日本と深い歴史がある親日国ウズベキスタンの首都 「タシケント 」| トラベルダイアリー

日本と深い歴史がある親日国ウズベキスタンの首都 「タシケント 」

タシケント旅行体験記

中央アジアの玄関口ともいわれるウズベキスタンの首都 ” タシケント ”。日本から中央アジア周辺国へ旅行するにも通過する場所。中央アジアで唯一の地下鉄もあり、急速に発展している近代都市。過去に2年間ほど在住したタシケントの見どころをご紹介します。

タシケント旅行について

おすすめのポイント
  1. 日本とも関わりが深い歴史的な建造物や日本人墓地
  2. 職人の腕が際立つ木彫り彫刻などの雑貨類
  3. ウズベキスタン人で賑わうレストランでウズベク料理を堪能

日本から中央アジア周辺国へ行くにも必ずポイント地点になるタシケント。近年VISAが不要になったウズベキスタンは、日本人にとってとても行きやすくなりました。トランジットで数時間滞在の場合もポイントを押さえることで充実した観光ができますよね。タシケントは地下鉄もあるので移動も便利。そんな地下鉄の各駅構内のデザインや装飾はまるで美術館のよう!鑑賞の価値ありです!また、日本との関わりが深い場所を巡ってみるのも良いでしょう。

タシケント旅行のおすすめのスポット

旧日本兵が強制労働で建てたウズベキスタン人にも有名なナヴォイ劇場

1947年に完成したナヴォイ劇場。実は第二次世界大戦後タシケントに抑留された旧日本人兵によって建てられたものなんです。1966年に起きたタシケント地震で唯一崩れなかった建物として、ウズベキスタン人には有名。このことからもウズベキスタン人は日本人のことをとても尊敬しています。現在もバレエやオペラ観賞ができる劇場。日本では高価な印象のバレエ観賞もウズベキスタンは物価が安いので、中間の席でも1000円以下で鑑賞出来ちゃいます!12月のクリスマスシーズンに観られるバレエ ” くるみ割り人形 ”がオススメです♪

世界最古の” オスマン・コーラン ”が見られるジュマ・マチッド

ジュマ・マチッドとは、”金曜モスク”という意味。金曜日には地元のウズベキスタン人がお祈りに集まるこのモスク(礼拝所)。モスクの南西にあるメドレセ(イスラム教の学校)の中には、職人さんの手作り雑貨が販売されている他、7世紀にアミール・ティムールがダマスカスから持ち帰った世界最古のコーランといわれている” オスマン・コーラン ”が展示されています。一見の価値ありです!

巨大な市場” チョルスー・バザール ”

地下鉄でチョルスー駅を降りると青い大きなドーム型の屋根が見えたら、そこはチョルスー・バザール(市場)。青いドーム型の建物は屋内バザール。その周辺もすべてバザールやレストラン。野菜や果物から、乳製品やお肉類、香辛料、ドライフルーツやナッツ類、ウズベキスタンの布(アトラス)など日用品までとにかくお店がいっぱい。週末は地元の人で歩くのも大変なほど!ウズベキスタンは値段もすべて交渉なので、慣れるまで大変ですが、シルクロードの活気をぜひ体感してみては?!月曜日は基本お休みです。

タシケントでのおすすめグルメ

地元ウズベキスタン人で賑わうウズベキスタン伝統料理のお店

SIRK(サーカス)の劇場近辺にあるMILLY TAOMILAR(ミッリータオミラル)と書かれたウズベク料理のお店。ウズベキスタンの伝統料理のメニューが豊富!混んでいる時は人手が足りず注文からすべてセルフになってしまい、サービスにあまり期待はできませんが、価格はリーズナブルで料理の味には間違いなし!ぜひ、ノリン(写真)を食してみて ♪ 地元の人が多く、観光客が行く場所ではないので、ロシア語もしくはウズベク語が出来ないと難易度は高め。

タシケントでのおすすめのショッピングスポット

職人たちの工房アブルコシム・メドレセで質の高い民芸品を!

