チュニジアの古都ケロアンで歴史を感じる| トラベルダイアリー

チュニジアの古都ケロアンで歴史を感じる

ケロアン旅行体験記

ケロアンはチュニスから南に約3時間ほどいった場所にある町です。ここの歴史は古く、7世紀後半にウマイヤ朝の軍の駐屯地が置かれたことがその起源とされています。イスラム教徒にとってはメッカ、メディナ、イスラエルに次ぐ聖地でチュニジア人も一度は訪れたい場所だといいます。

ケロアン旅行について

おすすめのポイント
  1. 主要観光地が1枚のチケットで回れるので楽
  2. 首都のチュニスからもそれほど遠くないので行きやすい
  3. モスクの規模が大きく見応えがある観光スポットである

ケロアンはチュニスから約3時間ほどと比較的アクセスしやすい場所だと思います。またケロアンの観光スポットはすべて場所が近く、チケットも共通チケット1枚だけなので、コンパクトに回ることができます。そしてモスクは規模が大きく、見応えがあるので楽しめます。また小さいながらもスークもあるので、時間がなくて南部地方まで行けない方にはチュニスとケロアンだけの観光プランというのも良いかもしれません。

ケロアン旅行のおすすめのスポット

聖地メッカへ通じるとされている井戸ビル・バータ

少しラクダさんには狭そうな建物でした。

この井戸はケロアンのメディナの中にあります。この井戸が聖地メッカへ通じているという迷信があるそうで、ここの水を飲むとご利益があるといいます。井戸がある2階に登ると右手にラクダが繋がれた井戸があります。ラクダは井戸から水をくみ上げるために目隠しをされており、飼い主の掛け声で井戸の周囲を歩きます。ラクダと一緒に撮影をしたり、汲み上げた水を飲むこともできるので記念に行ってみると面白いと思います。

アフリカ最古のグランドモスク

中庭部分に敷き詰められているのは大理石です。

アーチ状の柱が美しいです。

モスク内部の様子です。大きなシャンデリアと立派な絨毯が敷かれています。

グランドモスクと呼ばれているこのモスクは正式名称をシディ・ウクバ・モスクといいます。このモスクはアフリカ最古のモスクとして知られ、世界中のムスリム達がメッカの次に訪れたいと思うモスクといいます。このモスクは非ムスリムでもモスクの敷地内へ入ることが出来るので中の礼拝堂なども見学できます。ただ内部には入れないので外から様子を伺うだけですが、立派な絨毯が敷かれ厳かな雰囲気が漂っていました。

ムハンマドの同志が眠るシディ・サハブ霊廟 

このシディ・サハブ霊廟はグランドモスク同様にイスラム教徒にとっては神聖な場所として知られています。ここはムハンマドの同志である、アブ・ザマ・エル・ベラウィという人物が眠っている霊廟です。この聖者はムハンマドと共に旅をし、同様に専属理髪師でもあったといいます。モスクの白さとタイルの美しい装飾が青い空に映えてとても美しい場所でした。

ケロアンでのおすすめグルメ

道中のローカルレストランにてカムーニアを

レストラン名は忘れてしまったのですが、ケロアンまでの移動途中のレストランで食事をとりました。料理名は「カムーニア」というチュニジアの牛肉の煮込み料理でした。ケロアンは内陸の町なので、この周辺では肉料理がメインになりますね。トマトとじゃがいももごろっと入っていてなかなか食べ応えがありました。お肉もクセがなくて、柔らかくて美味しかったです。

ケロアンでのおすすめのショッピングスポット

メディナで雑貨探しを楽しもう

ケロアンのグランドモスクから脇に逸れて小道を入っていくとメディナに出ます。ケロアンのメディナはそれほど大きくはないものの、革製品でできたバックやサンダル、カラフルな陶器などかわいい雑貨がたくさん並んでいます。またメディナには、“マクロウド”と呼ばれるチュニジアの伝統的なお菓子も売っています。このお菓子は小麦粉で練った生地にデーツのペーストを入れ、揚げて、ハチミツを絡めたものです。チュニジア中どこでも買えますが、ケロアンのものはとても美味しいので是非お試しください。

ケロアンにて宿泊したホテル

こじんまりとした3つ星ホテルAMINA

3つ星ホテルということもあり室内はかなりシンプルなつくりでした。ロビーはそれでも結構広々としていましたが、室内は少し薄暗く、最低限の設備のみがある感じでした。ホテルのスタッフはみんな優しく、親しみがもてました。ホテル敷地内にはプールもあり、夏の時期には観光後にはホテルでゆっくりするのもいいかもしれませんね。

