ウェールズの首都、カーディフのんびり旅行記| トラベルダイアリー

ウェールズの首都、カーディフのんびり旅行記

カーディフ旅行体験記

イギリスを構成する4つの国の1つである、ウェールズ。豊かな自然と美しい古城の風景を求め、首都カーディフに遊びに行ってきました★ここではその時の旅のきろくを綴ります。

カーディフ旅行について

おすすめのポイント
  1. 穏やかで、とにかくのんびりリラックスできる点。
  2. 英語が公用語の1つである点。
  3. 素敵なお城、自然の景色にたくさん出会える点。

ウェールズの首都カーディフは、ロンドンから西へ250キロほど進んだところにあります。隣国イングランドから電車でアクセス可能。独自の言語「ウェールズ語」はあるものの、首都を中心に、基本的には英語も問題なく通じます。イギリスの洗練された雰囲気と、自然とのバランスが絶妙。古城も多く、どこを写真にめても絵になる場所ばかりです。

カーディフ旅行のおすすめのスポット

カーディフ城

カーディフのシンボル「カーディフ城(Cardiff Castle)」。お土産物のポストカードやマグネット等でも必ずといってもいいほど登場する、市内きっての観光スポット。行かない選択肢はありません!(笑)!カーディフ城は、時代の大きく異なる2つのお城から構成されており、中を見学することも出来ます。市内中心地にある「カーディフ中央駅(Cardiff Central)」から徒歩15分程とアクセス抜群なので、是非遊びに行ってみてください。

ビュート・パーク

カーディフは首都でありながら、市内随所に豊かな緑の風景が広がっている点も魅力です。カーディフ城に隣接している「ビュート・パーク(Bute Park)」は、元々カーディフ城のオーナーであったビュート家のお庭だったこともあり、お城を眺めるのにも最高のロケーションですよ!広さはなんと、53ヘクタール(東京ディズニーシーより少し大きいくらいです)!天気が良ければ一日中ここで身体を動かすのもアリです。

アーケードの連なる都市の風景

程良く都会の風景が広がっている点も、首都カーディフならではの魅力です。中でも注目すべきは「看板」!一見、イングランドの都市繁華街のような、赤レンガ基調の普通の街並みのように見えるのですが…よく見ると、看板に見慣れない文字がたくさん書かれています!これは「ウェールズ語」というもの。公用語の1つで、話せる人は減少傾向にあるようですが、ウェールズらしい風景として、名物の1つとなっております。

カーディフでのおすすめグルメ

Laverbread

「ラヴァーブレッド」はひとことでいうと”海苔の佃煮”のような食べ物。ウェールズ料理の1つで、食事の付け合わせとしてお肉や魚に添えたり、パンに塗って食べたりするそうです(ちなみに私たちは旅行中、朝食プレートの付け合わせとして提供されました)。缶や瓶入りタイプが主流で、まさに洋風の桃屋「ごはんですよ!」…といったお味。是非見つけたらトライしてみてください。

カーディフでのおすすめのショッピングスポット

Arcade

街の中心部にある「ロイヤル・アーケード(Royal Arcade)」は、雰囲気のある通りで、右に左に写真に収めたくなるような、シャビーシックな可愛らしいお店が連なっています。実はカーディフにはアーケード街がたくさんあり、ちょっとした名物に…。どれも個性的なものばかりですので、最も古いロイヤル・アーケードを見た後は、色々巡って、違いを楽しんでみてください。

カーディフにて宿泊したホテル

Cardiff Marriott Hotel

私たちは街の中心地にあった「カーディフ・マリオット・ホテル」に泊まりました。別の国で同チェーン系ホテルに泊まったことがあった為、チョイスしたのですが、駅や繁華街へも出やすく快適でした。一方、現地の人からは「ホテルは高いでしょ~、バケーションレンタルなどもオススメよ!」なーんて、オススメされてしまったので、次回はバケーションレンタルもチェックしてみたいなぁ…とも思っています。

カーディフ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

私たちは個人手配でオランダ(アムステルダム・スキポール空港)からウェールズの首都カーディフにある「カーディフ空港」に向かいました。カーディフ空港から街中へもエアポートバスで楽々アクセス可能。首都ではさすがに日本語は通じませんでしたが、英語は問題なく通じるので、英語が理解できる方なら、個人旅行で十分楽しめることと思います。