地下鉄BUNYODKOR(ブニョードコル)駅を下車し、大きな市民劇場(Xalqlar do’stligi)の裏側にあるメドレセ(イスラム教の学校)。現在は、職人さんの工房として使われています。木彫り彫刻の作品(小物入れ、カードケース、ペンケース、イス、テーブル、鏡や額縁までさまざま)、鮮やかで細かい細密画や精巧な鋼細工の箱など品質が高いものが多く揃っています。

タシケントにて宿泊したホテル

アミール・ティムール広場に大きくそびえたつウズベキスタンホテル

タシケントの中心、アミール・ティムール広場の東側にある老舗の4つ星ホテル。料金は朝食込みで50$程度と安くはありませんが、地下鉄AMIR TEMUIR XIYOBONI(アミール・ティムール・ヒヨボニ)駅目の前という立地で、観光などには便利な場所。周辺にある” UG’OLOK “(ウゴロク)のタバカ(チキンのオーブン焼き)も絶品です ♪

タシケント旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

ウズベキスタンの首都タシケントは、ロシア語を話す人も多く、比較的英語も通じるので、個人で動くにも難易度は高くないでしょう。移動手段の1つとして地下鉄もあるので、移動も便利。ガイドブック片手に歩いている人も多く見かけます。日本と関わりのあるナヴォイ劇場や日本人墓地、日本庭園などを訪れてみては?!タクシーは、メーター制も増えていますが、交渉タクシーもまだまだ多いのであらかじめ平均価格を調査しておくことをおすすめします。

タシケント旅行に必要な持ち物

日焼け・日差し対策グッズ(日焼け止め・日傘・帽子・サングラス等)、ウエットティッシュ、虫よけスプレー、エコバック、歩きやすい靴(スニーカーなどがベスト)、胃腸薬、夏でもパーカーなど(朝晩の寒暖差が激しいため夜は肌寒いことも)。ウズベキスタンは、どの地域でも冬以外の観光シーズンは日差しが強いので日焼け・日よけ対策が必須です!また、ついつい美味しい果物を食べすぎてしまったり、全体的に油っぽい料理も多いので、胃腸の調子が乱れやすいことも・・・胃腸薬を持参して、快適な旅行を !

タシケント旅行での注意点

タシケント旅行での注意点
  1. 公共交通手段では、人込みが多いためスリに注意!
  2. 油っぽい料理が多いので食べ過ぎ飲みすぎには要注意!
  3. 夏の美味しい果物や生野菜料理は控えめに !

中央アジアの中でも比較的治安が良いウズベキスタン。ですが、タシケントは地下鉄内でも道沿いでも一定の間隔で緑色の服を着た人(警察官)が常に監視しています。そんな中でも、とにかく人が多いため、地下鉄やバスなど公共の交通手段で移動した時はスりに要注意!

まとめ

ウズベキスタンの首都タシケントは、日本と関わり深い場所もあり、半日~1日程度時間がある人にとっては最適な観光場所があります。時間に余裕がある人は、タシケントの人々にとっても避暑地といわれている80kmほど北東にある山間のチムガンに行ってみるのも良いでしょう。「ウズベキスタン旅行について」、他もっとご興味のある方は投稿者へお気軽にご連絡ください。

 

N.mikako日本語通訳・ガイド 

投稿者の過去記事

ウズベキスタンのホラズム州トルクメニスタンとの国境沿いの村に住んでいるウズベク人と結婚し、現在中央アジアで最初に登録された世界遺産「イチャン・カラ」で日本語通訳・ガイドの仕事をしています。
「ヒヴァについて」「ウズベキスタンについて」「村の生活」などにご興味のある方はこちらからお気軽にご連絡ください。https://sehrlixiva.wordpress.com/

