人よりも多くの神々が住む町 ネパール・カトマンズ

カトマンズ旅行体験記

インドと国境を接するネパール。最初はインド旅行のついでに訪れたネパールでしたが、穏やかで温かく平和な雰囲気の漂うネパールの魅力にハマってしまいました。それ以来、エネルギー溢れるインドを旅した後に、ネパールを訪れ旅の疲れを癒すのというのが、私の定番ルートになりました。今回はネパールの首都、カトマンズについてご紹介します。

カトマンズ旅行について

おすすめのポイント
  1. 様々な宗教が共存し調和する、独自の文化が興味深い!
  2. シャイで素朴、親切で温かいネパールの人々
  3. 美味しいネパールごはん!実はグルメなネパール人?!

様々な民族や人種、宗教や文化が混在しているネパール。カトマンズではそれぞれの宗教がうまく調和して、独自の文化が形成されています。街を歩いていると、それが手に取るように見えとても興味深いものです。
素朴でどこか温かい、ネパール人の人柄も魅力のひとつです。客引きもずいぶんとあっさりとしているので、インドを旅した後に訪れると拍子抜けしてしまうほど。
また食の種類が多いのも多民族ならではでしょう。どれも日本人好みの優しい味で、クオリティーもなかなかのもの。カトマンズの食に胃袋を掴まれて、長期滞在してしまうバックパッカーも多くいます。

カトマンズ旅行のおすすめのスポット

「神々の住む町」至る所に寺院や神様がいる

カトマンズの街は活気に溢れながらも、どこかのんびりとしていて穏やかな時間が流れます。サリーを着ているネパール人も多く見かけますが、インドとは全く異質の雰囲気です。

主な宗教として、ネパール仏教とヒンドゥー教が大多数を占めています。街の至る所にそれぞれの神様が祀られています。

歯痛を治す神様、バンギャムダ (通称コインの木)が祀られている通りにはずらりと歯医者が立ち並びます。
ヒンドゥー教の神様、ガネーシャも祀られています。

こちらはヒンドゥー教、殺戮と恐怖の女神カーリーの石像。

様々な神様たちを拝みつつ辿り着いたのが、街の中心にあるダルバール広場です。ネパール語で「宮廷」を意味します。広場には、仏教寺院やヒンドゥー寺院など多くの寺院が密集して建っています。地元民の憩いの場として親しまれていたダルバール広場ですが、2015年4月の大地震で、多くの建物が崩壊してしまったそうです。現在、復興作業が続いているようです。

クマリの館

ネパールには多くの神が存在しますが中でも独特なのが、ヒンドゥー教と仏教の信仰が融合する「生き神クマリ」です。クマリには、ヒンドゥー教の女神ドゥルガーが宿り、国王の守護神の生まれ変わりとして崇められます。その絶大な力に国王さえもクマリにひざまずくほど。

クマリに選ばれるのは、32の条件を満たした初潮を迎える前の仏教徒出身の少女です。クマリに選ばれた少女は、親元を離れて生き神様としてクマリの館で過ごし、初潮を迎えると元の生活に戻り、また新たなクマリが選出されるのです。
ダルバール広場の一角にあるクマリの館では、その生き神クマリが暮らしています。運が良ければ、クマリの館の中庭で窓から顔を出すクマリの姿を拝むことができます。
数百年前から続く伝統的な信仰ですが、現在は人権団体から児童虐待、人権侵害など批判の声が上がっているそうで、近い将来生き神様クマリの在り方に変化が見られるかもしれません。

バクタプル

15世紀から18世紀にかけて栄えていたバクタプルは、ネパールの古都です。ネパールに3ヶ所あるダルバール広場の1つが、ここバクタプルにあります。3ヶ所のダルバール広場を併せて世界遺産に登録されています。多くの寺院が密集するように建っているカトマンズのダルバール広場に比べ、バクタプルのダルバール広場は広々としていて、観光客も少なくのんびりとしています。
ネパール式五重塔のニャタポラ寺院はバクタプルの象徴として堂々とそびえたっています。その高さは30mとカトマンズ周辺で一番高い寺院です。