カーディフ旅行に必要な持ち物とは

「スターリング・ポンド」
実はポンドは発行形態がかなり複雑。「ポンド」と一口に言っても、種類は多岐にわたります。カーディフ(ウェールズ)で使われているポンドはいわゆる「スターリング・ポンド(イギリス・ポンド)」と呼ばれているもの。旅行に行く予定の方は、日本もしくは現地で、こちらをご準備ください。ロンドンなど、イングランド→ウェールズに行く方は、同じ通貨がそのまま使えます。

カーディフ旅行で気を付けることとは!?

カーディフ旅行での注意点
  1. 夏でも寒い時は寒いです。
  2. 夜は、酔っ払い等にご注意。
  3. 公共交通機関は時間に余裕をもって利用しましょう。

カーディフは夏休みシーズンでも「寒い時は寒い!」です。最高気温でなく最低気温に注目しながら着ていく服を準備しましょう。治安は基本的には問題ありませんが、週末の夜はやんちゃな若者が街にたむろしていることも…危険を感じたら、早めにホテルに戻りましょう。公共交通機関は基本的には定刻通り発着しますが、街でイベントなどがある場合、ダイヤが大きく乱れることがあるので早めの行動が無難です。

まとめ

ロンドンの独特の建物の雰囲気が大好きだった私。今回カーディフに行ってみると、大自然の中にロンドンの可愛らしい雰囲気が程よく織り交ざった、ウェールズならではの魅力に出会うコトが出来、一気に魅了されてしまいました。日本人観光客は少ないですが、その分街の人たちは、珍しがって積極的に話しかけてきてくれます。ロンドンから列車でアクセスすることも出来ますので機会があれば是非遊びに行ってみてください。

 

アコ

アコ東京出身。

投稿者の過去記事

アメリカ→イタリア在住。
美味しいもの、特にスイーツが大好きです.。.:**:.。..

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. サンフランシスコ 旅行体験記友人がサンフランシスコの近くに住んでおり、以前から行ってみたいと思っ…
  2. ソウルで女子旅!おすすめのグルメや定番スポットなどを紹介| トラベルダイアリー
    ソウル旅行体験記辛いだけじゃない?!美味しい料理に、最先端のコスメたち。お腹を満たしつつ、気付け…
  3. マドリード旅行体験記マドリードではアートやグルメな旅が堪能できます。スポーツの印象が強いと思いま…
  4. シカゴ旅行体験記シカゴ郊外から、シカゴの中心であるダウンタウンへ遊びに行ってきました。ダウンタウ…
  5. 風車観光の拠点にもピッタリ!近代建築が楽しい街ロッテルダム| トラベルダイアリー
    ロッテルダム旅行体験記アムステルダムに次ぐオランダ第二の都市・ロッテルダム。ベルギーを旅行した際…
  6. ウズベキスタンの世界遺産ヒヴァ「イチャン・カラ」の魅力 !| トラベルダイアリー
    ヒヴァ旅行体験記ウズベキスタンのヒヴァ近郊にある村のウズベク人と結婚し移住しました。ヒヴァには「…
  7. アテネ旅行体験記ギリシャ(ギリシア)の首都アテネは、学生時代になんども教科書で見た、憧れの風景が…
  8. クラビ旅行体験記一度タイへ旅行した人なら、タイが大好きになりますよね。バンコクの街を巡ったら、次…
  9. 手つかずの自然風景に感動!夏のレイキャビク+郊外を満喫| トラベルダイアリー
    レイキャビク旅行体験記ずっと行ってみたかった北極圏の小国・アイスランドに夏休みを使って訪れました…
  10. 1泊2日旅で、ソウルのグルメとショッピングを堪能!| トラベルダイアリー
    ソウル旅行体験記韓国料理が好きで、本場の味を食べたくなり旅行することにしました。インスタグラムな…