ケロアン旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

阪急交通社

チュニジア周遊10日間のツアーに参加しました。チュニジアへの添乗も何度か経験がある方が添乗員さんで、とても頼りになりました。オリーブ畑をみると心が休まるとおっしゃっていて、個人的にもチュニジアがとても好きなようでした。ガイドさんたちとも上手く連携されており、ツアー中はとても安心して過ごすことが出来ました。

ケロアン旅行に必要な持ち物

ケロアンのモスクに入る際にはノースリーブや短パン等では入れません。そのため服装はパーカーやズボンなどで行かれることをお勧めします。また女性の方は髪の毛もスカーフなどで覆う必要があるので、持っていかれるといいですね。ない場合や忘れてしまった場合でもモスクの入口で貸し出してくれますが、色々な方が使うので気になる方はスカーフを持参されると良いでしょう。

ケロアン旅行での注意点

ケロアン旅行での注意点
  1. グランドモスク入場の際には服装規定に注意
  2. ケロアンのホテルは差が大きいので予算と相談して決める
  3. メディナの買い物は現金のみなので注意

グランドモスク入場時には上記に記載したように服装の注意事項があるので、あまり肌を露出しない恰好で、イスラム教に敬意をもって観光しましょう。また、ケロアンのホテルは5つ星ホテルが1件しかなく、その他は3つ星ホテルとなるので、かなり質の差が大きいです。そのため予算に余裕があれば5つ星ホテルに宿泊されることをお勧めします。

まとめ

聖都ケロアンの観光地は場所がとても近いのでコンパクトに回ることができ、スムーズな観光ができました。午前中だけで観光が終わってしますので、時間にゆとりを持てるのもよい点だと思います。グランドモスクのような立派な建造物を目の当たりにし、宗教が人々の生活に息づいているのを感じました。また小さいながらもスークでも雑貨などの買い物が楽しめ、よい思い出となっています。

 

Reiko

投稿者の過去記事

エジプトをはじめ中近東のイスラム圏やアフリカが好きです。
出張やプライベートで行った海外の街の魅力を紹介していきます。
買い物も大好きなので、海外で出会ったかわいい雑貨やアクセサリーなども出来るだけ紹介していければと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 釜山旅行体験記釜山の甘川洞文化村にあるカラフルな風景を見たいと思い、釜山の旅行を決めました。写真…
  2. シャウエン旅行体験記いつか何かの本で見たシャウエンの青い街。なんて素敵なのだろう、いつか絶対に訪…
  3. 首都チュニス散策&世界遺産ドゥッガ遺跡へ日帰り観光| トラベルダイアリー
    チュニス旅行体験記地中海に面したチュニスは北アフリカでありながらもどこかヨーロッパのような雰囲気…
  4. ポンペイ旅行体験記数年前、団体ツアーで初めて訪れたポンペイ遺跡。その時は残念ながら、滞在時間が1…
  5. モロッコの青い宝石箱 シャウエンの旧市街を散策| トラベルダイアリー
    シャウエン旅行体験記シャウエンの青い街並みが日本でも有名になり、一度どんなところか行ってみたかっ…
  6. 年末年始のニューヨークにて、タイムズスクエアのカウントダウン| トラベルダイアリー
    ニューヨーク旅行体験記憧れのホリデーシーズンのニューヨーク。年末年始ともあり飛行機代14万、ホテ…
  7. 台北旅行体験記短い休みで海外に行こう!となったらやっぱりアジアに限られてしまいます。その中で…
  8. 女子一人旅 in メキシコ メキシコ人が怖がる街メキシコシティー| トラベルダイアリー
    メキシコシティー旅行体験記友達と再会しゆったりとした街で数日を過ごしたら、やっぱり首都を覗いてみ…
  9. ヘルシンキ旅行体験記うだるような都会の夏を抜け出して、北欧の大自然のクーラーを、体いっぱい浴びた…
  10. ウシュアイア旅行体験記アルゼンチンのフエゴ島に位置するウシュアイア。この街を訪れる旅人のほとんど…