カトマンズ近郊の村でミニトレッキング

ネパールと言えばヒマラヤ山脈です!カトマンズから1時間ほどの村、ナガルコットでは天気が良ければヒマラヤ山脈を望むことができ、ちょっとしたトレッキングができる場所としてもおすすめです。私は朝日と夕日に照らされるヒマラヤ山脈が見たかったので、ナガルコットの村に1泊して、ナガルコットからチャングナラヤンの道を歩きました。

チャングナラヤンのトレッキングでは、村で暮らすネパールの人々の暮らしを垣間見ることができます。

残念ながらあいにくの天気で、ヒマラヤ山脈は望めませんでしたが、夕日で赤く染まる空が美しかったです。

カトマンズでのおすすめグルメ

『モモ』

ネパールの伝統料理として有名なモモですが、もともとはチベット料理です。蒸し餃子のような食べ物で、中身の具はお店によっても違いますが野菜のモモ、水牛のモモが一般的です。お酒のおつまみとしても最高です。

『ダルバート』

簡単に言うと、ネパールの定食です。豆のスープや米、野菜の漬物、その他様々なお惣菜がワンプレートに乗って出てきます。インドカレーに比べ使われているスパイスの量が少いためか、なんだか懐かしさを感じる優しい味です。

『トゥンバ』

ヒエの実を発酵させて作るネパールの地酒で、言うなれば甘くてコクがある少し薄めの日本酒でしょうか。木でできたマグにお湯を注いで飲みます。7割ほど減ったらまたお湯で割って飲むので、美味しいだけでなくコスパも良いのです。地元民で賑わう大衆酒場のような場所で飲むことができるので、ぜひ試してみてください。

カトマンズ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人ツアー

寺院や道端に祀られた神様だけでなく、お土産屋さんや美味しいご飯屋さん、カフェなども街の至る所にあり、のんびり自分のペースで歩き回るのが楽しい街です。近郊にある見所への交通手段もそんなに複雑ではないので、ある程度旅慣れていれば個人旅行でも十分に楽しめます。

カトマンズ旅行に必要な持ち物

「虫よけスプレー」「トレッキングシューズ」「長ズボン」
蚊がとにかく多いので、蚊よけスプレーは必須です。チャングラナヤンのミニトレッキングを楽しむのであれば、トレッキングシューズ(なければ履きなれたスニーカー)、長ズボンは準備しましょう。カトマンズの街中には、アウトドア用品店がたくさんあるので現地調達も可能です。ただし、大手アウトドアブランドの偽物もかなり多いので、そこは注意も必要です。

カトマンズ旅行での注意点

カトマンズ旅行での注意点
  1. スリ、盗難には気を付けましょう。油断は禁物。

治安の良いカトマンズでは、夜も安心して歩くことができます。しかし観光客が多い街でもあるので、少なからずスリや窃盗などの軽犯罪は起きています。海外にいるということを忘れずに気を引き締めて旅をしましょう。

まとめ

様々な宗教が、共存し調和し合っているカトマンズ。そこにはなんとも平和な世界が広がっていました。異なる宗教間の争いにより多くのテロが起こり、悲しいニュースを耳にすることも多い世の中ですが、カトマンズは本来の宗教のあるべき姿が見られる場所だと思っています。日本で暮らしていると、自分の宗教について深く考える機会はなかなかないものですが、それぞれの信仰を心の拠り所にすることで穏やかに暮らすネパールの人々を見て、なにか考えさせられるものがあるかもしれません。なかなかに奥が深いカトマンズの街を一度訪れてみてはいかがでしょうか。

fuki22

投稿者の過去記事

絶賛子育て中の元バックパッカーです。
世界一周1人旅、夫婦で世界一周旅、合計で52ヶ国を訪れました♩
オーストラリアとメキシコに住んでいたことがあります。
次の目標は子連れのんびり旅♡