国内旅行おすすめ

  1. 京都紅葉✖︎鍬山神社!〜絶景ビュースポット巡りしませんか?〜| トラベルダイアリー
    鍬山神社旅行体験記11月に見頃を迎えた鍬山神社へ行ってきました。京都市外ということもあり、京都の…
  2. 名古屋旅行体験記新幹線でアクセス便利な名古屋!今回は日本で唯一のミュージアム、フライトオブドリー…
  3. 与那国島旅行体験記日本の東西南北の端、これはすべて離島になるのですが、一般人が訪れることができる…
  4. 何もないとは言わせない!滋賀県湖南エリアの観光スポットをご紹介| トラベルダイアリー
    湖南エリア旅行体験記滋賀県と言えば「琵琶湖」の印象が強いですが、食べ物もおいしいく自然豊かなすて…
  5. 長崎旅行続編!〜ハウステンボス&ちょこっと福岡編〜| トラベルダイアリー
    長崎旅行体験記今回は、長崎旅行続編です。前回は、長崎市街を中心に、中華街や出島、眼鏡橋などを訪れま…
  6. 京丹後旅行体験記旅と言えば観光に食べ歩きなど、どちらかと言えばアクティブなものを楽しんできたこれ…
  7. 石川・加賀の山中温泉~情緒溢れる温泉街を自転車で~| トラベルダイアリー
    加賀旅行体験記加賀には、自然あふれる散歩コースがたくさんあると聞き、非日常な雰囲気を味わえると思…
  8. 直島旅行体験記 美術館やアート作品が数多くある直島で”映える”写真を撮りたい!と思い…
  9. こんぴらさん参拝旅行体験記「一度はこんぴらさんにお参りしてみたい!」母からのリクエストを受け…
  10. ~祝!世界遺産登録“三保松原”~絶景富士山&絶品苺で静岡を満喫♪ | トラベルダイアリー
    三保松原&いちご狩り旅行体験記2020年2月三保松原と久能石垣いちご狩りへ行ってきました。天女の…

最新記事

  1. イスラム世界の文化的中心地として栄えた茶色い街 「 ブハラ 」| トラベルダイアリー
    ブハラ旅行体験記2500年もの歴史を秘めているブハラ。シルクロードの面影が残存しているといわれる…
  2. 女子一人旅 in ペルー 首都リマで日系人文化に触れ、日本を感じる| トラベルダイアリー
    リマ旅行体験記危険だと言われるけれど、やはり首都は訪れてみたい。そんな気持ちでリマにも行くことに…
  3. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅|
    松本旅行体験記海外に行けないストレスをどこで晴らそうと旅行サイトなどを色々見て情報集めをしている…
  4. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅| トラベルダイアリー
    尾道旅行体験記地元近くでありながら昨年はじめて訪れ、その風光明媚な雰囲気にすっかり惚れ込んだ街・…
  5. 女子一人旅 in ペルー 夢のマチュピチュを心ゆくまでうろつく| トラベルダイアリー
    マチュピチュ旅行体験記ペルーに来た目的、マチュピチュに到達です。子どもの頃からインカに興味があり…
  6. ウズベキスタン共和国内にある秘境「カラカルパクスタン共和国」| トラベルダイアリー
    カラカルパクスタン共和国旅行体験記ウズベキスタン共和国の西部に位置するカラカルパクスタン共和国。…
  7. 女子一人旅 in ペルー マチュピチュの麓、マチュピチュ村で温泉に入る| トラベルダイアリー
    マチュピチュ村旅行体験記いよいよマチュピチュに向かって出発です。マチュピチュの麓にあるこのマチュ…
  8. お酒と音楽とケルト文化を味わう ダブリン探訪記| トラベルダイアリー
    ダブリン旅行体験記隅っこ好きな性分で、アイルランド、北アイルランド、スコットランドを巡る旅に出ま…
  9. いも好き必見!全国のさつまいもスイーツが大集合「関西おいも万博」| トラベルダイアリー
    関西おいも万博に行ってきました!全国の美味しいさつまいもスイーツが集まる「関西おいも万博」なるも…
  10. シルクロードの中心都市 ウズベキスタン”青の都”「サマルカンド」| トラベルダイアリー
    サマルカンド旅行体験記ウズベキスタンのサマルカンドに初めて訪れたのは、今から12年も前のこと。友…

Archive



PAGE TOP