コメント

    • t&k
    • 2021年 9月 01日 7:07am

    very good

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 散策しながら歴史と文化を感じてみる in ミュンヘン| トラベルダイアリー
    ミュンヘン旅行体験記ドイツのミュンヘンに行ってきました!友人がミュンヘンに住んでいたので、彼女に…
  2. チンクエテッレ旅行体験記「本当にこんなにカラフルな街があるの!?」新しく買ったパソコンのデスクト…
  3. スタイリッシュなデザインが溢れるヘルシンキとタリン日帰り旅行| トラベルダイアリー
    ヘルシンキ旅行体験記 お隣ロシアのサンクトからたったの2時間で着けるなら、ついでに行…
  4. ハマメットとナブール経由で古代のフェニキア都市ケルクアンへ| トラベルダイアリー
    ケルクアン旅行体験記ケルクアンはボン岬に位置するフェニキア人がつくったカルタゴ時代の遺跡です。こ…
  5. 興味ありから大好きになりました・・・!!UAE・ドバイ編| トラベルダイアリー
    ドバイ旅行体験記もともと中東の文字や小物が好きだったので興味がありました。その中でも中東感を味わ…
  6. 女子一人旅 in ペルー 夢のマチュピチュを心ゆくまでうろつく| トラベルダイアリー
    マチュピチュ旅行体験記ペルーに来た目的、マチュピチュに到達です。子どもの頃からインカに興味があり…
  7. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…
  8. 女子一人旅 in トルコ② イスタンブールのローカルを体験| トラベルダイアリー
    イスタンブール旅行体験記前回トルコを訪れてから1年、恋しくなり再びイスタンブールへ。今回は時間が…
  9. 首都チュニス散策&世界遺産ドゥッガ遺跡へ日帰り観光| トラベルダイアリー
    チュニス旅行体験記地中海に面したチュニスは北アフリカでありながらもどこかヨーロッパのような雰囲気…
  10. スニオン岬旅行体験記ギリシャの首都アテネから日帰りで足を伸ばせる自然がいっぱいのスニオン岬。都市…

国内旅行おすすめ

  1. ~バラ&彫刻&富士山に癒された~アートリゾート・箱根で女子たび| トラベルダイアリー
    箱根旅行体験記箱根に1泊2日の盛りだくさんな女子ふたり旅をしてきました。アートや花鑑賞、グルメ、…
  2. 夏のパッチワークの丘をめぐるたび~in 北海道・美瑛~| トラベルダイアリー
    美瑛旅行体験記夏の北海道旅行で前日は旭川を巡り、本日は美瑛の丘を巡ることにしました。夏の美瑛の丘…
  3. こんな時だからこそ行きたい。兵庫・姫路の穴場〜塩田温泉〜| トラベルダイアリー
    姫路旅行体験記兵庫県には有馬温泉、城崎温泉、赤穂温泉などたくさんの有名温泉地があります。そんな中…
  4. 癒し旅♪【大自然・歴史・温泉】はじめての松本観光!| トラベルダイアリー
    松本旅行体験記姉が住んでいる松本へ初めて行ってきました。松本と言えば、最初は松本城しか思いつかなか…
  5. 広島旅行体験記2018年11月。ホークス対カープの日本一決定戦を見届けるべく、大慌てで新幹線…
  6. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ昭島の旅| トラベルダイアリー
    昭島旅行体験記今回は近場の東京都で子供が遊べるスポットに泊まりで遊びに行きました。子供が花が好き…
  7. 【一人旅】偽物の集合が本物の価値を生み出す「大塚国際美術館」| トラベルダイアリー
    鳴門旅行体験記週末を挟み時間が取れたので、3泊4日の旅行をすることに。そこで、前から行きたかった…
  8. 京都旅行体験記京都はこれまで2回旅行をしたことがありましたが、何度でも訪れたくなるのが京都です♪…
  9. 小野川湖カヌー
    裏磐梯旅行体験記家族で、どこか自然の美しい場所でアウトドアを楽しみたいということで、福島の裏磐梯、…
  10. 【日本最北端】北海道・宗谷岬へ感動の絶景に出会う旅に出よう‼| トラベルダイアリー
    稚内旅行体験記【宗谷岬】は稚内市にある日本最北端といわれる場所です。海沿いを走って向かうので…

最新記事

  1. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  2. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  3. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  4. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…
  5. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  6. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  7. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…
  8. 霧島六権現巡りで龍神パワーチャージ! |トラベルダイアリー
    霧島旅行体験記 御朱印を集めている友達に誘われ、霧島の主要6つの神社をめぐりました。…
  9. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  10. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…

Archive



PAGE TOP