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 西の果ての街 遥かなる憧れのリスボンと近郊の名所巡り| トラベルダイアリー
    リスボン旅行体験記隅っこの国になぜか惹かれる習性があり、日本から見て最果ての地、ポルトガルにいつ…
  2. モロッコ・ワルザザート近郊の観光スポットを訪れる| トラベルダイアリー
    ワルザザート旅行体験記メルズーガからマラケシュへ移動する途中の街、ワルザザートに立ち寄りました。…
  3. ウシュアイア旅行体験記アルゼンチンのフエゴ島に位置するウシュアイア。この街を訪れる旅人のほとんど…
  4. ハワイ旅行体験記誰もが一度は憧れるハワイ。行ってみたかった旅行先のひとつでした。日本からは6時間…
  5. アンティグア旅行体験記無類のコーヒー好きである私たち夫婦は、日本でも「グアテマラ、アンティグア」…
  6. バルセロナ旅行体験記「世界各国でお酒を飲むこと」を何よりも楽しみに旅をしている私たち夫婦にとって…
  7. チュニジア・サヘルの真珠【スース】で旧市街観光| トラベルダイアリー
    スース旅行体験記スースは首都チュニスから南へ約140km、車で約2時間の距離にある都市です。ビー…
  8. 自然とクメール建築が作り出す絶景!シェムリアップのアンコール遺跡| トラベルダイアリー
    シェムリアップ旅行体験記カンボジアと聞くと誰もが最初に思い描く遺跡「アンコール・ワット」。実は、…
  9. アオスタ旅行体験記イタリアのスイス、フランスとの国境付近に位置するヴァッレ・ダオスタ州。ガイドブ…
  10. アルプスの美味しい空気をいただきます♡フランス・シャモニー 旅行 | トラベルダイアリー
    シャモニー旅行体験記ヨーロッパの名峰モンブランのふもとにある、フランスの山岳リゾート「シャモニー…

国内旅行おすすめ

  1. 東洋一のビーチ、絶景の『宮古島』| トラベルダイアリー
    宮古島旅行体験記綺麗な星空と青い海。その2つを求めて探し出した旅行先、宮古島。沖縄の離島で海が綺麗…
  2. 別府旅行体験記 普段国内、海外を問わず旅行中は動き回ることが多いのですが、たまにはの…
  3. 金沢旅行体験記北陸新幹線の開通により、数年前から少しずつ人気上昇中の石川県の県庁所在地、金沢へ……
  4. サミットが開かれ海外からも注目された三重・志摩の魅力に迫る旅| トラベルダイアリー
    志摩旅行体験記いつか一度は行ってみたいと憧れていた伊勢志摩へ、日頃の感謝の意味も込めて両親を招待…
  5. ハイカラな街!横浜でゆる〜くハマ歩きをして気分爽快!| トラベルダイアリー
    横浜旅行体験記何度も訪れたことのある横浜ですが、異国情緒溢れる街を散策して気分をリフレッシュしたい…
  6. 港区旅行は大人こそ楽しめる!新しい刺激にも出会えるチャンス!| トラベルダイアリー
    港区旅行体験記 私の誕生日祝いとして連れが用意してくれた旅行です。GO TO トラベ…
  7. 広島旅行体験記広島県の竹原市から船で15分のところにある大久野島はうさぎ島と呼ばれています。戦時…
  8. 【一人旅】東京の秘境、奥多摩の霊山・御岳山をケーブルカーで登る| トラベルダイアリー
    奥多摩旅行体験記東京にありながら秘境に入れる御岳山に、週末の一人旅として出かけました。ケーブルカ…
  9. 気楽に無料バスで行く☆スパリゾートハワイアンズ☆ホテルハワイアンズ編| トラベルダイアリー
    ふらっとハワイアンズへ水遊びに行く首都圏から無料送迎バスが出ているハワイアンズ。 私は新宿から乗…
  10. 座間味島旅行体験記沖縄本島から日帰りでも行けるアクセスの良さ、透明度抜群の海などが魅力の、慶良間…

最新記事

  1. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  2. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  3. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…
  4. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  5. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  6. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…
  7. 霧島六権現巡りで龍神パワーチャージ! |トラベルダイアリー
    霧島旅行体験記 御朱印を集めている友達に誘われ、霧島の主要6つの神社をめぐりました。…
  8. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  9. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…
  10. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…

Archive



PAGE TOP