国内旅行おすすめ

  1. 四万ブルーと温泉でリラックス!疲れを癒したいなら群馬県四万温泉がオススメ! | トラベルダイアリー
    四万ブルーと温泉でリラックス!疲れを癒したいなら群馬県四万温泉がオススメ!癒しを求め、自然と温泉…
  2. 温泉リゾート・箱根~温泉&美術館&ツツジ~和を楽しむ母娘2人旅!_トラベルダイアリー
    箱根旅行体験記箱根は温泉施設や美術館が多く、四季によっても景色が違い何度行っても楽しめます。今回…
  3. 紅葉とグルメと舞妓体験を楽しむ京都の旅| トラベルダイアリー
    京都旅行体験記 実家の両親に子供を預けて、久しぶりに夫婦二人で京都へ行ってきました。…
  4. 下田旅行体験記海を眺めて癒されたい!忙しさで気持ちがすり減ってしまうと、ふと思います。 でもリゾ…
  5. 路面電車が走り異国情緒が漂う街、長崎市内で楽しむ女性1人旅| トラベルダイアリー
    長崎旅行体験記スカイマークのHPで神戸空港~長崎空港の路線がキャンペーンをしているのを見て、修学…
  6. 国境の長いトンネルを抜けると…?雪国【湯沢町】は温泉・スキー天国!| トラベルダイアリー
    湯沢旅行体験記2020年冬、大好きなスキーと大好きな温泉を満喫しに、湯沢町に行ってきました。サラ…
  7. 伊東日帰り旅行体験記5年前に見た城ケ崎海岸からの景色が忘れられず、日帰り旅行へ行ってきました。伊…
  8. 一人旅でも大丈夫!福井でタグ付き蟹を食べつくす| トラベルダイアリー
    福井旅行体験記 明日死ぬってなった時、一番食べたいのは…蟹!生ものが食べられなかった…
  9. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ山中湖の旅| トラベルダイアリー
    山中湖旅行体験記雄大な富士山を目の前に臨む自然豊かな山中湖は、子連れファミリーにも人気の観光地で…
  10. 日本の美しさを。北陸 石川県「金沢」を感じる癒しの旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記日本庭園が好きで、日本三名園である金沢の兼六園に以前から行ってみたいと思っていたの…

最新記事

  1. アンマンから陸路で国境越え 聖地エルサレム2泊3日の弾丸観光| トラベルダイアリー
    エルサレム旅行体験記 今回の旅のメインスポットはヨルダンのペトラでしたが、10日間の…
  2. オズの魔法使いのモデル地◆竜巻と畜産が売りの「アメリカの良い田舎」カンザスシティ◆| トラベルダイアリー
    初めてのカンザスシティカンザスシティは、竜巻と畜産をグイグイ押し出している「アメリカの良い田舎」…
  3. ~まるでジブリ!濃溝の滝&鴨川シーワールド~房総をめぐる女子たび| トラベルダイアリー
    鴨川・館山旅行体験記千葉県館山市の「トスラブ館山ルアーナ」へ宿泊することになったので、房総半島の…
  4. 透き通る静かな穴場ビーチ ◆海もプールも楽しめるロイヤルホテル沖縄残波岬◆| トラベルダイアリー
    沖縄 残波岬の魅力残波岬 (ざんぱみさき) は、那覇空港から車で1時間ほど。日本一人口の…
  5. 北欧デザインにアンティーク♪散策が楽しい街ヘルシンキの見どころを紹介| トラベルダイアリー
    ヘルシンキ旅行体験記 フィンランドの首都であるヘルシンキは街行く人々がとてもお洒落で…
  6. 10日間じっくりたっぷりのんびり台北を楽しむ女子一人旅!| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記台湾の公用語である中国語を勉強していたので、現地で語学を学ぶために行きました。期間…
  7. エジプトの最南端!古代遺跡を見にカイロから寝台列車でアスワンへ| トラベルダイアリー
    アスワン旅行体験記ウズベキスタンに住むことになる前にイスラム圏の国を体験したい!とあえてラマダン…
  8. 古代ギリシャの聖域デルフィと近郊のアラホヴァ観光| トラベルダイアリー
    デルフィ旅行体験記アテネから約3時間の場所にあるデルフィ遺跡。標高が高い場所にあるので、遺跡の眼…
  9. ルクソール旅行体験記ウズベキスタンに住むことになる前にイスラム圏の国を体験したい!とあえてラマダ…
  10. 女子二人旅 in アメリカ のどかすぎる島、サンフアンアイランド| トラベルダイアリー
    サンフアンアイランド旅行体験記バンクーバーを一緒に旅行した友達に誘われ、聞いたこともなかった島、…

Archive



PAGE TOP