、ブティックなど全てがピンク色のラグジュアリーホテルです。ワイキキビーチが目の前にありながら、たくさんの緑で囲まれた楽園のようなホテルで、どこをとっても絵になります。2015年に全面改装したので客室やホテル内は明るくて綺麗です。客室のアメニティは全室「マリエオーガニクス」で、私も大好きでずっと愛用しています。
ホテル1Fのショップにはここでしか買えない「ロイヤルハワイアンラグジュアリーコレクションリゾートワイキキ」のロゴグッズや、オリジナルテディベア、チョコレート、化粧品、雑貨、マグカップなど、テーマカラーのピンクで彩られた、上品で可愛いグッズがたくさん揃っています。

まとめ

今回一番の目的は友人のハワイウェディングに参列することでしたが、ウェディングチャペルからの素晴らしい海の眺めや美味しい食事、素敵なフォトスポットなど、列席者の私たちもハワイを存分に感じる素敵な時間になりました。また短い滞在ながら数々のグルメスポットを満喫することができました。ハワイを訪れた際は、どこもまた行きたいと思わせるオススメグルメスポットばかりです。

 

mayuaya

mayuaya

投稿者の過去記事

旅行会社勤務で3歳の娘をもつママ。
仕事もプライベートでも旅行とグルメが好き。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. リエージュ旅行体験記海外旅行が大好きな弟に勧められて以来、ずっと行ってみたかったベルギーの都市「…
  2. ダナン旅行体験記アジアで安く行けて、リゾート感があって、食事も美味しくて、近い国はどこなのでしょ…
  3. ウビン旅行体験記シンガポールは人気の目的地ですが、ウビン島という名前は聞いたことがないのでは?実…
  4. ケアンズ旅行体験記寒い冬の季節、どこか暖かい南国に出かけたい気持ちになった事はありませんか?今回…
  5. 風車観光の拠点にもピッタリ!近代建築が楽しい街ロッテルダム| トラベルダイアリー
    ロッテルダム旅行体験記アムステルダムに次ぐオランダ第二の都市・ロッテルダム。ベルギーを旅行した際…
  6. チンクエテッレ旅行体験記「本当にこんなにカラフルな街があるの!?」新しく買ったパソコンのデスクト…
  7. スミニャック地区のプールヴィラをメインにしたバリ旅行♪| トラベルダイアリー
    バリ旅行体験記リゾート地でも一度ヴィラに泊まりたいという思いがありました。バリだとわりとリーズナ…
  8. バコロド旅行体験記以前、フィリピン・ネグロス島のバコロドで行われる「マスカラフェスティバル」につ…
  9. ウユニ塩湖旅行体験記SNSや旅行誌でも見かけることの多い、ウユニ塩湖。実際にその地に立ち自分の目…
  10. レモンの香る街、フランス・マントンでビタミンチャージ旅行♪ | トラベルダイアリー
    マントン旅行体験記大好きなレモンケーキを食べるたびに目にする「マントン産レモン」の文字。小さい頃…

国内旅行おすすめ

  1. 福井旅行体験記 47都道府県のうち未踏の地であったのがこの福井。北陸三県にはなかなか…
  2. 湯けむりが立ちぼる温泉の街♪別府で湯ごもりワーケーション| トラベルダイアリー
    別府旅行体験記湯のまち別府の温泉宿でワーケーションしながら1ヶ月滞在しました。別府は以前にも旅行…
  3. 初の一人旅で大きく成長した伊勢・志摩旅| トラベルダイアリー
    伊勢・志摩旅行体験記 当時の私は失恋の傷が癒えず、社会人をしていました。そんな時ふと…
  4. お買い物天国の新宿!大都会で思いっきり楽しもう!| トラベルダイアリー
    新宿旅行体験記東京の代表的な街と言えば新宿!大ターミナル駅周辺にはところ狭しと様々なお店が立…
  5. 紅葉とグルメと舞妓体験を楽しむ京都の旅| トラベルダイアリー
    京都旅行体験記 実家の両親に子供を預けて、久しぶりに夫婦二人で京都へ行ってきました。…
  6. グループや家族でワイワイ!魅力たっぷりな鬼怒川を遊び尽くそう!友人達と温泉旅行をするため、都心か…
  7. 鎌倉ハイキング&カフェめぐり| トラベルダイアリー
    鎌倉旅行体験記自然のなかでリフレッシュして、おしゃれなカフェにも行きたい!でも山登りはハード過ぎ…
  8. 博多旅行体験記新幹線、飛行機など、どこからでもアクセスの良い福岡、博多!!!博多といえば、もつ鍋…
  9. 金沢旅行体験記北陸新幹線の開通により、数年前から少しずつ人気上昇中の石川県の県庁所在地、金沢へ……
  10. 夏の涼しい時期に美味しいご飯と美しい景色の街、函館で満足旅♪| トラベルダイアリー
    函館旅行体験記函館も2週間ほど滞在しました。北海道はやはり大きいなあ。空気が綺麗だなあ。魚介類美…

最新記事

  1. レイキャビク旅行体験記ずっと行ってみたかった北極圏の小国・アイスランドに夏休みを使って訪れました…
  2. ヒヴァ旅行体験記ウズベキスタンのヒヴァ近郊にある村のウズベク人と結婚し移住しました。ヒヴァには「…
  3. 女子一人旅 in イギリス グリニッジで念願の本初子午線をまたぐ トラベルダイアリー
    グリニッジ旅行体験記イギリスに行ったら絶対に行きたいと思っていた場所、グリニッジ天文台をついに訪…
  4. 女子一人旅 in イギリス 伝統とオシャレが混在するロンドン| トラベルダイアリー
    ロンドン旅行体験記バーミンガムの次はいよいよロンドンをうろうろします。ここロンドンでも友人の…
  5. 女子一人旅 in イギリス 友人を訪ねてバーミンガムへ| トラベルダイアリー
    バーミンガム旅行体験記いよいよヨーロッパ最後の国、イギリスへ。まずは留学中の友人を訪ねてバーミン…
  6. 独自の文化や伝統が残る☆アイルランドの首都ダブリンを観光| トラベルダイアリー
    ダブリン旅行体験記豊かな自然と独自の歴史文化あふれるアイルランド。首都ダブリンをメインに観光した…
  7. 四国初上陸!高知で本場のかつおのたたきを食らう| トラベルダイアリー
    高知旅行体験記何度も申し上げてきました。私は海育ちなのに生ものが食べられないと…。しかし大人にな…
  8. 一人旅ファイナル②!桃太郎伝説残る岡山/デニムの街児島を散策| トラベルダイアリー
    岡山/児島旅行体験記一人で行く旅行も今回で最後。旅収めの場所として選んだのはまだ行ったこともない…
  9. 一人旅ファイナル!思い立ったが吉日、GoToで行こう倉敷へ| トラベルダイアリー
    倉敷旅行体験記緊急事態宣言下でも私は生活必需品を供給する施設として、休みは増えたものの出勤せざる…
  10. 女子一人旅 in オランダ のどかな街と戦争と。アムステルダム| トラベルダイアリー
    アムステルダム旅行体験記ベルギーの次はお隣の国、オランダに向かいました。オランダでは日本人の友人…

Archive



PAGE TOP